高尾梅郷_cover

東京最大級の梅の名所『高尾梅郷』の見頃や2019年梅まつりを紹介

更新日:

掲載情報は予告なく変更になっている場合があります。最新情報を公式サイト等で確認することをオススメします

-スポンサードリンク-

東京都内の梅の名所と言えば、湯島天神(文京区)や羽根木公園(世田谷区)を思い浮かべる方も多いと思いますが、今回ご紹介するのは八王子市にある『高尾梅郷(たかおばいごう)』です。

ここは都内最大級となる1万本もの梅が咲く名所で、見ごろの時期には梅まつりも催されますので、見どころや開催情報を動画と一緒にご紹介します!

目次


スポンサーリンク

高尾梅郷のとは?

高尾梅郷_001

都内とは思えない里山と梅の風景を楽しめます

裏高尾と呼ばれるエリアにある旧甲州街道と小仏川に沿う約4.5kmに点在する梅林の総称で約1万本の梅が咲き誇る名所です。

高尾梅郷に点在する主要7か所の梅林を巡るハイキングコースも設定されていて、歩きながら梅の花を楽しめることもあり「八王子八十八景みどり・公園の景」にも指定されています。

また、梅の見ごろの時期には梅まつりも開催され、普段は一般開放がされていない梅林への入園もできることから多くの人が訪れる人気スポットにもなっています。

高尾梅郷のみどころ

都内最大級の約1万本の梅が咲き誇る!

高尾梅郷のエリアに点在する梅林は主に7か所あり、それぞれの場所で雰囲気や趣が異なるので楽しんで回ることができます。

その7か所の梅林をご紹介します!

遊歩道梅林

JR高尾駅と京王線高尾山口駅のほぼ中間に位置(ともに徒歩15分ほど)していて高尾梅郷の玄関口となる梅園です。

小仏川沿いに植えられた梅を土手の遊歩道や河原側から楽しむことができます。

この梅園の入口には小仏川にかかる上椚田橋(かみくぬぎだばし)がかかっていて、その橋の上は写真スポットとしても人気です。

関所梅林

遊歩道梅林から徒歩で10分ほどの場所にあるのが関所梅林です。

江戸時代、甲州街道の要衝としてこの場所に小仏関所が設けられ東海道の箱根・中山道の碓井と並び関東の三関と言われるほど重要な関所でした。現在では関所跡として残されていてその周囲を梅が囲んでいます。

また、ここは広場にもなっているので梅まつりの開催期間中には出店やイベントなども催されます。

天神梅林

関所梅林から徒歩で10分ほどの場所に天神梅林があります。

ここには学問の神様である菅原道真公(天神様)を祀っている高尾天満宮があることから天神梅林と呼ばれています。

高尾天満宮は入口から少し上がった場所に社があり、その参道(遊歩道)周辺が梅林になっています。

菅原道真公は梅の花をとても愛でていたので梅の花を楽しみながら学問の神様へお参りすれば更なるご利益も期待できるかもしれません。

荒井梅林

こちらも関所梅林から徒歩で10分ほどの場所にあります。

前述の天神梅林とは小仏川や旧甲州街道、JR中央本線を挟んで反対側の小高い場所に位置していています。

ここは梅林越しの眼下にJR中央本線を走る電車が見えることや天神梅林を一望できるためひそかな人気を集めるスポットです。

湯の花梅林

関所梅林から圏央道をくぐり徒歩で15分ほどの場所に湯の花梅林があります。

こちらでも梅まつりの開催期間中には出店が並んでいて、さらに奥にある木下沢梅林へ向かう人たちの多くが立ち寄るスポットになっています。

また、圏央道の高架の真下には「高尾梅の郷まちの広場」(湯の花梅林から徒歩2分ほど)があり、梅まつり期間中にテーブルとイスも設置されるため休憩や飲食スポットとしても利用できます。

木下沢梅林(こげさわばいりん)

高尾梅郷_002

高尾梅郷で一番人気です

湯の花梅林から徒歩で30分ほどの場所に木下沢梅林があります。

この木下沢梅林は1400本もの紅白の梅が一面に咲くことから、高尾梅郷の中でも屈指の人気スポットです。

また、トレッキングコースとして遊歩道が整備されているのですが通常は園内への立ち入りができず、梅まつりの開催に合わせて特別開放されることからも人気です。

2019年の木下沢梅林の特別開放期間・時間

2019年は3月9日(土)~3月24日(日)の各日10時~16時で開園します。

※開花の状況によって、特別開放期間に変更が出る場合もあります

他の梅林と少し離れた場所にあることから、木下沢梅林にのみ駐車場(40~50台ほど)も設置されています。

徒歩で行く際には湯の花梅林からの道沿いに浅川国際マス釣場やツリーハウスなども見ることができるので、景色を楽しめながら歩くことができます。
路線バスでのアクセスも可能でバス停などの詳細は後述しています。

小仏梅林

木下沢梅林から都道516号線に戻り、川沿いを上流に向かって10分ほど歩くと小仏梅林に行くことができます。

この梅林では沿道に咲く梅の花を楽しむことができ、中央線と並行しているので梅越しの電車を撮影することもできます。

また、この梅林の終点は京王バスの折り返し地点になっている小仏バス停ですので、こちらからバスに乗って高尾山口駅方面に戻ることができます。

高尾梅郷の梅の見ごろは?

例年2月下旬~3月下旬と言われています。

今冬は寒い日が続き、全国的にも梅の開花が遅れ気味な傾向なので、高尾梅郷の見ごろも例年よりは遅くなることが予想されます。

梅まつりが開催される頃(3月9日・10日)にはある程度、咲き揃い始めていると考えられます。

梅林散策のコースが整備されていて安心

高尾梅郷は各梅林へのコースが整備されているので道に迷いにくく安心して散策ができます。その中で推奨コースも設定されているのでご紹介します。
(すべてJR高尾駅、もしくは京王線高尾山口駅からの所要時間です)

お手軽コース(片道約1時間)

「遊歩道梅林→関所梅林→天神梅林→湯の花梅林」の4つの梅林をめぐるコースです。

この4つの梅林は梅まつりの人気イベント「スタンプハイク(スタンプラリー)」の押印会場になっていて、そのすべてを効率よく回ることができます。

時間と体力に余裕がある方は、荒井梅林まで足を延ばすこともできます。

満喫コース(片道約2時間)

こちらは前述のお手軽コースの4つの梅林に加え、荒井梅林と最奥にある木下沢梅林までのすべてを回るコースです。

高尾梅郷で一番人気がある木下沢梅林は若干離れているので、バスで行くことも可能なのですが、健脚の方は春の風景を楽しみながらぜひ徒歩で行かれることをおすすめします。
また、このコースの復路をバスを利用される人も多いですが、往路をバスに乗り駅に徒歩で戻る方法もおすすめです。

高尾梅郷の各梅林は小仏川に沿って点在しているため、遊歩道梅林(下流)から木下沢梅林(上流)に向けて緩やかな勾配を登っていく形になるので、スタート地点を木下沢梅林に設定すれば、下り道を行く形でそれぞれ梅林へ行くことができます。
(荒井梅林や天神梅林は南北の山側にあるため、坂道を上る形になります。)

高尾梅郷の動画

高尾梅郷随一の景色「木下沢梅林」の動画をご紹介します

2017年に開催された高尾梅郷「梅まつり」の開催の様子が分かる動画をご紹介します

2019年も開催!高尾梅郷「梅まつり」

裏高尾エリアの春の訪れを告げるイベント『梅まつり』の開催情報やおすすめするポイントをご紹介します!

2019年高尾梅郷「梅まつり」の開催情報

開催日

2019年3月9日(土)・10日(日)

「梅まつり」内の開催イベント

例年、高尾梅郷の梅まつりの開催期間中には各会場でイベントが開催されますので、以前催された主なイベントをご紹介します。

共通イベント「スタンプハイク」

4つの梅林会場(遊歩道梅林、関所梅林、天神梅林、湯の花梅林)にあるスタンプを集めるスタンプラリー形式の参加費無料のイベントです。
スタンプを4つ全て集めて最寄りの梅林会場に持って行くと抽選で記念品が当たります。

※参加は一人1日1回限定です
※スタンプと抽選の受付は各会場共通で9時~16時です

関所梅林会場での開催イベント

3月9日(土)
11時~ じょいそーらん華神楽の踊り
※雨天の場合は中止となります

「じょいそーらん」とは、山梨県上野原市で2001年に発足した鳴子踊り団体で、東京・山梨・神奈川に支部があります。その中で「じょいそーらん華神楽」は地元高尾を中心に活動しているチームです。

遊歩道小名路会場での開催イベント

3月9日(土)
12時~ じょいそーらん華神楽の踊り
※雨天の場合は中止となります

天神梅林(高尾梅の郷まちの広場)会場での開催イベント

3月9日(土)
9時30分~15時30分 野点(のだて)

3月10日(日)
9時30分~15時30分 野点(のだて)
11時~/13時30分~ 琴の演奏

天神梅林(高尾天満宮)会場での開催イベント

3月9日(土)・10日(日)
献歌

高尾梅郷の基本情報

各梅園の利用案内

開園日

指定なし
※木下沢梅林のみ梅の見ごろに合わせて期間限定の特別公開

開園時間

指定なし
※木下沢梅林のみ特別公開期間中は10時~16時

休園日

指定なし

料金

無料

問い合わせ先

八王子市役所 産業振興部観光課
042-620-7378

高尾梅郷梅まつり実行委員会
080-6758-1187

高尾梅郷に関する各種情報ページ

高尾梅郷の紹介ページ
(八王子市役所)

木下沢梅林の紹介ページ
(八王子市役所)

高尾梅郷 梅まつりの公式パンフレット
(高尾梅郷梅まつり実行委員会)

高尾梅郷への行き方・アクセス

公共交通機関

JR中央線「高尾駅」・京王線「高尾山口駅」より、徒歩で約15分
(遊歩道梅林まで)

各梅林へのバスでのアクセス

JR高尾駅北口から「小仏」行きバスで
遊歩道梅林:「小名路」バス停で下車
関所梅林:「駒木野」バス停で下車
天神梅林・荒井梅林:「荒井」バス停で下車
湯の花梅林:「蛇滝口」バス停で下車
木下沢梅林:「日影」または「大下」バス停で下車
小仏梅林:「大下」または「小仏」バス停で下車

木下沢梅林まで
圏央道「高尾山IC」より国道20号線、都道516号線を経由して約15分

※土・日・祝日は混雑が予想されるため、公共交通機関でのアクセスをおすすめします

駐車場

一部あり
(木下沢梅林のみ/無料/約50台)

高尾梅郷の地図

高尾梅郷と一緒に回れる観光スポット

高尾梅郷は高尾山の麓のエリアですので、周辺には多くの立ち寄りスポットがあります。

京王高尾山温泉「極楽湯」

京王線高尾山口駅の目の前にある日帰りの入浴施設です。

春先は肌寒い日もありますので観梅の帰りに立ち寄ってみるのはいかがでしょうか?

料金(シーズン料金)

大人(中学生以上):1200円
子ども(4歳~小学生):600円

フェイスタオル(販売):150円
バスタオル(レンタル):150円
タオルセット:250円

京王高尾山温泉「極楽湯」のホームページ

↓初春~春にかけて見ごろを迎える花のスポットをエリア別に特集しています
春の花特集

あわせて読みたいおすすめの記事

東京都周辺の関連記事

愛宕神社 in 東京は「出世」のパワースポット!NHKの発祥地も程近い
東京神谷町は虎ノ門からも近く、江戸の時代から歴史あるこの街周辺は、近年虎ノ門ヒルズの開業や道路整備などでさらに注目のエリアになっています。 そんな虎ノ門から程近くにあ
山梨であり長野でもある八ヶ岳 2県に跨り開催のスターラウンド八ヶ岳がスゴい!!
毎年クリスマス前の12月初旬頃から全国のあちこちでイルミネーションが始まりますよね。 昔は一部の都市部だけが行っていたイルミネーションもLEDの普及もあるのか最近では各地で見
鳴沢氷穴・富岳風穴!行こう山梨へ、富士の麓へ
山梨はやはり富士山のイメージが強いですよね。 あの雄大で壮麗な佇まいは、子供の頃から植え付けられていて日本人にとってはしらない人はいないと言ってもいいかも知れません。 今回
筑波山には登山・絶景・温泉・筑波山神社そして梅も最高です
茨城というと海を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。ですが、今回ご紹介するのは茨城を代表する筑波山です。 つくばエクスプレスが開通して以降、東京からパッと行けて
関東の穴場スポット『狭山湖・トトロの森』は遅めの紅葉と桜が楽しめる
関東で12月上旬まで遅めの紅葉を楽しめる穴場スポット、埼玉県にある『狭山湖(山口貯水池)』と『トトロの森』を動画とともにご紹介します。 紅葉や桜の見ごろの時期をはじめ、絶

春に行きたいスポットの関連記事

トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園のアクセス・駐車場や見どころを紹介
埼玉県飯能市にある“ムーミン谷公園”として知られる『トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園』は無料で入園できるスポットとしても親子連れを中心に大人気です。 今回はそんなト
山梨・甘利山で楽しむツツジ・雲海・日帰り登山!アクセス情報も紹介
山梨県にある『甘利山(あまりやま)』は日帰り登山もできて、富士山とレンゲツツジや雲海を一緒に楽しめるスポットとしてハイカーやカメラマンに人気のスポットです。 今回はそれら
仁淀ブルーだけじゃない!都内から日帰りで行ける神奈川の秘境で「ユーシンブルー」に感動!
※現在、ユーシン渓谷へ続く玄倉林道が斜面崩落を起こしていて歩行者を含め通行止めとなっているのでご注意ください ※復旧は2019年末までかかる見込みです 通行止めの最新情報(
横須賀『佐島』でランチ!ご当地グルメの地魚や三浦半島野菜を食す!
神奈川県屈指のマリーンリゾート地である三浦半島。 その中核、横須賀市にある『佐島(さじま)』周辺は、相模湾の海鮮や三浦半島の野菜など、ご当地ならではのグルメを存分に堪能で

-スポンサードリンク-

あなたにおすすめ