醍醐寺霊宝館 秋期特別公開|2019年特別公開イベント情報(京都)

悠久の祈り~醍醐寺の至宝

開催概要


以下の通り公式サイトにて発表されています。参詣される方は、閉館の可能性もあるので公式サイトをご確認のうえお出かけください。


●霊宝館庭園・仏像棟無料開放並びに五大力尊御影・懐中守の特別授与について
醍醐寺では、コロナ禍の中、お寺としての本来の役割である、「人々の心のよりどころ」としての役目をより充実させるため、境内の一部を以下の通り解放致します。 近隣の方々を中心に、醍醐寺の中でも特に桜が有名な霊宝館の庭園を開放し、新緑を感じていただきながら自然の中で生きる大切さを改めて観じていただき、さらに、仏像棟では五大力尊像を間近で拝んでいただけるようにして、コロナ禍で不安なお心の安心(あんじん)の一助としたいと思います。あわせ、通常2月23日の五大力さん仁王会法要でのみ授与をしている、1100年の祈りの伝統を持ち、京都の家々を守護してきた、厄除(病魔退散)の御利益のある「五大力尊御影」と「五大力尊懐中御守」の特別授与を霊宝館仏像棟にて(11:00~15:00)僧侶が行います。

※霊宝館への入場は15:45まで、閉門時間は16:00です。
醍醐寺 公式サイト


以下、2019年開催情報です。

醍醐寺は874(貞観16)年、聖宝理源大師が上醍醐の山上で神示により小堂宇を建立し、准胝、如意輸の両観音像を安置したことに始まります。

山上の「上醍醐」、裾野の「下醍醐」と広域にわたって国宝の金堂や京都府内最古の木造建築物である五重塔など多くの堂宇が立ち並んでいます。毎年春と秋には霊宝館の特別公開が開催され、収蔵品十数万点にもおよぶ貴重な寺宝の一部が鑑賞できるまさに特別な機会。

秋の特別公開では色づく樹々の美しさも訪ねたくなる魅力の一つとなっています。京都観光に合わせて訪れてみてはいかがでしょうか。

●入場料:大人1,500円 中高生 1,000円(霊宝館、三宝館、伽藍共通拝観券)
※小学生以下無料

●開催期間:2019年10月15日(火)~12月10日(月)
11月13日(水)は仏像棟のみ開館

●開催時間:10:00~17:00(受付終了16:00)
※拝観券発券は閉門1時間前まで(入場は閉門30分前まで)

醍醐寺


amAtavi

イベント開催日

2019年10月15日(火) ~ 2019年12月10日(火)

イベント開催地

醍醐寺
京都市伏見区醍醐東大路町22

最寄駅

地下鉄東西線「醍醐駅」下車徒歩約13分

開催地地図

主催者・問い合わせ先

醍醐寺

電話番号・メールアドレス等

075-571-0002

URL(公式サイト・告知サイト)

霊宝館

※情報は予告なく変更になる場合があるので最新の情報をご確認ください。

amAtavi

関連記事