photo by nimame

沖縄・石垣の鍾乳洞でドキドキ体験を!海以外の楽しみ方はいかがですか?

更新日:

掲載情報は予告なく変更になっている場合があります。最新情報を公式サイト等で確認することをオススメします

-スポンサードリンク-

沖縄は夏のリゾートというイメージが強いですが、最近では沖縄の方はビーチで泳ぐことはあまりないというような認識も全国に広まっています。

ですが、やはり青い海、白いビーチ、星砂など沖縄ならではの海の恵みにどっぷり浸りたい!というのもありませんか。

そんな海のイメージが強い沖縄ですが、今回は海ではなく「沖縄の鍾乳洞」を中心にご紹介します!


-スポンサードリンク-


沖縄の鍾乳洞「伊原間サビチ鍾乳洞・石垣島鍾乳洞」のみどころ

雨でも大丈夫!鍾乳洞は天候に左右されない恒温地帯

海、空、太陽!のイメージが強い沖縄ですが、それ以外にも美ら海水族館や首里城など、みどころも沢山ありますよね!

本土とはまた違った文化の歩みをしてきた沖縄には、もっともっとこの他にも注目されるべきみどころがたくさんあります!そのひとつが鍾乳洞です。

沖縄には沖縄本島にも有名な鍾乳洞がありますが、今回は石垣島の2つの鍾乳洞を取り上げます。鍾乳洞のいいところは、1年間を通して温度がある一定程度に保たれているところですよね。

夏真っ盛り!という時でも、少しひんやりとしていて、薄暗いので太陽の紫外線にやられた目も少し休息出来るのではないでしょうか。

また、急なスコールが・・・。という時にも雨を気にせず楽しむことができます。マリンアクティビティも楽しい沖縄ですが、たまにはこのような場所で過ごしてみてはいかがでしょうか。

沖縄の鍾乳洞「伊原間サビチ鍾乳洞・石垣島鍾乳洞」のおすすめポイント

秘境感を漂わせる海へと続く闇を楽しむ

日本で唯一海へと抜ける鍾乳洞として有名な石垣島の「伊原間(いばるま)サビチ鍾乳洞」は、その全長は約300mと短く、大人であれば暗がりを考えても10分程度で奥まで行けてしまう場所。

その長さ、時間だけを聞くと大したことがないという感想をお持ちかも知れませんが、特筆すべきは、奥まで進むとそのまま海へと抜けている点です。右手と左手に分かれた道は、右へ行くとパワースポットとしても話題になっていて左に行くとこじんまりとしたビーチが広がります。

まるで、自然にできたトンネルを探検するような気分で楽しめるのではないでしょうか。

伊原間サビチ鍾乳洞の向こうに広がる海

「伊原間サビチ鍾乳洞」へ行かれる時に気を付けたいのが潮の干満。干潮と満潮とでは、この海の景色がまるで違います!干潮・満潮での違いが、そのまま満足度の違いにもつながるので、是非干潮を狙ってゆくことをお勧めします!

気象庁 潮位表 石垣をチェック!

天井に目をやればコウモリの群れを見ることもでき、普段なかなかできないような体験もできます!また、足元があまりよくないので、滑りにくい靴やサンダル等で行かれることをお勧めします!パワースポットとしても近年話題の「伊原間サビチ鍾乳洞」へ是非行かれてみてはいかがでしょうか。

石垣の王道鍾乳洞!

市街地からも近く、石垣の鍾乳洞といえばココ!といえる王道の鍾乳洞が「石垣島鍾乳洞」です。サイズも石垣の鍾乳洞の中でも最大で、すべてを見て回るのにおよそ30分程度かかります。

全長3.2㎞のうち660mが公開されていて、周囲が10kmという大石柱や無数の石筍(せきじゅん)も見ることができます。大石柱や石筍はやはり鍾乳洞では見逃せないですよね!普段鍾乳洞に行かれない方にとっては、迫力も満点ではないでしょうか。

そして、近年大注目なのが、こちらの鍾乳洞には「トトロ」がいるんです!正確にはトトロに似ているという鍾乳石があり、各方面で「トトロに似ている!」と話題になり、写真を撮られる方が多いんだそう!コースの中盤以降に出てくるので見逃さないようにしてください!

市街地から至近なのでとてもアクセスもしやすいので、少しひんやりした空間での迫力を確かめに行かれてみてはいかがでしょうか。イルミネーションも楽しめますよ!併設の食堂はもちろん、物産や亜熱帯植物の散策なども楽しめてマリンライフとはまた違った沖縄の魅力に出会えるはずです。

石垣島鍾乳洞の迫力

沖縄の鍾乳洞「伊原間サビチ鍾乳洞・石垣島鍾乳洞」の動画

素敵な動画をご紹介します!

伊原間サビチ鍾乳洞

石垣島鍾乳洞

沖縄の鍾乳洞「伊原間サビチ洞・石垣島鍾乳洞」の基本情報

利用案内

営業時間

伊原間サビチ鍾乳洞

9:00~18:00

石垣島鍾乳洞

9:00~18:30

休業日

伊原間サビチ鍾乳洞

年中無休

石垣島鍾乳洞

年中無休

料金

伊原間サビチ鍾乳洞

大人:1,250円
小人:  600円

石垣島鍾乳洞

大人:1,000円
小人:  540円

問い合わせ先

伊原間サビチ鍾乳洞

なし

石垣島鍾乳洞

連絡先:0980-83-1550

沖縄の鍾乳洞に関する各種情報ページ

美ら島物語 伊原間サビチ鍾乳洞

石垣島鍾乳洞

宿泊検索・予約はこちらの検索フォームが便利です!

沖縄の鍾乳洞への行き方・アクセス

伊原間サビチ鍾乳洞

石垣港・石垣市街から約40分

石垣島鍾乳洞

石垣港・石垣市街から約10分

駐車場

あり

沖縄の鍾乳洞の地図

あわせて読みたいおすすめの記事

沖縄エリアの関連記事

鳩間島は高速船で一番遠い島!自然の宝庫では宿は事前予約必須!
沖縄県は本島以外にもみどころがたくさんありますよね。 ハワイとも違う、どこか少しゆったりとしたアジアのリゾートに流れるような時間がそこにはあって。国際通りのような人の多い観光客が
青がきらめく場所 <渡嘉敷島 阿波連ビーチ>
林の中の一本道。 日常を抜け出したくて、自然と歩調が速くなった。 その青は悠然と僕らを迎え、包む。 一瞬、時が止まった。 きらめいていた。

鍾乳洞の関連記事

秋芳洞でオールシーズン楽しむ 百枚皿も最高!アクセス・料金情報も
日本各地には鍾乳洞があり、色々な場所でそれぞれの楽しみ方があります。 こちらでご紹介した「千仏鍾乳洞」のように思い切り水の中を進んでゆくような鍾乳洞もあり
龍河洞で冒険体験!所要時間・コース・アクセス情報をご紹介
日本全国には様々な鍾乳洞があります。観光資源として活用され、自然遺産として大切にされています。 その鍾乳洞にも、ありました!!「日本三大」。日本三大鍾乳洞は岩手県の「
お土産は帰宅後に!?

旅行先でのお土産選びは楽しいですよね。ただ、時間の関係や荷物の多さ等でお土産が買えなかった・・・という経験はありませんか? そんな時に頼りになるのがHIS地球旅市場

日本全国のお土産や海外のお土産が家に居ながらにして手に入れることができます! 各県の定番のお土産からちょっと変わったものまで揃うので非常に便利です!

HIS地球旅市場はこちら

-スポンサードリンク-