五島列島は大自然や素敵なホテルから世界遺産まで魅力の宝庫!

更新日:

掲載情報は予告なく変更になっている場合があります。最新情報を公式サイト等で確認することをオススメします

-スポンサードリンク-


-スポンサードリンク-


五島市は歴史もあり、食もあり、絶景もあった!!

五島列島は、九州長崎の西方100kmに浮かぶ大小150余りの島々の総称です。そのうちの五島市は、五島列島の南西部に位置し総面積は約420㎢で、有人島は11、無人島は52で構成されています。

島の特色としては、美しい海や大自然はもちろんのこと海に囲まれた島ならではの魚介などの海の幸にも恵まれ食も景色も楽しめます。そのうえ年間を通して釣りやマリンスポーツなどを楽しめます。年間平均気温は17℃と一年を通じて温暖な気候なのも魅力です!

五島列島の中で最も大きく人口の多い島は福江島で、大方の島民はこの福江島に居住しています。福江港や福江空港を備えた福江島は島の玄関口としての役割も担っています。

100名以上の島民が籍を置く島は福江島の他に、奈留島、久賀島、椛島、嵯峨ノ島です。なかにはほぼ人が住んでいないともいえる黒島などがあります。

このように大小、有人無人と様々な島々で五島列島は形成されています。

五島の歴史

奈良・平安時代には遣唐使船最後の寄港地として中世以降は海外貿易の拠点として栄えました。現在でもカトリック教会や神社仏閣、城跡や武家屋敷など数多くの歴史遺産が残っています。

五島武家屋敷画像

秋田の角館や鹿児島県姶良市の蒲生町で有名な武家屋敷通りですが、この街並みを五島でも見ることができます。地名は「五島市武家屋敷」で、その佇まいはほとんど当時のままの面影を残し石垣が各所に残っています。ちなみに武家屋敷通りには当時中級以下の武士が住んでいたそう。

こぼれ石画像

石垣の上に「こぼれ石」という丸石を積み上げ両端を蒲鉾型の石でせき止めるのが特徴です。この「こぼれ石」、外部の侵入者を音で知らせたり、いざという時の武器にもなったと言われる優れものです。自然以外の魅力も存分に楽しめるのではないでしょうか。

五島については、以前にご紹介している以下の記事も参考になさってください。

五島の観光スポット『大瀬崎灯台』は映画「悪人」のロケ地にもなった絶景!
世界文化遺産の登録で話題の長崎県五島市。 その西端にある『大瀬崎灯台(おおせざきとうだい)』は世界遺産の構成資産群にも劣らない絶景を感じることができる観光スポットとして人

五島の特産・名産

五島うどん画像

特産品としては、讃岐・稲庭と並ぶ日本三大うどんのひとつ「五島手延べうどん」があります。1000年以上の歴史を持つ「五島手延べうどん」は今でも島の麺匠の手によって作られていて、通常のうどんと比べると細麺の五島うどんは、あごだしとの相性が抜群!!

また、「五島うどん」と並んで外せないのが「五島牛」です。潮風を受ける場所で、適度な塩分とミネラル豊富な環境で栄養満点に育ちます。五島の牛の歴史は古く弥生時代から人とつながりがあるそうで、雄大な自然の中で育つために気性もおとなしく、肉牛としての育ちもいいです。

肉質は柔らかく、細かく入った霜降りはジューシーなうま味で、特にヒレ肉に関しては評価が高く高級和牛として、多くの人に指示誰ています!!非情に良好な肉質を、是非味わってみてはいかがでしょうか。

海とともに「日の出」と「日の入」!! 頂上からの絶景も!

鬼岳

絶景スポットとして人気の「鬼岳」。
標高315mと決して高くないですが、そこからの眺望は目を見張るものがあります。五島のうち西海国立公園部分内に含まれている中ではシンボルとして親しまれています。

全面を芝生が覆い、尾根に沿ってトレッキングをすれば、広大なパノラマビューが広がります。福江の市街や遠方には上五島を望むこともでき、さらに火口まで足を延ばせば人工物は姿を消し丸いお椀のような風景に囲まれて別世界を満喫できるというおまけつきです!

そして晩秋には、それまで緑一色だった場所が黄金色の世界へと姿を変えます。

クライマックスは、落ちてゆく夕日の美しさと昇る朝日の美しさです!!!これはもう必見。

五島海と太陽画像

「日の入」や「日の出」の傾きや大きさなど、季節ごとに変わってゆくのを色々な季節に訪れて確かめてみるとその違いを楽しむこともできるのではないでしょうか。

高層の建物など景観を邪魔をするのものがなく、こんなにも贅沢に「日の出」も「日の入」も楽しめてしまう日本有数の場所といえそうです。

事前に予約をしていれば、鬼岳天文台で満天の星を見ることも可能です!!(完全予約制 17:00まで

また、新年を迎える日に五島に滞在しているのであれば、是非初日の出や初日の入なども体験してみるのがオススメです。

「あの建物が邪魔で見えない!」という心配もいらないパノラマの景色のなか、素晴らしい光景を目の当たりにすること請け合いな五島市の「鬼岳」や、その他市内のさまざまな場所へ是非いかれてみてはいかがでしょうか。

世界遺産を抱える島 離島を巡る旅

五島市を含む長崎県と、熊本県の一部のキリスト教教会や集落が2018(平成30)年の7月に世界文化遺産登録されました。

長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産として世界文化遺産に登録されたこの地域は、その名称にも含まれる潜伏キリシタン、いわゆる隠れキリシタンがキーワードとなっています。

禁教令の布かれた江戸時代の弾圧の中で信者のみで信仰を守り通す一方、社会ともかかわりをもつ生き方や暮らし方を創造していったという背景が評価されました。

特定の建造物などを指しての世界遺産登録ではなく広範なエリアにわたる部分が対象となっています。

こちらの記事でご紹介している熊本県天草の崎津集落もこのなかに含まれます。

天草の観光スポット『崎津集落』で世界遺産の教会を中心とした散策コースをご紹介
ついに「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」が世界文化遺産に登録されました! 構成資産の多くが長崎県に集中していますが、唯一熊本県にあるのが天草市の『崎津集落(さきつ

長崎県では複数の市にまたがって構成資産が存在していますが、五島市では久賀島(ひさかじま)の集落および奈留島(なるしま)の江上集落頭ヶ島(かしらがしま)の集落が構成資産として登録されています。

重要文化財に指定されている教会なども含まれますが、建造鬱でなく広く集落とされているのはすでにご説明した通りです。それぞれの地域にはそれぞれの歴史があり様々な難関を乗り越えながら信仰の自由を求めるかつての人々が守り続けた場所であり、その息吹は今になお続いています。

それぞれの地域を含め五島には多くの教会があります。そして、各地域には特徴的な教会もあるので教会巡りを楽しむ方も少なくありません。重要文化財や世界文化遺産への登録により貴重な場所となっていることに加え、教会という敬虔なクリスチャンが集う場所でもあるのでミサなどが行われている場合などもあります。

見学には事前予約が必要であったり、静寂を保つ必要があったり、写真がNGな場合もあります。必ずルールを守り、この貴重な場所を末永く保ち続けられるように配慮しつつ、ここでしか味わえない空気感や歴史の重みを感じてみませんか。

久賀島の集落(五島市)


旧五輪教会堂

久賀島を支配していた久賀(くが)氏が熱心なキリシタンであったことから久賀島の多くの地区で信者が多かったとされています。

久賀島にキリスト教が伝わったと考えられている時期は16世紀後半から17世紀初頭ですが、その後の国内の禁教政策によりキリシタンはこの島から姿を消したと考えられています。

久賀島には仏教徒の集落が残りましたが、大村藩から五島(福江)藩への農民移住協定が成立すると五島列島の各地に開拓農民の集落が形成されます。その多くが潜伏キリシタンの集落でした。

久賀島にも潜伏キリシタンが移住してきますが、移住先はどこも農業には適さず自力開墾にも人数が足りないという状況から仏教徒農民の水田の隣を開墾したり、農業、漁業に関わらず仏教徒と作業を協働で行うなど互助関係の上に生活や生業が営まれました。

そのような状況でも潜伏キリシタンの共同体は続き、信仰が途絶えることはありませんでした。その後潜伏キリシタンへの弾圧は様々な形で続き囚われの身となることも、拷問を受けることも死者がでることもありました。

最終的に解禁となった際には島に教会堂が建てられ、その初代に当たるのが初代浜脇教会堂、現在の旧五輪教会堂です。(旧五輪教会堂は浜脇から五輪地区へ移築されたものです)

現在見学できる教会堂とそうでないものが分かれます。また事前予約が必要な場所もあります。またルールやマナーが異なる場合がありますが、いずれも厳粛で神聖な雰囲気を感じ、また信者にとってとても大切な場所であるということをお忘れなく。

教会見学時のマナー・教会見学の事前連絡システム(長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産 インフォメーションセンター)

奈留島の江上集落(五島市)


江上天主堂

奈留島は下五島の最も北に位置する島で、上五島の若松島にもほど近い場所にあります。

他の島々と同様に16世紀後半から17世紀初頭にかけてキリスト教が伝わったと考えれています。江上には4戸の入植があったといわれ、入植した地は仏教徒の既存の集落からは隔絶された河川による堆積でできた土地が選ばれ平地を稲作用に開墾し、斜面のような場所を開削することにより家屋を建てました。

禁教政策の解禁後にはキビナゴ漁で資金を蓄え、それを元手に江上天主堂が建てられました。教会堂用地は信者自らの手で山を切り崩し造成したといわれています。

クリーム色の板張りの壁、水色の窓枠がどこかポップで愛らしさがあります。内部はゴシック様式の教会によくみられる リブ・ヴォールト天井(コウモリ天井)で、柱の木目模様の手書きやステンドグラスではなく透明ガラスに花を描いた様子から、信者が献身的に手を加えた様子が今もありありと残っています。

また小規模ながら日本の代表的な木造教会として、2008年に国の重要文化財にも指定されています。

教会見学時のマナー・教会見学の事前連絡システム(長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産 インフォメーションセンター)

頭ヶ島の集落


頭ヶ島天主堂

上五島(五島列島は大きく上五島、下五島に分けられる)に属する頭ヶ島はもともと無人島で交通も不便であったことから役人の目が届きづらいということも手伝って潜伏キリシタンの入植が増えました。

五島崩れと呼ばれるキリシタンの迫害事件の際には難を逃れることができず、連行・拷問や監禁などに遭い最終的には一時無人となりました。

禁教の禁が解かれたのちに木造の教会が、その約30年後には石造りの現在の頭ヶ島天主堂が建てられました。近くの島から切り出した石を運び、昼は天主堂の建築作業、資金難を解決するために夜はイカ漁をするという過酷なものでしたが10年にわたる苦難を乗り越え完成しました。

随所にツバキなどをモチーフにした花柄文様の装飾があしらわれ花の御堂との愛称もあるほどで、国の重要文化財に指定されています。

教会見学時のマナー・教会見学の事前連絡システム(長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産 インフォメーションセンター)

このように世界文化遺産に登録されたことで、五島の価値が再発見されますます魅力的なエリアとなってきました。

五島の世界遺産を回るツアー

世界文化遺産に登録されたなかで、五島エリアだけを見てもこのように複数の島に分かれているためすべてを回るとしても船での移動となるため、個別に予約が必要になります。

長期に滞在してのんびり各地を見て回るのがオススメですがなかなかそこまで時間を取れない方も多いのではないでしょうか。

そんな方にオススメなのが、JALパック ふらり九州〔世界遺産を巡る 五島列島周遊〕3日間です。

出発地は、東京・大阪となりますが

  • 1日目は長崎でフリータイム
  • 世界遺産に含まれる3教会を回れる
  • しまとく通貨2,000円分プレゼント
  • 復路は8日間まで延長可能
    ※延長できない日程があるので注意が必要です

となっているので短い日程で多くを回りたい方には特にオススメです。

この機会にJALパック ふらり九州〔世界遺産を巡る 五島列島周遊〕3日間も検討されてはいかがでしょうか。

レンタカーやホテル

五島列島を自由に見て回りたいという方にはレンタカーもオススメです。じゃらんレンタカーを利用すればオンライン予約もできて楽々、そのうえ価格比較もできます。

レンタカーをご利用になる場合にはじゃらんレンタカーを検討してみてはいかがでしょう。

また五島列島にはリゾートを思わせる素敵なホテルから、ホステルライクなカジュアルなものまで素敵な宿が多くあるのも魅力。その中からオススメをいくつかご紹介します。

白を基調とした外観も魅力な五島列島リゾートホテルマルゲリータですが、源泉かけ流しのスパもあり女性にも人気です。

五島コンカナ王国 WINERY&RESORTは大自然が広がる五島列島のリゾートホテルで、客室タイプも様々あり、椿オイルを使った上質なエステも楽しめます。また、お食事も大変評判が良いです。

五島列島リゾートホテル マルゲリータ奈良尾は五島牛の味わえる贅沢コースの他、少ない客室数なのでのんびりと上質な時間を過ごせます。記念日等の特別な時のご利用はいかがでしょうか。

ゲストハウス ぴかいちセカンドは福江港から至近距離にあるカジュアルな宿。1階は居酒屋なので素泊まりでもOKです。好きなものを食べたい!という方にはオススメです。

五島ゲストハウス雨通宿は併設のBarがあったり、宿泊者限定で割安でレンタカーを借りられたりとカジュアルな宿です。港からも歩いて15分なので徒歩圏なのも魅力です。

色々なタイプの魅力的な宿が多いので、ご自身のプランにあった宿泊先を選んでください。

よい旅を!!!

「五島市の日の出」の動画

素敵な動画をご紹介します!

「五島市の日の出」の基本情報

問い合わせ先

(一社) 五島市観光協会
連絡先:0959-72-2963
お問合せ送信フォーム

五島市に関する各種情報ページ

五島市ナビ
五島市観光協会 公式サイト

五島市への行き方・アクセス

公共交通機関

航空機・船舶

<飛行機>

長崎空港から

    航空会社:オリエンタルエアブリッジ(ORC) 約30分

福岡空港から

    航空会社:全日空(ANA) 約40分

<海上船>

長崎港から

    九州商船 フェリー 約3時間30分

長崎港から

    九州商船 ジェットフォイル 約1時間30分

福岡港から

    野母商船 フェリー太古 約9時間

五島市の地図

COVER STORY

ただ、それだけのこと

1月1日が終わる。
ただ、それだけのこと。

長い恋が終わった。
ただ、それだけのこと。

日がな一日、空虚のなかをさまよい、それでもどこにも行かないでただ、空を見つめている。
こんなにも絶望的な美しい夕日を水平線の先に見ているのに、ちっとも心が動かない。
どんな想いを抱こうとも、今日の日は暮れてゆく。

何かが始まれば、それは必ず終わりがくる。
産声をあげた日に、そのゴールはいつもセットでついてくる。
称賛や祝福と呼ぶには大げさな出来事、誹謗や中傷と呼ぶには大仰な出来事がこの道のうえでいつでも起こる。
起伏のない道を歩いているつもりで、とても小さな石に躓くことだってある。

転んでも痛くない日もあるし、何気なく泣けてくる日だってある。
そんな風に、感情や感傷が世界をゆがめてしまう。
見たいものを見ればいいし、見たままを感じればいい。
きっと、そうなんだろうな。。。と思う。
今年最初の、今日最後の、あの赤い夕陽の輝きと熱がいま静かに失われてゆく。

明日、今年二度目の、明日最初の日が昇るとき、僕の目にはどう映るだろう。
それをきっと、「美しい」と思えるならどんなにいいだろう。
暮れてゆく波音のなかで、ただ、そう切に願うのだ。

あわせて読みたいおすすめの記事

長崎エリアの関連記事

雲仙のロープウェイでツツジ・紅葉・霧氷・雲海を仁田峠から出発
長崎県雲仙市。 雲仙岳や雲仙温泉などが有名なこのエリアには四季を通して楽しめるロープウェイがあります。 今回はこの「雲仙ロープウェイ」を中心にご紹介します!
長崎ランタンフェスティバル 長崎の冬の風物詩 2020年も開幕決定!
長崎では中国の旧正月を祝う「春節祭」を起源とする冬のイベント「長崎ランタンフェスティバル」が開催されます。 旧正月の時期、長崎の冬の一大イベントとしてランタンが町
五島の観光スポット『大瀬崎灯台』は映画「悪人」のロケ地にもなった絶景!
世界文化遺産の登録で話題の長崎県五島市。 その西端にある『大瀬崎灯台(おおせざきとうだい)』は世界遺産の構成資産群にも劣らない絶景を感じることができる観光スポットとして人

「日の出」の関連-

神磯の鳥居(大洗磯前神社) 最高のパワースポットで見る日の出に絶句!
神磯の鳥居のみどころ 大洗の海のパワースポット名所 茨城県の大洗市にある海上の岩の上に立つ鳥居。 それだけでもなかなか珍しい光景ですが、邪魔するものがないその佇まいに波し
雨晴海岸は道の駅も立山連峰も気嵐も最高!是非観光したい場所!
富山県といえば、グルメではのどくろやほたるいか、観光名所で言うと立山アルペンルートや黒部ダムなどが有名ですが、富山湾越しに見る立山連峰の絶景も見逃せません! 特に
お土産は帰宅後に!?

旅行先でのお土産選びは楽しいですよね。ただ、時間の関係や荷物の多さ等でお土産が買えなかった・・・という経験はありませんか? そんな時に頼りになるのがHIS地球旅市場

日本全国のお土産や海外のお土産が家に居ながらにして手に入れることができます! 各県の定番のお土産からちょっと変わったものまで揃うので非常に便利です!

HIS地球旅市場はこちら

-スポンサードリンク-