福島五色沼画像

福島五色沼は新緑も紅葉も最高!自然探勝路を歩き水面の景色を堪能

更新日:

掲載情報は予告なく変更になっている場合があります。最新情報を公式サイト等で確認することをオススメします

-スポンサードリンク-

福島県裏磐梯は、春夏秋冬でことなる表情を見せる自然の宝庫です。
会津と米沢を結ぶ会津街道(米沢街道とも呼ばれます)ですが、裏磐梯がある北塩原村にはこの会津街道が通っていて、伊達輝宗・政宗親子と桧原穴沢一族の戦いや数々の城跡が残されています。

このようなちょっとした情報を事前に仕入れ歴史を紐解きながら、自然を満喫するのはいかがでしょうか。
今回はその魅力をご紹介したいと思います。


-スポンサードリンク-


福島県 五色沼のみどころ

五色沼は湖沼群の総称 季節を愛でるに絶好の場所

毘沙門沼画像

毘沙門沼

裏磐梯の噴火によりせき止められたことにより誕生した湖沼のうち、「毘沙門沼」「赤沼」などの大小さまざまな湖沼群及び地域をさして五色沼と呼ばれれます。

観光地としての五色沼のはじまりは、噴火により荒れてしまった地域を再生しようと磐梯高原緑化の父と呼ばれる遠藤現夢が私財を投げ投げうって植林をはじめたのが起源だと言われています。

紅葉時期画像

紅葉時期

散策路や宿泊施設も整備されていて、紅葉の季節には裏磐梯物産館近くの柳沼美しく染まったカエデやウルシを見ることができます。

また天候や季節により光の加減などの影響でさまざまな色彩を見せてくれるだけはなく、澄んだ水面に映える景色はどこか神秘的です。少し歩くのを休んで、ずっと見ていたいと思う景色がそこにあります。

五色沼のおすすめポイント

ミシュラングリーンガイドにも選出の絶景

五色沼画像

青沼

2016年に公開されたミシュラン・グリーンガイド東北WEB版にしっかり掲載された五色沼自然探勝路。

旅をするそれぞれの方が自分にとっての1番美しいと思える場所を一つ、二つとお持ちでしょうが、このようなガイドに評価された場所というのも次の旅行地の選択肢にはなり得るのではないでしょうか。

東北の取材を担当したミシュラン・グリーンガイドの編集者(フランス人)は、取材旅行の感想を次のように述べています。「東北は十分な時間をかけて周りたい、素晴らしい地域です。自然そのものの美しい景観、城、神社や寺院、古い武家屋敷通りといった数々の遺産、祭り、温泉など素晴らしい観光や体験をさせてくれます。旅行者は、昔ながらのまだ知られていない伝統的な日本と出会うことになるでしょう」
出典:ミシュラン 公式サイト

と語っています。この言葉に違わぬ美しさをじっくりと時間をかけて探索してみたい場所です。

五色沼探勝で十分楽しんだ後は、温泉にゆっくり浸かるというコースを組んでみるのも楽しいです。日本酒が好きな方は会津の地酒を五臓六腑に染み渡らせるなんていうのも堪らない至福ではないでしょうか。

五色沼自然探勝路 トレッキングでいい汗を!

裏磐梯登山・トレッキングコースがたくさんありますが、その中でも「五色沼自然探勝路」は裏磐梯を代表すると言われる五色沼湖沼群をめぐる人気コース!五色沼湖沼群といわれるすべての沼を見ることはできませんが8つの美しい沼を見ることができます!

比較的平坦なこのコースは初心者でも挑戦可能ということも手伝い非常に人気が高いです。もちろんそれだけではありません。光の当たる加減でその色を変える多くの沼や、たくさんの木々に囲まれたこのエリアは季節ごとの新緑や紅葉等それだけをとっても目の保養、心の保養とも言える緩やかな時間と美しさに浸れる場所としても人気です。

冬の毘沙門沼画像

毘沙門沼・冬

春・夏・秋にとどまらず、冬には雪景色や凍結した水面も楽しめますし、エリアによっては正面から裏磐梯の雄大な姿を望むこともできます。

「裏磐梯高原駅」または「五色沼入口」から入れるコースです。※ビジターセンター等は「五色沼入口」側です。

忘れてはいけない熊対策

比較的なだらかな道が続くトレッキングコースですが、自然の中を歩くので歩きやすい服装・履物が重要です。また、冬季でもスノーシューで散策を体験というのも可能ですのでオススメです。

但し、東北の冬、しかも市街地というわけではないので、ガイドを申し込むなど事前の準備をお忘れなく。

服装に加えてもうひとつ気を付けたいのが、このエリアは熊の生息地でもあるので、「熊鈴(Amazonで確認)」を持つなど最低限必要な安全対策はしておく必要があります。また、何か音を出して歩くということも有効です。

自然は人間だけのものではないので共存しながら、楽しく安全な旅を。

五色沼の関連イベント・プラン

体力に自信のある方は、併せて日本百名山のひとつ磐梯山へ行かれてはいかがでしょうか。暖かい季節をおすすめします!途中に急勾配もありますが、山頂までたどり着けばそこはもうパノラマビュー。まさに絶景です!

裏磐梯エリアは当然温泉も多く、宿泊であればご温泉付きの宿も多いのが特徴です。

裏磐梯レイクリゾート 迎賓館 猫魔離宮は五色沼まで徒歩約3分という好立地で、このエリアの観光拠点として利用される方が多い人気のホテルです。

眺めのいい温泉も存分に楽しむことができます。スタンダートプランからラグジュアリースイートまで部屋タイプも幅広く、上質な時間を楽しむことも可能です。

アクティブリゾーツ 裏磐梯はリーズナブルな値段と内湯と外湯に湧く自家源湯「五色温泉」が自慢のリゾートホテルです。素泊まりのプラン等もあり、五色沼までも徒歩約7分程度なので観光拠点にも便利です。

ペンション クリッターハウスは、女性人気も非情に高いペンションです。また、五色沼まで徒歩10分圏内ですが、希望すれば桧原湖側入口まで車での送迎も。特に夕食の人気が高いのも特徴です。

このように魅力的な宿も多くあるので、予算や予定に合わせて素敵な宿を選んでください。

福島五色沼の動画

素敵な動画をご紹介します!
何とも言えないこの色に人々は魅了されるんですね!

冬も美しい!

裏磐梯ビジターセンターの基本情報

利用案内

営業日

1月4日~12月28日
※曜日の関係で異なる場合もあるので直接お問合せください

営業時間

期間 時間
夏季
4/1~11/31
9:00~17:00
冬季
12/1~3/31
9:00~16:00

休業日

火曜日(火曜日が祝日の場合は開館し翌日が閉館)
年末年始(基本は12/29~1/3)
※但しG.W.及び夏休み期間中(海の日~8/31)は無休

料金

無料

問い合わせ先

磐梯朝日国立公園 裏磐梯ビジターセンター
連絡先:0241-32-2850

五色沼に関する各種情報ページ

福島県裏磐梯観光協会公式サイト 五色沼湖沼群ページ
※裏磐梯の概要から歴史、五色沼や湖沼群の情報が満載です。
磐梯朝日国立公園 裏磐梯ビジターセンター 公式サイト
※施設概要や利用案内、クマ鈴のレンタル情報など。
福島裏磐梯観光協会 裏磐梯 公式サイト

裏磐梯への行き方・アクセス

公共交通機関

JR猪苗代駅から 磐越東都バス 猪苗代・桧原線を利用し裏磐梯まで 約30分

磐越自動車道 猪苗代・磐梯高原ICから115号線経由459号を通り裏磐梯まで 約25分

駐車場

あり(ビジターセンターにあり)

五色沼の地図

Tea break -Cover Story-

やっと着いた場所の彩

郡山駅から猪苗代駅まで在来線に揺られる。そこから、さらにバスで運ばれてやっと入り口にたどり着く。

続きを読む

昔はこういうプロセスがとても嫌いだった。「面倒」「眠い」「疲れる」大体そんな理由だ。
どうせ本当に眠ってしまうまで、笑ってはしゃいで、ケンカして。そんな時間の過ごし方をするだけなのに。

でも、それはそれで今となってはいい思い出で、その時の恋した夕空とか、止まらない脇汗でした告白とか
意外と覚えているものだ。

それが、いつからだろう、やっと着く場所を求めるようになった。ちょっと時間がかかり、手間もかかるような
そんな場所。

それは、小さい頃に食べられなかったシイタケを「旨い」と言って食しているような感覚。
年月は味覚だけじゃなく、色んなものを変えてゆくのだ。

やっと着いた場所へ更に足を進め、少し肌寒さを感じながら目を奪われる。
色。色。色。

いくつもの色が、無数に目に飛び込んできてそっと目を閉じる。
この瞬間が一番好きだ。携帯のカメラに収めるのももちろん楽しいが、そこから溢れた彩を感情とともに焼き付ける。

記録ではない記憶は、再生されるときに自分なりの演出された世界が展開する。
歩いた時間や、共にいた人、その時一番大事なもの、そういうものを全部混ぜた色になって再生される。

また、そんな1ページを記憶に刻みながら、そっと目を開けた眼前には相変わらず美しい世界が広がっていた。

【エリア別】日本全国の紅葉スポット・紅葉ライトアップ情報

紅葉スポットまとめ(最新の見ごろ予想付き)

amAtavi編集部がおすすめする日本全国の紅葉スポットを最新の見ごろ予想(都市別)と一緒にご紹介しています。

【2018年紅葉見ごろ予想まとめ】全国各地の紅葉スポットも紹介!

紅葉ライトアップ特集

日中のもみじ狩りも素敵ですが、ライトアップされて赤く染まる紅葉も幻想的です。日本全国の紅葉のライトアップの最新情報をエリア別でご紹介しています。

↓こちらから特集ページをご覧いただけます
>>【エリア別】紅葉ライトアップの最新情報

 

あわせて読みたいおすすめの記事

福島エリアの関連記事

会津若松『会津村』は巨大観音像から桜・紅葉・コスプレまで楽しめる
福島県会津若松市には足立美術館にも負けていない規模の日本庭園、『祈りの里 会津村』があります。 巨大な観音立像と桜やツツジ、紅葉など季節の草花の名所として名高いのですが、
福島会津エリアで冬の観光!大内宿『雪まつり』が2019年も開催!花火も上がる!
「茅葺き屋根+雪」という冬の風景と言えば、合掌造りで有名な白川郷(岐阜県大野郡)や五箇山(富山県南砺市)が最初に思い浮かぶ方も多いと思います。 福島県の南会津エリアにも茅

紅葉の関連記事

鳥取 大山は登山もできる大山寺や大神山神社もあるパワースポット
鳥取県にある霊峰「大山」は東の富士山、西の「大山」との呼び声も高い見事な山で、2018年には開山1300年を迎えました。 鳥取県といえば真っ先に浮かぶ観光地として鳥取
岩屋堂公園でホタル水遊び・桜紅葉ライトアップの名所は自然の宝庫
全国には国立公園や、国定公園が多くあります。 そんな国定公園「愛知高原国定公園」の一部でもある、愛知県の「岩屋堂公園」はとても人気のスポットです。夏には天然プールと呼
お土産は帰宅後に!?

旅行先でのお土産選びは楽しいですよね。ただ、時間の関係や荷物の多さ等でお土産が買えなかった・・・という経験はありませんか? そんな時に頼りになるのがHIS地球旅市場

日本全国のお土産や海外のお土産が家に居ながらにして手に入れることができます! 各県の定番のお土産からちょっと変わったものまで揃うので非常に便利です!

HIS地球旅市場はこちら

-スポンサードリンク-