宮崎の都井岬の自然の中で見どころの馬・灯台・神社に酔いしれる!

更新日:

掲載情報は予告なく変更になっている場合があります。最新情報を公式サイト等で確認することをオススメします

-スポンサードリンク-

宮崎県串間市。そこには、自然を体感できる場所があります。

海、灯台、野生の馬。そこに立つだけで、日常をすべて忘れるような開放感に包まれるような感覚を味わる場所。それが都井岬です。
v今回はそんな都井岬を中心にご紹介します!


-スポンサードリンク-


都井岬のみどころ

是非車で行きたい!見尽くさないともったいない場所

都井岬というと天然記念物指定にもなっている「御崎馬(みさきうま)※岬馬ともいう」が一番に語られることが多いです。高鍋藩秋月氏により、1697(元禄10)年に福島地方(現在の串間市)に設置された藩営の牧場の1つ(全部で7つの藩営牧場を設置)が御崎牧でした。

その開設から300余年の間、周年放牧(1年中放牧しておく)で飼育され、繁殖も全くの自然にまかされていました!つまり、ほぼ野生で生きているのと変わらないということですよね!

現存している日本の在来馬で(他に7種)、1953(昭和28)年に純粋な在来馬として国の天然記念物となります。そうでありながらも、今なお、人目に触れる場所で彼らは草を食んでいるのです!こんな場所なかなかないですよね!

ただ、それだけも一見の価値があるのですが、他にも見どころがありますので順にご紹介します!

都井岬のおすすめポイント

縁結と航海の神様は1300年前から!!

「御崎神社(みさきじんじゃ)」は都井岬の最先端に奉祀されている神社です。
※この更に先から見ますよ!

岬の南方に6kmあまり突出しています!つまり、断崖に嵌め込まれた本殿を下から拝観するというスタイルでの参詣になります!
※こんな感じです。

本殿の周辺にはソテツの自生林があり、海の眺めも美しくファンタジーの世界に飛び込んだのかと思うような景色が広がります。ここでしか味わえない空気を存分に堪能してください。

ご祭神は
・上津綿津見神(うわつわだつみのかみ)
・中津綿津見神(なかつわだつみのかみ)
・底津綿津見神(そこつわだつみのかみ)

創建はかなり古く、708(和銅1)年戊申6月と伝えられています。1873(明治6)年5月に都井神社に合祀されましたが、旧社殿への参拝が絶えず、1880(明治13)年に鹿児島県庁により許可され旧社殿(現在の社殿)に還社されました。

それだけ多くの人にこの場所は愛されていたんでしょうね。また、航海安全と縁結というご利益からも、海がとても身近で人と人とのつながりが大切な空間がそこにはあったのではないでしょうか。

そのようなことに思いを馳せながら、素晴らしい景色と気持ちのよい海風に吹かれながらお参りしてみてはいかがでしょうか。

灯台も魅力的

都井岬にはシンボルとなる「都井岬灯台」があります。

宮崎県の最南端に位置し、海の青、岬の緑、空の青に囲まれたその場所では、白の巨塔はとても目立ちます。1929(昭和4)年に初点灯した際には、光源は石油ランプの弱々しいものだったといいます。

1944(昭和19)年に電化され、光もとても強いものへと変貌を遂げますが、1945(昭和20)年の空襲、1950(昭和25)年の台風により、建設当時のものは今ではコンクリートの灯塔のみとなっています。

ですが、現在も昔と同様、屋根を陸屋根として周囲に欄干を設置し、灯塔から出入りする屋上庭園になっています。その設計は、当時から斬新だと評判だったそうです。現在、現役灯台として活躍中です。

また、有料ですが、観覧が可能で、九州では都井岬灯台のみとなっています。

ロケーションもとてもよく、遠くから見ても趣きがありますが、九州で唯一観覧可能な灯台と言われると行きたくなってきませんか?

※料金や利用時間を記載しておりますが、予告なく変更になる場合があるので事前にお確かめください。
●灯台観覧
大人:200円(中学生以上)
子供:無料(小学生以下)
参観時間 9:00~16:30 無休
※台風等の危険時、参観不可
お問い合わせ TEL 0987-76-1838

ビジターセンターと馬

都井岬に行ったら、やはり車を運転していても群れをなして目の前を横切ることもある「御崎馬」に出会わずにはいられません。

想像している馬(競走馬などで見るサラブレッド)よりも、おそらく小さく感じるのではないでしょうか?それでも、雄大な自然のなかを何百年もの間つないできた命の群れを、その大自然のなかで目にするとき感動を禁じえません!!

草を食む姿や子連れの姿、そのすべてが岬の青と広がる空とが海に溶け込んでいて、他ではなかなか味わえないような体験をできることは間違いないと思います。あちらこちらで本当に遭遇するという声が多く、時期やタイミングによっては「それほど見れなかった」という声もあるものの、飛び出し注意と言われてもおかしくないほど、一般道へも現れます。そのため、運転には十分注視してください!

御崎馬の出産シーズンは3月から8月と言われていて、4月・5月に最も多く生まれるので若駒たちを見に行くのも楽しいのではないでしょうか。

そして、有料ですがおすすめなのは「ビジターセンター」です。体験メニューやお土産購入ができることの他に、野生馬と周辺に住む動植物や歴史建造物の野外ガイドをしてくれます。午前と午後の1回ずつあるので、興味のある方は事前に電話予約を入れるとスムーズです。

ガイドの後に、また、別の場所で御崎馬たちに遭遇したり、都井岬観光をすれば、知識も手伝ってより楽しめるのではないでしょうか!

都井岬の関連イベント・プラン

都井岬で馬や自然を見た後は、動物つながりで、無人島で猿体験はいかがでしょうか。

串間駅からはバスで行ける「幸島」は「幸島の猿」で有名になりました。

その理由は「イモ洗い」行動が原因です、1953年に1頭の小猿がサツマイモについている土を落とすために、小川で洗い始めた。次第に他のサル達も同じ行動を取るようになりました。この様な1つの行動が他の固体に伝播し継続する事は『文化』であるとされ、人間以外は文化を持たないとされた風潮の中で『文化を持つサル』として世界的に有名になりました。

幸島に渡るには渡船を利用する必要があるので、「一般社団法人 串間市観光物産協会」へお問い合わせください!

渡船の利用はご予約が必要になる場合があるので、こちらをご確認ください!

都井岬の動画

こんな馬たちをすぐそばで見ていたら癒されますね!
素敵な動画をご紹介します!

都井岬ビジターセンターの基本情報

利用案内

営業時間

9:00~17:15

休業日

毎週月曜日
(月曜日が祝日の場合は火曜日が休日)

料金

大人    310円
中学・小学生200円
※20以上で団体割引
※障害手帳のある方 半額

問い合わせ先

都井岬ビジターセンター
連絡先:0987-76-1546

都井岬に関する各種情報ページ

一般社団法人 串間市観光物産協会

串間市の楽しみ方

都井岬への行き方・アクセス

公共交通機関

宮崎空港→<JR宮崎空港線>田吉→<JR日南線>串間 →<串間市コミュニティーバス よかバス>都井岬

一ツ葉有料道路→ 宮崎自動車道→ 県道28号線→国道222号線→志布志街道/県道54号線→ 県道3号線→ 国道220号線 →国道448号線→ 県道36号線→ 都井岬 約2時間

駐車場

あり

都井岬の地図

Tea break -Cover Story-

馬と僕とのノスタルジー

小さいころの週末、たまに親父が競馬場へ連れて行ってくれた。
親父は、土日も仕事がある人だった。

競馬場へは、いくつかの電車を乗り継いで行く。
子供にとって、電車でのお出かけは車とはまた違う喜びだった。
載り慣れた駅を過ぎ、ここからは一人で帰れないからはぐれないようにしないと
と思うと、少し手に汗をかいたりして。

それでも、その特別な時間を今でも鮮明に覚えている。

競馬場に着くと、そのすごい数の大人たちに圧倒された。
ある人はビールを片手に、ある人はトランジスタラジオにイヤホン姿で
思い思いにその場所に溶け込んでいた。

親父に手を引かれて、パドックというとこで巨大な馬とファーストコンタクト。
その姿は図鑑やテレビで見るのとは違う迫力だった。
こんなに大きな動物だと思っていなかった僕は、言葉が出なかった。

レースが始まり、地響きのような馬群の足音が近づいてくるゴール板へ近づき
そして走り抜けてゆく。その瞬間、無数の馬券や新聞を宙に投げる人々。
そして、歓声やら怒号が飛び交う中で小さな僕の心臓はバクバクが止まらなかった。
人生で初めての放心状態だったような気がする。

今、この岬で、誰を乗せるでもなく自由に群れを成す彼らの姿が
雄大な自然に溶け込んでいるのを見たとき、あの日の放心と興奮が胸に去来したのだ。

あわせて読みたいおすすめの記事

宮崎エリアの関連記事

天逆鉾(あまのさかほこ)を見に登山の超初心者が『高千穂峰』を登る!
霧島神宮への参拝をした後、主祭神である瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)が降り立ったまさに天孫降臨神話の場所で天逆鉾(あまのさかほこ)が山頂に突き刺さっている高千穂峰(たかちほのみね)への
青島神社は島全体が神域の青島にある!鬼の洗濯板もあるパワースポット
宮崎県といえば、宮崎地鶏、マンゴー、日向夏などのグルメの他に高千穂峡などの観光地も有名ですよね。 そんな食も観光も楽しめる宮崎県ですが、今回は宮崎市にある「青島」をご紹介しま
宮崎県高千穂町の国見ケ丘で絶景を!!雲海・紅葉・日の出が秀麗!!
宮崎県といえば高千穂峡が有名ですよね。 某焼酎のCMでも以前は使われていた場所。そこから程近い場所に雲海が見れる場所があったなんて! 今回は絶景スポットでもある
宮崎県・えびの市の夏の観光スポット『毘沙門の滝』で涼を感じる!
九州第二の規模を誇る川内川(せんだいがわ)の上流部は宮崎県えびの市を通ります。 (源流は熊本県の白髪岳付近です) そこで今回は川内川の上流部の支流で涼を感じる穴場スポッ

海・岬の関連記事

室戸岬は高知観光の主要スポットでジオサイト!ガイドツアーが充実
室戸岬は高知観光の主要スポットでジオサイト!?室戸岬・灯台を巡るツアーが充実 室戸ジオパークとジオパークとは 「ジオパーク」という言葉をご存知ですか。聞いたことがあるという
舟屋だけじゃない!伊根『新井の千枚田・棚田』で日本の原風景を観光する
伊根の舟屋は「海の京都」で有数の人気観光スポットですが実は棚田もあって、ひそかな人気を集めています。 今回はそんな『新井の千枚田・棚田』の見どころを動画と共にご紹介します
千葉県銚子市犬吠埼は日本一早く見れる初日の出スポット!?縁起良さそう!!
犬吠埼で初日の出!日本で一番早い初日の出って本当!? 日本で一番早い初日の出が千葉県? ご存知ない方にとっては意外ですよね。国立天文台の公式サイトによると島嶼部や山岳部を除
お土産は帰宅後に!?

旅行先でのお土産選びは楽しいですよね。ただ、時間の関係や荷物の多さ等でお土産が買えなかった・・・という経験はありませんか? そんな時に頼りになるのがHIS地球旅市場

日本全国のお土産や海外のお土産が家に居ながらにして手に入れることができます! 各県の定番のお土産からちょっと変わったものまで揃うので非常に便利です!

HIS地球旅市場はこちら

-スポンサードリンク-