今帰仁村城画像

今帰仁村に行ったら「今帰仁城跡」は外せない!!世界遺産は首里城だけじゃない!

更新日:

掲載情報は予告なく変更になっている場合があります。最新情報を公式サイト等で確認することをオススメします

-スポンサードリンク-

沖縄の世界遺産といえば「首里城」を思い浮かべる方も多いと思いますが、実際は首里城を含め9つの施設が<琉球王国の城(グスク)及び関連遺産群>として世界遺産認定されています。

どこも素晴らしい場所ばかりですが、今回はそのうちの「今帰仁城跡」を中心にご紹介します!


-スポンサードリンク-


今帰仁村(なきじんそん)のみどころ

沖縄で桜!?を覆す桜の名所

今帰仁村緋寒桜画像

寒緋桜

沖縄県に限らず日本には読み方が難しい地名が多くありますよね。今回ご紹介する「今帰仁」は「なきじん」と読みます。

沖縄県国頭(くにがみ)郡今帰仁(なきじん)村は、那覇から高速道路を利用し約2時間弱の場所に位置します。そんな「今帰仁村」には世界遺産としても有名な「今帰仁城跡」があります。

この「今帰仁グスク(城)」では例年桜まつりが開催されるほど、桜の名所として有名です。桜の種類は寒緋桜(カンヒザクラ)で、本州などで見られるソメイヨシノとは少し異なりますが、濃いピンク色が美しいです。

そして驚くべきはその開花時期!こちらの桜まつりは1月下旬から2月上旬という、他のエリアでは冬真っただ中という時期に開催されます!そして、日本さくらの会による桜の名所100選にも選ばれているほど!

ですが、いわゆるお花見とは異なり散策しながら花を見て楽しんだり、出店で料理を購入したり、イベントを見てまわったりと、場所取りをして宴会をするという雰囲気とはことなるので、沖縄流のお花見を是非楽しんでください!

この時期イベントも多く開催され、「今帰仁城(グスク)」や桜のライトアップなども実施されます!是非沖縄のちょっと早い春を、朝から晩まで楽しんでください!

今帰仁村(なきじんそん)のおすすめポイント

今帰仁城跡は難攻不落!?広大な敷地を巡る

今帰仁村城跡城門画像

今帰仁村城跡

「今帰仁城(グスク)」は非常に広大な敷地を誇ります。かつての沖縄本島は、北部地域を北山、中部地域を中山、南部地域を南山がそれぞれ支配した「三山鼎立の時代」だと言われています(中国の史書に拠る)。

そのうちの北山王が「今帰仁城」を拠点としていました。その城壁が防衛の要となり、難攻不落の城として中山軍が「今帰仁城」を攻め落とすのを阻みました。城としての機能は完璧だったのでしょうが、結局は裏切りにより陥落したと言われています。

しかし、今の世にもその雄大な城壁を見ることができます。さらに詳しい歴史を知れば、より思いを巡らせながら古の沖縄の姿を想像できるのではないでしょうか。ほんの数十年~百年程度の歴史が注目されがちな沖縄ですが、そのもっと前に様々な歴史を刻んできた場所であることがわかります。

そのすべてを回るのは無理なんじゃないかと思われる方もいるかも知れませんが、絶景ポイントがそこかしこに点在しますので、旧道などもあり隠しポイントなどもあるのでくまなく見て回ることをお勧めします!

併設の今帰仁村歴史文化センター・今帰仁村グスク交流センターも見逃せない

チケット代には「今帰仁村歴史文化センター」の料金も含まれているので是非立ち寄ってみたい施設です。

その名の通り今帰仁村の歴史と文化に関する展示や、資料を確認できる施設になっています。展示室は第1から第4展示室まであり、歴史やムラ・シマ、生活と文化、遺跡なども展示されています。

また、レプリカではありますが、本物と見紛うほどの「国宝金装宝剣拵(千代金丸)」の展示も行われています!

これらの展示を見て周り、もっともっと今帰仁のことを知りたいと感じたら、より詳しいガイドブックもあるのでそれらを見てより理解を深めれば、城跡の見え方も変わってくるかもしれません。

ガイドの方もいらっしゃって、案内などもしてくださるので、是非ご利用されることをお勧めします!マリンリゾートや、手付かずの自然だけではない沖縄の側面に触れ、更に沖縄を好きになるかも知れないですね!

今帰仁グスクを学ぶ会・案内ガイド

受付時間:9:00~16:00 年中無休/TEL・FAX:0980-56-4406

今帰仁村(なきじんそん)の関連イベント・プラン

「今帰仁城跡」から車で約10~15分程度の場所に、あの「美ら海水族館」があります。

沖縄を代表する観光スポットがこれほど近くにあるのですから、行かない手はないですよね!ここでしか見れない、会えないに出会える場所です!また、那覇空港などで前売り券を購入されるとお得に入館することができますよ!

広さが売りのように思われがちですが、その展示方法に感動する方が多い場所です!もちろん大人気スポットなので混雑は必至なのですが、営業時間内で、ゆっくり時間をかければ全て見て回れますし、疲れたら休めるベンチもあるので安心です!

お見逃しないように、是非館内をくまなく楽しみ尽くしてください!b

沖縄といえばアクティビティ

今帰仁村を満喫した後は、沖縄ならではの豊富なマリンアクティビティを楽しんではいかがでしょうか。

沖縄体験予約サイトのみーぐるは、沖縄の地元企業が情報発信する沖縄専門マリンスポーツ&アクティビティ予約サイトです。

現地の最新情報が随時更新され、エリア別・ジャンル別などで検索もでき事前予約に非常に便利です。

沖縄旅行の際にはあわせてみーぐるからアクティビティの予約をしてみてはいかがでしょうか。

今帰仁城跡の動画

素敵な動画をご紹介します!

今帰仁城跡の基本情報

利用案内

営業日

年中無休

営業時間

1月~4月・9月~12月/8:00~18:00(最終入場17:30)
      5月~ 8月/8:00~19:00(最終入場18:30)

料金

大人   :400円
小中高生 :300円
小学生未満: 無 料
前売チケットなら割引が適用されます!

問い合わせ先

今帰仁城跡管理事務所
連絡先:0980-56-4400

今帰仁城跡に関する各種情報ページ

今帰仁城跡公式

宿泊検索・予約はこちらの検索フォームが便利です!

今帰仁城跡への行き方・アクセス

公共交通機関

本部循環線 やんばる急行バス(那覇空港・那覇市内まで乗換えなし)
「今帰仁村字今泊今帰仁城跡入口バス停」下車 徒歩約15分

那覇空港から約2時間45分

駐車場

あり

今帰仁城跡の地図

あわせて読みたいおすすめの記事

沖縄エリアの関連記事

沖縄・石垣の鍾乳洞でドキドキ体験を!海以外の楽しみ方はいかがですか?
沖縄は夏のリゾートというイメージが強いですが、最近では沖縄の方はビーチで泳ぐことはあまりないというような認識も全国に広まっています。 ですが、やはり青い海、白いビーチ
青がきらめく場所 <渡嘉敷島 阿波連ビーチ>
林の中の一本道。 日常を抜け出したくて、自然と歩調が速くなった。 その青は悠然と僕らを迎え、包む。 一瞬、時が止まった。 きらめいていた。
鳩間島は高速船で一番遠い島!自然の宝庫では宿は事前予約必須!
沖縄県は本島以外にもみどころがたくさんありますよね。 ハワイとも違う、どこか少しゆったりとしたアジアのリゾートに流れるような時間がそこにはあって。国際通りのような人の多い観光客が

城跡の関連記事

韮崎の観光スポット『新府桃源郷』で桃の花のピンクの絨毯に感動!
春の花と言えば梅や桜が定番ですが、山梨県韮崎市では桃の花も本格的な春の訪れを知らせてくれる風物詩となっています。 今回はそんな『新府桃源郷』を動画とともにご紹介します。
千早城の戦いの千早城跡は100名城スタンプもある要塞だった場所
大阪のお城といえばやはり大坂城を外すわけにはいきません。名実ともに大阪を代表するスポットでもあります。 それは間違いありませんが、歴史ある大阪の地には他にも多くの城跡
お土産は帰宅後に!?

旅行先でのお土産選びは楽しいですよね。ただ、時間の関係や荷物の多さ等でお土産が買えなかった・・・という経験はありませんか? そんな時に頼りになるのがHIS地球旅市場

日本全国のお土産や海外のお土産が家に居ながらにして手に入れることができます! 各県の定番のお土産からちょっと変わったものまで揃うので非常に便利です!

HIS地球旅市場はこちら

-スポンサードリンク-