徳島三好市のデッキで楽める四季の色!大歩危エリアの雲海は格別!!

更新日:

掲載情報は変更になっている場合があります。
また、新型コロナウイルス感染拡大防止のため休止している施設やイベント中止等もあるので
公式サイト等にて最新情報をご確認ください。

-スポンサードリンク-

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、徳島県の緊急事態宣言が解除になるまで各施設が閉鎖になっています。
詳細は公式サイト PDF資料をご確認ください。


山間の雲海は格別!!徳島県三好市のデッキで楽める四季の色!

吾橋・雲海展望台はデッキが素敵な雲海スポット

全国的に雲海の見られる場所があり日本各地で人気スポットとなっていますが、徳島県の三好市にも雲海スポットがありますのでご紹介します!

三好市の吾橋(あはし)雲海展望台は、全国的に見るとまだまだ知名度の低い雲海スポットで、いわゆる穴場スポットと言えるかもしれません。

徳島県というと阿波踊りが有名ですが、雲海の見られる三好市池田町でも夏になるといけだ阿波踊りを楽しむことができます。

他にも自然を利用した沢山のアクティビティや野焼きなど、一年を通して楽しいイベントも多く、どの季節にも訪れても楽しめる場所です。
そんな徳島県三好市で雲海に出会える場所、吾橋(あはし)・雲海展望台の魅力を中心にご紹介します。

吾橋(あはし)・雲海展望台と雲海

吾橋(あはし)・雲海展望台は、駐車スペースもかなり限られていて、たどり着くまでには山道をくねくねと細い道を登る必要のある場所ですが、大変な思いをして足を運ぶからこそ、雲海に出会えた時の感動は格別なものがあります!

2015年3月に完成した展望デッキは、それ以前は視界を遮っていた樹木を伐採し、その杉を利用して横6m、縦4mのウッドデッキへと生まれ変わりました。展望台からは大歩危・吉野川や高知方面も眺望も美しく、気象条件が合えば雲海の鑑賞を楽しめます。

雲海は自然現象のため気象条件が大きく影響します。

三好市の雲海が発生しやすい条件・時期・時間帯

  • 雲海の発生しやすい条件:前日との気温差(寒暖差)が大きい・当日朝が晴れていて風が弱い又は無風
  • 雲海の発生時間帯:日の出から7:30頃まで
  • 雲海の発生(が多い)時期:3月~4月・10月~12月

これらの気象条件や時期・時間帯が重要になってきます。
条件が揃った場合でも必ず雲海が発生するというわけではないですが、発生確率は高くなります。

雲海の発生に出逢う確率を上げるために、気温や天気予報等を事前にご確認の上お出かけになることをオススメします。

三好市の天気(tenki.jp)


雲海展望台のデッキから100mほど手前には木製の手すりが整備されていて、大歩危や西祖谷方面を見渡すことができます。
運よく雲海が見られても、残念ながらかなわなくても、美しい山の表情を四季を通して楽しむことができるスポットです。

雲海展望台の動画

地元ケーブルテレビが吾橋雲海展望台周辺を紹介している素敵な動画をご紹介します

徳島県三好市には他にも雲海スポットがありますが、今回ご紹介した場所は規模も小さくまだまだ穴場です!
トイレや自動販売機等の設備はないため、非常に便利、というわけではありませんがその分自然そのものの美しさを満喫できます

市内の宿泊施設によっては雲海ツアーを実施している場合もあるので、宿泊施設に直接お問い合わせください。

公共交通機関を利用して三好市に行かれる場合は、雲海スポットまではタクシーが便利です。
直接タクシー会社へご連絡の上、日程等相談してみてください。
祖谷渓タクシー 0883-87-2017

登山も楽しみたい!国見山で見る雲海

吾橋雲海展望台をご紹介しましたが、三好市の雲海スポットはひとつではありません。

頂上付近からは眺望もよく四国の山々を望むことができる国見山は登山をする方にも親しまれている標高1409mの山です。1000m級の山から見る景色は格別です!

国見山は霧氷が有名な山であることから冬山登山を楽しむ方も多いのですが、冬山登山はあくまでもベテラン向きで、ベストシーズンといわれるのは4月上旬から11月下旬です。(夏場は防虫対策必須)

登山に適していると言われるベストシーズンにトライする場合でも、1000mを超える山なので当然それなりの装備は必要になります。歩きやすい登山用シューズ、トレッキングシューズ等が必要なのでご注意ください。
※山は過酷な状況に陥る場合もある場所なので複数人で行動し安全に配慮してください

歩行の補助になる折りたたみ式のトレッキングポールなどもオススメです。ものによってはカバンにも入り必要な時にだけ取り出せます。

駐車場のある登山口までは車で行くことができ、そこから約1時間~2時間で登頂することができます。(進行の速度により異なります)

国見山への行き方・アクセス

公共交通機関

JR大歩危駅→ (市営バスかずら橋行) →峠 バス停下車 →登山口まで徒歩約60分
※JR大歩危駅からタクシー約30分

祖谷渓タクシー(0883-87-2017
かずら橋タクシー(0883-87-2013
大歩危タクシー(0883-84-1225

井川・池田IC→ 国道32号(高知方面)→県道45号線(祖谷のかずら橋方面)
→祖谷トンネル入り口手前を右折
→三叉路を左折(後山方面へ:直進すると吾橋方面)
→左折(看板表記は行き止まり:直進するとかずら橋方面)
→次の三叉路を左折 →国見山登山口
※詳細は三好市公式観光サイトを参照
※登山口に駐車場あり

アザミ峠で見る朝陽と雲海の交わり

祖谷(三好市)は日本三大秘境とも呼ばれますが、雲海が見られるアザミ峠は秘境感たっぷりの場所です。
ヘアピンを含む曲がりくねった道を、空を目指すように車で駆け上がりたどり着く開けた場所からは遠くまで見渡すことができます。

車1台がやっと通れる道を登ってゆくので運転に自信のない方にはあまりオススメできませんが、見晴らしの良さは保証付きです。

そんなアザミ峠は標高970mと1000m級に近い峠で、遥か眼下に吉野川や大歩危橋を見渡すことができる場所です。
雲海が見られない天候状況や時間帯でも晴れていれば素晴らしい景色を一望できます。
※峠の広場には避難小屋、児啼爺(こなきじじい)発祥の地の石柱があります。

日の出前に足を運び、気象条件も整っていれば日の出と雲海との競演を観ることができます。
※気象条件次第なので見られる時期は限られます。

すでにご紹介したアザミ峠へは険しい道(舗装されています)を行くことになるので夜間の運転はさらに注意が必要です。
スピードを減速し安全運転を心がけてください。

また、駐車スペースはありますが台数は少なく10台程度でトイレ等はありません。事前に済ませておくことをオススメします。

アザミ峠の地図

アザミ峠への行き方・アクセス

公共交通機関

なし
※タクシー・または車をご利用ください

祖谷渓タクシー(0883-87-2017
かずら橋タクシー(0883-87-2013
大歩危タクシー(0883-84-1225

井川・池田IC →国道32号線(高知方面)
→ホテルまんなかから藤川谷に入る(県道272号)
→平バス停留所で鋭角右折(上り)
→(看板あり)左折
→(看板あり)右折
→広域林道(小川平線)に合流後 右折
→撮影スポット(アザミ峠)
※奥小歩危温泉経由の道は現在山腹崩壊の為全面通行止め
※詳細は三好市公式観光サイトを参照

吾橋・雲海展望台の動画

素敵な動画をご紹介します!
※動画公開時期にはまだ展望台は完成前だったようです

吾橋・雲海展望台の基本情報

利用案内

雲海に適した季節

春先・秋口

営業時間

吾橋雲海展望台は終日利用できます
雲海はよく晴れた早朝が見頃

料金

無料
※ツアーについてはご自身の宿泊施設にお問い合わせください。

問い合わせ先

三好市観光案内所
連絡先:0120-404-344

吾橋・雲海展望台に関する各種情報ページ

三好観光協会 吾橋・雲海展望台ページ

じゃらんで三好の旅館・ホテルを検索する

吾橋・雲海展望台への行き方・アクセス

公共交通機関

JR阿波池田駅から
四国交通バス(大歩危経由かずら橋行)バス停「JR阿波池田駅前」乗車→バス停「尾井の内下」下車。徒歩約1時間。
或いは、JR大歩危駅で上記バスに乗車

国道32号線→県道45号線→西祖谷旧両院所手前右

駐車場

あり(収容台数が少ないので注意)

吾橋・雲海展望台の地図

【エリア別】日本全国の雲海スポット

日本全国にある定番から穴場までamAtavi編集部がおすすめする雲海スポットを発生しやすい時期の一緒にエリア別でまとめています。本格的な登山が必要ない車やロープウェイなどで行けるスポットを中心にご紹介しています。

【エリア別】日本全国の雲海スポット48選!いざ感動の絶景へ!

お土産は帰宅後に!?

旅行先でのお土産選びは楽しいですよね。ただ、時間の関係や荷物の多さ等でお土産が買えなかった・・・という経験はありませんか? また、旅行に行ってあのグルメを楽しみたいけれど、時間がない。。。ということもありますよね?

そんな時に頼りになるのが旅行代理店としても知られるJTBのショップサイトJTBショッピングです。

日本全国のお土産や海外のお土産、お取り寄せまで家に居ながらにして手に入れることができます! 各県の定番のお土産からちょっと変わったものまで揃うので非常に便利です!

-スポンサードリンク-