鬼ノ城

鬼ノ城へ行こう!岡山で登山-ビジターセンター・アクセス情報など-

更新日:

掲載情報は予告なく変更になっている場合があります。最新情報を公式サイト等で確認することをオススメします

-スポンサードリンク-

桃太郎で有名な岡山県。岡山駅をはじめとして、町のあちらこちらで桃太郎像を見ることができます。

岡山駅桃太郎画像

そんな岡山県で、まだまだ全国的な知名度は低いですが素敵なお城「鬼ノ城」をご紹介します。岡山県観光の際には是非立ち寄ってみてはいかがでしょうか。


-スポンサードリンク-


鬼ノ城のみどころ

鬼ノ城は日本100名城にも選出されている城

鬼ノ城の画像

鬼ノ城は岡山県では岡山城や備中松山城などと並び「日本100名城」に定められています。また、国の指定史跡でもあります。

「日本100名城」とは財団法人 日本城郭協会により2006年に定められました。観光地としての知名度や文化財や歴史上の重要性など様々な基準により審査とされています。

また、この鬼ノ城は他の歴史ある史跡と異なり、「日本書紀」などの史書に記載がない城で、築城年が不明というのもミステリアス!発掘調査の結果からは7世紀後半ではないかとされています。山城に必要な設備はほぼ備わっており、未完成の山城が多い中で稀な古代山城とされています。

歴史を感じるとともに、古代ミステリーを是非体感してみてください!

鬼ノ城のおすすめポイント

鬼ノ城は岡山の新名所!ビジターセンターからのハイキングを楽しもう!

標高約400mの鬼城山(きのじょうざん)山頂にある鬼ノ城(きのじょう)は、山の7合目から8合目にかけて取り巻く城壁が、約2.8kmに及びます。この城壁へたどり着くまでも歩くことになるのでうが、城壁を歩いて見て回るには十分なハイキングといえる距離ですよね。

平坦で歩きやすい場所もありますが、傾斜や段差のきつい場所もあるので、歩きやすい服装・装備で山の起伏を楽しみながら、風を感じ、歴史に思いを馳せつつ雄大な古城が目の前に見る景色を楽しんでください!コースは1周に約2時間程度かかり、周りにトイレや飲料の自動販売機などはないため、事前にトイレを済ませ、飲み物などを持参することをお勧めします。

ビジターセンターにも飲み物の自販機等はないので、事前に準備の上お出かけください
※ビジターセンターから「鬼ノ城」までは、およそ10分程度です

また、晴れた日には遥か四国までも見渡せる絶景が!!このような景色は、どこからでも見ることができるわけではないので、見逃すわけにはいきません!是非、晴れた日を狙って訪れてください!南門 →東門 →温羅遺跡のコースでは右に景色を見ながら歩ることができます。爽快感と開放感を感じながら、絶景を楽しめる場所は疲れを忘れさせてくれるかもしれません!

一見の価値がここにあります!
※山道となるので足腰や体調に自信がない場合は無理をせずに引き返すことが必要です。必要に応じ、トレッキングーポールなどをお持ちになるのもいいのではないでしょうか。

こんな感じの折りたたみ式だと持ち運びに便利ですよね

異国の趣きが迎えてくれる

鬼ノ城は一般的な戦国時代の城とは異なり、そのルーツは朝鮮半島の影響を色濃く受けているとされます。復元された城門にも朝鮮や中国の雰囲気があります。

また、異民族からの侵攻を阻止するために築かれたともいわれる城郭は、日本版万里の長城などと言われることもあるとか。本家中国の万里の長城に行ったことがなくても、きっと異国情緒を感じることができるのではないでしょうか。

こんな道もあります

<西門>

このように日本の山城とはまったく異なる趣きがうかがえます。是非実際に赴いて確かめてはいかがですか。

ビジターセンターで事前学習をしてゆこう!

ここを訪れた多くの方からよく聞かれるのは、鬼城山ビジターセンターで事前に情報を仕入れてから行くとより理解が深まるということ。

鬼城山ビジターセンターはふるさと自然のみちウォーキングセンター棟と展示棟(ガイダンス施設)からなります。

ふるさと自然のみちウォーキングセンター棟は休憩や、自然観察の拠点として設けられました。
施設:休憩室・講義室・保管室・倉庫 ※講義室は無料ですが、事前予約が必要です

駅から徒歩で登山をするという方には、休憩室でひといきつくというのもリラックスできるポイントです。トイレも完備しているので、こちらの施設で済ませておくことをお勧めします。

記事中にも記載していますが、自動販売機の類はありませんので飲物等は事前にご準備くださいね!

展示棟(ガイダンス施設)は鬼ノ城の紹介の他、鬼ノ城全体や西門の模型が展示されています。
施設:展示室・ロビー・事務所・倉庫
※ロビーには無料の荷物預け用ロッカー6人用が設置されているので、鬼ノ城へもってゆく必要のないものはこちらで預けられます。カメラ・携帯・貴重品等はお忘れなく!

模型や展示を見て事前学習してゆけばより理解が深まり、楽しむことができると思いますので是非ご利用ください。センターの方が詳しく説明してくださることもありますので、解説を聞くチャンスがあれば是非!

登るだけであれば10分程度ですが、1周を見て回るとなれば個人差はありますが、1時間から2時間を要しますので、しっかり水分補給をすることをお勧めします。

また、夏場はまったくと言っていいほど日よけ場所がありませんので、ビジターセンターで日焼け対策・暑さ対策・虫よけなどしっかりと事前準備してください。

日本100名城のスタンプラリーのスタンプはビジターセンターで押すことができます。

登山時のスズメバチに注意

「鬼ノ城」スズメバチ注意の看板などもあり、時期によってはスズメバチに注意が必要です。スズメバチは一般的に黒色からそれに近い色に反応すると言われているので、白っぽい服、白系の服装(羽織るものを持参等)がおすすめです。

また、柔軟剤や香水、化粧品などの強い香りもスズメバチを刺激しますので御注意ください。

注意してはいたものの、もし遭遇してしまった場合には慌てたり騒いだりせずに、ゆっくりとその場を離れる(後ずさる)等がが推奨されています。周りには十分注意して鬼ノ城登山を楽しんでください。

鬼ノ城の関連イベント・プラン

桃太郎伝説や、そのなかの鬼とされた温羅(うら)に関連するスポットを一緒に回ってみてはいかがでしょうか。

桃太郎のモデルと言われる吉備津彦命(きびつひこのみこと)に関連する吉備津彦神社吉備津神社などの説話を彩る世界へと想像を膨らませてみるのも素敵な楽しみ方ではないでしょうか!

伝説では温羅(うら)は鬼とされていますが、実は民から非常に愛されていた!という話もあります。そんなこと思いながら、吉備津彦神社にある温羅神社にも参拝されてはいかがでしょうか?

吉備津神社についてはこちらの記事でも紹介しています!

吉備津神社の神様は桃太郎!?ご利益や回廊などの神社建築も解説

鬼ノ城の動画

素敵な動画をご紹介します!

鬼ノ城の基本情報

利用案内

営業日

年中無休

ビジターセンター
1月4日~12月28日

営業時間

特に制限はありませんがライトアップ等はありませんので、明るいうちにご利用ください!

ビジターセンター
9:00~17:00
※入館は16:30迄
ロッカー利用時間 8:30~17:00

休業日

なし

ビジターセンター
月曜日および12月29日~1月3日
※月曜日が祝日の場合は祝日の翌日
※連休に月曜日を含む場合は連休明けの平日

料金

ビジターセンターともに無料

問い合わせ先

問い合わせ先(ビジターセンター):鬼城山ビジターセンター
連絡先:0866-99-8566

鬼ノ城に関する各種情報ページ

おかやま旅ネット 公式サイト 鬼城山(鬼ノ城)ページ

総社観光ナビ 公式サイト 鬼ノ城 巨石めぐり・トレッキングページ

総社市 公式サイト 鬼城山ビジターセンターページ

岡山県古代吉備文化財センター 公式サイト 甦る!古代吉備の国~謎の鬼ノ城ページ

鬼ノ城への行き方・アクセス

公共交通機関

JR総社駅からタクシー利用で約25分
※徒歩約2時間

服部駅からタクシー利用で約15分
※徒歩約1時間40分

岡山自動車道 岡山総社I.C.から約20分
※公共交通機関・自動車利用共に車で入れる場所から徒歩で登ることになります。
※また、道幅が非常に狭い部分があります。すれ違いができる場所まで移動ということも考えられますので、ご心配な方はタクシー等ご利用ください。

道幅注意の標識

駐車場

あり(70台)

鬼ノ城の地図

あわせて読みたいおすすめの記事

岡山エリアの関連記事

吉備津神社の神様は桃太郎!?ご利益や回廊などの神社建築も解説
岡山県と聞くと「桃太郎」のイメージが強い方も多いと思います。 その伝説の発祥の地『吉備津神社』のご利益やアクセス・駐車場情報、口コミですごいと評判の回廊などの神社建築を詳
弥高山の雲海・キャンプ・雲海・ツツジが美麗! 岡山県高梁市観光
日本全国には雲海が見れる場所がたくさんあります。雲海が見れる場所に辿り着くために、必ずしも過酷な条件の場所ばかりでないというのも嬉しいですよね。 今回ご紹介する雲海スポッ

日本の城・城跡の関連記事

熱田神宮と名古屋城を併せて訪問!ひつまぶしやきしめんの名店も!
愛知県には全国的に有名なスポットや、グルメなどが多く、行ったことがないという方も「知ってる!」がたくさんあるのではないでしょうか。 そんな愛知のなかで規模が一番の都市「名古屋
千早城の戦いの千早城跡は100名城スタンプもある要塞だった場所
大阪のお城といえばやはり大坂城を外すわけにはいきません。名実ともに大阪を代表するスポットでもあります。 それは間違いありませんが、歴史ある大阪の地には他にも多くの城跡
お土産は帰宅後に!?

旅行先でのお土産選びは楽しいですよね。ただ、時間の関係や荷物の多さ等でお土産が買えなかった・・・という経験はありませんか? そんな時に頼りになるのがHIS地球旅市場

日本全国のお土産や海外のお土産が家に居ながらにして手に入れることができます! 各県の定番のお土産からちょっと変わったものまで揃うので非常に便利です!

HIS地球旅市場はこちら

-スポンサードリンク-