あしがくぼ氷柱画像

あしがくぼの氷柱は駅近で金曜~週末限定ライトアップ!秩父三大氷柱開幕!

更新日:

掲載情報は変更になっている場合があります。
また、新型コロナウイルス感染拡大防止のため休止している施設やイベント中止等もあるので
公式サイト等にて最新情報をご確認ください。


2021年の開催は新型コロナウイルスの影響により、紅茶や甘酒の提供、金曜日のライトアップはありません。施設内での飲食も禁止なのでご注意ください。
開催期間中は入場制限が実施され新型コロナウイルスの対策も実施されます。また、土日祝の13時~19時までの入場については、事前予約制となります。


秩父エリアでは、長瀞ラインくだりや昨年オープンした西武秩父駅前温泉 祭りの湯三峯神社などみどころがたくさんあります。
そんな秩父では冬季限定のイベント秩父三大氷柱が2021年も開催します!

今回ご紹介するあしがくぼの氷柱は、三十槌の氷柱尾ノ内百景(冷っけぇ~)氷柱とならび秩父三大氷柱のひとつに数えられています。

その中でもあしがくぼの氷柱は都内からの小旅行にはうってつけの場所です。

秩父三大氷柱はそれぞれの特色を持ちながら、冬シーズンの秩父を盛り上げていますがこれらは地元の方々の手作りのイベントです。

各エリアで環境整備協力金として数百円かかりますが、快くお納めください。

三十槌の氷柱についての記事はこちら!

三十槌の氷柱(みそつちのつらら)埼玉秩父のライトアップは必見!!
秩父三大氷柱の一番の古株三十槌の氷柱(みそつちのつらら)をご紹介します。 自然が作る天然の氷柱である三十槌の氷柱(みそつちのつらら)に、色鮮やかなライトアップが合わさる光景も

秩父三氷柱のひとつあしがくぼの氷柱のみどころ

あしがくぼの氷柱は電車から見れる?!

西武鉄道ではこのイベントの時期に合わせ、土休日の一部の特急が通常は停車しない芦ヶ久保駅に停車する一大イベントで、その姿は電車の車窓からものぞめます。また、一部の電車では氷柱が見えるポイントで速度を落として走ってくれたりします。

最近ではこのように絶景ポイントで速度低下をするようなサービスが全国的に増えていますよね。

あしがくぼの氷柱のおすすめポイント

あしがくぼの氷柱は駅近!!電車の旅がお得

氷柱と電車画像

秩父三大氷柱の中であしがくぼの氷柱は何といっても駅から近い!
西武秩父線 芦ヶ久保駅から徒歩約10分で氷の世界へたどり着けます。

秩父三大氷柱の他の二つがそれぞれ駅から更にバスで1時間程度、または車でアクセスという状況を考えると一番手軽に行けそうですよね。

また西武鉄道では特典付きのお得な切符の販売もされているので併せてチェックしてみてください。

あしがくぼの氷柱は寒い日がおすすめ?!

あしがくぼの氷柱は2014年から始まったまだまだ若いイベントです。

何故最近から始まったのかといえば、あしばくぼの氷柱は氷柱のある秩父郡横瀬町の町民のボランティアの皆さんの手によって作られる人工の氷柱だからです。

正丸峠を越えた場所では雪等も多く、冷えた空気が氷柱を含む氷を一層成長させます。逆に暖かくなると溶けてしまいます。そのため迫力のはる氷柱を鑑賞するには、寒い日が続いたあとに防寒対策をきっちりとして見に行くのがおすすめです。

あしがくぼの氷柱はペットが同伴できるって本当?

会場内にウッドチップを敷いていることから、自然環境にある会場の中では歩きやすいので、日頃お留守番の多い大切なワンちゃんともお出かけすることができます。 さすがに猫は寒さを嫌がるかもしれませんね・・・。

とはいうものの、自然環境の中なので天候によって足元が悪い日も当然あると思います。開催元にお問い合わせの上で同伴されるかはご判断ください。

公式サイトにはペット同伴時の注意事項も記載されているので、是非一度ごご覧になってください。

あしがくぼの氷柱はイベントも充実!

「あしがくぼの氷柱」はメインその幻想的な氷柱です。ライトアップの頃はさらに冷えますが、その寒さの中でライトアップされた氷柱がより素敵な世界を演出します。

メインの氷柱はもちろんですが、開催期間中にはさまざまなイベントが用意されています。

あしがくぼの氷柱の関連イベント・プラン

いちご狩り

秩父エリアは、自然や温泉が有名ですが「いちご狩り」も実は人気です。
1月~6月中旬ごろまで楽しむことができます。

いくつもの農園がありますが、営業日や開園・閉園時間などはまちまちですので各園にお問い合わせしていかれることをお勧めします。
食べ放題料金は期間により異なります。

標準的には

    小学生以上:1,700円~1,200円
    小学生未満:900円~600円

あしがくぼの氷柱の動画

素敵な2018年のあしがくぼの氷柱動画をご紹介します!!

あしがくぼの氷柱の基本情報

利用案内

営業日・開催日程

2021年1月12日(火)~2月23日(火・祝)

■特別プログラム実施

1月30日(土)里宮の神楽(武甲山御嶽神社里宮太々神楽保存会)
1月31日(日)出演団体の都合により、伝統芸能の上演なし。
2月 6日(土)出演団体の都合により、伝統芸能の上演なし。
2月 7日(日)芦ヶ久保の獅子舞(芦ヶ久保獅子舞保存会)
上記イベントのため、通常ライトアップは18:45まで
また、上記イベントには別チケット(500円)が必要(特別プログラム チケット購入
詳細は公式サイトをご確認ください

営業時間

2021年は新型コロナウイルスの影響により、滞在時間1時間で土日祝の午後1時~午後7時までの入場については、事前予約制になっています。事前予約のチケットはキャンセル(キャンセルについては2日前まで可)・変更等が出来ないので確実な日をお選びください。
また、例年は金曜日もライトアップが実施されますが2021年は中止となります。


チケット購入


月~金:9:00~16:00
土・日・祝日:9:00~19:00(最終受付 18:30)
ライトアップ点灯17:00~(日没より発色いたします。)

休業日

期間中休みなし
※荒天等の場合は主催者にお問い合わせください

料金

300円
※環境整備協力金:300円(中学生以上)

16時まで地元ボランティアの皆様より甘酒または横瀬産紅茶が1杯サービスされます。
ライトアップ時は甘酒・紅茶の提供はありません

問い合わせ先

問い合わせ先:横瀬町観光 産業振興協会
連絡先:TEL0494(25)0450 / FAX 0494(25)5450
※横瀬町観光Webサイト歩楽里(ぶら~り)よこぜのお問合せフォームからも問合せ可能です。

あしがくぼ氷柱に関する各種情報ページ

横瀬町公式観光 公式サイト あしがくぼ氷柱ページ

Web Guide秩父 氷柱ページ

あしがくぼの氷柱への行き方・アクセス

公共交通機関

西武鉄道 西武秩父線 芦ヶ久保駅 下車 徒歩 約10分

秩父漫遊きっぷ

※開催期間中の土休日には特急列車も一部臨時停車もあります。詳しくはこちら

圏央道 鶴ヶ島I.C.から 約1時間

駐車場

あり
※道の駅果樹公園あしがくぼ第二駐車場に停めることができます(会場まで徒歩10分)が、駐車場が大幅に不足していたり、道路の凍結などがありますので公共交通機関でのお出かけがおすすめです。

あしがくぼの氷柱の地図

Tea break -Cover Story-

春には消える白い華

昨日までの陽気が嘘のように、ベッドから起き出すのがしんどい冷え込みだった。
ただ、ベッドから出てしまえば一気に目が覚めるのが冬の良さ。
ガタガタ震えながら暖房をつける。

少し暖まった部屋で、いつもより一枚多く長袖のTシャツを着て、タイツまで履く。
これで防寒対策は完璧だ。
極寒エリアへのお出かけの装備は最近この形がデフォルト。
マフラーを巻きつけ、グローブをすれば少し暑いくらいだ。
さほど着ぶくれもしないので、その上に着るものにも困らないのが良い点だ。

冬に出かけるといえば、昔はゲレンデが多く、体を動かすことも合わさって寒さをさほど感じなかった。
今では、イルミネーションに代表される都市型イベントも多く、寒風吹き荒れる中で時間を過ごすことも多い。

そのため防寒は欠かせない。
澄んだ空気の中で見る光の祭典は、それはそれで格別な華やかさがある。

今回はその両方を楽しめるとあっては行かない訳にはいかない。
二つ返事で誘いを快諾した。

そんなこんなで、特急に揺られある程度時間がたったころ一段と寒くなった気がした。
目的の駅から歩く道すがら、息は白く弾む。
ウインタースポーツでもなく、温泉目的でもない。
ただ、氷の柱を見に行く。

それは、小さい頃、登校の際に誰も踏み入れていない霜柱を踏み鳴らしたようなワクワク。

ささやかだけど、楽しい。

その場所に着いて思った。
寒さを忘れるというのとは少し違う。
むしろ寒さが身に染みる。それでも見ていたい絵がそこにはあった。

日が傾いてゆく。
表情がコロコロと変わる。
しんしんと体も冷えてゆく。

日が沈むころになってようやく、白い氷の華は色づき始める。
幻想的な空間に包まれながら、いよいよ下がった気温のなか防寒をしっかりしてきたことにホッと胸を撫でおろした。

あわせて読みたいおすすめの記事

埼玉エリアの関連記事

狭山湖・トトロの森で遅めの紅葉を楽しむ!見頃や駐車場情報を紹介
埼玉県にある『狭山湖(山口貯水池)』と『トトロの森』は関東でも遅めの紅葉が楽しめる穴場スポットとして人気です。 そこで今回は狭山湖とトトロの森での紅葉の見頃の時期や現地の駐車場情
三十槌の氷柱(みそつちのつらら)埼玉秩父のライトアップは必見!!
秩父三大氷柱の一番の古株三十槌の氷柱(みそつちのつらら)をご紹介します。 自然が作る天然の氷柱である三十槌の氷柱(みそつちのつらら)に、色鮮やかなライトアップが合わさる光景も
トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園のアクセス・駐車場や見どころを紹介
埼玉県飯能市にある“ムーミン谷公園”として知られる『トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園』は無料で入園できるスポットとしても親子連れを中心に大人気です。 今回はそんなト
「鉢形城」は公園も併設!100名城スタンプは鉢形城歴史館で!
日本100名城「鉢形城」は埼玉の自然の中に 埼玉県は、大宮、浦和などの都市部と、川越などの江戸情緒を残す街並みなどと並んで、秩父などの自然を多く残すところなど色々と見どころがあり

冬季イベント・旅の関連記事

袋田の滝へのアクセス・駐車場・周辺観光・宿泊・温泉まとめて紹介
袋田の滝観瀑台デッキ改修工事に伴い、第2観瀑台の一部は2020年10月8日(木)※予定まで、利用不可となります。 日本には四季折々に、その季節ならではの景色を楽しめる
富山駅周辺 ホワイトイルミネーションとやま2020も開催決定!!
とやまスノーピアード2020の開催の一環として実施される富山のイルミネーション。他にもカウントダウン花火や、写真撮影に最適なスポットが作られたりと寒い富山の冬をホットにするイベント
富士五湖 本栖湖リゾート 竜神池で見るWダイアモンド富士と芝桜
富士五湖といえば本栖湖(もとすこ)・精進湖(しょうじこ)・西湖(さいこ)・河口湖(かわぐちこ)・山中湖(やまなかこ)の五つですが、富士五湖の名称ですべて国の名勝にされています。
いつもとは違う旅へ
STAY JAPANでは、体験民泊・農宿の予約が可能。 ちょっとハードルが高そうと考えられがちな農泊や民泊をサイトから通常の旅行予約サイト同様に検索・予約することが可能です。

今までの旅行とは違う体験をしてみたい!という方にはうってつけです。一組限定のものなどもあります。

まだ体験したことのない『特別な体験』が待っているかも知れません。 まずはチェックしてみてはいかがでしょうか。