大内宿_雪まつり_花火

福島会津エリアで冬の観光!大内宿『雪まつり』が2019年も開催!花火も上がる!

更新日:

掲載情報は予告なく変更になっている場合があります。最新情報を公式サイト等で確認することをオススメします

-スポンサードリンク-

「茅葺き屋根+雪」という冬の風景と言えば、合掌造りで有名な白川郷(岐阜県大野郡)や五箇山(富山県南砺市)が最初に思い浮かぶ方も多いと思います。

福島県の南会津エリアにも茅葺き屋根の伝統家屋が50軒近く保存されている『大内宿(おおうちじゅく)』というスポットがあるのをご存知でしょうか?

今回は大内宿で毎年2月に開催されている「雪まつり」の情報や名物料理などを動画と共にご紹介します。

2017年4月からは都内から電車の乗り換えなしで南会津エリアの玄関口、会津田島駅への特急が運行されていますよ!


スポンサーリンク

大内宿のみどころ

大内宿(おおうちじゅく)とは?

大内宿_001

古き良き風景が今も残っています

福島県の南会津郡下郷町に位置する旧会津西街道(下野街道)沿いの宿場町で道に面した茅葺き屋根の建物が50軒近く連なっています。

現在でもそれぞれの建物で飲食店や土産物屋、宿の営業がされていて江戸時代からの風景を今に伝えています。

現在では白川郷(岐阜県大野郡)や五箇山(富山県南砺市)、美山(京都府)などの茅葺き屋根の建物群と同様に国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。

大内宿「雪まつり」のおすすめポイント

大内宿_雪まつり_003

大内宿では例年2月の第二土曜日・日曜日に「雪まつり」が開催されます。

2019年は2月9日(土)と10日(日)での開催が決定しました!

雪化粧の茅葺き屋根の街並みをバックに雪灯籠やかまくらが沿道を飾り、冬だからこその風景を見ることができます。

また、開催期間中は2日間で各種企画・イベントが催されますのでその詳細や大内宿のおすすめポイントをご紹介します。

大内宿「雪まつり」内の開催イベント詳細

開催期間中は甘酒や肉汁が無料で振舞われるほか、イベントが目白押しですので、そのタイムスケジュールもご紹介します。

当日にエントリーできるイベントもありますよ!

2019年2月9日(土)のタイムスケジュール
大内宿_雪まつり_具止餅拾い

具止餅拾い

時間開催イベント
13:00第31回 大内宿 雪まつり開会式
13:30日本一の団子さし
14:00具止餅拾い
14:30「郷人」よさこい
15:15三志神楽(さんしかぐら)
16:00丸太切り競争
17:00馬場ゆかり歌謡ショー
18:00御神火戴火(こじんかたいか)
18:15花火大会
2019年2月10日(日)のタイムスケジュール
大内宿_雪まつり_004

雪まつりで設置されるかまくら

時間開催イベント
10:00宝拾い
10:10大川渓流太鼓演奏
11:00そば食い競争
13:30時代風俗仮装大会
仮装大会終了後大内宿 雪まつり閉会式

初日のクライマックス!雪の茅葺き屋根越しの花火!

大内宿_雪まつり_花火

大内宿「雪まつり」では、初日の最後に打ち上げ花火が上がります!
今年は18時15分ごろから上がる予定です。

雪化粧した茅葺き屋根の上に咲く、光の花はまさに幻想的の一言です。

冬の澄んだ空気と日本の原風景の中にいるからなのか、花火が散った後もいつもの余韻とは違った印象を受けるかもしれませんよ!

名物の「ねぎそば」

大内宿_ねぎそば

インパクト大かつ刺激的です

会津地方は蕎麦どころとしても知られています。この大内宿でも10軒以上のお店で蕎麦が提供されています。

大内宿_人気蕎麦屋

軒先の風情がたまりません

大内宿_玉屋

人気のそば店「本家玉屋」さんでは懐かしさと時代を感じながらそばを楽しめます

その際にぜひチャレンジしてもらいたい蕎麦が「ねぎそば」です。
(お店によっては「祝言そば」とも言われています。)

この「ねぎそば」は、なんとお箸の代わりに長ネギ1本で蕎麦をすくって一緒に食べるというこの地域独特の食べ方ができます。
(もちろん通常の箸も用意されています。)

長ネギ1本で蕎麦を食べるのはなかなか難しいのでぜひ体験してみてください!
(辛みも効きまくります)

各社で日帰り・宿泊ツアーも催行!

大内宿_雪まつり_002

大内宿雪まつりの開催に合わせる形で各ツアー会社が日帰りや宿泊でのツアーを組んでいるのでご紹介します。

阪急交通社

トラピックスでおなじみの阪急交通社では東京駅発の日帰りのモニターツアーが催行されます。

福島県まで新幹線で行き、バスで大内宿「雪まつり」を楽しんだ後、同時期に開催している鶴ヶ城(会津若松城)の「会津絵ろうそくまつり」も堪能できて新幹線で東京へ帰ります。昼食(お弁当)や鶴ヶ城の入城料(通常410円)付きで1万円とお得です。

阪急交通社の日帰りツアーの空席確認や予約をする

※アクセス後、「コース番号検索:20446」もしくは、「フリーワード検索:大内宿」で検索をしていただけるとスムーズにご確認いただけます

クラブツーリズム

クラブツーリズムは宿泊、日帰り共にツアーを催行しています。出発地やツアーオプションが多彩なのも人気です。

クラブツーリズムでのツアーの空席確認や予約をする

四季の旅

四季の旅では新宿西口から日帰りのバスツアーが催行されます。現地を知り尽くした添乗員が同行するツアーとして人気です。

四季の旅でのツアーの空席確認や予約をする

大内宿の動画

2017年に開催された大内宿「雪まつり」様子が収められた動画を紹介します

「ねぎそば」がどういうものか分かる動画も紹介します

大内宿の基本情報

大内宿「雪まつり」の開催案内

開催期間

2019年2月9日(土)・10日(日)

開催時間

2月9日(土):13時~18時30分頃
2月10日(日):10時~14時頃

※大内宿内の各店舗は午前中から営業しています。

料金

無料
(参加するイベントによっては一部有料のものもあります)

問い合わせ先

大内宿観光案内所
0241-68-3611

大内宿に関する各種情報ページ

大内宿観光協会ホームページ

大内宿 雪まつりパンフレット(表)

大内宿 雪まつりパンフレット(裏)

大内宿の店舗マップ

大内宿を含む下郷町のライブカメラ

大内宿への行き方・アクセス

公共交通機関

会津鉄道「湯野上温泉駅」よりバスで約30分(タクシーの場合は約20分)

※雪まつり開催時限定でシャトルバス(大人1000円・小人500円/フリーパス制)が運行されます
雪まつり開催時のシャトルバス(猿游号)の時刻表

※シャトルバス(猿游号)は冬季以外(4月~11月)には毎日運行しています
冬季以外での通常ダイヤの時刻表

東京からの電車

東北新幹線
東北新幹線「郡山駅」より、JR磐越西線「会津若松駅」、会津鉄道で「湯野上温泉駅」

東武線
東武鉄道 特急リバティ号で「会津田島駅」より、会津鉄道で「湯野上温泉駅」

リバティ号を含む東武特急の時刻表や空席確認・予約

東京方面から

東北自動車道「白川IC」より、国道289号線・121号線、県道329号線を経由して約1時間10分

仙台方面から

東北自動車道「須賀川IC」より、国道118号線 県道329号線を経由して約1時間10分

新潟方面から

磐越自動車道「新鶴スマートIC(新鶴PA内)」より、県道72号線、県道131号線を経由して約40分

※例年、雪まつりの開催時は周辺道路に雪が積もっている場合が多いため運転にはご注意い下さい

駐車場

あり

大内宿の地図

大内宿と一緒に回れる観光スポット

湯野上温泉

大内宿の最寄り駅である会津鉄道「湯野上温泉駅」周辺には温泉宿があり、立ち寄り湯もできます。

また、湯野上温泉駅は日本で二駅しかない茅葺き屋根の駅舎で、大内宿との一体感を感じることができます。
(もう一つの茅葺き屋根の駅舎は大分県のJR久大本線の豊後中村駅)

湯野上温泉観光協会公式ホームページ

塔のへつり

塔のへつり_冬

雪と奇岩、吊り橋のコントラストが見事です

湯野上温泉駅の隣駅、塔のへつり駅から徒歩5分ほどで行くことができる景勝地です。

福島県内でも屈指の紅葉の名所として知られていますが、実は雪が積もる時期も水墨画のような景色を楽しめるのでひそかな人気があります。

冬季は積雪のため橋を渡ることはできませんが、展望スペースからその眺望を楽しむことができます。

塔のへつりの紹介ページ

会津若松

絵ろうそくまつり_001

ライトアップされた鶴ヶ城とロウソクの灯りが幻想的です

湯野上温泉駅から会津鉄道で約40分で行くことができる会津地方の中心です。

鶴ヶ城(会津若松城)をはじめ、戊辰戦争に関連する幕末の史跡巡りや、馬刺しやソースかつ丼、日本酒などのグルメを堪能することができます。

また、大内宿雪まつりと同時期(2019年は2月8日(金)と2月9日(土)に開催)に鶴ヶ城や御薬園を中心に市内各所で約1万本のキャンドルを灯す「会津絵ろうそくまつり」が開催されます。

会津絵ろうそくまつり_002

鶴ヶ城稲荷神社の参道の雰囲気は抜群です

会津若松観光ナビホームページ
(会津若松観光ビューロー)

あわせて読みたいおすすめの記事

福島県周辺の関連記事

会津若松『会津村』は巨大観音像から桜・紅葉・コスプレまで楽しめる
福島県会津若松市には足立美術館にも負けていない規模の日本庭園、『祈りの里 会津村』があります。 巨大な観音立像と桜やツツジ、紅葉など季節の草花の名所として名高いのですが、
福島県 五色沼は一年中楽しめる!!水面の色の違いを確かめに行こう!
福島県裏磐梯は、春夏秋冬でことなる表情を見せる自然の宝庫です。 会津と米沢を結ぶ会津街道(米沢街道ともいう)ですが、裏磐梯がある北塩原村には、この会津街道が通っていて、伊達輝
かまくら祭は日光 湯西川温泉で! 2019年開催決定!BBQもいい!
『日本夜景遺産』というものをご存知でしょうか? 日本各地には夜景が綺麗なスポットが多くあります。すでに有名なものもあれば、あまり認知されていないイベントも多いのが事実です。
宮城県『伊豆沼』で白鳥やマガンなどの渡り鳥と一緒に初日の出を望む!
松島に代表される太平洋を望む絶景スポットが数多くある宮城県は、初日の出スポットも数多くあります。 今回は内陸にある『伊豆沼(いずぬま)』から白鳥やマガンなどの渡り鳥と一緒
日本三名瀑『袋田の滝』のアクセス情報等ご紹介!紅葉・氷瀑は自然の芸術
日本には四季折々に、その季節ならではの景色を楽しめる場所があります。 今回は冬に楽しめる圧巻の景色氷瀑でも有名な「袋田の滝」をご紹介します。 袋田の滝のみどころ 冬に魅せ

冬の風物詩の関連記事

埼玉 秩父『 三十槌の氷柱(みそつちのつらら)』のライトアップは必見!!
秩父三大氷柱の一番の古株『三十槌の氷柱(みそつちのつらら)』をご紹介します。 自然が作る天然の氷柱である『三十槌の氷柱(みそつちのつらら)』に、色鮮やかなライトアップが合わさる光
日本三大樹氷!秋田県『森吉山』ゴンドラで行く冬の自然美を鑑賞!
「日本三大樹氷」をご存知でしょうか? 蔵王山(山形県・宮城県)や八甲田山(青森県)はテレビなどでもよく取り上げられているので、すぐに思い浮かぶ方も多いと思います。
水墨画の世界が広がる『猊鼻渓』の冬景色「こたつ舟」で川下り
岩手県一関市にある名勝『猊鼻渓(げいびけい)』は冬の川下りも人気があるのをご存知でしょうか? 屋台とこたつが設置された「こたつ舟」で雪と奇岩が見せる水墨画のような景色を楽
津軽鉄道で冬の観光『ストーブ列車』が雪原を走る!料金や時刻表情報もご紹介
車内に炭ストーブが設置されている列車をご存知でしょうか? 津軽五所川原駅~津軽中里駅を結ぶ津軽鉄道の『ストーブ列車』です。 今回は雪原を走る津軽列車、車内や車窓から
2019年も層雲峡温泉氷瀑まつり開催決定!紅葉のあとのお楽しみ
北海道は今や世界中から人が訪れる一大観光地となりました。 雪質の良いニセコやトマムのウインタースポーツリゾートも多く擁していて、旭山動物園や札幌市内から程近い北海道神宮等の観光ス

-スポンサードリンク-

あなたにおすすめ