足利織姫神社で縁を結ぶ!絶景ロケーションは初日の出に最適!

公開日:

-スポンサーリンク-

あしかがフラワーパークも有名な足利市ですが、かつては織物の生産も「足利織物」として名を馳せました。

足利織物伝承館など、織物に所縁ある施設は現在もあります。また徒然草には「さて年毎に給はる足利の染物(織物)」という文言もあるほどです。

1939(昭和14)年には生産量が日本一になったものもありましたが、現在は生産する業者はいなくなりました。

古くから機織りが盛んな地域にも関わらず、機織の神社がないということで1705(宝永2)年に当時の足利藩主 戸田忠利により 伊勢神宮の直轄で、かつ天照大神の絹の衣を織っていたという神服織機神社(かんはとりはたどのじんじゃ)の 織師 天御鉾命(あめのみほこのみこと)・織女 天八千々姫命(あめのやちちひめのみこと)の二柱を現在の足利市通4丁目にある八雲神社へ合祀しました。

その後1879(明治12)年、機神山(はたがみやま※現在の織姫山)の中腹に織姫神社を遷宮されますが、翌年火災に見舞われ仮宮のまま時が過ぎます。1933(昭和8)年には当時の足利織物組合理事長の先導によって市民一丸となり新社殿の建造にかかり、1937(昭和12)年 現在の織姫山に完成、遷宮し現在の「足利織姫神社」に至ります。

現在では機織の生産者は居なくなりましたが、現在もその歴史を今に伝えています。今回はこの「足利織姫神社」を中心にご紹介します。


スポンサーリンク

足利織姫神社のみどころ

縁結びから夜景や初日の出 結婚式まで 懐の深い絶景神社

「足利織姫神社」冒頭でご紹介した通り、織物に関わりの深い神社として有名ですが、実は縁結びのご利益でも有名です。

その由来は、祀りされている二柱のご祭神が天照大神に共同して織物を織り献上したということ、また経糸(たていと)と緯糸(よこいと)が織り合い生地になることから、男女二人の神をご祭神とする縁結びの神社と呼ばれるようになりました。

また織機や機械が鉄でできているものも多いことから全産業の神さまとも言われるそうです。

また結婚式を「足利織姫神社」で挙げられる方も多く、本記事中でご紹介してしている動画でも、どのような結婚式を挙げられるのかご覧になれます。

そして、足利市の中心地にありながら織姫山の中腹にある「足利織姫神社」のもうひとつの大きな魅力が、そのロケーションから見渡す夜景や初日の出です。織姫山は織姫公園でもあり、公園内は夜間照明も整備されているので、夜景の鑑賞ポイントが複数あります。

また、「足利織姫神社」の本殿もライトアップもされるので、夜景のみならず「足利織姫神社」自体の景観も楽しむこともできます。また、2014年日本夜景遺産(自然夜景遺産)にも認定されました。

ライトアップは17:00~24:00に実施されます(季節により変動あり)

自然も満喫でき、縁結びなどのご利益もあり夜景まで楽しめる「足利織姫神社」へ一度足を運んでみませんか。

足利織姫神社のおすすめポイント

ご利益や有名な階段とは!?御朱印の時間は

「足利織姫神社」には有名な229段の石段があり、この石段を上って参拝をすると願いが叶うと言われています。縁結びは7つあると言われています。

  • よき人 (赤)
  • よき健康(黄)
  • よき知恵(緑)
  • よき人生(青)
  • よき学業(若草)
  • よき仕事(朱)
  • よき経営(紫)

これら7つのご縁との縁結びのご利益があります!いわゆる縁結びというと、よき人との出会いを想像しがちですが、それに留まらないご神徳はありがたい限りです。それぞれの鳥居は一の鳥居のところを左に曲がり、女坂(えんむすび坂)をのぼれば確認できます。

この七色の鳥居は遷宮80周年の記念事業として2018年5月に完成したものです。これらの鳥居を心静かにくぐりながら、ひとつひとつの縁と結ばれてみてはいかがでしょうか。

近年御朱印を各地で授かっている方も増えていますので、御朱印を授かれる社務所の時間も気になります。基本的に「足利織姫神社」の社務所は年中無休で10:00~16:00となっています。早い時間に229段の石段をゆっくりと上がり(運動不足ですと少しきつく感じるかもしれません)御朱印を授かり、境内を散策し帰路に7色の鳥居をくぐるコースもご検討ください。

映画「ちはやふる」の撮影ロケ地としても有名


 
広瀬すずさん主演で上映された『ちはやふる』のロケ地としても有名な「足利織姫神社」ですが、その当時は聖地巡礼に訪れる方も多かったようです。

劇中では229段の石段を広瀬すずさんが石段トレーニングをしています。気になった方は上記の画像リンクからamazonで確認することができますのでご覧になってみてください。

足利市自体がロケの誘致を積極的に実施していることもあり、市内各所にもロケ地が点在しています。そういった視点で「足利織姫神社」の後は、足利市内を観光してみてはいかがですか。

初日の出と歳旦祭

「足利織姫神社」は、初日の出スポットとしても有名です!

また、毎年元旦の6:30より威勢の良い太鼓の音色とともに「歳旦祭(初日の出を拝む会」が境内で執り行われます!神事として、お炊き上げ・祈願太鼓・万歳三唱などが実施されます。

初日の出の時刻は6:53頃の予定ですから、6:30の太鼓の音に誘われるようにそれより前にゆっくりと石段を上られてはいかがでしょうか。多くの人がいるなか、初日の出の後はには初詣も済ませられる環境で、ゆっくりと昇る太陽に照らされるのは最高の1年のスタートではないでしょうか。

そして「足利織姫神社」のご利益は御縁を結んでいただけることですから、年頭に素晴らしい数々の出会いがあるよう心を鎮めご祈願ください。社務所については大晦日の22:00よりお守りなどを授かることができます。なので、年明けの夜景と共にお出かけになるというプランも検討されてはいかがですか。

駐車場の混雑が予想されますので、お車でお出かけの方はお早めに行動なさってください。また、この時期の「足利織姫神社」はとても冷えることが予測されますので必ず防寒対策をしっかりと準備してお出かけください。石段を上ることなどを考慮すると、履物も歩きやすいものをお選びください。

素晴らしい景色と日の出と共に素敵な1年を始められるといいですね!

足利織姫神社の関連イベント・プラン

「足利織姫神社」のそばには、本堂が国宝にも指定されている鑁阿寺(ばんなじ)があります。この鑁阿寺では桜や紅葉も楽しめるので是非訪れておきたい場所です。

足利市の観光名所『鑁阿寺(ばんなじ)』は国宝と桜・紅葉まで楽しめる!

また、こちらもロケ地などとしても有名な足利学校も是非訪れておきたいです。この学校は何と日本最古の学校(鎌倉時代)としても有名です。

足利市の観光名所『史跡 足利学校』は日本最古の学校で当時の最高学府!

このように、魅力あふれる足利市や関東平野を見守る「足利織姫神社」へ足を運んでみませんか。

足利織姫神社の動画

足利織姫神社の結婚式の素敵な動画をご紹介します!

UNREVEチャンネル

足利織姫神社の基本情報

利用案内

営業日

年中無休

営業時間

終日

休業日

なし

料金

なし
社務所(各種御守り・御神札・御朱印帳)にて授かる場合には初穂料をお納めください
開所時間:10:00~16:00

問い合わせ先

足利織姫神社 境内社務所
0284-22-0313

足利織姫神社に関する各種情報ページ

足利織姫神社 公式

足利織姫神社への行き方・アクセス

公共交通機関

東武伊勢崎線 足利市駅より徒歩約30分

JR両毛線  足利駅より徒歩約30分

北関東自動車道  足利ICより約10分
         太田桐生ICより約15分

東北自動車道   佐野ICより約30分

駐車場

なし
足利織姫神社では下記の無料駐車場のご利用を勧めています

  • 織姫駐車場 本殿右手(織姫山中腹) 30台(乗用車専用)
  • ホワイトパレス駐車場 本殿裏側(織姫山頂上) 27台(乗用車専用)
  • もみじ駐車場 ホワイトパレス手前 13台(乗用車専用)
  • 織姫観光駐車場 本殿昇り口(一の鳥居手前) バス1台 乗用車13台
  • さいこうふれあいセンター(足利市西宮町2838番地)旧西小学校跡地(一の鳥居より150m離れた所山側)バス2台 乗用車13台

足利織姫神社の地図

あわせて読みたいおすすめの記事

栃木エリアの関連記事

人気観光地『日光東照宮』の隠れたパワースポットや見どころをご紹介!
世界遺産「日光の社寺」の筆頭として国内外から人気の観光先『日光東照宮』。 陽明門や三猿、眠り猫などの建築物や彫刻は超有名で、参拝者の誰しもが見学や撮影をしていると思います

宇都宮観光は餃子・酒蔵・有名ロケ地までおすすめスポット18選+α
宇都宮といえば、現在では「餃子の街」という印象の方も多いのではないでしょうか。 ですが、地下迷宮や趣ある二荒山神社などの見どころも多くあります。 他にも遺跡や、自然豊かな情景

日光 湯西川温泉のかまくら祭は2019年も開催!BBQも楽しい
『日本夜景遺産』というものをご存知でしょうか? 日本各地には夜景が綺麗なスポットが多くあります。すでに有名なものもあれば、あまり認知されていないイベントも多いのが事実です。

日光の雲海スポット『霧降高原・キスゲ平園地』での発生条件や時期・時間を解説!
関東有数の観光地、栃木県の日光市は歴史的な文化財だけでなく、自然が豊かな点でも多くの人を魅了しています。 そんな日光の中で、絶景ともいうべき雲海の風景を見ることができる天

栃木 矢板市 まぼろしの おしらじの滝2018年も県道が開通!
栃木県。観光名所の日光に、温泉の名所である鬼怒川、とちおとめなどのフルーツも有名な関東の一大観光地。 そんな栃木県には「まぼろし」と冠を付けて呼ばれる、滝があります。今回はこ

花と歴史の共演!栃木県足利市のおすすめ観光スポット4選
栃木県足利市と聞いて、「あしかがフラワーパーク」を思い浮かべる方も多いと思います。 2018年4月1日にはJR両毛線「あしかがフラワーパーク駅」が新たに開業して、アクセスがさらに

駅から徒歩1分!?日光『龍王峡』新緑・紅葉スポットでハイキングを楽しむ
日光や那須高原など、人気の避暑地や新緑・紅葉スポットを抱えている栃木県。 今回は駅を降りて徒歩1分ほどで渓谷美を堪能できるハイキングコースに入れる「龍王峡(りゅうおうきょ

初日の出・縁結びの関連記事

駅から徒歩1分!?日光『龍王峡』新緑・紅葉スポットでハイキングを楽しむ
日光や那須高原など、人気の避暑地や新緑・紅葉スポットを抱えている栃木県。 今回は駅を降りて徒歩1分ほどで渓谷美を堪能できるハイキングコースに入れる「龍王峡(りゅうおうきょ

千葉県銚子市は全域がジオパーク!!東京から約2時間ならいくしかない!!
東京から100km圏内の千葉県銚子市は関東平野の最東端に位置します。 全国屈指の漁港を誇り、市全域日本ジオパーク認定の銚子ジオパークとなっています。 それでは、銚子の魅力をご紹介

大洗のちょっと変わった観光・絶景スポット!巨人伝説!?・貝塚・水族館まで幅広い
茨城県大洗市は海に面した、夏には海水浴客でにぎわう人気のエリアです! 実はこの大洗から北海道の苫小牧までを結ぶフェリーが出ているをことをご存知でしょうか。夕方便と深夜便の計2

『大國魂神社』のご利益・パワースポット情報と初詣&ご来光プランをご紹介
東京・府中市に鎮座する『大國魂神社(おおくにたまじんじゃ)』は都内でも屈指の歴史を持つ神社としても知られています。 今回は大國魂神社のご利益やパワースポット、駐車場情報と

しめ縄の大きさ日本一?!茨城県『常陸国出雲大社』は縁結びのパワースポット!
出雲大社といえば、島根県を思い浮かべる方が多いと思います。 実は茨城県笠間市にもあるんです! 今回は「常陸国出雲大社(ひたちのくにいづもたいしゃ) 」を動画と共にご紹介

人気観光地『日光東照宮』の隠れたパワースポットや見どころをご紹介!
世界遺産「日光の社寺」の筆頭として国内外から人気の観光先『日光東照宮』。 陽明門や三猿、眠り猫などの建築物や彫刻は超有名で、参拝者の誰しもが見学や撮影をしていると思います

日本唯一の『気象神社』は高円寺にある!アクセス方法やご利益を紹介!
高円寺と聞くとサブカルチャーをはじめ、おしゃれな古着屋さんや美容室の街を思い浮かべる人も多いと思います。 今回はそんなおしゃれタウンにある日本で唯一のお天気にご利益がある

滋賀の白髭神社は夕日も最高だった!!駐車場やアクセス情報も!
全国各地で見れる初日の出ですが、鳥居、神社、湖の三点セットはいかがですか。湖といっても、ただの湖じゃありません。 自然に優劣はありませんが、日本一の湖というのもいいんじゃない

あなたにおすすめ