埼玉 秩父『 三十槌の氷柱(みそつちのつらら)』のライトアップは必見!!

更新日:

掲載情報は予告なく変更になっている場合があります。最新情報を公式サイト等で確認することをオススメします

-スポンサードリンク-

秩父三大氷柱の一番の古株『三十槌の氷柱(みそつちのつらら)』をご紹介します。
自然が作る天然の氷柱である『三十槌の氷柱(みそつちのつらら)』に、色鮮やかなライトアップが合わさる光景も見逃せません。


-スポンサードリンク-


三十槌の氷柱のみどころ

秩父観光の冬の定番

三十槌の氷柱画像

秩父三大氷柱は、そのなかで唯一天然の氷柱ができる『三十槌の氷柱』から始まりました。人口の氷柱も同時に見ることが出来ます。(秩父の他のエリアの氷柱はすべて人工です。)

ひとつまた一つと増え、秩父三大氷柱(三十槌の氷柱・あしがくぼ氷柱・尾ノ内渓谷氷柱)と呼ばれるようになり、今では秩父観光の冬の定番になりつつあります。新宿からは はとバスツアーなども組まれていてますます目が離せないですね。

また各エリアを結ぶバスツアーなども組まれているので、氷柱(つらら)三昧を楽しみたい方は確認してみてください。東京都内や同じ埼玉県所沢発からはもちろん、千葉県の津田沼発等のツアーも組まれています。

秩父・三十槌の氷柱のおすすめポイント

都内から日帰りで行ける絶景

三十槌の氷柱見上げた画像

都内から秩父までは西武鉄道の特急電車も池袋から出ています。特急だと約1時間20分で秩父まで一気に行くことができます。

三十槌の氷柱までは更に秩父鉄道とバスや車を利用することになりますが、それでも十分日帰りが可能なエリアです。

東京から離れるごとに秘境感も増して行きます。旅行した感は十分満たされるのに日帰りできる!それが秩父旅行の良さのひとつです。旅行気分は十分満たされますので、特急とバスで行く秩父の旅と氷の芸術を是非楽しんでください。

寒さに比例して巨大化する氷柱

12月から1月までの最低気温が零下になる秩父エリアなので、雪や雨も含めすべてが氷柱を大きくしてゆきます。

寒い中での鑑賞はちょっと腰が引けてしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、寒さが作り出す芸術なので防寒対策をしっかりしてお出かけのうえじっくりと味わってください。

大迫力の氷柱を間近で鑑賞する間、体は冷えることになりますが、残念ながら氷柱のそばにトイレはありません。観光用のトイレや道の駅でトイレを済ませておくことをお忘れなく!

ライトアップもおすすめ・大滝氷まつり日程

三十槌の氷柱ライトアップ画像

大滝氷まつりは、2019年1月5日(土)~2019年2月17日(日)まで開催されます。※天候により前後する場合があります

このうち2019年1月12日(土)~2019年2月11日(月・祝)の間は毎日、夕方からのライトアップが実施されます。太陽の光に照らされた氷柱とはまったく違う表情を見せるこの時間も是非お見逃しなく!!

日中も冷え込みが予想され、夜間はさらに冷え込みますので使い捨てカイロなども効果的です。

このようなタイプの防寒アイテムがあれば使い捨てカイロでも効果的ではないでしょうか。他にも軽くて、便利で暖かいと3拍子揃ったたくさんの防寒グッズが販売されていますので、ご自分にあった防寒グッズを探してみてください。※画像のリンクからご紹介した商品をamazonで確認することができます。

またライトアップ期間中は、ライトアップの明かりがあるものの辺りは真っ暗で、特に足元が暗くなりますのでLEDライトなどがあると便利です。寒さ対策、暗さ対策、足元対策をしっかりとして、心配事なく存分に幻想的な光と氷の競演を楽しんでください。

三十槌の氷柱へ行かれる際の注意点

お車でお出かけの方は出発地から目的の三十槌の氷柱へ行かれるまでに雪道や凍結した道路を通行することになるので、タイヤはスタッドレスタイヤ相当のものが必要です。

氷柱の鑑賞はとても雰囲気がありますし、夜間のライトアップは幻想的な雰囲気で楽しめます。ですが屋外のイベントということもあり寒さ対策は必須です。特に秩父の冬季平均最低気温は氷点下なので通常より一層の冷え対策が必要です。

背中を温めるのに最適な暖か朗 Vや、ハクキンカイロ等を合わせてご使用になるのもお勧めです。

また寒さ対策は足下からということで、ノースフェイス ブーツなども暖かさと実用性から人気があります。地面は滑る場所もあるので履物にもご注意の上、素晴らしい三十槌の氷柱をお楽しみください。

三十槌の氷柱の関連イベント・プラン

三十槌の氷柱のほかに、中津峡・出合の「氷の滝」もおすすめです。

滝は数多くあるので、滝巡りなどもあわせて楽しんでみてはいかがですか。

また、夏でも空気が澄んだ絶景を堪能できる、いまやかなり有名になった『三峯神社』はもちろん冬だけでなく四季折々で楽しめます。

『三峯神社』は初日の出、初詣スポットとしてもとても人気のある場所ですし、キンと冷えた清しい空気のなかで新しい年を始めるのも縁起がよさそうな場所です。

是非合わせて足を運んではいかがでしょうか。

紹介スポットの動画

壮観な眺めの『三十槌の氷柱(つらら)』の映像をご紹介します!

三十槌の氷柱 大滝氷まつりの基本情報

利用案内

開催期間

2019年1月5日(土)~2019年2月17日(日)

三十槌の氷柱 ライトアップ

2019年1月12日(土)~2019年2月11日(月・祝)
※秩父市大滝(三十槌)での開催

特産品の販売と観光案内

日程:
2019年1月20日(日)・1月27日(日)
10:00~15:00

場所:ウッドルーフ奥秩父オートキャンプ場

ライトアップの時間

平日:17:00~19:00
土休日:17:00~21:00
※氷柱の状態により期間・時間ともに変更になる可能性があるので主催者に照会ください

料金

200円(環境整備協力金)
※中学生以上

問い合わせ先

問い合わせ先:一般社団法人秩父観光協会大滝支部
連絡先:0494-55-0707

三十槌の氷柱に関する各種情報ページ

三十槌の氷柱 公式HP

秩父観光なび
※ライトアップ期間はこちらに掲載されるので、更新情報を確認してみてください。

Wood Roof 奥秩父 オートキャンプ場
オートキャンプ場です

道の駅 大滝温泉
近隣の道の駅です

宿泊で楽しみたいという方は
>>秩父の宿をじゃらんで検索・予約する

三十槌の氷柱への行き方・アクセス

公共交通機関

西武池袋駅→西武鉄道 特急レッドアロー号西武秩父行→西武秩父駅 →西武バス 三峯神社行
→大滝温泉遊湯館 → 徒歩(約30分) → 三十槌の氷柱

※各路線(電車・バス)の本数が少ないので注意してください。
また徒歩が30分と長いので注意してください。

※滑らない靴(グリップのしっかりした靴)でお出かけください

西武鉄道 西武秩父駅より
→ 県道208号線→ 県道72号線→ 彩甲斐街道/国道140号線→ 秩父往還/国道140号線→ 三十槌の氷柱 約50分
※池袋~西武秩父までは<交通機関>を参照してください。

駐車場

あり(民間有料駐車場)

三十槌の氷柱の地図

Tea break -Cover Story-

何も知らない

旅行やイベントの計画を作るのが好きな頃があった。
場所を決めて、日程を決めて、予算を決めて。

誰々も誘おうとか、誰々を誘うならここにもよった方がいいとか。
どうせここに行くなら、あれも食べようとか。時には数十人の大所帯になったりして。

そのたびにスケジュール調整とか細々したことに辟易とするのだが、家に戻るとやっぱり家が一番なんて言いながら、撮った写真を見ながら過ぎた時に思いを巡らせたりする。


普段顔を合わせている人間でも、旅になると違う表情を見せたりする。

移動の最中も騒いだり、話し込んだり、変わってゆく景色をつまみに普段しないような話もする。

そして、そんなことが一番思い出に残っていたりすることもある。


もちろん、どこどこに行って、〇〇をする。というキッチリきっかりしている人は、目的の場所や、

目的の行動を満たすのが旅ということになるんだろうけど、

意外と道中のわいがやだったり、ホテルでした話とかが旅の目的だったりもした。


 


だいぶ大人になり、えいやっと腰を上げないと旅行やイベントに行くこともなくなったように思う。

それは、例えば圧倒的に少なくなった休みというコストに見合うとか見合わないとか、
行っても疲れるだけとか、人が多いとか頭の中でこねくり回した賢しい理論がストップをかけてしまうことに起因している。

いつしか、目的がない行動に意味を見いだせなくなったんだろう。
新味をいつも求めていた頃、すべてが新しくて、経験が少ない分経験自体が楽しかった。

でも、いくら大人になってもすべてを知っている訳じゃない。
そして一度行った場所がいつまでも変わらないわけではない。

今まで積み上げてきた習慣が作り上げた自分を突然変えることはできないし、変える必要もないとは思う。

でも、時にはこうして重い腰を上げて、もう慣れきってしまったと思っていた出来事に進んでみるのもいいのかもしれない。

だって、ここでしか見れない光景が目一杯を埋め尽くしているんだから。

あわせて読みたいおすすめの記事

埼玉エリアの関連記事

トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園のアクセス・駐車場や見どころを紹介
埼玉県飯能市にある“ムーミン谷公園”として知られる『トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園』は無料で入園できるスポットとしても親子連れを中心に大人気です。 今回はそんなト
秩父三大氷柱開幕!『あしがくぼの氷柱』駅近!!金曜~週末限定ライトアップもおすすめ!
秩父エリアでは、『長瀞ラインくだり』や昨年オープンした『西武秩父駅前温泉 祭りの湯』『三峯神社』などみどころがたくさんあります。 そんな秩父では冬季限定のイベント『秩父三大氷

絶景の関連記事

兵庫県豊岡市で晩秋から冬季にかけての幻想的な竜宮城を見る!!
晩秋から冬季にかけての幻想的な竜宮城 兵庫県豊岡市の日和山海岸周辺には息をのむ景色があります。その沿岸からは沖にある「後ヶ島(のちがしま)」を望むことができます。かつては
雲海の新たな決定版!!!奈良県野迫川村は雲海スポット!キャンプや満天の星空も
古都・奈良。 奈良といえば名所が数多く、大仏や寺院の他にも神の使いとしても親しまれる鹿も有名ですよね。 そんな奈良には、雲海スポットも多くあります。 今回はその中
天狗高原・四国カルスト 高知津野町 一度は行ってみたい自然の宝庫!!
カツオで有名な高知県ですが、高知には海だけではない魅力が多くあります。 そんな高知で、「ドライブルートに最適!」「長閑!」「絶景!!」と訪れた人を虜にすると話題の「天
お土産は帰宅後に!?

旅行先でのお土産選びは楽しいですよね。ただ、時間の関係や荷物の多さ等でお土産が買えなかった・・・という経験はありませんか? そんな時に頼りになるのがHIS地球旅市場

日本全国のお土産や海外のお土産が家に居ながらにして手に入れることができます! 各県の定番のお土産からちょっと変わったものまで揃うので非常に便利です!

HIS地球旅市場はこちら

-スポンサードリンク-