本栖湖と富士山

富士五湖 本栖湖リゾート 竜神池で見るWダイアモンド富士と芝桜

更新日:

掲載情報は予告なく変更になっている場合があります。最新情報を公式サイト等で確認することをオススメします

-スポンサードリンク-

富士五湖といえば本栖湖(もとすこ)・精進湖(しょうじこ)・西湖(さいこ)・河口湖(かわぐちこ)・山中湖(やまなかこ)の五つですが、富士五湖の名称ですべて国の名勝にされています。

すべての湖の周辺に観光スポットがあり、世界文化遺産に登録されたこともあり近年では外国人旅行者の姿も多くなりました。

観光スポットとしてそれぞれに人気のある富士五湖の中から今回は本栖湖周辺をご紹介します。


-スポンサードリンク-


富士本栖湖リゾートのみどころ

富士山とのコラボレーション

富士五湖の中で最も深い本栖湖。本栖湖越しに富士山を望める中ノ倉展望地からの景色が、これまでに五千円札や千円札に採用されたことでも有名です。

見事な逆さ富士が美しいですが、このような景色は無風で快晴等、複数の条件が重なることで見られるもので必ず見られるというわけではありませんが、たくさんの方が絶景を写真に収めようと訪れます。

逆さ富士

逆さ富士

富士山と水鏡とのコラボレーションは日本で暮らす中で、絵画やメディアなど目にする機会が多いのでどこか日本人を魅了するのではないでしょうか。

秋の頃の紅葉と本栖湖と富士山とのコラボレーションもとても美しく、春先からにかけての花々や湖畔の緑とのコラボレーションも非常に人気があります。

他にも春と秋の一定期間ヒメマス釣りが解禁になり、ボートをレンタルした多くの釣り人がヒメマス釣りに興じます。

本栖湖周辺にはこのように、富士山をより美しく彩るように見られる場所が多くあり、様々恵みを楽しむことができます。

富士本栖湖リゾートのおすすめポイント

芝桜と富士

芝桜と富士山

富士本栖湖リゾートでは例年ゴールデンウィークごろに見頃を迎える芝桜がとても人気です。

「富士芝桜まつり」が4月下旬から5月にかけて毎年実施され非常に多くの方が訪れピンク色の芝桜のじゅうたんを敷き詰めたような美しさと彼方の富士山とが作る絶景を楽しみます。

この芝桜を観ようと渋滞が起こるほどの人気なので、満開の時期を少しずらして足を運ぶという方も多いです。

また、この頃の富士山は残雪もあり、広く知られた富士山の姿をしているので様々な色のコントラストもより楽しめます。

開催中には様々なイベントが催され、同時開催の富士山うまいものフェスタでは富士宮焼きそばや吉田のうどん等の地元でお馴染みのメニューから、本格カレーなども味わえます。

甲州とりもつ煮も有名ですよね。他にも桔梗信玄餅ソフトなどのスイーツも用意があるので、ちょっと一息つくのもいいのではないでしょうか。

芝桜以外にも開催時期にはツツジやアネモネ等他の花も見頃を迎えるので、楽しめます。2019年開催では気球が登場しました!大人2,500円・小人 1,500円で1回約4~5分の上空から見下ろす芝桜と富士山を眺める絶景が楽しめます。ちょっと違った角度からの絶景は美しい。

展望カフェ・展望広場に足湯と盛りだくさんの「富士芝桜まつり」は渋滞を覚悟してでも行く価値のある絶景です。

Wダイヤモンド富士

ダイヤモンド富士

ダイヤモンド富士

本栖湖は大きく、水深も深いため逆さ富士を見るための条件が整うことがなかなかありません。本栖湖で逆さ富士を見られるのまでに何度も通ったというケースが少なくありません。

そこでオススメなのが「富士芝桜まつり」の会場でもある富士本栖湖リゾートの竜神池です。

竜神池は本栖湖に比べて小さく、波もたちにくいので逆さ富士を見るのには最適の場所です。また、ダイヤモンド富士は1年中いつでも見られるという訳ではなく竜神池からは12月上旬と1月上旬頃に見られます。

ダイヤモンド富士自体は、富士山の見える場所では1年のうち大体2回見られます。その時の天候によっては見ることが出来ないので、その光景はレアのものなので見られればラッキーです。

そして、水面に映る逆さ富士とともにダイヤモンド富士が現れるときWダイヤモンド富士という現象が起こります。写真や映像では見たことがあるけれど、実際に見てみたいという方が多く、竜神池にも多くのカメラを持った方が訪れます。

特に初日の出や、正月三が日の頃にもこの現象が重なるので非常に混雑します。入園料は大人:1,000円 小学生:500円 で、「富士本栖湖リゾート ダイヤモンド富士」では駐車場は無料です。※富士芝桜まつりの時期は駐車場は有料(普通車500円・バイク300円)です。

水面の日の出と実際の日の出が幻想的で、何度も見ているという方もいるほど。この時期だけに見られる神秘の光景を観に出かけてみてはいかがでしょうか。

民宿からホテルまで近隣に宿泊して絶景に備えるのも手

民宿やペンションから、ちょっとラグジュアリーなホテルまで、近隣には多くの宿泊施設があります。またお子様連れでも気兼ねなく泊まれる民宿などもあるのでご都合に合わせて選ばれてはいかがでしょうか。

芝桜の時期もダブルダイヤモンドの時期も、多くのひとが訪れるので渋滞前に行動が出来ると絶景の場所から眺めやすいですし、行動時間の短縮にもつながります。

また、部屋や露天風呂から富士山をバッチリ見られる宿もあるので、是非宿泊での参戦もご検討になってみてはいかがですか。

富士本栖湖リゾート竜神池の動画

素敵な動画をご紹介します!

富士本栖湖リゾートの基本情報

利用案内

営業時間

ダブルダイヤモンド富士 の期間

12月上旬 及び 1月上旬頃の朝の2時間のみ冬季特別開園

富士芝桜まつり の期間

開催期間: 例年 4月中旬から5月下旬
営業時間: 8:00~17:00

料金

ダブルダイヤモンド富士

大人:1,000円
小学生:500円

富士芝桜まつり

大人:600円
こども(3歳以上):500円

問い合わせ先

富士本栖湖リゾート
連絡先:0555-89-2127

富士芝桜まつり事務局
連絡先:0555-89-3031

富士本栖湖リゾートに関する各種情報ページ

FUJIKAWAGUCHIKO TOURIST INFORMATION 公式サイト
富士芝桜まつり 公式サイト
身延町 公式サイト 本栖湖からの富士山 ライブカメラ

富士本栖湖リゾートへの行き方・アクセス

公共交通機関

河口湖駅から車で約40分

中央自動車道 河口湖I.C.から 約25分
東名自動車道 富士I.C.から 約50分
新東名自動車道 新富士I.C. 約50分

駐車場

あり
※富士芝桜まつり時期は普通車500円・バイク300円

富士本栖湖リゾートの地図

Tea Break -Cover Story-

小さな誓い

10分にも満たない、ほんの数分の出来事。
そのために集まった人々の視線が一点に集中する。

続きを読む

いくつものレンズが、いくつもの視線がそのときを待っている。
毎日当たり前にそこにあるのに、決してコントロールできない。僕らは無力だ。

暗がりの中では自然と口数が減る。
明るさは人の心理に影響を与えるんだなぁなんてことを考えたりして。

そしてその時が来る。

闇を破る光が、そこに湖面があることを気付かせる。
日本一の頂を台座にして、強烈な煌きが魅せる光景は神々しくもあり感情を揺らす。

ダイアモンドの異名はその名にふさわしく、どこか厳かさを纏っていた。
それは操れないものを操りたいと願う傲慢さを浮き彫りにするように、みるみる輝きを増してゆく。

その無力感を受け入れたとき、すっと穏やかになってゆく心の動きがとても心地よく
敗北感とも喪失感とも違う、好意的な無力感とも呼ぶべき感覚。

万能感は、無力感を受け入れられる自分に宿るものなのかもしれない。
何かを思い通りにできることではなく、結果がどうであれ受け入れらる心。
 
富士が作るダイアモンドは思いの裾野を広げて、とめどない思考が止まらない。
何も変わらない習慣の中に戻ってゆくとき、好意的な無力感は勢いを弱め、また俗にいう万能感を求めるのだろう。
 
だけど、時にはこうして圧倒的な自然に触れ、何もできない自分と向き合う時間を持てたらいい。
小さな誓いを立てたころ、ダイアモンドは空高く世界を照らしていた。

あわせて読みたいおすすめの記事

山梨エリアの関連記事

山梨・甘利山で楽しむツツジ・雲海・日帰り登山!アクセス情報も紹介
山梨県にある『甘利山(あまりやま)』は日帰り登山もできて、富士山とレンゲツツジや雲海を一緒に楽しめるスポットとしてハイカーやカメラマンに人気のスポットです。 今回はそれら
紅葉台・三湖台・五湖台で富士山を望む絶景ハイキング!駐車場・アクセス情報も解説
富士山を見て落ち着いた気持ちになると、やっぱり日本人なんだなと再確認してしまいます。 今回はそんな日本の心、富士山を絶景の中で一望できるスポット『紅葉台・三湖台・五湖台』
鳴沢氷穴・富岳風穴!行こう山梨へ、富士の麓へ
富士山のイメージが強い山梨県。 あの雄大で壮麗な佇まいは、子供の頃から植え付けられていて日本人にとってはしらない人はいないと言ってもいいかも知れません。 今回はその

寺社仏閣の関連記事

広島市白木町の荒谷山は雲海・星空スポット!であえるまで行きたい
広島県には雲海スポットがいくつかあります。特に三次市には有名なスポットがあり既に人気を博しています。 雲海は幻想的でいいですよね。それも気象条件次第というのがまた、雲海を
埼玉 秩父『 三十槌の氷柱(みそつちのつらら)』のライトアップは必見!!
秩父三大氷柱の一番の古株『三十槌の氷柱(みそつちのつらら)』をご紹介します。 自然が作る天然の氷柱である『三十槌の氷柱(みそつちのつらら)』に、色鮮やかなライトアップが合わさる光
本州の最南端の和歌山県串本町で観光・初日の出を楽しむ
本州の最南端に位置する和歌山県串本町は、とても美しい夕焼けを堪能できる場所です。 ちなみに本州最北端は下北半島の青森県下北群大間町 本州最東端は岩手県宮古市
お土産は帰宅後に!?

旅行先でのお土産選びは楽しいですよね。ただ、時間の関係や荷物の多さ等でお土産が買えなかった・・・という経験はありませんか? そんな時に頼りになるのがHIS地球旅市場

日本全国のお土産や海外のお土産が家に居ながらにして手に入れることができます! 各県の定番のお土産からちょっと変わったものまで揃うので非常に便利です!

HIS地球旅市場はこちら

-スポンサードリンク-