天逆鉾(あまのさかほこ)を見に登山の超初心者が『高千穂峰』を登る!

更新日:

-スポンサーリンク-

他の記事でご紹介した霧島神宮への参拝をした後、主祭神である瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)が降り立ったまさに天孫降臨神話の場所で天逆鉾(あまのさかほこ)が山頂に突き刺さっている高千穂峰(たかちほのみね)への登山をしたのでご紹介します!

ちなみに登山の超初心者というかほぼ未経験者が一人で登ったので、そのあたりの感想や情報もお伝えします。

※現在、高千穂峰の隣、新燃岳(しんもえだけ)の噴火に伴い、中岳・新燃岳への
コースや縦走コースは規制が実施されているのでご注意ください

(高千穂峰へ登るルートは開放されています)

鹿児島県側からのルートの最新情報
(高千穂河原ビジターセンター)

宮崎県側からのルートの最新情報
(宮崎県)


スポンサーリンク

高千穂峰(たかちほのみね)のみどころ

001_高千穂峰
御鉢から背門丘(せとを)を見た際の風景です

高千穂峰(たかちほのみね)とは?

高千穂峰は鹿児島県と宮崎県にまたがる標高1574mの霧島連山に属する山です。

霊峰として古くから信仰の対象となっている山でもあります。
その理由は、日本最古の書物「古事記」にも記載がある天孫降臨神話の舞台となっているためで、霧島神宮が創建された6世紀当時は社殿も高千穂峰と御鉢の間に造られたといわれています。
(現在の場所にある霧島神宮の拝殿も高千穂峰の方向を向いています)

天孫降臨神話とは?

日本神話の中で、天照大御神(あまてらすおおみかみ/伊勢神宮の主祭神・日本国民の総氏神)の孫、瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)が三種の神器や神々とともに地上を治めるために降り立ったという伝説です。

天逆鉾(あまのさかほこ/あめのさかほこ)とは?

高千穂峰の山頂には瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)が突き刺したと伝わる「天逆鉾(あまのさかほこ)」が天に向かって立っています。
これは国家が安定して矛が二度と振るわれることがないようにという願いが込められているといわれ、その神秘性から日本三奇にも数えられています。

諸説ありますが、この矛は国づくり(日本の国土を作った伝説)の際に使われていた「天沼矛(あめのぬぼこ)」であるともいわれています。

天逆鉾は霧島六社権現の一社、霧島東神社(宮崎県西諸県郡高原町)の社宝とされていますが、撮影禁止ではなく撮影は可能です。
(撮影は可能ですが天逆鉾を囲む土地は立入禁止で触れることもできません。)

いざ高千穂峰登山へ!

準備・装備編

真夏(お盆ごろ)の登山だったため、服装は半袖+綿パンツだったのですが、山頂付近では風も強く汗も引いて寒かったため、事前にホームセンターで購入していたウィンドブレーカーが役に立ちました。

また、ミドルカットの登山靴も用意しておいて良かったです。
(後述しますが、もしスニーカーだったら…と思うとげんなりしたはずですw)

その他は水分は1Lと500mlのペットボトルを1本ずつ、計1.5L分を用意しました。
(下山した時点でちょうどなくなりました)

それらをタオル(2枚)やコンビニで購入した食料と一緒に普段使いのリュックサックに入れて登山をしました。

まずは高千穂河原からスタート

002_高千穂峰
駐車場を出てすぐにある高千穂河原の鳥居
この左側にビジターセンターがあります

高千穂河原はかつて移転をした霧島神宮があった場所で、現在は鹿児島県側から高千穂峰へ登るルートの玄関口となっていて、駐車場(有料)や高千穂河原ビジターセンター、飲食店・土産物屋などがあります。

高千穂河原ビジターセンターに登山届を提出していざ出発です!

高千穂峰の古宮跡で登山の挨拶と無事を願う

003_高千穂峰
古宮址からは高千穂峰を望むことができます

駐車場近くの鳥居を抜けてほどなくすると、高千穂峰の古宮址(ふるみやあと)があります。

かつて平安時代中期のころ、噴火によって山頂付近にあった社殿をこの場所に移したと伝えられています。
ここでは毎年11月10日の夕方に「天孫降臨御神火祭(てんそんこうりんごじんかさい)」という神事が行われます。

004_高千穂峰
神事が執り行われる斎場の内部は立ち入り禁止ですが参拝ができます

斎場で高千穂峰への登山の挨拶と無事を祈願して登山道に入ります。

登山コースの序盤は林の中を進む

登山コースに入って、30分ほどは石段などもある比較的歩きやすい林の中を進みますが、徐々に上り傾斜がついていき、運動不足の体では息がはずみ始めます。

005_高千穂峰
序盤は森林浴を楽しみながら進めますが・・・

林を抜けて本格的な登山が始まる・・・

林を抜ける頃には結構な勾配で、弾んでいた息がゼーゼーに変わり始めます。
そして、林の終わりが見える直線の先には更なる傾斜が・・・最初の心が折れそうなポイントでした。

006_高千穂峰
林が終わる地点から先を行く人たちを見ると急に目線が上がります

本当の登山が始まる・・・(中盤~御鉢まで)

林を抜けると勾配がきつくなり、道も歩きにくくなります。

岩場も通るのですが、なんといっても噴火の際の置き土産であろう灰や砂礫、スコリアに足を取られまくり全然進まず、さらに追い打ちをかけるように、砂や小石がとめどなくミドルカットの登山靴に侵入してきます・・・ここで何度も心が折れそうに、というか折れました。

普通のスニーカーで登っていたらと思うとぞっとしつつ、金剛杖や登山ストックがあればと何度も思いました。

登山後にゲイターという砂や水の侵入を防ぐ便利な登山グッズの存在を知りました・・・お持ちの方はぜひ装着を!

↓こういう登山用具です(Amazonの画像)

007_高千穂峰
※カメラを傾けて撮影はしていません
リアルな傾斜と砂礫たちです

ただ、大きな岩も点在しているので休憩場所には事欠かないことと、周囲を見渡せば気持ちの良い風景を眺められるので、撤退はなんとか踏みとどまることができました。

008_高千穂峰
振り返ると大パノラマが広がっています
はるか下の開けている場所はビジターセンター周辺と古宮址です
009_高千穂峰
高千穂峰は春のミヤマキリシマが有名ですが、夏には御鉢に近いところで可憐な花を見ることができました
(花の名前はわかりませんでした)

御鉢(おはち)から馬の背越えへ・・・しかし更なる試練が

やっとの思いで中盤のクライマックス「御鉢」へ到着。
そして噴火口をのぞき込み、高所恐怖症も忘れるほど自然が作り出す造形に感動していました。

その後に恐怖体験があることとも知らずに・・・

010_高千穂峰
THE 噴火口!という自然美に感動します
※写真は下山時に撮影したものです
御鉢(おはち)とは
高千穂峰の西側にある霧島連山に属する山で、古くから噴火を繰り返している活火山でもあります。
特に直径約600メートル、深さ約200メートルの大きな噴火口が御鉢の特徴です。

火口の北側が登山ルートに設定されていて、道幅も狭く両側が絶壁であることから「馬の背越え」と呼ばれています。

強風が吹く難所でもあり、事故も起こっているので通行時には注意が必要です。

御鉢の風景を堪能後に「馬の背越え」に差し掛かったところ、急に霧に覆われ視界が悪くなり数メートル先も見えなくなりました。

よりにもよって、この難所で視界不良とか運がいいのか悪いのかと思いながら、両側が絶壁ということもあり、好転するまでその場に留まっていたところ、5分ほどで50mくらいは見通せるようになったので何とか進めました。

余談ですが、「霧島」という地名は天上にいる神様が下界を見下ろした際に、「霧に浮かぶ島(山々の山頂部分)」が見えたことが由来とされているようで、霧が頻繁に発生するのかもしれません。

011_高千穂峰
「馬の背越え」でのこの状況はさすがに肝を冷やしました

背門丘(せとを)からいよいよ高千穂峰の山頂へ

恐怖を味わった「馬の背越え」をなんとかクリアして、天孫降臨の舞台だったとされる「背門丘(せとを)」で6世紀ごろに創建された霧島神宮の元宮への参拝を済ませました。

※背門丘の由来は御鉢の東側から高千穂峰にかけてくぼんでいて、馬の背中のように見えることからきています(前述の馬の背越えとは異なります)

012_高千穂峰
元宮には小さな鳥居とお社が鎮座しています

元宮を過ぎると、いよいよ高千穂峰の山頂への最後の斜面が待っています。

この斜面は頂上に近づくにつれ勾配もきつくなり、最後まで心を折りにかかってくるなと恨み節でしたが、ここまでくると登頂への欲と「天逆鉾(あまのさかほこ)」を見ずに帰れるかという気持ちで登り切ることができました。

013_高千穂峰
天逆鉾をうっすら見ながら最後の試練です

そして山頂に刺さっている天逆鉾との対面!

014_高千穂峰
想像していたよりも大きく、山頂までの苦労を考えると感動もひとしおです

瓊瓊杵尊が国家安寧を願って突き刺したこの天逆鉾は、幕末の英雄、坂本龍馬が日本初の新婚旅行の際に引っこ抜いたという逸話も残っています。

噴火の際に一度折れてしまい、現在刺さっている鉾はレプリカですが、オリジナルの鉾の柄の部分は現在も埋まっているとのことで、なんともロマンを感じずにはいられません。

015_高千穂峰
天に向かってまっすぐ伸びる鉾を見ると鳥肌が立ちました

昼食も含め1時間ほど休憩をして下山を開始しました。

急斜面を転がらないように気を付けながら下山していきましたが、もちろん問答無用に小石や砂が入ってきます。

まとめ

016_高千穂峰
下山を開始してから青空になり気持ちよく下りることができました

今回は登りは小休憩を取りまくって2時間ほどかかり、下りは1時間ほどで登山することができました。

体力に自信がある方は1時間~1時間30分ほどで山頂まで登ることができると思います。

登っている途中や山頂には中~高学年くらいと思しき小学生も多くいたので、馬の背越えのあたりで特に注意を払えば小学生くらいからでも登山できるのではという印象です。

また、やはり登山初心者は1人で登ると何度も心が折れますので、2人以上で励まし合いながら登ることをおすすめします!

高千穂峰の動画

登山写真では見られない高千穂峰のドローン映像をご紹介します

高千穂峰の基本情報

高千穂河原ビジターセンターの利用案内

営業時間

9時~17時

休業日

年中無休

入館料

無料

注意事項

・登山届を提出できるボックスはビジターセンターの入口前(屋外)にあるので、いつでも提出が可能です

・新燃岳の噴火の状況により規制が実施される場合もあるので、最新の情報をご確認ください

問い合わせ先

高千穂河原ビジターセンター
0995-57-2505

高千穂峰に関する各種情報ページ

高千穂河原ビジターセンターの公式ホームページ

高千穂峰の紹介ページ

高千穂峰・高千穂河原ビジターセンターへの行き方・アクセス

公共交通機関

JR肥薩線「霧島温泉駅」より、霧島いわさきホテル行バスで「丸尾」で霧島連山周遊バスに乗り換え「高千穂河原」で下車

バスの路線図・時刻表

鹿児島空港からのバスの時刻表

九州自動車道「溝辺鹿児島空港IC」より、国道504号線、県道60号線・480号線を経由して約50分

駐車場

あり
(500円/日)

高千穂河原ビジターセンターの地図

鹿児島県霧島市霧島田口2583-12

Tea break -Cover Story-

『高千穂峰』天孫降臨の山でちょっと成長

「神様が使った矛が山頂に刺さってるよ」

その伯父の言葉に妙に興味をかき立てられ、その山に登ろうと決めた。
お盆休みを利用し、鹿児島の祖母宅で過ごしたある日のことであった。

【高千穂峰(たかちほのみね)】というその山は、霧島連山のひとつで鹿児島県と宮崎県にまたがっている。
日本神話の天孫降臨の山としても、坂本龍馬の新婚旅行先としても有名らしい。
山頂の矛は神様が日本列島を作る際に使ったもので【天逆鉾(あまのさかほこ)】と言われている。

登山前日、経験も装備も皆無な私はネットの情報を頼りにしながら、近くのホームセンターでミドルカットの登山靴とウィンドブレーカーを調達した。
締めて5,000円ほどなら上出来な買い物だと、ひとりドヤ顔。

そして当日。天気は夏!と言えるほどの青がまぶしい。
まずは元々、高千穂峰に社殿があったといわれる霧島神宮で登山の無事を祈願。そこから車を15分ほど走らせ、登山口がある高千穂河原から登山をスタート。

最初の30分-比較的緩やかな森林地帯を踏みしめ森林浴を楽しむ。初心者丸出しの真新しい登山靴に足も心も躍った。
その先に超過酷な道が運動不足の身を削ってゆくことも知らずに・・・

突如として急勾配になる斜面。足を取られまくって、ニキュッパの登山靴にエンドレスに侵入してくる火山砂。
全くもって進んでいる気がしない。。。頭の中に「365歩のマーチ」のあの有名なフレーズが無限ループしてくるw

息を切らしながらの悪戦苦闘を尻目に・・・後続の登山者が、ひとり、またひとりと抜いてく抜いてく

ある小学生は、「こんにちは!」と溌溂とした眩しさをおいて颯爽と・・・
「頑張ろう!」と声をかけ、彼女の手を引く大学生カップルが・・・
金剛杖を片手に「よいしょ、よいしょ」と言いながら人生の大大先輩が・・・
みんながみんな抜いてゆくのだ…

最初は対抗心を燃やしたものの全く追いつかない。。

そこで便利な道具、カメラを登場させる。
「意識高い系」を演じつつ小休憩まで出来てしまう、なんて便利な文明の利器!

・・・つまらない虚栄心で空しくなってくる

そんな背中を、絶景と風が優しく押してくれた。
「自分のペースで登ればいいよ。とにかく歩を進めれば頂上にも着くんだよ。」
とも言ってくれている気がして、息も絶え絶えだったが足も心もちょっぴり軽くなった。
そこを境に、休みたい時に休み、景色に感動したら写真を撮り、途中に濃霧に覆われ・・・
ゆっくりと自分のペースで登ることができた。

そして、ついに最後の急勾配を上った先で、今回の目的は立派に天にまっすぐ伸びていた。
想像よりも大きい矛先は、真っ青な空を指しながら「よく登ってきたね、お疲れさま。」と言ってくれている気がして、思わず手を合わせた。

小一時間ほど小腹を満たしたり、山頂の散策をして過ごした。
コンビニで仕入れておいた「バクダンおにぎり」はいつもよりおいしく感じた。
(豪華に3種類も具が入っているからかも知れないがw)

登りみちで芽生えた虚栄心や、引き返そうかなという気持ちを振り切って、天逆鉾を目で、心で感じられてよかったー!と改めて実感。

少し成長できたかなぁ。

余談ではあるが、私の筋肉も少し成長をしたっぽい。
翌日以降、人生最大の筋肉痛に襲われたのは言うまでもないw

高千穂峰と一緒に回りたいおすすめ観光スポット

霧島神宮

-高千穂峰(ふもとの高千穂河原)から車で約15分

天孫降臨の神様をまつる『霧島神宮』は鹿児島屈指の観光・パワースポット

丸池湧水(まるいけゆうすい)

-高千穂峰(ふもとの高千穂河原)から車で約60分

霧島連山の水のパワースポット『丸池湧水』のコバルトブルーに感動!

曽木の滝(そぎのたき)

-高千穂峰(ふもとの高千穂河原)から車で約90分

曽木の滝 迫力の絶景だけじゃない 神社や温泉 紅葉ライトアップ!

あなたにおすすめ