龍河洞で冒険体験!所要時間・コース・アクセス情報をご紹介

更新日:

掲載情報は予告なく変更になっている場合があります。最新情報を公式サイト等で確認することをオススメします

-スポンサードリンク-

日本全国には様々な鍾乳洞があります。観光資源として活用され、自然遺産として大切にされています。

その鍾乳洞にも、ありました!!「日本三大」。日本三大鍾乳洞は岩手県の「龍泉洞」山口県の「秋芳洞」そしてあともうひとつ!

そのもうひとつである高知県の「龍河洞」をご紹介します!

山口県の「秋芳洞(あきよしどう)」にご興味がある方はこちらの記事も楽しんでみてください

秋芳洞でオールシーズン楽しむ 百枚皿も最高!アクセス・料金情報も


-スポンサードリンク-


龍河洞のみどころ

駅近ならぬ空港近の『龍河洞』は日本三大鍾乳洞

行ってみたい!と思っても、なかなかの秘境で行きづらい・・・。というスポットもありますよね。

もちろん秘境と呼ばれる場所は、そのプロセスも含めて楽しいわけですが。
『龍河洞』では、鍾乳洞の冒険感を体験できる場所ではありながら、空港からのアクセスが非常にいいんです!

何と車で約15分ほどのロケーションは、旅の帰りにもちょこっと立ち寄れる距離!
もちろん到着後すぐに立ち寄って、それから宿泊施設へというように、旅程をたてやすいベストロケーションもまた魅力です!

是非旅の選択肢に!

龍河洞のおすすめポイント

観光コースも2019年7月のグランドオープンでさらにグレードアップ

龍河洞は冒頭でご紹介した通り日本三大鍾乳洞であり、これまでも人気のスポットでした。

また、鍾乳洞に行かれた方はお分かりになると思いますが、非日常が感じられるスポットで、洞内の場所によっては難所があったりと冒険気分も味わうことができます。

その特別な空間が、2019年夏(7月)さらに進化。※新・龍河洞のティザーサイト

音と光の新演出では、通常単色のライトが使用されることの多い鍾乳洞をその地点に合ったカラフルな光とそして音で演出します。

日本全国・世界各地にそれぞれの魅力ある鍾乳洞はありますが、この体験はここ龍河洞だけ?と思わせる演出。

さらに国内鍾乳洞では初となる、大型プロジェクションマッピングを常設!広大な鍾乳洞の壁面を利用した巨大スクリーンに浮き出る大迫力映像とBGMを楽しむことができ、特別なスペースがさらに特別感を増します。

観光コースは事前予約は必要がないので龍河洞の営業時間であれば料金を支払いいつでも体験することができます。

そして鍾乳洞の魅力は一年を通してほぼ温度差がないこと。なので夏は涼しく、冬も外気より温度の高い中で過ごすことができるところ。季節を問わず楽しめる場所でもあります。

事前予約制のガイドがスタート

それでもガイドがいないと不安という方や、ガイドの方の説明を聞きたい!という方のために2018年11月より予約制のガイドがスタートしました。

料金は大人・小人とも1人500円で息する生物・植物や、歴史・文化など、熟練のガイドが紹介してくれます!

1回最大5名までで、前日の15時までに予約をする必要(電話にて)があります。コースは、入口ゲート→ 洞内休憩所→ 帰路→ 博物館入口 となっており、ガイド時間は45分~60分程度です。

スタート時間が固定になっていて、1回目|10:00 2回目|13:30 3回目|15:00 で時間厳守です。

当日申込みが可能な場合もあるので、現場係員にお問合せください。


このように、ますますパワーアップの龍河洞。既に足を運んだことがある方も、ぜひ新・龍河洞を楽しんではいかがですか。

冒険コースって!?

龍河洞を体験はすでにご紹介した一般コースの他に、事前予約は必須となる冒険コースがあります。

この冒険コースは一般的な観光コースとは異なり、狭いところを這って進む道順や木製の梯子を登ったり、真っ暗闇の中を進むなどスリリングな体験もできます。

約1時間半の行程をナビゲーターと一緒に回るこの冒険コースは1,000円増しとはなるもののまさに”冒険”の名にふさわしい体験!
是非挑戦してみてはいかがでしょうか。

注意事項(服装・靴・装備品等)
  • 前日までに予約必須(電話のみ)
  • 通常の営業時間と異なるため予約の際に時間はご確認ください。
  • 探検用装備はレンタル可能(ヘルメット・ヘッドライト・つなぎ服・長靴)※つなぎ服、長靴はレンタル料1,000円

※レンタル料金に関しては主催者にお問い合わせください。汚れてもいい服・靴を持参すればヘルメット・ヘッドライトは無料レンタル可能

予約・問合せは:龍河洞保存会 TEL:0887-53-2144

夜間イベント情報 真夏の夜の夢

春にも別の夜間イベントが実施されましたが、龍河洞では季節ごとに各種イベントが開催されます。そして、2019年7月20日からは「真夏の夜の夢」と銘打ったイベントを開催。

前年冬・ゴールデンウィークに開催された龍河洞ナイトに続いてのこのイベント。通常入れない夜間の鍾乳洞体験はいかがですか。※通常料金とは異なります

このイベントについての詳細はこちらから

龍河洞ナイト「真夏の夜の夢」|2019年体験型イベント情報(高知)

名前を聞いただけでちょっとわくドキ『暗闇体験ツアー』

※過去開催

観光コースは全長約1kmですが、暗闇コースは鍾乳洞の入り口から約400mまでの比較的鍾乳石や石筍があまり見られないエリアを電気設備を切ってしまい提灯の明かりのみで体験するコースです。

ご家族や、カップルで体験すれば親密感がより深まること請け合いではないでしょうか??

残りの600mは通常通り中の様子を確認できるように電気設備が点灯しますので、2倍の楽しみ方ができますよね!それでいて料金は変わらずです!

開催期間

※現在は開催されていません

開催期間がありますのでご注意ください
8月を除く毎月第2日曜日の午前10時より11時
(最終入洞10時40分)迄の1時間開催

珍鳥センターと博物館

高知県は特殊鶏の 産地として有名なんです。
このセンターにはそういった特殊で珍しい鶏を集めていています!

オナガドリや尾のないうずらちゃぼ、土佐九斤、小軍鶏、烏骨鶏などの他にも天然記念物指定の鶏を中心に様々な鶏の生態を観察できます。
龍河洞に行かれた際は併せて見ておきたいですね。

また博物館は、龍河洞の生成や地史的な科学的解明などを含め 地質・岩石・生物・考古・地史・人類などの広範にわたる資料研究物が公開展示されています。

龍河洞の関連イベント・プラン

龍河洞温泉ならぬ龍河温泉

近所には龍河温泉などで日帰り温泉も楽しめます。
他にも、轟の滝やべふ峡などに足を延ばして自然体験三昧を楽しむのも格別ではないでしょうか!

龍河洞スカイラインと夜景

時間に余裕があり、車利用であれば龍河洞スカイラインもお勧めです。以前は有料道路だった龍河洞スカイラインですが、現在では一般道として利用することができます。ヘアピンの続く山道ですが、登っていくと夜には夜景の美しさを堪能可能。途中に停車場があるので、そこから夜景を一望できます。

「龍河洞スカイライン」のドライブ気分を味わえる素敵な動画をご紹介します

温泉やドライブ、夜景など龍河洞周辺にも旅を楽しめるスポットが多くあるのでお好みに合わせ旅を満喫してください。

龍河洞の動画

龍河洞の基本情報

利用案内

営業日

年中無休

営業時間(観光コース)

3月1日~11月末日:8:30~17:00(最終入洞時間)
12月1日~2月末日:8:30~16:30(最終入洞時間)

料金

区分料金
大人(高校生以上)1,200円
中学生700円
小学生500円

2019年7月19日(金)より「新・龍河洞」の(プロジェクションマッピング、照明、音響等)グランドオープンに合わせて大人(高校生以上)の料金が改訂となり、1,100円⇒1,200円と100円UPになります

価格改定に関する詳細はこちらの公式サイトよりご確認ください。

問い合わせ先

問い合わせ先:公益財団法人 龍河洞保存会
連絡先:0887-53-2144

龍河洞に関する各種情報ページ

龍河洞 公式サイト

>>龍河洞も100円お得に利用できるうえに、宿泊施設やレジャー・映画など多くの割引サービス特典の付くサービスはデイリーPLUSが便利

>>じゃらんで龍河洞周辺の宿泊検索・予約

龍河洞への行き方・アクセス

公共交通機関

JR土讃線 「土佐山田駅」よりとさでん交通 バス で約20分

ごめん・はなり線「のいち駅」よりタクシー利用で 約8分

高知自動車道 南国I.C.から約25分

高知空港から 約15分

駐車場

あり

龍河洞の地図

あわせて読みたいおすすめの記事

高知エリアの関連記事

高知で悟りを開いた?「空海」ゆかりの洞窟へ行こう!!
室戸 御厨人窟(みくろど)は「空海」の悟りの原点!? 高知といえば、カツオ! ですよね。 他には、馬路村のゆずとか、土佐文旦なども全国で人気があり有名です。
天狗高原・四国カルスト 高知津野町 一度は行ってみたい自然の宝庫!!
カツオで有名な高知県ですが、高知には海だけではない魅力が多くあります。 そんな高知で、「ドライブルートに最適!」「長閑!」「絶景!!」と訪れた人を虜にすると話題の「天

鍾乳洞の関連記事

平尾台・千仏鍾乳洞へのアクセス方法や服装・料金・所要時間を解説!
「洞窟探検したい・・・」や「あの人と手を繋ぎたい・・・」 そんな思いに駆られている方におすすめのスポットが北九州市の平尾台にあるに『千仏鍾乳洞(せんぶつしょうにゅうどう)
秋芳洞でオールシーズン楽しむ 百枚皿も最高!アクセス・料金情報も
日本各地には鍾乳洞があり、色々な場所でそれぞれの楽しみ方があります。 こちらでご紹介した「千仏鍾乳洞」のように思い切り水の中を進んでゆくような鍾乳洞もあり
お土産は帰宅後に!?

旅行先でのお土産選びは楽しいですよね。ただ、時間の関係や荷物の多さ等でお土産が買えなかった・・・という経験はありませんか? そんな時に頼りになるのがHIS地球旅市場

日本全国のお土産や海外のお土産が家に居ながらにして手に入れることができます! 各県の定番のお土産からちょっと変わったものまで揃うので非常に便利です!

HIS地球旅市場はこちら

-スポンサードリンク-