八甲田はロープウェイ!?登山!?ブナ林も見逃せない!

更新日:

掲載情報は予告なく変更になっている場合があります。最新情報を公式サイト等で確認することをオススメします

-スポンサードリンク-

青森県八甲田。
明治時代の雪中行軍遭難事件でも有名な八甲田ですが、その新緑や紅葉の美しさは見逃せません!

今回はロープウェイもある、この「八甲田」を中心にご紹介します!


-スポンサードリンク-


八甲田のみどころ

八甲田山という山はない!?

「八甲田山」としてその名を知られている、青森県中央部に位置する火山群は、北海道の渡島半島(おしまはんとう)にある樽前山(標高1024m)から、東北地方の中央部を縦断して関東地方北部にも達する南北約1,000kmの那須火山帯に属しています。

この八甲田火山群地域を「八甲田連峰」と呼んでいます。最高峰の大岳(1,585m)の他に、高田大岳・井戸岳・赤倉岳・前嶽・田茂萢岳(たもやちだけ)・小岳・硫黄岳・石倉岳・雛岳の指し「北八甲田」、逆川岳・横岳・猿倉岳・櫛ケ峰・乗鞍岳・駒ヶ峰・南部赤倉岳を指し「南八甲田」と いいます。

「八甲田山」という名称を使用することはよくありますが、どれを指して八甲田山ということではなく、これらの山々の総称が「八甲田」または「八甲田連峰」となります。かつてヒットした映画「八甲田山」により、八甲田山という単独峰が存在すると考えられることが多くなったようです。よく見かける「八甲田山(1,584m)」などの表記は最高峰の大岳を指しているではないでしょうか。

八甲田の由来ですが、「八つのカメの甲羅ような山があり、その山中に田代(湿原)が点在するから」や「八つの山々の各地に、神の田(湿原)があって、八神田から転じて八甲田となった」など諸説がありますが、実際に多くの高地湿原が存在していて、景観に大きな影響を与えています。

このように多くの湿原が、山の美しさや、季節の花々、秋の紅葉などの目にも麗しい自然を楽しむことができるんですね!

八甲田のおすすめポイント

ロープウェイで山頂駅まで!ハイク・登山・紅葉・スキーや樹氷も!?

トレッキングは夏季の楽しみ!

八甲田には「山麓駅」と田茂萢岳(たもやちだけ)の「山頂公園駅」を約10分で結び、年間を通して運行されているロープウェイがあります。

そのため、一からの登山とは違い、空中散歩を楽しみながら山頂まで行けるという、山登りはちょっと・・・という方にも安心なプランを組むことができます。もちろん、最近では山登りも以前に比べて、よりメジャーな楽しみのひとつとなっているので、きちんとした装備で「山頂公園駅」からの登山を楽しむということも可能です!

その場合には、安心安全を心がけて、事前の準備、急な天候変化への対する備えをしっかりすることは言うまでもありませんよね。身近に感じてしまう場所ほど、気のゆるみがあるのでくれぐれもご注意ください!(※JAF会員であれば10%の割引を受けることができます。チケット売り場でJAFの会員証提示が必要です

「山頂公園駅」からトレッキングや登山を楽しむことができます。

「八甲田ゴードライン」は「Gourd(ひょうたん)」の形をしていることがその名の由来。コースは整備されていて、スニーカー等でも散策することができます。(雪の季節はこの限りではありません)

「八甲田ゴードライン」のあちらこちらには湿原が点在してい、多くの高山植物が群生しています。よく晴れた日には、もちろん遠くまで絶景を見渡すことができますよ!この世界を見に何度も訪れるという方もいるほど!是非晴れた日を狙っていかれてみてください!

残念ながら、天候によっては霧がかかり視界不良になる場合もあります。状況を見極めて早めに降りるなどの対策も必要なのでご注意を!

また、雪解けが遅いので6月でも雪道を歩くことを余儀なくされることもあります。それ以降の夏季には整備された道が歩きやすく小学生くらいの小さなお子さんとご家族でというのも楽しい思い出になるのではないでしょうか。所要時間は短いコースで約30分、長いコースで約1時間ですので、いずれにしても履き慣れた歩きやすい靴でお出かけになることをおすすめします。

登山としての楽しみ方

標高差のある「上毛無岱(かみけなしたい)」と「下毛無岱(しもけなしたい)」の二段を「毛無岱(けなしたい)」と呼んでいますが、「毛無パラダイスライン」は「毛無岱」の中央部を縦走する登山初心者でも、比較的楽しむことができる下りがメインの登山ルートです。

春から秋にかけて、季節ごとに色を変えてゆく山々と、登山道沿いに咲き誇る種々の高山植物が目を楽しませてくれます。紅葉時期の「上毛無岱」から「下毛無岱」へと下る階段からの眺望は、ことさら格別!!

所要時間やコース難度はあがりますが、ご自身の体調や、体力に合わせてトライしてみる価値はあります!※一般登山道なので、スニーカー・登山靴などで必ず行かれてください。また決してご無理をなさらないようにお気を付けください。

所要時間は、山頂公園駅から上毛無岱入口までが約60分、下毛無岱出口までが約90分、酸ヶ湯・城ヶ倉までが約150分で、山頂公園からおよそ2時間半を要するコースになります。

大岳登山コースは八甲田登山の中でもっともポピュラーなコースです。八甲田連峰の主峰である「大岳」を制覇し、縦走するコースです。本格的な登山ルートのため「大岳」山頂からは大パノラマの景色と、登りきった達成感もアクセントになり眺望は言葉にならないかも知れませんよ!!

ですが、本格的とご紹介したとおりハイキングやトレッキングの類とは一線を画します。簡単な装備だけでなく、履物・服装・携行品等、それなりの準備が必要なことはお忘れのないように!体力ともに注意が必要です!

そうは言っても、天候もよく、晴れた日にこのルートで「大岳」山頂を制覇すれば、なかなか見ることのできない絶景が待っているのも事実!!同行する方や。準備状況、季節や天候、体力に合わせて是非楽しんでみてください!

所要時間は、山頂公園駅から赤倉岳までが約70分、井戸岳までが約90分、大岳までが約120分、酸ヶ湯まえは約210分で、山頂公園駅から順調にいって、およそ4時間弱を要するコースになります。

他にも山頂公園駅を起点としないコースなども数多く存在しますので、思い切り登山を楽しみたいという方は、是非詳しくご自身で調べて更なる登山道を楽しんでください!

紅葉は八甲田の醍醐味!!

城ヶ倉大橋画像

紅葉が見事な場所として有名な八甲田ですが、その木々はさまざま。

また山頂付近と山麓付近では気温差もあり、紅葉の進み具合も違うので、山麓付近から見える部分が色付きがあまり進んでいない!なんて場合でも、山頂付近は結構紅葉が進んでいたということもあります。

ただ、別の項目でもご紹介した通り、天候により見渡せる部分は大きく変化しますし、視界の先が殆ど見えない!や、強風でロープウェイが停まっている!ということも想定されるので、まずはくれぐれも天候をできるだけ事前にお調べの上お出かけすることをおすすめします!

主に、ブナやナラ、カエデ、ダケカンバなどが赤や黄色に色づき、それは美しい世界を演出する秋の八甲田ですが、10月下旬から11月頃にかけ、そろそろ初雪が舞い降ります。この頃、まだ残る紅葉と雪の白は見頃な対比が鮮やかに目に飛び込んできます!!自然美の見逃せない奇跡のようです!

山頂公園駅から約10分ほどにある八甲田ゴードライン(田茂萢湿原)や駅付近からも、美しい秋の風景や水鏡にうつる秋の彩が目を楽しませてくれます!

特に、先ほどご紹介した「毛無岱」の「上毛無岱」から「下毛無岱」へと降りる階段からの景色は、新緑の季節でも十分見ごたえのある景色ですが秋の色の主張が素晴らしく、遠景までもが全力で秋を表現しているようです!!!

日本三大樹氷も見れる八甲田は冬も楽しみが詰まっている!!

紅葉のシーズンから徐々に冬は進み、11月になると雪の降る日は一気に増え、雪が降り積もり始めると八甲田の冬は急速に進みます。

すべての峯が白の世界へと姿を変え、暖かい時期の新緑や紅葉は姿を隠します。

そして、冬には全く新しいレジャーの場へと人々が集まってきます。スキー・スノーボードシーズンは11月下旬から5月の中旬までと非常に長いことでも有名な八甲田は、それ以外のシーズンとはまた違った活況を魅せます。日本のみならず、最近では遠く海外からのウンタースポーツを楽しむ旅行者が増えています。

八甲田ロープウェースキー場はロープウェイの山頂公園駅のある田茂萢岳山頂を基点として、長い滑走距離を持つ数本のコースからなり、初心者から上級者を問わず楽しめるコースになっています。

日本三大樹氷のひとつでもある八甲田の樹氷はもちろんのこと、津軽半島・下北半島や、晴れた日見通しのいい日には北海道までもを望みながらの滑走ができてしまうのも八甲田ならではの楽しみです!

概ね11月下旬から5月まで楽しめるウンタースポーツシーズンですが、場所によっては8月のサマースキーを楽しむことができるそうなので、ご興味ある方は直接お問い合わせしてみてください!

コースは「寒水沢コース(初級~中級)」「ふりこ坂コース(初級~中級)」「スラロームコース(中級~上級)」「 ダイレクトコース(中級~上級)」「 フォレストコース(中級~上級)」の5コースになります。

またツアールートも設定されていますが、開放期間や注意事項などがあります。


八甲田山の地形と積雪状況を生かしてスキーに適した斜面を選定したルートです。
無立木の大斜面や林間での快適で多彩なスキーが楽しめますが、自然状態のため雪庇、クレバスなど危険箇所があります。一部補助的に竹ポール等でルートを標示してありますが、単独での入山はしないで下さい。

※各ルートとも開放期間が決まっています。詳しくは、直接お問い合わせください。
※宮様・中央・城ヶ倉ルートは3月上旬頃、銅像・八甲田温泉・箒場岱ルートは4月上旬頃からの開放となります。
八甲田ロープウェー株式会社公式HP

スキー・スノーボードなどのウインタースポーツのみならず、雪深いこのエリアならではの冬山の楽しみはまだまだあります!!

八甲田に多く植生するアオモリトドマツに、この季節、雪のみならず氷もぶつかりながら段々と大きくなり、果ては「スノーモンスター」と呼ばれるほどの大きな樹氷へと変貌を遂げます。既にお伝えした通り日本三大樹氷に数えられているその迫力を是非見に行きませんか。

ちなみに同じく日本三大樹氷の秋田県「森吉山」についてはこちらの記事でご紹介しています。

日本三大樹氷!秋田県『森吉山』ゴンドラで行く冬の自然美を鑑賞!

迫力ある樹氷を少しコミカルに描いた素敵な公式動画をご紹介します。

全国的に蔵王の樹氷が有名ですが、その蔵王や八幡平を凌ぐ、規模・豪快さなどを魅せ、日本一との呼び声も高いです。樹氷は1~2月ごろに例年見頃を迎えます!ここまでの樹氷もなかなかないので、この季節にお出かけの際は1度目にしたい光景です!極寒の中となりますので、衣服や装備には十分ご配慮ください!

ロープウェイの10分程度の空中散歩もまた、この季節ならではの樹氷を眺めながらのものになりますし、遠くの山々も冠雪が期待できます!雪深いエリアだからこそ楽しめる、この季節のお出かけも素敵な思い出になるのではないでしょうか?

八甲田ロープウェー割引情報

JAF(一般社団法人 日本自動車連盟)の会員であれば、優待を受けることができます。
JAF会員証を提示することで、会員ご本人を含む2名までがロープウェイの往復料金を10%割引で購入できます!会員の方は会員証をお忘れなく!

山といえば温泉は外せない!「酸ヶ湯温泉」の他にも!

八甲田周辺には、やはり火山の周辺らしく温泉が多数存在します。

疲れ切った体、冷え切った体を癒してくれる温泉が、こういった場所にあるのはとても理にかなっていますよね!

「酸ヶ湯(すかゆ)温泉」は300年も前から山の温泉宿。十和田八幡平国立公園の北部、八甲田の主峰である大岳の西麓にあります。

標高900mという高地にあり、四季の変化に非常に富んでいて高山植物の種類も豊富です。風光明媚な山の一軒家宿である「酸ヶ湯温泉」は都会っぽさとは無縁な素朴な風情が残っています。屋根裏に営巣し群飛するイワツバメは「酸ヶ湯」の風物詩でもあります。

そして、何といっても総ヒバ(ヒノキアスナロ)造りの「ヒバ千人風呂」は初めて見る人々を圧倒します!160畳もの浴室には、熱の湯、冷の湯、四分六分の湯、湯滝など5つの浴槽があります。

泉質は酸性硫黄泉で、効能はリュウマチ・神経痛・胃腸病・婦人病・便秘病・ぜんそく等とされています。この造りを見るだけも行く価値ありですが、せっかく訪れたなら是非入浴してください!宿泊プランも多様にありますので、是非ご検討してみてください!

冬季に休館するぬくだまりの里 秘湯 八甲田温泉は、1964(昭和39)年に温泉施設として創業。すでに50年以上の歴史があります。

宿泊プランも複数あり、泉質の異なる温泉と、露天風呂などもあり、様々な選択肢が用意されているのも魅力。開館時期にお出かけの際は、是非ご検討してみてはいかがでしょうか。立ち寄り温泉もできます!!

十和田エリアとはなりますが、こちらの記事でご紹介している蔦温泉も、とても長い歴史があるり、趣きがありますので、是非ご参考になさってください。

蔦沼(青森県)での紅葉の時期や撮影に最適な時間・条件を詳しく解説

まるで異国!?ブナのトンネルは一度は抜けておきたい!

八甲田の魅力でよく語られるのが紅葉のすばらしさですが、その紅葉も含め、初夏の新緑も美しいのが八甲田のブナのトンネルです。

ドライブルートも整備されているこのエリアは、サイクリングの愛好家にも人気のエリアで、この背の高いブナが作るトンネルは、まるで日本であることを忘れさせるような雰囲気さえ漂わせます。

主に撮影されるスポットや、目を引くとの評判が多いのが、八甲田から十和田のルート間にあるブナのトンネルです。ただ、当然山道なので曲がりくねっている場所は多いです、が、絶好のドライブ・サイクリングロードであることは間違いありません。

とはいえ、曲がりくねる道なのも事実なので、安全運転には十分気を付けて、この美しい風景に見とれることないようにご注意ください!

また、上路式アーチ橋では、アーチ支間長が255mと日本一の長さを誇る「城ヶ島大橋」からは十和田八幡平国立公園内有数の景勝地である城ヶ倉渓流を眼下に見下ろすことができます。

駐車場も完備されているので、車を降りて景色を楽しむことができますし、かなりのリラックス効果があるのではないでしょうか!紅葉の頃や、新緑の頃は、360度にその姿を楽しめますよ!

このように、高地であることも手伝い、峰に登ることなく素晴らしい景色を愉しむこともできる「八甲田」エリアへ是非いかれてみてはいかがでしょうか?

八甲田の関連イベント・プラン

八甲田からそう遠くない場所に、「十和田湖」はあります。青森県と秋田県にまたがるこの湖は、約2,000年の昔に火山活動で出来たすり鉢状のくぼ地に、水がたまった典型的な二重式カルデラ湖。海抜は400m、周囲は約46km、湖は最深部は326.8mで日本で12番目の大きさ。

深さは日本で3番目になります。新緑や紅葉の季節はもちろん、冬の十和田湖も幻想的な雰囲気で、また違った趣があります。新緑の時期は例年5月~6月、紅葉は10月上旬から色づき始め、10月中旬~下旬頃が見頃です。

十和田湖周辺まで行かれたら、是非「奥入瀬」にも足を延ばしてはいかがでしょうか。

季節ごとにイベント等も開催され、十和田湖の子ノ口から焼山までの約14kmの流れがあり、豊かな樹木や十を超える滝、様々な奇岩・奇勝が見事な渓流美を作り出しており、大人気のスポットです。新緑は5月~6月、紅葉は10月上旬に色づき始め、10月中旬~下旬頃に見頃を迎える場所です。

遊歩道はとても長く、徒歩ですべてを回るのはなかなか難しいかも知れませんが、滝を見たい!など、お好きなコースを見つけゆったりと楽しむのにうってつけの場所です。ご自分にあった自然美溢れるコースを是非見つけてください!

また、奥入瀬には道の駅もあり、青森県産の黒毛和牛が楽しめるレストランなどもあります!是非併せてご利用になってみてはいかがでしょうか?

八甲田のブナ動画

素敵な動画をご紹介します!

八甲田ロープウェーの基本情報

利用案内

各種情報は予告なく変更になる場合がありますので、ご利用前に各運営元にご確認することをお勧めします

営業日

年中無休
※天候などの影響がある場合は運休あり

営業時間

3月~11月上旬 11月中旬~2月
始発 9:00
終発 16:20 15:40
運転間隔 15~20分
所要時間 約10分

休業日

なし

料金

区分 片道 往復
大人
(中学生以上)
1,180円 1,850円
小人
(小学生)
570円 870円
小学校入学前 無料

※他にも、シーズン券や1年券などもありますので、公式HPで詳細はご確認ください

問い合わせ先

八甲田ロープウェー株式会社
連絡先:(017)-738-0343
メール:info@hakkoda-ropeway.jp

八甲田に関する各種情報ページ

八甲田ロープウェー

青森県観光情報サイト

十和田市HP 七戸十和田奥入瀬シャトルバス(七戸十和田駅 ― 十和田湖温泉郷・焼山)情報

>>ちょっとリッチな八甲田の宿を一休.comで検索・予約してみる

それ以外にも宿泊検索・予約はこちらの検索フォームが便利です

八甲田の10日間天気

八甲田ロープウェーへの行き方・アクセス

公共交通機関

青森駅前JRバス11番 → 十和田湖行き乗車(所要時間約1時間) → 八甲田ロープウェー駅前下車
※運賃1,100円 ※冬季は、酸ヶ湯温泉行き

東北自動車道 青森I.C(又は青森中央I.C 又は青森東I.C) →国道103号(八甲田・十和田ゴールドライン) →山麓駅

駐車場

あり(350台無料)

八甲田の地図

Tea break -Cover Story-

八甲田と ブナと 風と

あまり乗り気ではない僕を見透かすように、「早くー」と先を歩く彼女が声をかける。

日常を忘れるためと誘われた旅行の段取りは、すべて彼女が手配してくれていた。

週明けのプレゼンうまくいくかなぁ・・・

じんわりと額ににじむ汗をぬぐいながら、そんなことを考えていた。
昔は就業時間が終わるとすぐに切り替わっていた思考が、休日でも切り替わらないなんて今ではざらだ。

ここにいて、ここに居なかった。
そんな僕の足取りは、彼女のそれとは比べ物にならないくらい重く、歩くペースも遅れがちだった。

しばらく歩くと、小川のほとりで彼女が待っているのが見えた。

「お待たせ」というと「目を閉じて」と微笑みながら言われる。

怪訝な顔をしていると「いいから!」と促される。
渋々言うとおりに目を閉じた耳には、”ヒュー”と一陣の風がまとわりつく。

10秒、30秒くらいたっただろうか、鳴り続ける音と、全身に感じる風に身を任せていると
自分の中いっぱいに溢れかえっていた日常が、段々と溶けていく気がした。

ふっと手を握られて目をあけると、彼女が微笑んでいた。

「お帰り」その言葉にほっとしながら見上げると、ひんやりとした空気の中青々と輝くブナの葉が風になびいているのが見えた。

目の前の時間を生きているようで、いつも色んなことに頭を回しては、未来や過去を生きていた自分が

いま、ここにいることを強く感じて、彼女の手を握り返した。

【エリア別】日本全国の紅葉スポット・紅葉ライトアップ情報

紅葉スポットまとめ(最新の見ごろ予想付き)

amAtavi編集部がおすすめする日本全国の紅葉スポットを最新の見ごろ予想(都市別)と一緒にご紹介しています。

【2018年紅葉見ごろ予想まとめ】全国各地の紅葉スポットも紹介!

紅葉ライトアップ特集

日中のもみじ狩りも素敵ですが、ライトアップされて赤く染まる紅葉も幻想的です。日本全国の紅葉のライトアップの最新情報をエリア別でご紹介しています。

↓こちらから特集ページをご覧いただけます
>>【エリア別】紅葉ライトアップの最新情報

あわせて読みたいおすすめの記事

青森エリアの関連記事

蔦沼(青森県)での紅葉の時期や撮影に最適な時間・条件を詳しく解説
全国各地に紅葉の絶景は数多くありますが、間違いなく上位にランクインするであろうスポットが青森県十和田市にある『蔦沼(読み方:つたぬま)』です。 蔦沼が水鏡になり紅葉と朝焼
津軽鉄道で冬の観光『ストーブ列車』が雪原を走る!料金や時刻表情報もご紹介
車内に炭ストーブが設置されている列車をご存知でしょうか? 津軽五所川原駅~津軽中里駅を結ぶ津軽鉄道の『ストーブ列車』です。 今回は雪原を走る津軽列車、車内や車窓から
恐山は青森県むつ市 菩提寺に参詣し温泉で極楽へ!三途の川もある
青森むつ市 日本三大霊山「恐山」は地獄と極楽の境界線!? 青森県むつ市。 あの有名な「恐山」がそこにはあります。日本三大霊場であり、日本三大霊山、日本三大霊地と、数

山・温泉の関連記事

日本版『恋のトンネル』が「廃線×竹林」で鳥取に!?春には桜や緑のトンネルも!
「恋のトンネル」って知っていますか?? ウクライナにある緑のアーチに囲まれた線路なんですが、世界的に人気のデートスポットです。 そんな恋のトンネルですが、「廃線×竹
伊豆の小京都『修善寺温泉』で楽しむ四季の移ろいとおすすめ観光スポット3選
関東には小京都と言われるスポットが多数あり人気がありますが、今回ご紹介するのは静岡県は伊豆エリアの小京都『修善寺(しゅぜんじ)』です。 修善寺は伊豆最古の温泉地としても人気で
和歌山の秘湯『湯の峰温泉』で熊野詣にも使われた日本最古の湯を楽しむ
世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」を代表するひとつ、熊野三山と熊野詣での参詣道。 その中で、世界遺産でも唯一入浴ができる共同浴場「つぼ湯」が和歌山県の『湯の峰温泉(ゆのみ
お土産は帰宅後に!?

旅行先でのお土産選びは楽しいですよね。ただ、時間の関係や荷物の多さ等でお土産が買えなかった・・・という経験はありませんか? そんな時に頼りになるのがHIS地球旅市場

日本全国のお土産や海外のお土産が家に居ながらにして手に入れることができます! 各県の定番のお土産からちょっと変わったものまで揃うので非常に便利です!

HIS地球旅市場はこちら

-スポンサードリンク-