名古屋城画像

熱田神宮と名古屋城を併せて訪問!ひつまぶしやきしめんの名店も!

更新日:

掲載情報は予告なく変更になっている場合があります。最新情報を公式サイト等で確認することをオススメします

-スポンサードリンク-

愛知県には全国的に有名なスポットや、グルメなどが多く、行ったことがないという方も「知ってる!」がたくさんあるのではないでしょうか。
そんな愛知のなかで規模が一番の都市「名古屋」。その中でも超がつくほど有名な「熱田神宮・名古屋城」を中心にご紹介します!


-スポンサードリンク-


名古屋『熱田神宮・名古屋城』のみどころ

熱田神宮の三種の神器・名古屋城の現存性

熱田神宮

熱田神宮社殿画像

熱田神宮は言わずと知れた、愛知県名古屋市熱田区にある神社であり、三種の神器のひとつである草薙剣(くさなぎのつるぎ)を祀る神社として知られています。

※三種の神器とは日本神話において、天孫降臨の際に瓊瓊杵尊(ニニギ<アメニギシクニニギシアマツヒコヒコホノニニギ>)が天照大神(アマテラスオオミカミ)から授けられたという鏡・玉・剣のことを指します。

主祭神熱田大神(あつたのおおかみ)です。

創建は古く、第12代景行天皇の時代、日本武尊(やまとたけるのみこと)が、神剣を今の名古屋市緑区大高町火上山に留め置いたまま、三重県亀山市能褒野(のぼの)でなくなられた際にお妃である宮簀媛命(みやすひめのみこと)が神剣をお祀りになられたことによります。

それ以降、あの伊勢神宮に次ぐ権威ある神社として栄えることになりました。

当然のことながら、国宝や重要文化財も多く一見の価値ありです!!

また、境内には本宮を始め別宮・摂社末社が、境外にも摂社社・末社が祀られています。

名古屋城

名古屋城画像

名古屋城の本丸御殿は、大坂城や江戸城にも並ぶ規模で、天守の高さでは後塵を拝すものの総延床面積は約4,500平方メートルと最大規模の建物でした。本丸御殿においては約3,000平方メートルの平屋建てで、高さは一番高い所は約12.7mもありました。

大坂城の豊臣の軍勢との武力衝突にそなえ、築城・拡張された城のひとつでした。これらは工事は、天下普請(てんかぶしん)によって行われました。他にも、江戸城や京都の二条城なども天下普請により城郭が築かれたことで有名です。

そのような名残も少なくなり、観光名所としての役割も大きい名古屋城ではイベントも一年を通して多く開催されています!

名古屋城から熱田神宮は近い!?行き方は

熱田神宮から名古屋城は車利用の場合でおよそ20分程度の距離に位置しています。観光を兼ねて訪れるにはとても便のいい距離にある名古屋の2大観光スポット。観光で訪れた際には是非両方訪れたい場所です。

地下鉄(名城線)を利用する場合は駅からの徒歩も含めて約30分程度でたどり着けます。それぞれのスポットの最寄り駅は名城線以外の駅や路線もありますが、熱田神宮と名古屋城のルートには名城線が便利です。最寄駅情報はこちらから

名城線を利用する場合・・・熱田神宮:神宮西駅|名古屋城:市役所駅 をそれぞれ利用することになります。駅からの距離はそれぞれ約10分前後となりますので、名古屋の街並み散歩を楽しんでください。※車の場合はカーナビをご利用ください。

ご利用の交通手段に合わせて、是非足を運んでみてください。

熱田神宮・名古屋城のおすすめポイント

初詣だけじゃなく参拝したいスピリチュアルパワースポット

名古屋南部の「熱田の杜」に位置する熱田神宮はその昔から「熱田さん」と呼ばれて親しまれてきました。年間でおよそ600万人を超える参拝者で賑わいをみせています!また初詣の参拝先としても、とても人気が高くの地元名古屋はもとより全国の人々が訪れるため、非常に活気あふれるなかで新年のスタートも切れそうですよね。

三種の神器の一つ草薙剣(くさなぎのつるぎ/天叢雲剣「あまのむらくものつるぎ」ともいう)を祀り、古来から朝廷や武将の崇敬を集める伊勢の神宮に次ぐ神格としても有名です。

また、歴史上の人物でいえば「源頼朝」の生地であったり、桶狭間の戦いで有名な「織田信長」がこの戦いの前にこの地を訪れ必勝祈願をしたことでも有名です!

このように長く古い歴史を持ち、今なお愛され続け、信仰を集める熱田神宮は多くのひとが参道の杜を抜けるときに、空気の違いを感じるという声が後を絶ちません!

また、熱田区神宮と住所にもなるほですから交通至便。その点も人を引き付ける要因かもしれませんね!近鉄名古屋線の神宮前駅と地下鉄名城線の神宮西駅(2番出口)の2駅利用で徒歩10分圏内という便利さです。

無料駐車場も完備されていて、マイカーやレンタカーでのお出かけも便利です。※正月三が日は一般の方は駐車不可なので初詣にお出かけの際は交通機関を使用することをおすすめします。

都会のなかにふっと現れたようなオアシスを彷彿とさせる熱田の杜には、遠い昔からひとびとの心の拠り所となってきた歴史があり、それ相応の力が溢れる泉のような場所だからこそ長く信仰を集めてきたのではないでしょうか。

是非、その力を感じに一度参拝へいかれてみてはいかがでしょうか?

名古屋城の天守閣は復元工事へ!本丸御殿は公開へ!

2006(平成18)年に、その基本設計がなされた「名古屋城 本丸御殿」の復元計画が、いよいよ工事開始10年の歳月と150億という費用をかけ完了。2018年6月8日より公開されました!!

時代が蘇るような絢爛豪華な世界がそこにはあり、きっと目をとらえて離さずため息が漏れるのではないでしょうか。既に待ちに待って行った!という方も多いのかもしれません。これだけの費用をかけて復元されたものが素晴らしくないはずありませんので、まだ行っていないという方は是非足を運んでみてください。

名古屋城本丸御殿は、尾張藩主の住居かつ藩の政庁として1615(慶長20)年に徳川家康の命によって建てられました。1930(昭和5)年には天守閣とともに国宝にも指定されているのですからその価値がわかります。屈指の名城として知られていた名古屋城ですが、1945(昭和20)年の空襲により残念ながら建物の大部分が焼失してしまいました。

そのような経緯ののち、復元されるまで約10年の工事期間をかけ、満を持してお目見えとなった本丸御殿です。その景観は必見です!

この公開と入れ替わるように、2018(平成30)年5月より「天守」が閉鎖され復元工事が始まりました。区域としては「小天守・大天守」が入場禁止になります。計画では2022年末の完成を目指しており、エレベータの設置有無につき意見が分かれましたが、最終的に木造建築を目指す方針のようです。名古屋城がかつての姿を取り戻すのか楽しみですね!

名古屋城は他の大規模な城郭とは異なり、戦前までほぼその原形を保っていたために内部の写真の他、設計図や築城・改築・補修に関する資料が多く残されています。そのため復元に関して必要十分にな資料が役立てられるそうです。完璧に復元された名古屋城の天守も待ち遠しいですね!新しいのに古いという体験は今も本丸御殿で進行中です。

名古屋城のみどころは派手な部分だけではありません!「清正石」にはとても人が運んだとは思えないような大きな石が!

また、「名古屋城西南隅櫓」は「天守」のベストスポットなので、復元工事が終われば絶対に訪れたいみどころのひとつ!他にも「二ノ丸庭園」では、木々や花々・枯山水なども堪能できますよ!是非楽しんでみてください。

料金・割引について
通常料金
区分個人30人以上の団体100人以上の団体
大人500円450円400円
名古屋市内高齢者(名古屋市内在住の65歳以上の方。住所、年齢及び本人であることを確認できる書類を持参してください。例:名古屋市発行敬老手帳、運転免許証、パスポート等)100円90円80円
中学生以下無料無料無料
徳川園との共通券(購入日以外でも使用可)
区分個人
大人640円
名古屋市内高齢者(名古屋市内在住の65歳以上の方。住所、年齢及び本人であることを確認できる書類を持参してください。例:名古屋市発行敬老手帳、運転免許証、パスポート等)160円
定期観覧券(1年間有効)
区分個人
大人2,000円
名古屋市内高齢者(名古屋市内在住の65歳以上の方。住所、年齢及び本人であることを確認できる書類を持参してください。例:名古屋市発行敬老手帳、運転免許証、パスポート等)600円
その他の割引

名古屋市交通局で購入できる、「ドニチエコきっぷ」などの一日乗車券を見せるだけで大人500円が400円に割引になります!その他の施設でも割引特典を受けられますので、詳しくはこちらからご確認ください

また、名古屋観光ルートバス「メーグル」の1DAYパスでも同様に、大人500円が400円に割引になります。詳しくは、こちらからご確認ください。

グルメも外せない!熱田神宮といえばひつまぶし?きしめん?

熱田神宮に足を運ばれた方なら、熱田神宮でのきしめんを想像する方もいるのではないですか。境内にある「宮きしめん 神宮店」は、熱田神宮参拝の際に必ず行きます!という方も多く、名古屋名物 きしめん が頂けるお店。

参拝の後にランチと称してこの雰囲気のなかできしめんをすすれば、一種独特な神聖さと相まって、名古屋観光を満喫している気分になるのではないでしょうか。これほどの規模の神宮のなか風情ある店舗でお食事が頂けるというのは、ほかの有名な神社でもなかなかない体験だと思いますので、おなかの具合に合わせて参拝の際に立寄られてはいかがでしょうか。

また、近隣にはもうひとつの名古屋名物「ひつまぶし」が味わえるスポットも!

豪勢にがっつりと行きたい!という方はお見逃しなく。名店は熱田神宮付近ではあつた蓬莱軒や、あつた辨天など名店ぞろい。

スムーズにおいしく頬張るには、事前のご予約がおすすめです!

ひつまぶし画像 ひつまぶし

熱田神宮・名古屋城周辺の宿泊施設

熱田神宮や名古屋城は都市部からアクセスしやすいので、市内周辺に宿泊するのがおススメです。

ホテルナゴヤキャッスルは部屋から名古屋城と取り囲む緑を背景にしたような絶好のロケーションで、その景色を楽しみながら宿泊できるホテルです。

他にもハイクラス・リーズナブル等複数の宿(じゃらん)が豊富にあります。予算や予定に合わせて素敵な名古屋ステイを楽しんでください。

熱田神宮周辺にも素敵なホテル(じゃらん)が多くあります、熱田神宮や名古屋城以外の訪問予定の観光スポットとの距離などを考慮してホテル選びをしてみてはいかがですか。

名古屋城や熱田神宮を含む多彩なツアー(Yahooトラベル)も多く組まれているので、内容盛りだくさんのお得なツアーも検討してみてはいかがでしょうか。

素敵な旅を!

熱田神宮・名古屋城(正月)の動画

素敵な動画をご紹介します!

熱田神宮の基本情報

利用案内

営業日

無休

営業時間

終日
宝物館は 9:00~16:30(入館16:10まで)

休業日

宝物館は毎月最終水曜日とその翌日と12/25~12/31

料金

なし

問い合わせ先

熱田神宮宮庁
連絡先:052-671-4151(月~日 8:30~16:30受付)

名古屋城の基本情報

利用案内

営業時間

9:00~16:30 ただし、本丸御殿へのご入場は16:00まで
※正門・東門から本丸御殿へは歩いて10分程度かかります。本丸御殿へ入場を希望の場合、16:00までに建物の入口へ行く必要があります。

休業日

12/29~31、1/1(4日間)
ただし、催事等により変更となる場合があります
※過去には1/1から観覧できた年もあるので事前に情報をご確認ください

名古屋城冬まつり

開催期間
2018年12月31日(月)~2019年1月14日(月・祝)

開催時間
9:00~16:30(最終入場:本丸御殿・隅櫓 16:00)
※2018年12月31日(月)は9:00~25:30(閉門は26:00)

拝観料

  • 大人:500円
  • 名古屋市内高齢者(敬老手帳持参の方):100円
  • 障害者手帳提示の方:無料
  • 中学生以下:無料

大晦日には21:00から「本丸御殿」夜間特別公開があるので名古屋城でカウントダウンが出来たり、明けた新年1日目には9:00から初開門があり、「尾張万歳 今枝社中」「名古屋おもてなし武将隊®」「あいち戦国姫隊」たちが賑やかに出迎えをしてくれる開門イベントも開催されます。

年末年始も名古屋城から目が離せません!
さらに詳しい名古屋城ふゆまつりの情報はこちらから

料金

本文を参照ください

問い合わせ先

名古屋市観光文化交流局名古屋城総合事務所
連絡先:052-231-1700

熱田神宮・名古屋城に関する各種情報ページ

熱田神宮 公式サイト
名古屋城 公式サイト

熱田神宮・名古屋城への行き方・アクセス

公共交通機関

熱田神宮

名鉄名古屋線 神宮前駅 徒歩 約3分
地下鉄名城線 神宮西駅 徒歩 約7分

名古屋城

地下鉄名城線 市役所駅 徒歩 約3分 ※7番出口
地下鉄鶴舞線 浅間町駅 徒歩 約12分※1番出口
名鉄瀬戸線 東大手駅  徒歩 約15分※1番出口
市バス 栄13号系統(栄~安井町西) 名古屋城正門前下車

駐車場

あり
※「熱田神宮」は正月三日は利用できません
※「名古屋城」は年末から元日まで休業予定です
事前に御確認ください

熱田神宮・名古屋城の地図

熱田神宮

名古屋城

Tea break -Cover Story-

年初めの掌

今年もなんとか無事に終われそうだ。

続きを読む

年賀状もギリギリ。

仕事納めもギリギリ。

大掃除もギリギリ。

毎年同じことをやっているような気がする。。。
というより、やっている。

今年こそは!と思いながら、雪解けから花見、花見から夏休み、夏休みから紅葉、紅葉から年末と
間断なく流れる一年をやりくりするのに精いっぱいで、年末には出がらしのようになってしまう始末だ。
師走に入り4回か5回しかない週末を効率よく使えばいいものを、忘年会だ何だと酒を食らっては無駄にしてしまうのだ。

それでも平等に時は過ぎ、年の瀬は訪れ、挙句年内に済まさなければいけないことに追われる。
成長していないのか、惰性なのかはわからないけれど、大体こんな感じで年が暮れてゆく。

そんな僕でも、年の初めには心を入れ替えようと新年らしく初日の出を見たり、初詣に行ったりする。
ご利益からは縁遠いかもしれないけれど、こんなにもしょうもない僕が一年を無事?越せたことへの感謝と、新しい年をまた無事に迎えられるように。
そう、結局それが一番のご利益なのだから。

幼いころは正月といえば、冬休みとお年玉くらいにしか考えていなかった。
親に手を引かれて連れていかれる初詣はお祭りくらいにしか思っていなかったことを思い出す。
帰りに何を食べるんだろうとか、家を出る前におせちなんかをつまんできたくせに意地汚く思っていた。

大人になり、ささやかながらも自分で暮らしを立ててゆくようになると、今更ながらに守られていたことに気付く。
何かの中にいるときは、そこがどんな場所かわからないことがよくある。

窮屈だったり、目につくものが嫌な形で映ったり、近視眼的な視点しか持てないことが多々ある。
でも、外に出て、自分の足で歩いてある程度来ると、結構面倒なことをしてくれていたんだなと思う。

金を稼ぎ生計を立ててゆくことは、放っておいても自動的にってわけにはいかない。
笑いたくないときに笑うこともあれば、あいつは嫌いだからもう連絡を取るのをやめようなんて簡単に縁を切れないこともある。
そういう中で、文句しか言わず都合のいいときだけ甘えるつたない自分を守っていてくれたんだなと思う。

どんな時でも、元日の朝つまり元旦は手を引かれてこの場所を訪れた。
今でもその習慣を続けているのは、年に一度こんな思い出に浸れる場所だからなのかもしれない。

あわせて読みたいおすすめの記事

愛知エリアの関連記事

ラグーナテンボスはイルミネーションが最高!あのホテルやプールも
愛知県といえば名古屋がまず思い浮かびますよね。 もちろん3大都市圏の名古屋は食べ物も含め魅力いっぱいですが、そんな名古屋から1時間圏内の蒲郡にある複合型リゾート「ラグーナテンボス
岩屋堂公園でホタル水遊び・桜紅葉ライトアップの名所は自然の宝庫
全国には国立公園や、国定公園が多くあります。 そんな国定公園「愛知高原国定公園」の一部でもある、愛知県の「岩屋堂公園」はとても人気のスポットです。夏には天然プールと呼
名古屋から30分の観光先『常滑市』でフォトジェニックな町歩き!
『常滑市(とこなめし)』は名古屋市から電車で30分で行くことができる観光スポットとして、人気が高まってきています。 その理由は焼き物の町として、懐かしい街並みが残っていて

神社仏閣の関連記事

福岡での伝統的な初詣『三社参り』を神社と一緒にご紹介!
年末年始の時期になると、博多駅などの福岡市周辺の各駅では『三社参り』と書かれた鉄道会社やバス会社のポスターを目にする機会が増えてきます。 この『三社参り』は古くから伝わる
戸隠神社 奥社は最高!だけど他の社も参拝したい場所
長野県長野市戸隠は、冬季は雪深く温泉もまた有名です。他のシーズンには、紅葉が楽しめたりキャンプや新緑や花を愛でるなんて楽しみ方もできオールシーズン味わい尽くしたい場所でもありま
静岡有数のパワースポット『三嶋大社』のご利益やおすすめ情報をご紹介!
東海道屈指のパワースポットである『三嶋大社』は東京方面からのアクセスも良いため、人気の神社です。 そこで今回は参拝を検討される際の参考になればと思い、境内の様子を映像にまとめ
お土産は帰宅後に!?

旅行先でのお土産選びは楽しいですよね。ただ、時間の関係や荷物の多さ等でお土産が買えなかった・・・という経験はありませんか? そんな時に頼りになるのがHIS地球旅市場

日本全国のお土産や海外のお土産が家に居ながらにして手に入れることができます! 各県の定番のお土産からちょっと変わったものまで揃うので非常に便利です!

HIS地球旅市場はこちら

-スポンサードリンク-