知床五湖と原生林を散策!ガイドツアーや見所・注意すべき点を紹介

更新日:

掲載情報は予告なく変更になっている場合があります。最新情報を公式サイト等で確認することをオススメします

-スポンサードリンク-

世界遺産・知床半島を代表するスポット『知床五湖』。周辺には太古の自然が残る原生林が広がり、今なお多くの人々を魅了しています。

そこで今回は知床五湖の見どころをはじめ、人気のガイドツアーや散策における注意点を詳しく紹介していきます。


-スポンサードリンク-


知床五湖とは?

知床五湖全景_001(斜里町観光協会提供)

画像提供:斜里町観光協会

北海道斜里町にある5つの湖の総称です。文字通り、それぞれ一湖から五湖までの名前が付いています。

知床国立公園並びに、ユネスコ世界自然遺産の構成資産に指定されています。

知床半島の地下水によってつくられた湖で、その周囲では太古からの原生林が残り、動植物の豊かな生態系が育まれています。

近年では一湖を巡る高架木道(遊歩道)や展望台やフィールドハウスなど、環境保全と観光を共存させる設備や仕組みが整備されています。

知床五湖への行き方・駐車場・地図情報

アクセス・駐車場情報

車の場合

女満別空港(網走方面)から
北海道道64号線・246号線、国道244号線・334号線、道道93号線を経由して約2時間

中標津空港(網走方面)から
北海道道774号線、国道244号線・334号線、道道93号線を経由して約2時間

マップコード(カーナビ入力情報)

757 730 727
(知床五湖フィールドハウス周辺)

駐車場情報

あり
(500円/回・約100台収容可能)

公共交通機関の場合

女満別空港(網走方面)から
1.空港バス「知床エアポートライナー」に乗り約2時間、「ウトロ温泉バスターミナル」で下車
※季節運行のためご注意ください

知床エアポートライナーの時刻表

2.ウトロ温泉バスターミナルより路線バス「斜里線」に乗り約25分、「知床五湖」バス停で下車

※斜里線は斜里バスターミナル(JR釧網本線 知床斜里駅)始発です
※例年8月には同区間でのシャトルバスも運行されます
斜里線の時刻表や運賃表

中標津空港(網走方面)から
1.路線バス「中標津空港線」に乗り約10分、「中標津バスターミナル」で下車

中標津空港線の時刻表や運賃表
※「根室 ⇔ 中標津ターミナル・空港行きバス時刻表」の項目をご確認ください

2.路線バス「釧路羅臼線」に乗り約1時間30分、「羅臼」で下車

釧路羅臼線の時刻表や運賃表
※「釧路羅臼線・釧路標津線」の項目をご確認ください

3.路線バス「羅臼ウトロ線」に乗り約50分、「ウトロ温泉バスターミナル」で下車

羅臼ウトロ線の時刻表や運賃表

4.ウトロ温泉バスターミナルより路線バス「斜里線」に乗り約25分、「知床五湖」バス停で下車

楽に移動したい場合はパッケージツアーという選択肢も

移動の心配をしたくない方におすすめ!

知床旅行・観光では移動や宿泊をはじめガイド付きの散策など、すべてが組み込まれた添乗員付きのパッケージツアーへの参加者が急増中です。

各旅行社社が催行する夏の知床ツアーの金額やプランを徹底比較しています。参考にしてみてください。

知床旅行でおすすめの夏ツアーを徹底比較!五湖散策や観光船プランも

知床五湖の地図

知床五湖のみどころと注意点

知床五湖_五湖

知床五湖は例年4月下旬~11月上旬にかけて開園しています。

その約半年間で水芭蕉(5月上旬~6月上旬ごろ)などの花をはじめ、新緑(深緑)や紅葉(10月上旬~中旬ごろ)まで様々な自然美を楽しむことができます。

また、知床連山を一望できたり、湖面に山や木々が水鏡の様に映しこまれるため、開園期間中は多くの人が散策を楽しみます。

知床五湖の2つの散策コース

知床五湖を散策するコースは大きく分けて2つあります。

高架木道

所要時間の目安:約40分(往復)
利用料金:無料

知床五湖_高架木道_001

一湖周辺を巡ることができる往復約1.6kmの木製の遊歩道です。

高い場所を歩くことができ、ヒグマの出没に影響されずに安全に散策を楽しむことができます。

また、勾配も少なく、段差もないので車イスやベビーカーでも散策をすることができます。

こんな人におすすめ
・散策・観光する時間が少ない方
・体力に不安がある方

地上遊歩道

所要時間の目安:散策コースによる
利用料金:季節による

知床五湖_地上遊歩道

地上に設定された遊歩道から原生林の中を進むコースです。

更に五湖全てを散策する「大ループ」と一湖と二湖のみを散策する「小ループ」の2つのルートが設定されています。

また、散策する時期によって料金や参加条件が変わります。
(詳細は後述しています)

※期間にかかわらず事前講習の受講は必須です
※散策ツアー中、ヒグマと遭遇した場合は中止や内容が変更になります

大ループ

所要時間の目安:約3時間
 ※ガイドツアーの際の時間
利用料金:無料~5,250円

知床五湖_三湖

三湖

五湖からスタートして一湖(最後は高架木道)を散策する約3kmのルートです。

知床五湖のすべてを巡ることができるため、とても人気があります。

こんな人におすすめ
・知床五湖の大自然を満喫したい方
・健脚な方

小ループ

所要時間の目安:約1時間30分
 ※ガイドツアーの際の時間
利用料金:無料~2,500円

知床五湖_二湖

二湖

二湖からスタートして一湖(最後は高架木道)を散策する約1.6kmのルートです。

二湖の湖畔に立つことができ、湖面に映る知床連山を見ることができます。

こんな人におすすめ
・散策・観光する時間が少ないけど原生林の中を散策しておきたい方

知床五湖の散策での注意ポイント

知床五湖では地上遊歩道での散策条件が設定されている時期が分かれているのと、ルールが設定されていますので季節ごとでのおすすめの服装とともに一緒にご紹介します。

散策条件が異なる3つの期間

知床五湖フィールドハウス(斜里町観光協会提供)

知床五湖フィールドハウス
(画像提供:斜里町観光協会)

知床五湖では3つの期間で散策条件を設定していて、利用料や制限内容が異なります。

植生保護期

春:開園(4月下旬頃)~5月9日

夏秋:8月1日~10月20日

※例年の期間です

上記の期間では知床五湖散策の拠点、「知床五湖フィールドハウス」での散策にあたってのレクチャー(約10分/有料)を受ける必要があります。

登録引率者(認定ガイド)の同行は必須ではありませんが、知床五湖や自然への理解を深めたい方はガイドツアーでの参加がおすすめです。

散策スタートまでの主な流れは下記です。

1.知床五湖フィールドハウスで立入認定申請の申請書を記入する
事前に申請書を書いておきたい方はこちら

2.施設内にある券売機で人数分のチケットを購入して、申請書と一緒に受付へ提出

(12歳以上:250円/人、11歳以下:100円/人)

3.約10分のレクチャーを受ける

4.出発!
(10分おきに最大50名でのスタート)

レクチャーの予約

10名以下:予約不要

11名以上:散策日の10日前~受付30分前までに予約可能

インターネット予約ページ
※期間により内容が変更されます

ヒグマ活動期

対象期間:5月10日~7月31日
※例年の期間です

この期間では知床五湖の登録引率者(認定ガイド)によるツアーのみでの散策が可能です。(1ツアー定員10名)

大ループ散策はガイド会社への事前申し込み・予約が必要ですが、小ループ散策では予約不可(当日先着順)で1日4ツアー(9時/11時/13時30分/16時)が催行されています。

※この期間でも事前レクチャーの受講は必要です。

自由利用期

対象期間:10月21日~閉園まで

※2019年は10月1日~11月8日(冬期閉園)の期間、改修工事が入るため地上遊歩道大ループルートが閉鎖されます

この期間では前述と同様の事前レクチャー(無料)を受ければ、地上遊歩道の大ループもしくは、小ループを自由に散策することができます。

その際にも利用申込書の記入と提出が必要です。

知床五湖ツアーガイド情報

知床五湖の登録引率者は30名以上が登録されています。

登録引率者が所属している各社では知床五湖散策だけでなく、多彩なガイドツアーも企画しているので知床半島を満喫する体験ができます。

知床五湖のガイド料金の目安
ルート 12歳以上 6歳~11歳 5歳以下
大ループ 4,500円~5,250円 2,250円~3,500円 250円~3,000円
※要事前相談
小ループ 2,500円 1,500円 1,500円
※要事前相談

知床五湖散策でおすすめのガイドツアー
知床オプショナルツアーズSOT!

知床五湖ガイド実績が8年連続No.1※のガイドさんが所属していて、環境省主催の「第5回エコツーリズム大賞」でも特別賞を受賞している人気のツアー主催者です。
※ヒグマ活動期回数において

ウトロ温泉エリアの宿泊先からの送迎もしてくれるのが嬉しいポイントです。

料金の目安は5000円(認定手数料込み)です。

じゃらんでの口コミ評価は5点満点中5.0です。
(2019年5月現在)

知床オプショナルツアーズSOT!のインターネット予約
(じゃらん)

知床未知案内

知床五湖アンケート「面白い」部門で毎年ランキング1位の人気のガイドツアーです。小道具なども使用して説明をしてくれるため、分かりやすく楽しいと大人から子供まで楽しめる点が口コミ評価としても高いです。

こちらのプランは現地(知床五湖フィールドハウス)集合です。

じゃらんでの口コミ評価は5点満点中4.9です。
(2019年5月現在)

知床未知案内のインターネット予約
(じゃらん)

知床ネイチャーオフィス

多くの登録引率者が在籍しているガイドツアー主催者です。知床五湖散策はもちろん、知床半島の1日コースや星空観賞コースなど多彩なプランがあるのも魅力です。

ウトロ温泉エリアの宿泊先からの送迎もしてくれるのが嬉しいポイントです。

料金の目安は5000円です。

じゃらんでの口コミ評価は5点満点中4.4です。
(2019年5月現在)

知床ネイチャーオフィスのインターネット予約
(じゃらん)

知床五湖散策での注意点

知床五湖の地上遊歩道散策における最大の心配ごとはヒグマとの遭遇です。知床ではヒグマも含め、自然との共生をする仕組みやルールが確立されています。

ヒグマ対策

地上遊歩道周辺でヒグマの目撃があった場合、ルート自体が一定時間閉鎖になりツアーが開催されないことがあります。
(高架木道は散策可能です)

ですので、知床五湖の地上遊歩道散策を観光のメインに考えている場合は、予備日を確保しておくと安心です

また、ガイドツアーや散策中にヒグマの目撃や遭遇があった場合、中止や変更になることがあります。

指定区域内で散策する際の主なルール

・植生保護のため、歩道以外の立ち入りはできません

・食品の持ち込みはできません

・飲み物は糖分が入っていない水かお茶のみ持ち込みが可能です(スズメバチ対策)

・調理・食事、喫煙はできません

・ペットなどの動物や植物の持ち込みはできません

・動植物の採取は禁止されています

・野生動物への餌付けは禁止されています(指定区域外でも)

注意点

・遊歩道内にはトイレが無いため、散策前に済ませておく必要があります

・レクチャーの受講ができないと遊歩道内に入ることができません

知床五湖散策でおすすめの服装・持ち物

服装

平均最高気温は25℃前後、最低気温は15℃です。ただし、雨などが降った場合、日中でも15℃を下回る場合があります。

服装は薄手の長袖・長ズボンが推奨されています。これは虫刺されや枝での傷を防止するためです。

その他、帽子やレインウエアなどがあると安心です。

雨などで泥になった場所などもあるため、靴は防水のトレッキングシューズがおすすめです。

レインウエアや長靴を貸し出してくれるツアーもありますので、主催者へ問い合わせておくと安心です。

春・秋

平均最高気温は15℃前後、最低気温は5℃です。天気が悪い場合、日中でも10℃を下回る場合があります。

肌寒い時期なので保温性を意識した上下での参加がおすすめです。

おすすめの持ち物

・飲料(水かお茶):熱中症対策に必須です

・タオル

・虫よけスプレー:蚊も多いのであると便利です

・日焼け止め

・手袋(軍手)

まとめ

知床五湖_001(斜里町観光協会提供)

画像提供:斜里町観光協会

・知床観光では知床五湖散策が絶対的におすすめ

・地上遊歩道を散策する場合は事前レクチャーの受講が必須

・ヒグマ活動期(5月中旬~7月)での地上遊歩道散策には登録ガイドが開催するツアーへの参加が必須

・高架木道は開園中はいつでも散策可能

・ヒグマの目撃があった場合には地上遊歩道が一定時間閉鎖されるので注意

知床観光のクライマックスと言っても過言ではない、知床五湖散策は豊かな自然を体感できるのでおすすめです。

知床五湖の動画

知床五湖を楽しむための解説動画をご紹介します

知床五湖の基本情報

知床五湖フィールドハウスの利用案内

営業日

4月下旬~11月8日(閉園まで)

営業時間

7時30分~閉館時間は時期による
※10月21日~閉園までは8時30分開館

フィールドハウスの閉館・レクチャー時間の詳細

休業日

開園期間中は無休

料金

各期間中のレクチャー受講料は前述の通り

問い合わせ先・住所

知床五湖フィールドハウス

0152-24-3323

北海道斜里郡斜里町遠音別村

知床五湖に関する各種情報ページ

知床五湖の公式ページ

知床五湖 登録引率者の紹介ページ

知床・斜里エリアのおすすめ観光スポット

知床をクルーズ観光

知床観光船の運航5社のおすすめ点を比較!割引情報や予約方法も紹介
知床半島(ウトロ側)を海から眺められる観光船は、知床五湖散策と並ぶ人気の観光体験です。 観光船を運航している会社は5社あるのですが、今回はそれぞれのおすすめポイントやメリット

知床八景

カムイワッカ湯の滝
カムイワッカ湯の滝とは? 知床半島のウトロ側北西部にあるカムイワッカ川にある落差約20mの渓流に沿った滝で「知床八景」にも数えられています。 知床硫黄山から温泉が流れ込んでいて
オシンコシンの滝
オシンコシンの滝とは? 「日本の滝100選」にも指定されている北海道斜里町にある落差約50mの滝で「知床八景」にも数えられています。 知床半島最大の滝としても有名で、水が2つに
フレペの滝
フレペの滝とは? 高さ約100mの断崖の割れ目から岩清水として流れ出る滝で「知床八景」にも数えられています。 流れ落ちる様子から地元では「乙女の涙」とも呼ばれています。
プユニ岬
プユニ岬とは? ウトロエリアの海岸が一望できるスポットで「知床八景」にも数えられています。 岬には入ることができず、国道沿いにある展望台や見晴橋から眺望を楽しめ、特に夕日の絶景
夕陽台(展望台)
夕陽台とは? 国設知床野営場(キャンプ場)の一角にある展望台で「知床八景」にも数えられています。 ウトロ市街を見下ろす場所にあり、ウトロ有数の夕日のスポットとして人気があります
知床峠
知床峠とは? 斜里町ウトロ-羅臼町間を結び、知床半島を横断する国道334号線沿いにある峠で「知床八景」にも数えられています。 展望台や駐車場も整備されていて、日本百名山、羅臼岳
オロンコ岩
オロンコ岩とは? ウトロ港にほど近い場所に鎮座する高さ約60mの巨岩で「知床八景」にも数えられています。 頂上に登ることもでき、オホーツク海やウトロの海岸線を見渡せる展望スポッ

日帰り温泉

ウトロ温泉 夕陽台の湯
夕陽台の湯とは? ウトロ港を見下ろす高台にある日帰り温泉施設です。 「国設知床野営場」(キャンプ場)や夕日スポット「夕陽台展望台」にも隣接していて開館期間中は多くの人でにぎわい

話題のスポット

天に続く道
天に続く道とは? 北海道斜里町にある全長約28.1kmにもなる直線道路で数多くのメディアに取り上げられている人気スポットです。 近年、スタート地点が整備され、連休中などには非常

-スポンサードリンク-