大徳寺本坊 曝凉展

【おしらせ】このイベントは終了しました。次回の開催が決定し次第お知らせします。

-adsbygoogle-

イベント開催日

2018/10/14

イベント終了日

2018/10/14

開催概要

大徳寺は臨済宗大徳寺派の大本山で、鎌倉時代末期の1315(正和4)年に大燈国師宗峰妙超によって開創されました。勅使門から山門、仏殿、法堂(いずれも重文)、方丈(国宝)と南北に並ぶ七堂伽藍が完備されています。
 
このお寺の有名な逸話として、千利休が山門の上に自分の像を安置したことに豊臣秀吉が怒り、利休は自決したというものがあります。
 
曝凉とは夏、または秋の天気のよい乾燥した日を選んで衣類・書籍などを日にさらし風を通して、かびや虫のわくのを防ぐことで、毎年10月第2日曜日に普段は非公開の本坊で、数々の絵や書のほか狩野探幽筆方丈襖絵などおよそ100点が特別に公開されます。※雨天の場合は中止。

●入場料:1,500円

●開催期間:2018年10月14日(日)

●開催時間:9:00~15:00(受付終了)


amAtavi

イベント開催地

大徳寺
〒603-8231 京都府京都市北区紫野大徳寺町53

最寄駅

市バス「大徳寺前」下車すぐ

開催地地図

主催者・問い合わせ先

大徳寺

※情報は予告なく変更になる場合があるので最新の情報をご確認ください。