関ヶ原_cover_light

関ヶ原観光で必見のスポットを巡るコース+現地での移動手段を解説

更新日:

掲載情報は予告なく変更になっている場合があります。最新情報を公式サイト等で確認することをオススメします

-スポンサードリンク-

「関ヶ原の戦い」を知らない人はいないと言っても過言ではないと思いますが、その戦いが行われた場所を聞かれると不安な方も多いかもしれません。

そこで今回は天下分け目の大合戦が繰り広げられた『関ヶ原』で必見の観光スポットをはじめ、おすすめの散策コースや現地での移動手段を動画と一緒に解説していきます。

目次


-スポンサードリンク-


関ヶ原とは?

関ヶ原_決戦地_light

関ヶ原は岐阜県の西南端に位置していて滋賀県にも接しています。

JR東海道本線を利用して名古屋から約40分、米原から約20分と好アクセスなため、観光地としても人気が高いです。

この場所は南北に山が連なっている中で唯一の平地だったこともあり、古くから関所が置かれるなど交通の要衝として重要な役割を持っていました。

そしてここで1600年(慶長5年)に繰り広げられたのが「関ヶ原の戦い」です。

徳川家康を中心とする東軍と石田三成を中心とする西軍がまさしく天下分け目の戦いをしたことは日本人なら誰もが知っているといっても過言ではありません。

現在、合戦が行われた場所は「関ヶ原古戦場跡」として国の史跡に指定されています。

映画の大ヒットで話題!

2017年には司馬遼太郎さん原作の「関ヶ原」が完全映画化され、岡田准一さんや役所広司さん、有村架純さんなど豪華キャストで大ヒットしたことでも話題になっています。

事前に原作小説や映画をみて時代背景や合戦の動きなどを把握しておくと、観光をより楽しめるのでおすすめです。


関ヶ原 上・中・下巻セット (新潮文庫)
(Amazon)


関ヶ原 Blu-ray 通常版
(Amazon)

関ヶ原の観光拠点と移動方法

関ヶ原エリアに点在する主な陣地跡には駐車場も備えられていますが、収容台数が少なめのスポットも多く、徒歩やレンタサイクルなどで散策する人も多いです。

今回は徒歩やレンタサイクルで散策する際に拠点となる場所と移動手段をご紹介します。

電車で行く際の観光拠点

関ヶ原駅前観光交流館

JR関ヶ原駅前にあり、「いざ!関ケ原」の愛称で呼ばれている観光案内所です。お土産店や休憩スペース、コインロッカー(100円~300円/日)などの設備も整っていて電車で訪れた際には立ち寄っておきたいスポットです。
(駐車場の収容台数は6台です)

また、電動アシスト付き自転車を借りることができるので多くのスポットを散策したい場合にはレンタサイクルを利用すると便利です。

関ヶ原駅前観光交流館のレンタサイクル利用案内

貸出自転車の種類
主に電動アシスト付き自転車

必要な手続き
・必要事項(住所・名前・電話番号)の記入
・身分証(免許証・学生証・パスポート・保険証)の提示
※身分証は一度コポーを取られますが、返却後にシュレッダーで破棄されます

利用可能時間
9時~17時
(受付は16時30分、返却は17時までです)

レンタサイクル料金
1000円/4時間
2000円/1日(9時~17時)

休館日
4月~10月:無休
11月~3月:毎週火曜日・祝祭日の翌日
年末年始(12/29~1/3)

問い合わせ先
関ヶ原駅前観光交流館(愛称:いざ!関ヶ原)
0584-43-1100

関ヶ原駅前観光交流館でのレンタサイクルのネット予約はこちら

車で行く際の観光拠点

関ヶ原町歴史民俗資料館

JR関ヶ原駅より徒歩約10分の場所(徳川家康最後陣跡の近く)にある歴史民俗資料館です。こちらは前述の駅前観光交流館に比べ駐車場が広く、車で訪れた際に駐車しておくことができます。

こちらでもレンタサイクルを利用することができ、子ども用自転車の取り扱いがあるのが嬉しいポイントです。

関ヶ原町歴史民俗資料館のレンタサイクル利用案内

貸出自転車の種類
通常自転車
子供用自転車

必要な手続き
・必要事項(住所・名前・電話番号)の記入

利用可能時間
9時~16時30分(11月~3月は16時まで)
(受付は16時、返却は終了時間までです)

レンタサイクル料金
500円/4時間
1000円/1日(営業時間内)

休館日
月曜日(月曜日が祝日の場合、翌平日)
祝祭日の翌日
年末年始(12/29~1/3)

問い合わせ先
関ヶ原町歴史民俗資料館
0584-43-2665

関ヶ原町歴史民俗資料館でのレンタサイクルの紹介ページ

観光タクシーで周遊する選択肢も

JR関ヶ原駅前には近鉄タクシーの乗り場があり、そこで観光タクシーやジャンボタクシー(9人乗り/要予約)を利用することができます。

観光タクシーの料金とコース

※すべて中型タクシーでの料金(2019年4月時点)です

Aコース
徳川家康・石田三成の両本陣跡や決戦地などを巡るお手軽なコースです。

所要時間:約1時間30分
料金:8100円

Bコース
Aコースに加え、資料館もめぐることができるコースです。

所要時間:約2時間
料金:10500円

B-1コース
Aコースに加え、東軍の諸将の陣跡や東首塚をめぐることができるコースです。

所要時間:約2時間
料金:10500円

Cコース
Bコースに加え、西軍の諸将の陣跡やお墓、首塚もめぐることができるコースです。

所要時間:約3時間
料金:16200円

C-1コース
B-1コースに加え、東西軍の諸将の陣跡やお墓、首塚もめぐることができるコースです。

所要時間:約3時間
料金:16200円

問い合わせ先
近鉄タクシー
0584-43-1222(関ヶ原タクシー乗り場)
0584-91-6220(大垣本社営業所)

関ヶ原でおすすめの観光スポット

関ヶ原観光のジャンル別での主な観光スポットをご紹介していきます。

陣地を巡る

笹尾山(石田三成陣跡)

関ヶ原駅から徒歩約20分
(無料駐車場もあります)

関ヶ原_笹尾山_002_light

石田三成が陣取った北側にある小さな山です。

ふもと付近には家臣である島左近の陣跡や山腹に当時をしのばせる竹矢来(たけやらい)や馬防柵(ばぼうさく)が再現されています。

関ヶ原_笹尾山_001_light

5分ほどで登れる山頂には再現された指揮台もあり、関ケ原の合戦場を見渡すことができます。

徳川家康最後陣跡

関ヶ原駅から徒歩約10分
※無料駐車場もあります
(関ヶ原町歴史民俗資料館の駐車場を利用)

関ヶ原_徳川家康最終陣地_light

徳川家康が合戦の最終局面で陣取った場所で、前述の関ヶ原町歴史民俗資料館に隣接する位置にあります。

この場所から松尾山に陣取る小早川秀秋軍への発砲を行い、東軍側に寝返らせた有名なエピソードが生まれました。

大谷吉継の陣跡・墓

関ヶ原駅から徒歩約40分
※無料駐車場もあります
(若宮八幡神社の参道前にあります)

関ヶ原_大谷吉継の墓_light

合戦場の西側にある山には大谷吉継の陣跡と墓があります。

大谷吉継は石田三成の親友にして「義の将」ともいわれる西軍の武将で、寝返った小早川秀秋軍からの攻撃に対し奮闘するも壮絶な最期を遂げ、歴史ファンからの人気も高い武将です。

関ケ原の戦いについて理解が深まるスポット

関ヶ原町歴史民俗資料館

関ヶ原駅から徒歩約10分
※無料駐車場もあります

関ヶ原の合戦についての様々な資料が展示されています。特に武具や合戦時の陣形や流れがわかる大型ジオラマなど理解を深められると人気です。

また、併設するミュージアムショップでは参加武将の家紋入りのグッズなどがそろえられていてお土産にもおすすめです。

関ヶ原町歴史民俗資料館の利用案内

開館時間
4月~10月:9時~17時
(最終入館は16時30分)

11月~3月:9時~16時30分
(最終入館は15時50分)

休館日
毎週月曜日
12月29日~1月3日

入館料
350円(大人)、200円(小人)

住所・問い合わせ先
岐阜県不破郡関ケ原町大字関ケ原894-28
0584-43-2665

関ヶ原町歴史民俗資料館の公式ホームページ

体験型スポット

関ヶ原笹尾山交流館で甲冑体験

関ヶ原駅から徒歩約20分
(無料駐車場もあります)

前述の笹尾山のふもとにある関ヶ原笹尾山交流館(旧関ヶ原北小学校)では、観光案内や戦国時代グッズや名産品の販売の他、関ヶ原の合戦仕様の甲冑を着て記念撮影ができる体験が人気です。

この甲冑を着て史跡散策に出かけることもできるので関ヶ原の合戦を追体験しつつ、記念撮影でその世界観を醸し出すことができます。

甲冑体験の利用案内

営業時間
平日:10時~17時
土・日・祝日:9時30分~17時
※最終受付は16時(全日共通)

定休日
毎週火曜日(火曜日が祝日の場合は翌平日)
※7月21日~8月31日は無休です
12月29日~1月3日

料金

種類金額
侍甲冑2000円
足軽甲冑1500円(陣笠・畳鎧)
子ども甲冑1000円
(侍甲冑または畳鎧/作務衣なし)

問い合わせ先
関ヶ原笹尾山交流館
0584-43-1600

関ヶ原笹尾山交流館での甲冑体験の紹介ページ

関ヶ原ウォーランド

関ヶ原駅から徒歩約30分
※無料駐車場もあります

島津義弘陣跡の西側にある池寺池のほとりにある体験型の博物館で珍スポットとしても人気です。

特に有名なのが関ヶ原の戦いを再現した240体以上にもおよぶコンクリート像です。

これらの像は根強いファンが多くいる故・浅野祥雲氏の作で、その独特の雰囲気は一度見たら忘れられないと口コミで話題になっています。

関ヶ原ウォーランドの利用案内

営業時間
4月~11月:10時~16時
12月~3月:10時~15時
※土日祝日は16時まで開館

料金
500円(大人)、300円(小人)

問い合わせ先
関ヶ原ウォーランド
0584-43-0302

関ヶ原ウォーランドの公式ホームページ

関ヶ原観光のモデルコース

各陣営や決戦のテーマに沿ったモデルコースが設定されていますのでご紹介します。

決戦コース

徒歩での所要時間:約1時間(約3km)

関ヶ原の戦いにまつわる資料館や決戦地、徳川家康・石田三成の両本陣跡を巡るコースで、合戦の大まかな流れや要所を効率的に学ぶことができます。

決戦コースの詳細はこちら

天下取りコース

徒歩での所要時間:約3時間(約4.5km)

関ヶ原の戦いに中心的に関わった武将の陣跡を巡るコースです。
それぞれの武将の目線で合戦場を見て回ることができます。

天下取りコースの詳細はこちら

西軍大好きコース

徒歩での所要時間:約3時間(約6km)

関ヶ原の戦いでの西軍側の代表的な武将の陣跡を巡るコースです。
合戦では敗れたものの、魅力的な武将も数多いので人気のコースの一つです。

西軍大好きコースの詳細はこちら

東軍大好きコース

徒歩での所要時間:約2時間30分(約4.4km)

関ヶ原の戦いでの東軍側の代表的な武将の陣跡を巡るコースです。
智勇を発揮して東軍を勝利に導いた武将の足跡をたどることができるコースです。

東軍大好きコースの詳細はこちら

行軍コース

徒歩での所要時間:約6時間(約16km)

関ヶ原の戦いでの西軍・東軍の両陣営の武将の陣跡を巡るコースで、合戦の勝敗を左右させた小早川秀秋が陣取った松尾山への登山も組み込まれています。
歴史好き、散策好きな健脚の方におすすめのコースです。

行軍コースの詳細はこちら

関ヶ原周辺のおすすめ観光スポット

伊吹山(いぶきやま)

-関ケ原古戦場から車で約50分

琵琶湖一望の絶景『伊吹山』で見る雲海や花畑・紅葉の時期などを紹介

醒ヶ井宿(さめがいじゅ)

-関ケ原古戦場から車で約20分

琵琶湖/湖北エリアのおすすめ観光先『醒井宿』で梅花藻と清流を楽しむ

関ヶ原の動画

関ヶ原の古戦場の雰囲気がわかるドローン映像をご紹介します

関ヶ原の基本情報

利用案内

各史跡の開場時間

終日開放

料金

無料

問い合わせ先

関ヶ原観光協会
0584-43-1600

関ヶ原に関する各種情報ページ

関ヶ原の観光紹介ページ

関ヶ原駅前観光交流館の公式ホームページ

関ヶ原駅町の広域散策マップ
※容量が大きいPDFファイルですのでご注意ください

>>関ヶ原周辺の宿泊施設を検索する
(じゃらん)

関ヶ原への行き方・アクセス

公共交通機関

JR東海道本線 関ヶ原駅より各スポットへ

名神高速道路「関ヶ原IC」より、国道365号線・21号線 を経由して約5分
(JR関ヶ原駅まで)

駐車場

各スポットに無料駐車場あり
※史跡により駐車場の有無が異なりますのでご注意ください

関ヶ原古戦場/各史跡の駐車場情報はこちら
(【「関ヶ原合戦」の史跡】欄の各史跡をご確認ください)

関ヶ原の地図

※関ヶ原古戦場で人気の高い笹尾山の石田三成陣跡を掲載しています

岐阜県不破郡関ヶ原町関ヶ原4008

あわせて読みたいおすすめの記事

岐阜エリアのおすすめ観光スポット

養老天命反転地・養老公園を遊び尽くす アクセス・割引情報を紹介
養老といえば千葉県の養老渓谷を想像する方も多いかもしれませんが、今回は「養老の滝」「養老天命反転地」でも有名な岐阜県の「養老公園」をピックアップしました。 岐阜県は大
アクアワールド水郷パークセンターで岐阜県の穴場観光!
三重県、愛知県、そして岐阜県の3県にまたがる国営公園「木曽三川公園」 「国営木曽三川公園」は13の公園で構成されていて、国内最大級の国営公園です。木曽三川(木曽川・長
岐阜・飛騨高山の雲海スポット『安峰山』で朝霧と名峰を一望する!
歴史情緒を味わえる観光地として人気の岐阜県・飛騨高山エリア。 映画「君の名は。」のロケ地としても有名な同エリアですが、『安峰山』という雲海スポットがあるのをご存知でしょう
お土産は帰宅後に!?

旅行先でのお土産選びは楽しいですよね。ただ、時間の関係や荷物の多さ等でお土産が買えなかった・・・という経験はありませんか? そんな時に頼りになるのがHIS地球旅市場

日本全国のお土産や海外のお土産が家に居ながらにして手に入れることができます! 各県の定番のお土産からちょっと変わったものまで揃うので非常に便利です!

HIS地球旅市場はこちら

-スポンサードリンク-