関空日の出

関空は絶景天国!飛行機観賞 夜景や初日の出も楽しめるスカイビュー

更新日:

掲載情報は変更になっている場合があります。
また、新型コロナウイルス感染拡大防止のため休止している施設やイベント中止等もあるので
公式サイト等にて最新情報をご確認ください。

2022年の展望ホールでの初日の出鑑賞は入場チケット事前購入が必須


2022年は初日の出鑑賞のため展望ホールが開放されますが、「2022初日の出鑑賞 展望ホール特別営業入場券」が必要になります。入場できるのは120組480名様限定となります(定員に達し次第締切)。また各種制約事項等もあるため公式サイト チケット購入ページにてご確認のうえ、事前購入してください。

チケット概要

日時

2022年1月1日(土・祝) 5:00〜9:00
(初日の出予想時刻:7:05分頃)

入場方法

公式サイト チケット購入ページより事前に入場券を購入。
⇒5:00~9:00の間は、入場券をある方のみ展望ホールに入場可能。

定員:

120組480名
※1組の上限4名 (車1台につき1組扱い)
※先着順、定員になり次第受付を締切

チケット代金:

1名 500円(税込)
※小学生以下は無料(入場券は不要)です。購入時に「通信欄」に小学生以下の人数を記入する。
※初日の出営業時間中(5:00~9:00)の駐車料金込み(1組1台限り)


日本には全国各地に空港があります。
国際線の発着空港も数多くあり日本各地に海外の方が訪れるようになりました。

全国にあるどこの空港にいっても、当然ながら飛行機の離発着を見て過ごすことができます。飛行機好きの方のみならず、夕日と飛行機のコラボレーションや、夜景などを楽しむにはぴったりの場所です。
そして、関空(かんくう)の呼称で広く知られる関西国際空港にも、絶景施設があります。

今回はそんな絶景を楽しむことができる『関空展望ホール「Sky View」』を中心にご紹介します!

関空展望ホール「Sky View」のみどころ

スカイデッキ・スカイミュージアムから買い物まで1日充実!

まるで複合商業施設のような 関空展望ホール「Sky View」は、お食事はもちろん買い物なども楽しむことができます。

その買い物ですが、普通の買い物とは違います!”航空関連商品の品ぞろえが日本一!?”と公式にうたう程の自信!?です。JAL・ANAのみならず、関空に就航している代表的なエアラインのグッズなど「飛行機大好き!」という方にはもちろん、幼いお子さん垂涎の商品ラインナップもそろいます!

様々な商品がそろうので、ここでしか見つからないものをゲットできるチャンスかも知れません!もちろん定番のお菓子なども販売されています

他には「スカイミュージアム」も見逃せません!

関空の歴史や、関空の仕組みなどを学べるエリアや、ターミナルビル&旅客エプロン模型などの展示があったりと社会科見学さながらの体験が待っています!

お子さんのみならず、大人も思わず「なるほど」と思えるような情報に出会えるのではないでしょうか。体験型の学習施設は大人気ですが、空港でこのような体験ができ無料というのはなかなかないのではないでしょうか。

レストランもあり飛行機も見ていられ、1日を通して楽しめる場所としておすすめです!

関空展望ホール「Sky View」のおすすめポイント

スカイデッキからの眺望に酔う!

関空展望ホール「Sky View」には「スカイデッキ」と呼ばれる360°のパノラマビューを望めるエリアがあります!

大迫力の飛行機の離発着がひっきりなしに見れるエリアとあって、子どもから大人まで大人気であり、カップルデートにもおすすめの場所です。頭上をかすめるように飛ぶ機体を見上げると、その光景は圧巻のひとことです!

そして夕闇の頃になると、空港全体がエアポートイルミネーションの世界へと変貌してゆきます。夜景が見れる場所の多い大阪ですが、市内から少し離れていることもあり大混雑!というのからは縁遠い雰囲気で楽しむことができるのではないでしょうか。

同様の理由から、初日の出スポットとしても実は人気です!全天候になっているため、夏は熱中症対策、冬は防寒対策などもお忘れなく!長時間いても飽きない場所だと評判です!

お子様が楽しめる、公園の遊具なども設置され、ご家族連れにも最適な場所ではないでしょうか。

人気初日の出スポット・初日の出フライト

2022年の関西国際空港の初日の出早朝営業は記事冒頭をご確認ください。
全て通常営業になるのでご注意ください。

一年の始まりを、初日の出や飛行機、ツアーバスなど、普段と違う特別な日にしてみるプランで始めてみてはいかがでしょうか。

そして、大阪の空港初日の出はこちらもおすすめです!

伊丹スカイパークの2022年の初日の出・飛行機情報を紹介

関空展望ホール「Sky View(スカイビュー)」の関連イベント・プラン

関空展望ホール「Sky View」では、一年を通してイベントが開催されていて、ビヤガーデンなどが実施されたこともあります。

体験型のイベントから、展示型のイベントなども実際されていますので、是非こちらからご確認ください!

関空展望ホール「Sky View」の動画

素敵な動画をご紹介します!

関空展望ホール「Sky View」の基本情報

利用案内

営業日

年中無休

営業時間

スカイデッキ
8:00~22:00

休業日

なし

料金

入場無料

問い合わせ先

関空展望ホール Sky View(スカイビュー)
連絡先:072-455-2082

関空展望ホールSky View(スカイビュー)に関する各種情報ページ

関西国際空港 「Sky View」ページ
関西国際空港

関空展望ホール Sky View(スカイビュー)への行き方・アクセス

公共交通機関

関西国際空港第1ターミナル前 1番バス乗り場から展望ホール行き無料バス
※1時間に3本ペースで運行

空港連絡橋スカイゲートブリッジの左側を通行し 料金所を出た後「展望ホール」方面へ
※往復通行料金(普通自動車 920円・軽自動車 720円)

駐車場

あり(有料)

関空展望ホール「Sky View」の地図

あわせて読みたいおすすめの記事

大阪エリアの関連記事

千早城の戦いの千早城跡は100名城スタンプもある要塞だった場所
大阪のお城といえばやはり大坂城を外すわけにはいきません。名実ともに大阪を代表するスポットでもあります。 それは間違いありませんが、歴史ある大阪の地には他にも多くの城跡
「島熊山」は初日の出スポットに最適!?大阪府豊中市の最高峰!
豊中市の最高峰!島熊山は初日の出スポット!? 現在では宅地造成が進んだエリアも、かつては緑と自然が豊かな場所でした。阪神淡路大震災の後、災害対策として、大阪府はこの地区にヘリ

絶景スポットの関連記事

「西行戻しの松公園」は宮城松島の絶景観光ビュースポット!!
宮城県松島は日本三景のひとつに数えられています。 そんな松島には、春には桜と松島湾の美しい景色がコラボレーションする場所西行戻しの松公園があります。 今回はこの西行
りんくう公園「マーブルビーチ」+夕日が最高!バーベキューもできる!!
大阪といば、グルメ、大坂城、道頓堀やユニバーサルスタジオなどが有名です。 それだけではなく地元で親しまれている絶景スポットがまだまだたくさんあります。そんななかで、今回は「り
いつもとは違う旅へ
STAY JAPANでは、体験民泊・農宿の予約が可能。 ちょっとハードルが高そうと考えられがちな農泊や民泊をサイトから通常の旅行予約サイト同様に検索・予約することが可能です。

今までの旅行とは違う体験をしてみたい!という方にはうってつけです。一組限定のものなどもあります。

まだ体験したことのない『特別な体験』が待っているかも知れません。 まずはチェックしてみてはいかがでしょうか。