万羽鶴が見れる!日本一の渡来地・鹿児島『出水市』の観察・観光スポットをご紹介!

更新日:

掲載情報は予告なく変更になっている場合があります。最新情報を公式サイト等で確認することをオススメします

-スポンサードリンク-

古来から日本の冬の風物詩、長寿・繁栄の象徴とされている『鶴』を千羽どころか万羽も見られるのが鹿児島県『出水(いずみ)市』です。

今回は、幻想的な朝焼けの中を飛ぶ鶴の映像と共に、その観察スポットと町の観光スポットをご紹介します。


-スポンサードリンク-


出水市「ツルの渡来地」のみどころ

日本最大のツルの渡来地での観察のススメ

出水市_鶴_003

ダイナミックな鶴の飛翔を見ることができます

鹿児島県出水市は熊本県との県境に位置しています。
そこに、1万羽以上のナベヅルやマナヅルが遠くシベリアから越冬のため、出水平野の水田地帯に飛来します。

特にナベヅルは全世界の生息数の90%が渡来しているといわれています。
この貴重な渡来地は、国の特別天然記念物に指定されています。

鶴が渡来する時期や種類は?

出水市_鶴_001

間近で鶴を観察することもできます

毎年10月中旬あたりから12月にかけて飛来して、翌年の3月あたりまでこの地で越冬をします。
(渡来する時期は毎年ばらつきがあります。)

鶴の現在の様子がわかるライブカメラ

渡来する主な鶴の種類とおよその羽数は?

出水市_鶴_005

その羽数に圧倒されます

主な鶴の種類と羽数
・ナベヅル:約1万羽
・マナヅル:約3千羽
・クロヅル、アネハヅル、カナダヅル、ソデグロヅル:少数

過去の年間飛来数(最高羽数)
2013年:12,557羽
2014年:14,378羽
2015年:17,005羽
2016年:11,872羽
2017年:15,360羽

1997年から毎年連続して1万羽以上が飛来しています

出水市での最新の羽数がわかる紹介ページ
(クレインパークいずみ)

出水市で鶴を観察するおすすめの時間帯は?

渡来地では1日中、鶴を観察することができますが圧巻の風景を見ることができるおすすめの時間帯をご紹介します。

夜明け頃
ねぐらになっている出水平野の水田地帯から、食事などのために鶴が一斉に飛び立ちます。その姿は朝日に照らされてとても美しいです。

給餌

出水市_鶴_007

あぜ道に多くの鶴が寄ってきます

出水市では水田地帯の農作物への被害を防止するために毎日午前7時ごろに給餌をしています。あぜ道沿いに餌をまくと多くの鶴が食事をしに来ます。

夕方

出水市_鶴_002

編隊飛行や降り立つ姿は迫力があります

出かけていた鶴が出水平野のねぐらに戻ってきます。夜明けとはまた違う形で飛んでいる鶴を見ることができるのでおすすめです。

出水市での日の出と日の入り時間(1週間分)

出水市ツル観察センター

出水市街から車で約20分ほどの北東に広がっている水田地帯に鶴の渡来地があり、その中心にある中心にある観察センターは2階部分と屋上にパノラマ展望台から渡来地を一望できます。

展望所は室内なので雨や雪、寒い時にも快適に鶴の観察ができるのでおすすめです。
※利用案内は後述しています

出水市ツル博物館 クレインパークいずみ

渡来地から車で約20分の米ノ津川沿いにあるクレインパーク花公園内には「出水市ツル博物館 クレインパークいずみ」があります。

こちらは日本でも珍しい鶴の生態や人とのかかわりについて学べる博物館で、調査・研究の中心的施設にもなっています。

出水市ツル博物館 クレインパークいずみの利用案内

開館時間
9時~17時(最終入館16時30分)

休館日
4月~10月:毎週月曜日(祝日の時は翌日)
11月~3月:無休
※上記以外にもメンテナンス等のための臨時休館があります

入館料
320円(大人)、210円(高校生)、100円(小・中学生)
※金額がお得になるツル観察センターとの共通入館券もあります

お問い合わせ先・住所
出水市ツル博物館 クレインパークいずみ
鹿児島県出水市文化町1000番地
0996-63-8915

出水市「ツルの渡来地」の動画

日の出と共に一斉に飛び立つ万羽鶴は圧巻の一言です!

出水市ツル観察センターの基本情報

利用案内

開場期間

毎年11月1日~翌年3月第四日曜日

開場時間

9時~17時

休業日

無休(開場期間中)

料金

料金
大人 210円
小人(小・中学生) 100円

※団体割引・障がい者優待あり
※料金がお得になる出水市ツル博物館 クレインパークいずみとの共通入館券もあります

問い合わせ先

出水市ツル観察センター
0996-85-5151

出水市ツル観察センターに関する各種情報ページ

出水市ツル観察センターの紹介ページ
(出水市役所)

>>じゃらんで出水・阿久根エリアのホテル・旅館を探す

出水市ツル観察センターへの行き方・アクセス

公共交通機関

九州新幹線・肥薩おれんじ鉄道 出水駅より「出水ツル観光周遊バス」で約25分
※「出水ツル観光周遊バス」は12月~2月の期間限定運行です。

出水ツル観光周遊バスの料金と時刻表

九州新幹線・肥薩おれんじ鉄道 出水駅より県道372号線、国道3号線を経由で約20分

駐車場

あり
(無料/172台)

出水市ツル観察センターの地図

鹿児島県出水市荘2478−4

出水市の周辺観光プラン

出水麓武家屋敷群

江戸時代初期に整備された薩摩藩最大の武家屋敷群で、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。

「竹添邸」と「税所邸」は一般公開されています。

特に竹添邸は、2008年の大河ドラマ「篤姫」のロケ地にもなっていて、薩摩藩時代の面影を色濃く残しています。

出水麓武家屋敷群紹介ページ
(出水市役所)

芋焼酎の造り蔵の見学

鹿児島で多く生産されている芋焼酎。
出水市にも多くの酒蔵があり、一般見学ができる蔵もあるのでご紹介します。

雲海酒造株式会社 出水蔵

-出水駅東口目の前

そば焼酎「雲海」が有名な雲海酒造ですが、こちらの蔵では芋焼酎「さつま木挽(こびき)」を製造しています。

見学(無料)は予約制です。

住所・予約・問い合わせ先
鹿児島県出水市上鯖渕532-1
0996-62-0043

その他
・芋の収穫期に合わせて仕込みを行うので、8月~11月がおすすめです。
・試飲や現地販売もあります。

雲海酒造出水蔵のホームページ
(鹿児島県酒造組合)

出水酒造株式会社

-出水駅西口より車で約10分

代表銘柄は「出水に舞姫」で、近年では海外にも輸出されています。

見学(無料)は予約無しでもできますが、予約が優先となります。
団体(10人以上)の場合は事前予約が望ましいです。

見学可能時間
10時~17時

住所・予約・問い合わせ先
鹿児島県出水市文化町358
0996-79-3671

その他
・試飲コーナーや現地販売もあります。

出水酒造の紹介ページ
(鹿児島県酒造組合)

神酒造株式会社

-出水駅西口より車で約15分

代表銘柄は「千鶴」で、地元の方々を中心に長く愛されている銘柄です。

見学(無料)は予約された方がスムーズです。

住所・予約・問い合わせ先
鹿児島県出水市高尾野町大久保239
0996-82-0001

その他
・ガラス等で仕切られた場所はないので、仕込みの様子を間近で見学することが可能です。
・仕込みの時期は例年9月から年明けです。

神酒造株の紹介ページ
(鹿児島県酒造組合)

各蔵、仕込みの時期や見学可能時間など、事前に予約やお問い合せをいただいた方がスムーズです。

あわせて読みたいおすすめの記事

鹿児島エリアの関連記事

天逆鉾(あまのさかほこ)を見に登山の超初心者が『高千穂峰』を登る!
霧島神宮への参拝をした後、主祭神である瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)が降り立ったまさに天孫降臨神話の場所で天逆鉾(あまのさかほこ)が山頂に突き刺さっている高千穂峰(たかちほのみね)への
鹿児島『霧島連山』周辺のおすすめ観光・パワースポットをめぐる
九州屈指の観光スポットや温泉地として名高い、鹿児島県の霧島エリア。 その中心にある霧島連山は温泉だけでなく、様々な恵みをもたらしてくれているのをご存知でしょうか? 今回
薩摩川内の自然現象「川内川あらし」の発生時期・条件や展望スポットを紹介
鹿児島県北西部(北薩エリア)の中心、薩摩川内市(さつませんだいし)では世界的にも珍しい冬の自然現象『川内川あらし』が見られるのをご存知でしょうか? 今回はその『川内川あら
鹿児島県湧水町の雲海スポット『魚野フライトエリア』での発生条件や時期を紹介
山地や盆地が多い日本では様々な場所で雲海を見ることができますが、鹿児島県の湧水町でも絶景の雲海が見られるスポット『魚野フライトエリア』があります。 そこで今回は魚野フライ

冬の自然美が味わえる関連記事

【2018年-2019年シーズン】黒川温泉のライトアップイベント『湯あかり』で身も心も温まる!
九州屈指の人気温泉地、熊本県にある黒川温泉の人気ライトアップイベント『湯あかり』が今年も開催されますので映像と共に、入湯手形や日帰り入浴、人気の飲み歩き企画「黒川かっぽ」などの
大洲市・肱川あらしの発生時期や条件と展望・周辺観光スポットを紹介
『肱川あらし』と言われる世界的にも珍しい自然現象が冬の愛媛県大洲(おおず)市で見られます。 今回はその幻想的な自然現象の映像と一緒に、発生する時期や条件、展望スポットを整
かまくら祭は日光 湯西川温泉で! 2019年開催決定!BBQもいい!
『日本夜景遺産』というものをご存知でしょうか? 日本各地には夜景が綺麗なスポットが多くあります。すでに有名なものもあれば、あまり認知されていないイベントも多いのが事実です。
水墨画の世界が広がる『猊鼻渓』の冬景色「こたつ舟」で川下り
岩手県一関市にある名勝『猊鼻渓(げいびけい)』は冬の川下りも人気があるのをご存知でしょうか? 屋台とこたつが設置された「こたつ舟」で雪と奇岩が見せる水墨画のような景色を楽
袋田の滝へのアクセス・駐車場・周辺観光・宿泊・温泉まとめて紹介
日本には四季折々に、その季節ならではの景色を楽しめる場所があります。 今回は冬に楽しめる圧巻の景色氷瀑でも有名な「袋田の滝」をご紹介します。 袋田の滝のみどころ
お土産は帰宅後に!?

旅行先でのお土産選びは楽しいですよね。ただ、時間の関係や荷物の多さ等でお土産が買えなかった・・・という経験はありませんか? そんな時に頼りになるのがHIS地球旅市場

日本全国のお土産や海外のお土産が家に居ながらにして手に入れることができます! 各県の定番のお土産からちょっと変わったものまで揃うので非常に便利です!

HIS地球旅市場はこちら

-スポンサードリンク-