赤芝峡_cover

赤芝峡で紅葉の遊歩道散策!見ごろの時期や駐車場情報を詳しく紹介

更新日:

掲載情報は予告なく変更になっている場合があります。最新情報を公式サイト等で確認することをオススメします

-スポンサードリンク-

新潟県との県境、山形県小国町に『赤芝峡』という遊歩道沿いをゆっくり歩くことができる渓谷があります。

この赤芝峡は手つかずの自然が残り山形でも紅葉の名所として人気を集めています!

そこで今回は赤芝峡の紅葉や新緑の見ごろの時期や少し分かりづらい駐車場の詳しい情報、電車と一緒に渓谷を見られるタイミングなどを動画と共にご紹介します。

赤芝峡(あかしばきょう)とは?

赤芝峡は朝日山系の荒川と飯豊山系の横川が合流点から下流に広がる磐梯朝日国立公園の一部です。
切り立った崖沿いが紅葉の時期になると一面が真っ赤に染まることから、「日本の赤壁」とも呼ばれています。

その川と渓谷沿いに約1.2km(片道30分ほど)の遊歩道が整備されていて、紅葉の見ごろになると非常に多くの人が訪れる山形県でも有数のスポットです。

赤芝峡のみどころ

赤芝峡での紅葉の見ごろの時期は?

渓谷の周囲にはヤマモミジやブナ、ミズナラ、カエデなどが自生していて、例年10月下旬~11月上旬にはそれらが赤やオレンジ色に染まる姿は絶景です。

遊歩道からは川や渓谷、自生する樹木を眺められ、一部の場所では紅葉や緑のトンネルを形成しているのでいろいろな表情を楽しむことができます。

また、樹木だけでなく遊歩道からは渓谷ならではの風景も見ることができます。

赤芝峡の遊歩道マップ

赤芝峡での必見スポット

赤芝峡_遊歩道

赤芝峡の遊歩道
photolibrary

遊歩道沿いにはいくつもの見どころが点在していますのでおすすめスポットをご紹介します。

遊歩道を横切る滝や沢

遊歩道沿いには荒川に注がれる6つの滝や沢を見ることができます。

※下流(新潟県)側から
・打たせ滝
・金堀沢
・デキダキ沢
・田代沢・道六神沢
・大石沢
・コウリトリ沢

渓谷ならではの奇岩

赤芝峡ではむき出しの岩壁や中洲のような一枚岩など渓谷ならでは風景に出会うこともできます。

特にクラゲ岩は、まるでクラゲが河原に打ち上げられたように見えるユニークなスポットになっています。

遊歩道から渓谷を渡る電車が見られる!

赤芝峡の遊歩道からは渓谷を渡るJR米坂線(よねさかせん)の電車を眺めることができます。
JR米坂線は山形県の米沢駅から新潟県村上市の坂町駅を結んでいます。

遊歩道から電車を眺められるスポットは?

電車(厳密には気動車)を見られるスポットは2か所あり、そのどちらも荒川にかかる橋を渡る電車を眺められます。

具体的には、後述する第一駐車場と第二駐車場のそれぞれ近い場所です。

列車を見るためにおすすめの時間帯は以下です。
(トンネルを出て橋を渡る電車が見える時間帯で、平日・土日休日共通です。)

第一駐車場側(上流・小国町側)

10:00~10:10頃(快速べにばな)
14:00~14:10頃

第ニ駐車場側(下流・新潟側)

11:50~12:00頃
14:15~14:25頃

※2018年5月現在での時刻表を元に算出しています。

上記以外の時間帯や最新の時刻表はこちらよりご確認ください。

新緑の季節もおすすめ!

赤芝峡は実は新緑の季節もおすすめです。

紅葉の時期に染まっていた木々が例年5月中旬頃には青々と萌え、秋とは全く違う表情を見せてくれます。

赤芝峡の駐車場は?

赤芝峡遊歩道の駐車場は少しわかりづらい場所にあるので詳しく紹介していきます!

いずれの駐車場も国道113号線沿いにあります。

赤芝峡遊歩道に2か所ある駐車場の地図

第一駐車場(上流・小国町側)

スノーシェッドを抜けた直後の右手の側道から入ります

 

国道113号線を小国市街地から新潟方面に向かって、スノーシェッド(覆道)を抜けた直後の橋・横根トンネル手前にある右の側道を入ります。
(新潟方面から進入すると鋭角に左折する形になります)

※スノーシェッドとは雪を避けるための屋根やトンネルのことです

第二駐車場(下流・新潟側)

橋・横根トンネル手前の側道から入ります
(電話ボックスが目印です)

 

国道113号線を新潟方面から小国市街地に向かって、横根トンネル直前の橋の手前の側道を左に入ります。
その先で線路をくぐった(高さ制限3.6m)奥に駐車場があります。

渓谷とスノーシェッドを一望するスポット

遊歩道とは別に渓谷を一望できるスポットがあります。

こちらも国道113号線沿いで小国市街地から赤芝橋を渡った直後に看板があり、駐車場へ入れます。
(前述の第一駐車場よりも500mほど上流寄りにあります)

赤芝橋の上はスノーシェッドと渓谷を一望できる写真スポットとして人気です。

※赤芝橋は歩道がなく路側帯のみですので、橋を歩く際には充分に気を付けてください。
(国道ですので交通量も多いです)

赤芝峡とスノーシェッドを一望できるスポットの駐車場地図


 

入口のストリートビュー

日帰りバスツアーという選択肢も!

バスツアー写真

赤芝峡は紅葉の名所として有名ですので、仙台などの都市部から日帰りのバスツアーも企画されています。

駐車場の心配をしたくない人や紅葉渋滞の運転がわずらわしい人、移動中もお酒を楽しみたい人にはおすすめです。

>>赤芝峡の紅葉観賞を含むバスツアーの一覧
(ヤフートラベル)
※時期や定員により受付が終了している場合があります

まとめ

・赤芝峡は山形屈指の紅葉スポットとして「日本の赤壁」ともいわれている

・紅葉の見ごろの時期は例年10月下旬~11月上旬

・遊歩道からは滝や奇岩などの渓谷美を堪能できる

・渓谷を渡るJR米坂線の車両も見ることができる

・駐車場は上流・下流にそれぞれ1ヶ所(合計2ヶ所)あり、どちらも国道113号線から入る

山形・小国町で秋ならではの絶景を堪能してみるのはいかがでしょうか?

赤芝峡の動画

まさに絶景というべき赤く染まった赤芝峡の様子が収められたドローン映像をご紹介します

赤芝峡の基本情報

利用案内

営業時間

24時間開放

休業日

なし

料金

無料

問い合わせ先

小国町役場
0238-62-2416

赤芝峡に関する各種情報ページ

赤芝峡の案内ページ
(小国町観光協会)

赤芝峡付近のライブカメラ

赤芝峡への行き方・アクセス

公共交通機関

JR米坂線 小国駅から町営バス(南武線)で約10分、「赤芝峡」バス停で下車

バスの料金・時刻表

JR小国駅より車で約10分

日本海東北自動車道「荒川胎内IC」より国道113号線を南陽・関川方面に進み約35分

山形自動車道「山形蔵王IC」より国道113号線・国道13号線経由で約100分

駐車場

あり
(無料/前述の場所をご確認ください)

赤芝峡の地図

山形県西置賜郡小国町大字小渡

【エリア別】日本全国の紅葉スポット・紅葉ライトアップ情報

紅葉スポットまとめ

amAtavi編集部がおすすめする日本全国の紅葉スポットを最新の見ごろ予想(都市別)と一緒にご紹介しています。

【エリア別】全国紅葉スポット・紅葉見ごろ予想まとめ2019

紅葉ライトアップ特集

日中のもみじ狩りも素敵ですが、ライトアップされて赤く染まる紅葉も幻想的です。日本全国の紅葉のライトアップの最新情報をエリア別でご紹介しています。

↓こちらから特集ページをご覧いただけます
>>【エリア別】紅葉ライトアップの最新情報

お土産は帰宅後に!?

旅行先でのお土産選びは楽しいですよね。ただ、時間の関係や荷物の多さ等でお土産が買えなかった・・・という経験はありませんか? そんな時に頼りになるのがHIS地球旅市場

日本全国のお土産や海外のお土産が家に居ながらにして手に入れることができます! 各県の定番のお土産からちょっと変わったものまで揃うので非常に便利です!

HIS地球旅市場はこちら

-スポンサードリンク-