Yatakayama-unkai003[1]

弥高山は公園キャンプ場・雲海にツツジが最高!雲海の時期・条件も紹介

更新日:

掲載情報は予告なく変更になっている場合があります。最新情報を公式サイト等で確認することをオススメします

-スポンサードリンク-

日本全国には多くの絶景雲海スポットがたくさんあります。
雲海スポットは山間の険しい道のりを登る必要がある場合も多いですが、必ずしも過酷な条件の場所ばかりではありません。

今回ご紹介する雲海スポット弥高山も654mとハイキングにも最適な高さの山で岡山県と広島県の県境に位置しています。

”いや高い(弥高い)”というところから弥高山と呼ばれるようになったという雲海の人気スポットの魅力やみどころをご紹介します。


-スポンサードリンク-


岡山県弥高山のみどころ

弥高山から見る雲海 吉備高原や瀬戸内海

弥彦山の標高は654mでそこまで高い山ではないにもかかわらず、その山の上から見える景色は壮大なものがあります。

高い場所から見る瀬戸内の景観は美しく、邪魔するものがない360°のパノラマの景色には、時間の経過さえも忘れさせる力があるようです。

吉備高原の山並み、大山なども見渡せ見ていて飽きない景色の数々。是非すっきりと晴れた日に訪れたい場所です。

そして忘れてはいけないのが、もちろん雲海です。

自然現象である雲海は気象条件や時期・季節が重要になります。事前に気象情報などをチェックして条件に合うタイミングで訪れれば、絶景を目撃する確率がより上昇します!

弥高山の雲海の見頃や発生条件

弥高山雲海

弥高山の雲海の見ごろの時期

雲海に絶好な見ごろといわれるの時期は10月~12月
※自然現象のため見ごろの時期であっても必ず発生するわけではありませんが確率はあがります。
※見頃の時期以外でも確度は下がりますが、雲海が発生する場合はあります。

弥高山の雲海の見ごろの時間帯

夜明け前から早朝にかけて
この時間帯が一番はっきりと見える可能性が高いです。

弥高山の雲海の発生条件
  • 前日と当日の寒暖の差が大きい
  • 前日が雨などで当日が快晴
    (夜間に気温が下がり早朝に空気中の水蒸気が冷やされ霧から雲になる)
  • 放射冷却が十分に起こる
  • 朝晩が冷え込み風があまり吹いていない、または無風

などなど様々な条件が絡み合って雲海は発生します。弥高山の雲海は放射冷却により冷やされた地面が、空気中に含んだ水蒸気を冷やして霧になる放射霧タイプの雲海です。

早朝の雲海から登る日の出の光景は何度見ても最高です!
気象情報を事前確認の上トライしてみてください。快晴であれば確実に朝陽の美しさには出会えますが、早い時間なので宿泊の検討もなさってみてください。

弥高山にあるバンガローやロッジでの宿泊ももちろんオススメです。

いずれにしても早朝が見頃ということを考えると、交通機関を利用しての到着は不可なので、宿泊しない場合は特に車利用ということになります。

岡山県弥高山のおすすめポイント

キャンプ場やロッジ・貸別荘など宿泊施設も充実

弥彦山の中腹にはキャンプ場、バンガロー、ロッジ、貸別荘を備えた施設があります。

雲海のシーズンには各施設に前泊してひとしきり自然と満天の星を楽しんだあと、少し眠い目をこすりながら夜明け前から雲海を待つという過ごし方も特別な休日の演出として最適ではないでしょうか。

公園内宿泊施設

公園内宿泊施設には家族や友人グループなど大人数にも対応できる施設がそろっています。
AC電源が完備されている区画・芝の広場が目の前の区画・キャンピングカーの乗り入れ可能な区画・芝生で子供の遊具が近い区画・団体利用可能な広い林間の区画があります。

※料金表等予告なく変更になるケースがありますので、お出かけの際は事前に管理事務所等へお問い合わせください

キャンプ場

オートキャンプ場:2か所
フリーキャンプ場:3か所

利用時間

宿泊 :チェックイン12:00・チェックアウト翌12:00
日帰り:チェックイン 8:30・チェックアウト 15:00

設備

キッチン・シャワー・トイレ
各キャンプ場に炊事棟1か所・トイレ1か所
シャワー(公園内に2か所)1回100円(3分)

料金
科目区分料金
貸しテント(1張)日帰り(デイキャンプ等)1,000円
宿泊(1泊2日)2,500円
持込みテント(1張)日帰り(デイキャンプ等) 500円
宿泊(1泊2日)1,000円
持込みタープ(1張)休憩(3時間) 500円
宿泊(1泊2日)1,000円
キャンピングカー(1台)休憩(3時間)1,000円
宿泊(1泊2日)2,000円
管理料(1人)日帰り(デイキャンプ等) 200円
宿泊(1泊2日) 400円
電気料(1口)日帰り(デイキャンプ等) 300円
宿泊(1泊2日) 500円
バンガロー

全棟和室のログハウス
8畳:6棟
6畳:4棟
5.5畳:5棟

利用時間

宿泊:チェックイン15:00・チェックアウト翌10:00
休憩:チェックイン 8:30・チェックアウト 15:00

(この時間内のうち3時間のみ利用可能)

設備

キッチン・バス・トイレ ※寝具はナシ
※寝具レンタルあり
共同炊事場1棟
トイレ2棟
シャワー(1回100円(3分))1棟

料金
施設区分料金
8畳 1棟休憩(3時間)2,000円
宿泊(1泊2日)5,000円
6畳 1棟休憩(3時間)1,800円
宿泊(1泊2日)4,000円
5.5畳 1棟休憩(3時間)1,500円
宿泊(1泊2日)3,500円
管理料(1人)日帰り(デイキャンプ等)  200円
休憩(3時間)  400円
ロッジ

全室和室の民宿タイプ
8畳:4部屋
6畳:3部屋

利用時間

宿泊:チェックイン15:00・チェックアウト翌10:00
※予約は3日前までに
※冬季(11月~3月)は暖房費として1人につきプラス100円

設備

テレビ・エアコン・寝具付
風呂:男女別(温泉ではありません)

料金
利用施設区分料金
1泊2日
食事付
大人(高校生以上)5,000円
4歳から中学生4,200円
1泊2日
素泊り
大人(高校生以上)3,300円
4歳から中学生2,500円
貸別荘

2階建て
1階フローリング
2階和室
8人用:3棟
6人用:1棟
※8人用3棟はタイプが異なるのでご予約の際にお問い合わせください

利用時間

宿泊:チェックイン15:00・チェックアウト翌10:00
※冬季(11月~3月)は暖房費として1人につきプラス100円

設備

キッチン・バス・トイレ・テレビ・冷蔵庫・オーブンレンジ・食器・炊飯器・寝具(8人用は8人分・6人用は6人分)・使い捨て歯ブラシ・リンスインシャンプー・ボディーソープ
※トースター・バスタオル・ドライヤー・調味料ナシ

料金

利用施設期間上限人数料金追加料金(1人につき)
8人用夏季(4月~10月)6人まで22,200円 1,200円
冬季(11月~3月)22,800円 1,300円
6人用夏季(4月~10月)4人まで14,800円 1,200円
冬季(11月~3月)15,200円 1,300円

弥高山は初日の出も大人気!

弥高山雲海2

弥高山は1,000m級の山ではないものの見晴らしは良くパノラマの世界を体験できるのはすでにお伝えした通りですが、人気の初日の出スポットでもあります!
邪魔するものがないっていいですよね!!だからこそ夜空を見上げれば星たちの天体ショーも楽しめます。

満点の星だけではなく雲海から昇る太陽もまた見るものを魅了し、様々な天体が織りなすショーを見るがごとく自然の美しさを堪能できます。
雲海のベストシーズンには雲海から昇る太陽が初日の出と同じくらいありがたく感じたという方もいるほどです。

雲海スポットでもある弥高山からは本当に運が良ければ、雲海越しの初日の出を拝めるなんていう奇跡もあり得ます!

元日の弥高山の山頂では弥高山日の出祭が実施され、多くの人がご来光を心待ちにします。空全体が徐々に明るくなり連なり、山と雲の合間から顔を覗かせる朝陽は神秘的ですらあります。
例年朝6時よりホットドリンクのふるまいがあります。(なくなり次第終了)

日の出や日の入の情景はそれだけでも心震える瞬間です。
夜を徹して星空を眺め、朝の訪れとともにゆっくりと昇る太陽を見つけるなんて素敵な体験を是非計画してみませんか。

※冬季にお車でお出かけの際は、路面凍結の可能性もあるので冬用タイヤの装備などの対策をオススメします。

見事な10万本のツツジとつつじ祭

1年中飽きさせない弥高山は、なんと春には10万本ものつつじが咲き誇ります。
10万本とは驚きです!この時期につつじ祭りも開催され期間中には歌謡ショーや特産品の販売などが実施されます。

もちろん1日で散ってしまうわけではないので、陽気の良い日を選んでお出かけになってください。咲き誇る花に囲まれて気持ちのいい陽気の中で過ごすというのは、春のイベントとしては最高です。

2019年のつつじ祭り

ヒーローショーやミニコンサートも行われるイベント日程も発表になりました。弥高山公園で「春らんまん 弥高つつじ祭」として開催されます。詳細日程等は以下のリンクより詳細記事をご覧ください。

また、パノラマの景色も見逃せません。春の瀬戸内や遠くの山々の美しさも併せて堪能してみませんか。

弥高山の雲海の関連イベント・プラン

まるで道の駅のような「全国川上水と緑のふるさとプラザ」は国道313号沿いにあります。

標高450mの弥高山周辺の年間平均気温が12℃で昼夜の気温差が激しいため糖度の高い甘くて味の濃い野菜が採れます。
どのシーズンにも季節ごとのおいしい野菜が手に入るので、是非立ち寄ってみてはいかがですか。

他にも「弥高山」のある岡山県高梁市には磐窟渓(いわやけい)という100mにも及ぶ白亜の断崖があります!夏は涼しく、秋には紅葉も見事です!(中腹にある「磐窟洞(いわやどう)」は残念ながら2018年2月現在休洞中です。再開が待たれます)

また、備中松山城も雲海に出会えるチャンスがあります!
備中松山城雲海
雲海がなくてもあっても城好きにはたまりませんよね!是非、弥高山に行かれた際はあわせてお立ち寄りください!

岡山県弥高山の雲海の動画

素敵な動画をご紹介します!
こんな雲海が標高654mの山の上から見れるなんて最高です!

弥高山の基本情報

利用案内

公園事務所の情報です
また雲海のベストシーズンは10月~12月頃

営業日

1月5日~12月29日午前中まで

営業時間

8:30~17:00

休業日

12月29日午後~1月4日

料金

施設を利用しない限り無料
※宿泊や施設利用費用は本文及び公式サイトを参照してください

問い合わせ先

問い合わせ先:川上町観光協会 弥高山公園管理事務所
※宿泊及び施設利用に関して
連絡先:0866-48-2830

各種情報は予告なく変更になる場合があります。運営元に直接お問い合わせになることをオススメします

弥高山に関する各種情報ページ

弥高山654 宿泊詳細・宿泊予約のお問い合わせページ

弥高山654 弥高山公園ページ
※雲海の魅力以外にも、山の情報、施設の情報が充実しています。

弥高山の10日間天気予報

弥高山への行き方・アクセス

公共交通機関

JR伯備線備中高梁駅から タクシーで約50分
または
川上バスセンター行き備北バス 約25分 終点下車 乗換
→弥高山・高山市行きバス20分 弥高山入口下車

岡山自動車道 賀陽I.Cから車で 約60分

山陽自動車道 笠岡I.Cから車で 約60分

駐車場

あり
※駐車場から山頂まで徒歩約10分

弥高山の地図

マップコート:201 859 073*82

Tea break -Cover Story-

リセットの砦

朝が来て、世界の音が聞こえて、光を感じて目を開ける。
雨の日も、雪の日も、空は白み、薄暗くても明るさはそこにある。

厚い雲の向こうに太陽を感じて、見えなくても朝を知る。

朝が来てほしくない日もあるし、朝が待ちきれない日もあって、
だけど、そんな事情に関係なく朝はそこに姿を現す。
希望も憂鬱も連れてくるように思える朝は、実は何も運んできていない。
自分の心象が今日を作り、昨日の意味を作り、未来の色を決めてゆく。

その色が白でも、黒でも、七色でも、黄金色でも無表情に朝は訪れる。
もう生きてきた分だけ何色もの色を重ねてしまい、真っ黒になってしまったかもしれない。

淡く儚い色を重ねて、薄桃色がとてもきれいかもしれない。
でも光は、その色をより鮮やかに、よりくっきりと際立たせてくれる。

生きた道を変えることは出来ない。
通った道のりを変えることは出来なくても、どの色も感嘆符をつけるほど誇らしく出来るんじゃないかと思う。

誰かと同じであること、誰かと違うことばかりが話題になるけれど
あまりにも誰かと比べることに慣れすぎて、本来の色を本来の色のまま見ることを忘れてしまったみたいだ。

だから、極端な思いが頭を支配してしまうような朝はゼロの場所に向かう。

それは、できるだけ遠くまで見渡せる場所で朝を迎えに行ける場所。
待ち遠しい日も、待ちきれない日も朝を迎えに行ける場所。
この場所をゼロの場所と名付けている。

嬉しい気持ちも、悔しい気持ちも、誇らしい気持ちも、惨めな気持ちもここに置いて朝に溶かし深呼吸するとき、どちらかに振れていた気持ちをゼロへ戻せる場所があるのはいい。

どちらかに走り出しそうな気持ちを、逆の記憶が引き留めてくれる。

そして、その時光が美しければ美しいほど、また新しい記憶を鮮明に刻んでくれる。

ただ漏れるだけの感情を、味わい、咀嚼して、昇華する作業をする暇もないような日は余計にゼロの場所があるといい。

想いは速度を速めると人を翻弄して、毎日とともに押し流してしまう。
そんなとき、この場所に迎えにきた光が想いや思考を薄めて、緩めて、必要以上の脚色を静かに洗い流してくれるのだ。

【エリア別】日本全国の雲海スポット

日本全国にある定番から穴場までamAtavi編集部がおすすめする雲海スポットを発生しやすい時期の一緒にエリア別でまとめています。本格的な登山が必要ない車やロープウェイなどで行けるスポットを中心にご紹介しています。

【エリア別】日本全国の雲海スポット48選!いざ感動の絶景へ!

【エリア別】日本全国の紅葉スポット・紅葉ライトアップ情報

紅葉スポットまとめ(最新の見ごろ予想付き)

amAtavi編集部がおすすめする日本全国の紅葉スポットを最新の見ごろ予想(都市別)と一緒にご紹介しています。

【エリア別】全国紅葉スポット・紅葉見ごろ予想まとめ2019

紅葉ライトアップ特集

日中のもみじ狩りも素敵ですが、ライトアップされて赤く染まる紅葉も幻想的です。日本全国の紅葉のライトアップの最新情報をエリア別でご紹介しています。

↓こちらから特集ページをご覧いただけます
>>【エリア別】紅葉ライトアップの最新情報

あわせて読みたいおすすめの記事

岡山エリアの関連記事

宇甘渓で紅葉ライトアップや山桜から新緑ホタルまで!近隣キャンプも
岡山県は桃太郎伝説が有名ですが、それ以外にも見どころがたくさんあります。 山陽自動車道 岡山I.Cから車で約30分のドライブスポット宇甘渓(うかんけい)をご紹介します!
吉備津神社の神様は桃太郎!?ご利益や回廊などの神社建築も解説
岡山県と聞くと「桃太郎」のイメージが強い方も多いと思います。 その伝説の発祥の地『吉備津神社』のご利益やアクセス・駐車場情報、口コミですごいと評判の回廊などの神社建築を詳

雲海の関連記事

広島市白木町の荒谷山は雲海・星空スポット!であえるまで行きたい
広島県には雲海スポットがいくつかあります。特に三次市には有名なスポットがあり既に人気を博しています。 雲海は幻想的でいいですよね。それも気象条件次第というのがまた、雲海を
大洲市・肱川あらしの発生時期や条件と展望・周辺観光スポットを紹介
『肱川あらし』と言われる世界的にも珍しい自然現象が冬の愛媛県大洲(おおず)市で見られます。 今回はその幻想的な自然現象の映像と一緒に、発生する時期や条件、展望スポットを整
兵庫県豊岡市で晩秋から冬季にかけての幻想的な竜宮城を見る!!
晩秋から冬季にかけての幻想的な竜宮城 兵庫県豊岡市の日和山海岸周辺には息をのむ景色があります。その沿岸からは沖にある「後ヶ島(のちがしま)」を望むことができます。かつては
山梨・甘利山で楽しむツツジ・雲海・日帰り登山!アクセス情報も紹介
山梨県にある『甘利山(あまりやま)』は日帰り登山もできて、富士山とレンゲツツジや雲海を一緒に楽しめるスポットとしてハイカーやカメラマンに人気のスポットです。 今回はそれら
長野の穴場雲海テラスは富士山との絶景スポット!富士見パノラマリゾートを詳しく解説!
長野県の雲海テラスと言えば、北志賀竜王高原の「SORA terrace(ソラテラス)」が有名ですが、そこよりも東京に最も近い雲海テラスが富士見町の『富士見パノラマリゾート』にあ
お土産は帰宅後に!?

旅行先でのお土産選びは楽しいですよね。ただ、時間の関係や荷物の多さ等でお土産が買えなかった・・・という経験はありませんか? そんな時に頼りになるのがHIS地球旅市場

日本全国のお土産や海外のお土産が家に居ながらにして手に入れることができます! 各県の定番のお土産からちょっと変わったものまで揃うので非常に便利です!

HIS地球旅市場はこちら

-スポンサードリンク-