VR_cover_001

VRでバーチャル旅行!準備やおすすめアプリを初心者向けに解説!

更新日:

掲載情報は変更になっている場合があります。
また、新型コロナウイルス感染拡大防止のため休止している施設やイベント中止等もあるので
公式サイト等にて最新情報をご確認ください。

200626_都道府県_旅行クーポン_特集バナー_001

-スポンサードリンク-

忙しくて旅行に行くのが難しい人や、家の外に出かけることが難しい季節や時期におすすめなのがVRによる旅行の疑似体験です。

そこで今回はVRで疑似体験をするための準備やおすすめのアプリ・コンテンツまで紹介していきます!

VRとは?

VRとは

VRはVirtual Reality(バーチャル・リアリティー)の略で、「仮想現実」や「人工現実感」と訳されます。

コンピューターなどによって作り出された人工的な環境(サイバースペース)で現実のような感覚を持たせて疑似体験をすることができます。

家にいながら大迫力の臨場感を味わえることから、近年ではゲーム分野や動画分野で広く普及し始めています。

VRの仕組みは?

VRの仕組み

VR専用のヘッドセット(ゴーグル)を装着して、装備ディスプレイ(もしくはスマートフォン)を見ることで立体感あふれる映像などを見ることができます。

これは右目と左目向けに区切った専用の映像をレンズ(ゴーグル)越しに見ることで立体感が出ています。

また、ヘッドセットやスマートフォンに備わっている、傾きや動きを感知するセンサー(加速度センサ)を利用して、360°の景色を楽しむこともできます。

VR対応をしていない映像の場合は映画館のような大画面の感覚で見ることができます。

VRを使う際の注意点は?

利用は13歳以上から
視力や目の筋肉の発達途中である12歳以下への健康リスクも想定されることから、多くのメーカーでは対象年齢を13歳以上に設定しています。

VR酔いをすることもある
立体感や臨場感から、乗り物酔いと同じよう症状の「VR酔い」をする場合があるので、適度な休憩や体調の変化が現れた際の中断が必要です。

VRを楽しむために必要なものは?

VR体験を始めるにあたって、主に必要なものは下記です。

・WiFi(無線インターネット)環境
VRコンテンツはインターネットを介して配信されるので、WiFi(無線インターネット)環境が必要です。

・VR専用ヘッドセット機器
まずはこれがないとVR体験は始められません。いくつかタイプがあり、さらに必要なものが違うので後で詳しく解説していきます。

・スマートフォン
スマートフォンをディスプレイや基本設定機器として使う場合に必要です。いろいろなアプリも出ているので、現在はスマートフォンを使用したVR体験が1番人気です。

・専用コントローラー
ディスプレイ一体型には付属しています。スマートフォン型はBluetooth(ブルートゥース)で連携するコントローラーが発売されていて、持っていると便利です。

VR専用ヘッドセット機器を詳しく解説!

主なVR専用ヘッドセットは以下のような種類があります。

VRヘッドセットの種類

スマートフォン型

スマートフォンをディスプレイとして利用するVR専用ヘッドセットで主に2種類に分かれます。

映像やゲームなどのコンテンツはスマートフォン向けアプリを利用して楽しめます。

スマートフォン本格型

VRゴーグル_スマホ版

価格帯:2,000円~10,000円

VR専用ヘッドセットにスマートフォンをはめて使用します。様々なタイプ(例えば、メガネをかけた人も使えるタイプなど)が発売されていて、最もポピュラーなVRの体験機器です。

コントローラーやヘッドホンも付属されているものなどもあり、価格帯の幅も広いのが特徴です。

購入する際には、持っているスマホの画面サイズがセットできるかを確認しましょう。

スマートフォン簡易型

VRゴーグル_簡易版

価格帯:100円~1,500円

段ボールなどでできたVR専用ヘッドセットにスマートフォンをはめて使用します。

価格がとても安く、VR体験のお試しにはぴったりです。三大100円ショップ(ダイソー、セリア、キャンドゥ)でも購入できると話題になりました。

ディスプレイ一体型

ディスプレイが装備されているVR専用ヘッドセットで主に2種類に分かれます。

映像やゲームなどのコンテンツは専用アプリやゲーム機などを利用して楽しめます。

スタンドアローン型

VRゴーグル_オキュラス

価格帯:20,000円~50,000円

専用ヘッドセットのみ(初期設定にはスマートフォンを使います)で各種コンテンツが楽しめます。アメリカのOculus社(オキュラス)が販売しているモデルが有名です。
※機器の基本設定にはスマートフォンを使います

ゲームや映像視聴にそれぞれ特化したモデルなども発売されています。

コンテンツはメーカー独自のアプリストアや、使用機器に対応している映像販売サイトで利用することができます。

据え置き型

PSVR

価格帯:30,000円~50,000円

ゲーム機やパソコンと接続して利用する専用ヘッドセットです。ソニーのゲーム機、プレイステーションと連動する専用ヘッドセット「PlayStation VR」が有名です。

ハイクオリティなゲームを大迫力でプレイできることで人気です。

バーチャル旅行体験ができるおすすめのVRアプリ

YouTubeアプリ

利用料金:無料

対応ヘッドセット
・スマートフォン型
→iOS/Androidの各アプリストアで入手できます

・ディスプレイ一体型
→各メーカーのアプリストアで入手できます

今や老若男女、誰もが視聴しているといっても過言ではないYouTube。日々投稿される動画の中にはVR動画もたくさんあるので動画視聴の入門編として一番のおすすめです。
(しかも無料で利用できるのがうれしいです!)

スマートフォン向けのYouTubeアプリは「VRモード」という機能があり、そのボタンを押すことで対応映像がVR向けに切り替わります

おすすめのVR映像チャンネルも紹介!

おうちでプラネタリウム気分♪

※期間限定配信のコンテンツもあるのでご注意ください

コニカミノルタプラネタリウムが提供するプラネタリウムでのプログラムをVR化したコンテンツを公式YouTubeチャンネルで配信しています。

家にいながらプラネタリウム体験ができることで人気です。

コニカミノルタプラネタリウム Official YouTubeチャンネル

国内の有名観光地や花火大会を体験!

映像制作会社のアクアジオグラフィック株式会社さんが運営している公式YouTubeチャンネルでは、有名観光地や花火大会などのVR映像を配信しています。

映像のプロが撮影した映像美を楽しむことができます。

AQUA Geo Graphic公式YouTubeチャンネル
(VR映像集の再生リストに遷移します)

歴史的建造物を散策!

国内の歴史的建造物を中心に世界各地の観光地のVR動画を公開しているYouTubeチャンネルです。

京都・奈良の寺社仏閣が多めで疑似散策をすることができます。

Vtravel360-世界中の旅行体験をスマホで-公式YouTubeチャンネル

上記以外でも、YouTubeには色々なVR映像コンテンツが配信されているので「VR 〇〇」などの単語で検索をしてみて、自分が見たいVR映像を探してみるのも楽しみの一つになります!

ハコスコ

利用料金:視聴無料
(投稿は無料と有料のプランあり)

対応ヘッドセット
・スマートフォン型
→iOS/Androidの各アプリストアで入手できます

・ディスプレイ一体型
→非対応

VR映像専門の投稿・配信プラットフォームです。VR映像を投稿できるため、色々なコンテンツが配信されています。

個人的にはJAXAが提供しているH-ⅡAロケットの打ち上げ風景が収められたVR映像がおすすめです。(※期間限定配信です)

iPhone版ハコスコアプリ(AppStore)

Android版ハコスコアプリ(GooglePlay)

360Channel

利用料金:映像によっては有料視聴

対応ヘッドセット
・スマートフォン型
→iOS/Androidの各アプリストアで入手できます

・ディスプレイ一体型
→各メーカーのアプリストアで入手できます

VR映像専門の配信プラットフォームです。旅行・観光関連をはじめ、バラエティやドキュメンタリー、音楽まで幅広いコンテンツを取り揃えています。

一部の映像は有料レンタルの形で見ることができ、専用のアプリで視聴することができます。

360Channel公式サイト

DMM VR

利用料金:映像によって価格が違う
(視聴可能期間によっても価格が異なることもあります)

対応ヘッドセット
・スマートフォン型
→iOS/Androidの各アプリストアで入手できます

・ディスプレイ一体型
→各メーカーのアプリストアで入手できます

動画や電子書籍の配信大手であるDMM.comが運営するVR映像の販売プラットフォームです。

圧倒的な配信数が魅力で旅行・観光関連の映像はもちろん、幅広い世代に人気のアニメ(「攻殻機動隊」や「ルパン三世」、「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」など)のVR作品も配信しています。

Web上で作品を購入して、専用のVR閲覧アプリで視聴する形です。

DMM VRの公式サイト

PICMO

利用料金:月額1,980円(税込)
⇒今なら、14日間の無料お試しキャンペーンを実施中です

対応ヘッドセット
・スマートフォン型
→iOS/Androidの各アプリストアで入手できます

・ディスプレイ一体型
→PICMOのWeb上でVR映像を見ることができます

近年、音楽配信などで話題の「サブスクリプション」をVR映像で行っているサービスです。

月額1,980円(税込)で全作品が見放題になります。旅行・観光関連の動画もありますが、現在のところバラエティ系の映像が多いです。

>>14日間の無料VR体験をしてみる



グーグルアースVR

外国の方がグーグルアースVRで京都を疑似観光している動画を紹介します
(英語での解説です)

利用料金:無料

対応ヘッドセット
・スマートフォン型
→非対応

・ディスプレイ一体型
→スタンドアローン型(Oculus Rift、HTC Vive)が対応

パソコンで使ったことがある人も多い「グーグルアース」と「グーグルストリートビュー」のVR体験ができるアプリです。

残念ながらスマートフォンには対応していませんが、オキュラスなどのスタンドアローン型で利用することができます。

グーグルアースで世界中を鳥のような視点でめぐることができ、グーグルストリートビューで街中を散策することができます。

グーグルアースの公式サイト(英語)

まとめ

VR_まとめ

・VR体験を始めるには必要な環境・機器をそろえる必要がある

・専用ヘッドセットは簡易的な100円くらいのものから本格的な50,000円くらいのものまである

・YouTubeはVR映像が多数配信されていて、無料視聴ができるのでおすすめ

・映像クオリティを求めるなら、有料作品を購入してみるのもあり

・有料サービスは無料お試し期間があるのがおすすめ

新型コロナウイルス対策期間や梅雨時期など、家にいることが多い際にVRで臨場感たっぷりの旅行気分を楽しんでみるのはいかがでしょうか?

あわせて読みたいおすすめの記事

自宅で旅行・観光気分を味わえるおすすめ記事

家でおすすめの癒し体験!動物園・水族館のライブカメラまとめ
新型コロナウイルス拡大防止対策のため、外出せずに自宅で過ごすことが多い今日この頃。動物たちを見て癒されたという人もいるはず。 そこで今回は家にいながら動物園・水族館の臨場感を体感
自宅で旅行気分!巣ごもり生活でも楽しめる家旅のススメ 2020年。 東京オリンピックが華々しく開催される予定が一転、コロナウイルスが全世界を襲いました。 日本も例外ではな
お土産は帰宅後に!?

旅行先でのお土産選びは楽しいですよね。ただ、時間の関係や荷物の多さ等でお土産が買えなかった・・・という経験はありませんか? また、旅行に行ってあのグルメを楽しみたいけれど、時間がない。。。ということもありますよね?

そんな時に頼りになるのが旅行代理店としても知られるJTBのショップサイトJTBショッピングです。

日本全国のお土産や海外のお土産、お取り寄せまで家に居ながらにして手に入れることができます! 各県の定番のお土産からちょっと変わったものまで揃うので非常に便利です!

-スポンサードリンク-