大國魂神社

大國魂神社のご利益やパワースポットは?駐車場情報や初詣+ご来光プランも!

更新日:

掲載情報は予告なく変更になっている場合があります。最新情報を公式サイト等で確認することをオススメします

-スポンサードリンク-

東京、府中市に鎮座する『大國魂神社(おおくにたまじんじゃ)』は都内でも屈指の歴史を持つ神社としても知られています。

今回は大國魂神社のご利益やパワースポット、駐車場情報と初詣からご来光を拝むためのプランを詳しく紹介します!

目次


-スポンサードリンク-


大國魂神社とは?

大國魂神社_拝殿_001

地元の方々に親しまれている神社です

武蔵国(現在の東京・埼玉・神奈川の一部)の総鎮守(守り神)として大國魂大神(おおくにたまのおおかみ)を祀っていて、その起源は西暦111年という東京五社(他は明治神宮、東京大神宮、靖国神社、日枝神社)にも数えられる都内屈指の由緒ある神社です。

武蔵国の一之宮から六之宮を合わせて祀っている総社として「六所宮(ろくしょぐう)」とも呼ばれています。

東京都下で随一の参拝客数を誇り、お正月期間では約50万人の人出が予想されています。
また、大國魂神社の例大祭「くらやみ祭」は関東三大奇祭にも数えられ、東京都の無形民俗文化財にも指定されています。

大國魂神社のご利益とおすすめパワースポットを詳しく解説!

大國魂神社_拝殿_002

拝殿正面は参拝できる場所が3ヶ所あります

大國魂神社の主祭神は?

大國魂神社の主祭神は大國魂大神(おおくにたまのおおかみ)で武蔵野の守護神として鎮座しています。

また、この神様は出雲大社のご祭神、大国主神(おおくにぬしのかみ)と同じといわれていて、七福神の大黒天とも同一神とされていますので様々なご利益を授けてもらえます。

大國魂大神は拝殿の中殿(真ん中)に御霊大神や国内諸神と共にまつられています。

大國魂大神の主なご利益は?

縁結び
厄除け・厄払い
五穀豊穣
商売繁盛
出世開運
子孫愛育 など

上記以外にも源氏にもゆかりがあり、源頼義・義家(八幡太郎)親子が奥州戦に向かう際に参拝をした逸話もあり、必勝祈願も授かれると考えられています。

六所宮と摂末社のご祭神と主なご利益

大國魂神社は武蔵国の総社として6つの神社(六所宮)の神様を一緒に祀っているため、一度参拝をすることで6つの神社の神様にも一緒にお参りをすることができます。

本殿にまつられているそれぞれの神様や主なご利益は以下です。

東殿(拝殿に向かって左)

一之宮:小野大神

(小野神社/東京都多摩市)

ご祭神
天ノ下春命(あめのしたばるのみこと)

ご利益
悪縁切り、縁結び、婦女子守護、事始め など

ニ之宮:小河大神

(二宮神社(小河神社)/東京都あきる野市)

ご祭神
国常立尊(くにのとこたちのみこと)

ご利益
商売繁盛、家内安全、安産祈願 など

三之宮:氷川大神

(氷川神社/埼玉県さいたま市大宮区)

ご祭神
須佐之男命(すさのおのみこと)
稲田姫命(くしなだひめのみこと)
大己貴命(おおなむちのみこと)

ご利益
縁結び、夫婦円満、仕事運 など

西殿(本殿に向かって右)

四之宮:秩父大神

(秩父神社/埼玉県秩父市)

ご祭神
八意思金命(やごころおもいかねのみこと)
知知夫彦命(ちちぶひこのみこと)
天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)

ご利益
学業成就、合格祈願、開運、家内安全 など

五之宮:金佐奈大神

(金鑚神社/埼玉県児玉郡神川町)

ご祭神
天照大神(あまてらすおおみかみ)
素戔鳴尊(すさのおのみこと)
大和武尊(やまとたけるのみこと)

ご利益
所願成就、厄除け、除災招福、武運長久 など

六之宮:杉山大神

(杉山神社/神奈川県横浜市緑区)

ご祭神
五十猛命(いそたけるのかみ)
大日孁貴神(おおひるめのむちのみこと/天照大神と同一)
素戔鳴尊(すさのおのみこと)

ご利益
商売繁盛、開運招福、厄除け など

主な摂末社とご利益

大國魂神社_宮乃咩神社_001

摂末社のお社も立派なものが多数です

大國魂神社には境内・境外に多くの摂末社がありますので、その主な神とをご利益もご紹介します。

宮乃咩神社(みやのめじんじゃ)
大國魂神社_宮乃咩神社_柄杓祈願

安産祈願をした多数の柄杓が納められています

大鳥居をくぐってすぐの参道左側に鎮座する神社です。源頼朝の妻、北条政子が安産祈願をしたと伝わっていることから、多くの方が参拝に訪れます。

穴の空いた柄杓(ひしゃく)に安産祈願をして奉納する習わしがあります。
※柄杓(初穂料:1500円)は授与所で授けてもらえます。

ご祭神
天鈿女命(あめのうづめのみこと)

ご利益
安産祈願、芸能の上達など

松尾神社
大國魂神社_松尾神社

東京の酒造メーカーがお酒を奉納しています

拝殿の脇から入り本殿の周囲を回れる道沿いにある神社で、醸造の神様をまつっていることからお酒や醤油・味噌などに関連ある職業の方々が多く参拝に訪れます。

ご祭神
大山咋命(おおやまくいのみこと)

ご利益
醸造の守護、諸産業隆昌、家系繁栄など

東照宮
大國魂神社_東照宮

お社を見ることはできませんが厳かな雰囲気を醸し出しています

こちらも拝殿の脇から入る道沿いにある社です。静岡の久能山から日光へ徳川家康公の霊輿を移す際にこの場所に一夜逗留をしたことが由緒です。

ご祭神
東照大権現(徳川家康公)

ご利益
仕事運・勝負運・生命力の向上など

境内のおすすめパワースポットと主な見どころ

大國魂神社は長い歴史の中で育まれた鎮守の森や建築物が多数ありますのでご紹介します。

樹齢約1000年!ご神木の大イチョウ

大國魂神社_ご神木_002

大きさと雰囲気に圧倒されます

高さ約20m・周囲9m以上、樹齢がおよそ1000年といわれる大イチョウが本殿の裏手にあり、パワースポットとして多くの参拝客が訪れます。

このイチョウは「大國魂神社の七不思議」にも数えられていて、手を合わせると産後の肥立ち(産褥期)が良くなると言われています。

樹齢約900年のケヤキ

大國魂神社_大ケヤキ

大鳥居の前で参拝客を迎えてくれます

神社の入口にあたる大鳥居手前には樹齢が900年とも言われる大きなケヤキの木が鎮座していますので、その立派な幹をぜひご覧ください。

また、神社から京王線府中駅方面に約500mにわたって延びる参道は「馬場大門欅並木」と言われています。

これは平安時代に植樹が始まったとも伝わるケヤキの大木が連なり国の天然記念物に指定されています。
(現在の最古木は樹齢約600年と言われています)

参道

大國魂神社_参道

初詣期間にはこの両脇に屋台が軒を連ねます

前述の馬場大門欅並木から一直線に伸びる参道には摂末社や手水舎があり、拝殿への参拝前に心を落ち着かせてくれるスポットです。

側道は初詣には屋台、酉の市の際には熊手を販売する店舗が軒を連ねます。

大國魂神社_手水舎

手水舎は参道の最奥の右側・随神門の手前にあります

随神門・中雀門

大國魂神社_随神門_002

随神門の木扉は1枚で5畳分ほどの大きさです

参道を進むと、随神門(ずいじんもん)と中雀門(ちゅうじゃくもん)という、2つの見事な神門が参拝者を迎えてくれます。

随神門は2011年(平成23年)に大國魂神社鎮座1900年を記念して改築されたヒノキ造りの門で、表に右大臣左大臣、裏に恵比寿様・大国様の像が納められています。

大國魂神社_中雀門

中雀門から随神門を望むと朱色とヒノキ色のコントラストを楽しめます

中雀門は1969年(昭和44年)に明治維新100年の記念に建て替えられた朱色が鮮やかな門です。

社殿周辺

社殿周辺には様々なスポットがあります。

授与所・祈祷申込所

大國魂神社_授与所_001

拝殿に向かって右側にあります。

御朱印受付所・社務所
大國魂神社_社務所(御朱印受付所)

拝殿に向かって左側にあり、その手前にはお焚き上げの納所が設けられています。

おみくじ
大國魂神社_おみくじ

本殿周囲・ご神木への道の入口
大國魂神社_ご神木入口

拝殿に向かって左脇に入口があり、ここからご神木や松尾神社、東照宮へ行くことができます。
(社殿を一周する形で順路が設定されています)

大國魂神社の主な駐車場は?

大國魂神社が管理する駐車場はありますが、収容台数が限られているので周辺の駐車場情報も一緒にご紹介します。

通常時の駐車場

大國魂神社の公式駐車場

約180台が収容できる有料駐車場です。
料金は30分/200円です。

大國魂神社の駐車場地図

府中駅南口市営駐車場

ここは府中駅南口にあるフォレストサイドビルと商業施設ル・シーニュの地下に広がる駐車場です。

この駐車場は12月31日~1月1日にかけては終日営業されます。
(通常は24時~8時までは閉鎖)

収容台数:788台
料金(休日料金):最初の1時間/400円、以降30分ごとに200円

※12月31日~1月1日にかけてはケヤキ並木道路は交通規制がかかります
※12月31日~1月1日は入庫口がフォレストサイドビル側のみとなります

府中駅南口市営駐車場ホームページ

初詣期間・くらやみ市の際の臨時駐車場(東京競馬場)

東京競馬場の第一~第四駐車場の地図(第三駐車場は除く)

初詣期間やくらやみ市の開催期間など多くの参拝客が訪れる際に、近隣にある東京競馬場の駐車場が無料で開放されるのでおすすめです。

※収容台数は1200台ほどです。
※通常は2000円/日の駐車料がかかります
※JR府中本町駅方面から進むとスムーズに入庫できます
※第三駐車場は競馬場関係者専用の駐車場ですので入庫できません

初詣から高尾山の初日の出プラン

例年12月31日~1月1日にかけては京王線が終夜運行をするので、年明け早々に大國魂神社へ初詣後、高尾山へ初日の出を見にいくこともできます!

高尾山でおすすめの初日の出ポイントは「かすみ台展望台」です。

高尾山での初日の出を拝むプラン

高尾山「かすみ台展望台」での初日の出時間と方角は?

高尾山の元日の日の出時間は例年6時50分ごろです。

その方角は南東横浜や相模原市街の方向から昇ります。

その他の注意点としては近年の高尾山の人気もあり、初日の出の際には多くの人でにぎわいます。

そのため山頂が混雑した場合、入山規制(例年、午前3時~午前5時の間に規制が始まります)がかかりますのでお早めの到着をおすすめします。

京王線の終夜運行で「高尾山口駅」へ

前述の深夜運行は各停はもちろん、2019年1月1日の深夜には京王線で初となる有料座席指定列車「迎光号」(高尾山口駅行き)が運行されます!

しかも、府中駅からの乗車には通常400円の座席指定料が不要になるので席が確保できればお得です!

これを利用すれば、府中駅からは急行・特急で約26分、各停で約36分で高尾山口駅まで行くことができるので、元日の未明に大國魂神社で初詣をした後に高尾山へ行くことができます。

京王線の急行を含む終夜運行のスケジュール・運転ダイヤ(2018年大晦日版)

高尾山口駅からはケーブルカーで展望台へ

高尾山にあるケーブルカーも例年12月31日~1月1日は終夜運行されます!
(15分間隔/混雑時7分間隔)

年末年始の高尾山ケーブルカー/リフトの運行スケジュール(2017年版)
※2018年の年末年始の運行スケジュールが確定し次第、更新予定です

料金

大人(中学生以上):片道480円(往復930円)
小児:片道240円(往復460円)
※未就学児は大人1名につき1名無料

初日の出を拝んだ後には温泉であたたまる

高尾山口駅の目の前には京王高尾山温泉「極楽湯」という入浴施設があります。

この「極楽湯」は年中無休で午前8時から営業していますので、冷えた体を温めて帰宅することもできます。

料金(シーズン料金)

大人(中学生以上):1200円
子ども(4歳~小学生):600円

フェイスタオル(販売):150円
バスタオル(レンタル):150円
タオルセット:250円

京王高尾山温泉「極楽湯」ホームページ

大國魂神社の動画

大國魂神社の紹介動画です

 

大國魂神社の基本情報

利用案内

開門時間

通常時

4月1日~9月14日:6時~18時
9月15日~3月31日:6時30分~17時

お正月期間

大みそか~元日:12月31日の6時30分~1月1日の21時まで
1月2日:6時30分~20時
1月3日:6時30分~19時

※1月4日からは下記の通常の開門時間

拝観料

参拝無料

問い合わせ先

大國魂神社
042-362-2130

大國魂神社に関する各種情報ページ

大國魂神社のホームページ

大國魂神社への行き方・アクセス

公共交通機関

京王線「府中駅」南口より徒歩約5分
JR南武線・武蔵野線「府中本町駅」より徒歩5分

京王線の大みそか・元日運行

京王線は12月31日~1月1日にかけて終夜運行(各停は約40分間隔)を実施します。
急行も3時台まで1時間に1本~3本が運行されます。

京王線の急行を含む終夜運行のスケジュール・運転ダイヤ(2018年大晦日版)

新宿方面から

中央自動車道「稲城IC」より、都道9号線を経由して府中駅方面へ約15分

八王子方面から

中央自動車道「国立府中IC」より、国道20号線を経由して府中駅方面へ約15分

駐車場

前述のとおりです。

大國魂神社の地図

東京都府中市宮町3-1

まとめ

・大國魂神社は武蔵国の総社として多くの神様をまつっていて、色々なご利益を授かれる!

・1900年の歴史を持つ神社なので境内には多数のパワースポットや観光スポットが多数!

・初詣の際には京王線の終夜運行を利用して高尾山でご来光を拝むのもおすすめ!

・駐車場は公式と府中駅周辺で1000台近く収容可能だけど、初詣やくらやみ市の期間には東京競馬場の駐車場も無料開放される!

いかがでしたでしょうか?大國魂神社は初詣やくらやみ市の際はもちろん、様々なパワーやご利益を授かれるので、ぜひ参拝してみてください!

あわせて読みたいおすすめの記事

関東のおすすめ初詣スポット

愛宕神社 in 東京は出世のパワースポット!アクセス情報等紹介
東京神谷町は虎ノ門からも近く、江戸の時代から歴史あるこの街周辺は、近年虎ノ門ヒルズの開業や道路整備などでさらに注目のエリアになっています。 そんな虎ノ門から程近くにあ
東国三社巡りの参拝の順番やご利益・お守りは?バスツアーも紹介!
茨城県と千葉県にまたがる3つの神社、「東国三社」をご存知でしょうか? 関東屈指のパワースポットとしても知られていて東国三社巡りが人気です。 そこで今回は東国三社を参
寒川神社のご利益やお守りからアクセス・駐車場・初詣情報まで解説!
『寒川神社』は神奈川県屈指の参拝客数を誇る神社です。 今回は日本で唯一の神様をまつる寒川神社のご利益やお守り、アクセス方法や駐車場・初詣の情報まで詳しく解説していきます!
横浜『師岡熊野神社』はサッカー好きこそ参拝したいパワースポット
神奈川県横浜市に多くのサッカー選手やサポーターが参拝する神社があるのをご存知でしょうか? その名も『師岡熊野神社(もろおかくまのじんじゃ)』です。 この神社はサッカ
足利織姫神社で縁を結ぶ!絶景ロケーションは初日の出に最適!
あしかがフラワーパークも有名な足利市ですが、かつては織物の生産も「足利織物」として名を馳せました。 足利織物伝承館など、織物に所縁ある施設は現在もあります。また徒然草には

-スポンサードリンク-