﨑津集落を観光!見所から散策方法・アクセス情報まで解説!

更新日:

掲載情報は変更になっている場合があります。
また、新型コロナウイルス感染拡大防止のため休止している施設やイベント中止等もあるので
公式サイト等にて最新情報をご確認ください。

「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」が2018年に世界文化遺産へ登録されました。

構成資産の多くが長崎県に集中していますが、唯一熊本県にあるのが天草市の『﨑津集落(さきつしゅうらく)』です。

そこで今回は、﨑津教会を中心に散策・観光する際のおすすめの方法やコースを動画と一緒に紹介していきます!

﨑津集落とは?

﨑津_005

熊本県天草市河浦町(天草下島)の﨑津エリアを指し、潜伏キリシタンの隠れ里として当時の面影が残っていることから文化庁が指定する重要文化的景観にも登録されています。

2018年夏に「長﨑と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の構成資産として正式に世界文化遺産に登録されました。

集落の中心には「海の天主堂」とも言われる「カトリック﨑津教会」や「﨑津諏訪神社」などの関連する施設や史跡が数多く残り、潜伏キリシタンの不遇の時代や背景を今に物語っています。

﨑津集落の時代的背景

﨑津は古くは遣唐使の時代から寄港地として利用がされていて、戦国時代には南蛮との貿易にも活用されていました。

その影響もあり﨑津集落でもキリスト教が広く浸透し、住民の多くが厚く信仰をしていました。

江戸時代に入ると禁教令が出され、キリシタン(キリスト教徒)は激しい弾圧や迫害を受けるようになります。

そのような時代背景のもと、﨑津のキリシタンは禁教令が解かれるまでの約250年もの間、強い信仰心を持ち続けことで現在でも脈々とその心が受け継がれ歴史や風景を現在に伝えています。

﨑津集落までの公共交通機関での主なアクセス方法

﨑津集落がある天草下島の島内では、車でアクセスする人が大半ですが、公共交通機関を利用した場合の﨑津集落までの主なアクセス方法をご紹介します。

天草下島でターミナルとして想定している場所は以下です。

本渡バスセンター(本渡港)

天草空港や九州本土からのシャトルバスも基本的にはこのバスセンター発着です。

富岡港(長崎市からの高速船発着場所)からもこのバスセンターを経由していくことになります。

天草空港-本渡バスセンター間のシャトルバス情報
(産交バス公式サイト)

牛深港
鹿児島県長島町からのフェリー発着場です。

本渡センター(本渡港)からのアクセス

※本渡港からバスセンターまでは徒歩で約10分、市街循環バス「のってみゅうかー」で約5分です

1.本渡バスセンターより、産交バス「本渡-新合・久玉-牛深市民病院 牛深市民病院行き」に乗車し、「一町田中央(いっちょうだちゅうおう)」で下車
(乗車時間約53分)

本渡バスセンター発のバス時刻表
(産交バス公式サイト)

2.一町田中央より、産交バス「下田温泉行き」に乗り換え、「﨑津教会入口」で下車
(乗車時間約18分)

一町田中央発のバス時刻表
(産交バス公式サイト)

牛深港からのアクセス

1.牛深港より、産交バス「本渡バスセンター行き」に乗車し、「一本松」もしくは「運動公園前[河浦]」で下車
(乗車時間約30分)

牛深港発のバス時刻表
(産交バス公式サイト)

2.一本松もしくは運動公園前[河浦]より、産交バス「河浦高校前-下田温泉 下田温泉行き」に乗り換え、「﨑津教会入口」で下車
(乗車時間約11分)

一本松発のバス時刻表
(産交バス公式サイト)

運動公園前[河浦]のバス時刻表
(産交バス公式サイト)

お得な市内バス乗車券

天草市内を周遊するためのお得な乗車券もあります。

天草ぐるっと周遊バス(Bコース)

本渡バスセンターより、﨑津集落を含む主要観光地をめぐるガイド付きの観光ツアーでバスに乗って周遊します。

Bコースは「世界文化遺産候補「天草の﨑津集落」とキリシタン物語コース」となっています。

期間限定で1日1本の運行で料金は1,000円(大人・小人同一料金)です。

空席があれば当日での申し込みも可能ですが、基本的には事前申し込みが必要です。

天草ぐるっと周遊バスBコースの詳細・予約ページ
(熊本県観光課・熊本県観光連盟公式サイト)

あまくさ乗り放題きっぷ

熊本市内からのシャトルバスの往復乗車券と天草島内の路線バスの乗り放題乗車券、島内の各施設の割引券がセットになったお得なきっぷです。

料金は2日間券で4,280円、3日間券で5,400円です。

あまくさ乗り放題きっぷの詳細ページ
(産交バス公式サイト)

﨑津集落内での手段別の観光方法

﨑津_001

﨑津集落では大型駐車場も完備している観光拠点「天草市﨑津集落ガイダンスセンター」より観光をスタートさせるのが王道となっています。

ガイダンスセンターから﨑津集落の各スポットをめぐるには、いくつかの観光方法があります。

徒歩でめぐる

一番スタンダードな観光手段です。

港町特有の雰囲気や街並みを堪能しながらゆっくりとめぐることができます。

ガイド同伴での案内(有料)も行っていて、個人・団体共に人気です。

﨑津集落でのガイドの詳細・申込はこちら
(天草宝島観光協会公式サイト)

レンタサイクルでめぐる

﨑津集落ガイダンスセンターではレンタサイクル(有料)も行っていて、自転車で集落を巡ることもできます。

﨑津集落ガイダンスセンターでのレンタサイクル利用案内

利用可能時間
9:00~17:00
(最終受付は16:00)

貸出可能台数
通常自転車:4台
電動アシスト付き自転車:3台
子供向け自転車:2台
計:9台

利用料金
200円/日
※自転車の種類にかかわらず同一価格です

予約・お問い合わせ先
﨑津集落ガイダンスセンター
0969-78-6000

﨑津まち歩きと海上のマリア像クルージングでめぐる

﨑津マリア像

穏やかな羊角湾(ようかくわん)をクルージングしながら﨑津集落や海からしか見ることができない「海の上のマリア像」をめぐることができるプランです。

クルージングだけでなく、ガイド同伴での町歩きを行い集落の主な観光スポットの解説もしてくれるため、人気の体験となっています。

﨑津まち歩きと海上のマリア像クルージングの利用案内

開催期間
2021年4月1日(木)〜9月30日(木)
※除外日8月13日~15日

予約受付期日
催行日の7日前まで

所要時間
約2時間

最少催行人数
1名(大人)
※最大定員は11名

利用料金

対象 料金
4名以上 3,500円/人
3名 4,000円/人
2名 4,900円/人
1名 9,500円/人
小学生 540円
駐車場 無料

予約方法
申込フォームから予約

﨑津まち歩きと海上のマリア像クルージングツアーの詳細・予約ページ
(天草宝島観光協会公式サイト)

お問い合わせ先
天草宝島観光協会
0969-22-2243

﨑津集落でのおすすめ観光スポット

﨑津集落でおすすめする主な観光スポットを紹介します。

﨑津集落の散策マップ
(天草市公式サイト)

﨑津教会

ガイダンスセンターから徒歩約10分

﨑津教会

「海の天主堂」とも言われる﨑津集落での中心的なスポットです。

1934年(昭和9年)に建てられたゴシック様式の教会で、全国的にも数少ない礼拝席が畳敷きとなっています。

禁教令下でキリシタン弾圧の象徴ともいえる「絵踏み」(踏み絵を踏む行為のこと)が行われていた場所に現在の祭壇が設けられています。

世界文化遺産への申請・登録に伴い、内部の見学には事前連絡での見学申し込みが必要となっているのでご注意ください。

見学可能時間
9:00~12:00
13:00~17:00

﨑津教会への事前連絡・内部見学の申込ページ
(九州産交ツーリズム公式サイト)

※﨑津教会の内部は写真撮影が禁止されているのでご注意ください
※祈り・信仰の場所なので見学マナーにご留意ください
※葬儀結婚式等の教会行事が行われる時は入館できません
※教会の事情により臨時に休館する場合があります

﨑津諏訪神社(さきつすわじんじゃ)

﨑津教会から徒歩約2分

禁教期の1647年に集落の鎮守として建立された神社で、天草地方での潜伏キリシタンの大規模な摘発事件「天草崩れ」の舞台のひとつにもなっています。

この地域の潜伏キリシタンは仏教徒として、またこの神社の氏子として共存していたこともあり、現在でも地域の祭りや行事が執り行われています。

﨑津資料館みなと屋

﨑津教会から徒歩約1分

﨑津集落でのキリスト教信仰の歴史や文化がわかる貴重な資料が展示されている資料館です。

禁教令下で独自に発展した独特の信仰具などの展示もされています。

教会公園

ガイダンスセンターから徒歩約8分

﨑津教会公園

﨑津教会から湾を挟んで対岸にある小さな公園で、海越しに教会や集落を一望できる人気の眺望スポットです。

まとめ

・﨑津集落は世界遺産に登録されている

・アクセス方法は車がメインなものの、路線バスやツアーバスで行くこともできる

・集落内の散策にはガイド付きツアーやレンタサイクル、クルージングツアーも人気

・﨑津教会を中心に共存と寛容を感じられる観光ができる

心が穏やかになる世界遺産の散策を楽しんでみてはいかがでしょうか?

﨑津集落の動画

外部から見た﨑津教会の動画を紹介します

﨑津集落の全景がわかるドローン映像を紹介します

﨑津集落(ガイダンスセンター)の基本情報

利用案内

開館時間

9:00~17:30

休館日

年末年始(12月30日~1月1日)

入館料

無料

問い合わせ先

天草市﨑津集落ガイダンスセンター
0969-78-6000

﨑津集落に関する各種情報ページ

天草市﨑津集落ガイダンスセンターのホームページ

﨑津集落の紹介ページ
(天草市公式サイト)

天草市のふるさと納税返礼品をチェックする
(さとふる公式サイト)

>>【じゃらん】で天草エリアの宿泊施設を探す

>>【楽天トラベル】で天草エリアの宿泊施設を探す

>>【ヤフートラベル】で天草エリアの宿泊施設を探す(PayPay利用可能)

>>【一休.com】で天草エリアの宿泊施設を探す

>>【JTB】で天草エリアの宿泊施設を探す

﨑津集落(ガイダンスセンター)への行き方・アクセス

公共交通機関

前述しているのでご確認ください。

松島有料道路「知十(ちじゅう)IC」より、国道324号線・266号線を経由して約70分

※カーナビで「﨑津集落ガイダンスセンター」を検索すると誤った目的地設定がされる可能性があるため、以下の情報で検索をお願いします

・住所検索の場合
熊本県天草市河浦町﨑津1117-2

・マップコード検索の場合
474 228 519*11

・電話番号検索の場合
0969-79-0001

駐車場

あり
(無料)

※駐車場は「﨑津集落ガイダンスセンター」(119台)もしくは、「きんつ市場」(30台)をご利用ください

﨑津集落(ガイダンスセンター)の地図

熊本県天草市河浦町﨑津1117-10

あわせて読みたいおすすめの記事

熊本エリア周辺のおすすめスポット

熊本 八代観光は五家荘で渡るドキドキの吊り橋!新緑・紅葉・キャンプも最高
熊本県八代市は、江戸時代には藩主細川氏の筆頭家老であった松井氏の城下町として栄えた歴史があります。 熊本市街や阿蘇、他にも天草市など有名な場所が多くありますが、今回ご
熊本の日本一!「3333」はダテじゃない。美里町で登れるオススメ石段!!
熊本県の美里町。2020年9月現在で人口9,746人と非常に大きいというわけではない美里町ですが、実は日本一のものがあります!! 美里町には、その数3333段
五島列島は大自然や素敵なホテルから世界遺産まで魅力の宝庫!
五島市は歴史もあり、食もあり、絶景もあった!! 五島列島は、九州長崎の西方100kmに浮かぶ大小150余りの島々の総称です。 そのうちの五島市は、五島列島の南西部に位置し総
雲仙のロープウェイでツツジ・紅葉・霧氷・雲海を仁田峠から出発
長崎県雲仙市。 雲仙岳や雲仙温泉などが有名なこのエリアには四季を通して楽しめるロープウェイがあります。 今回はこの「雲仙ロープウェイ」を中心にご紹介します!
出水市で鶴を見る!日本一の飛来地での観察ポイントや時期を解説
古来から日本の冬の風物詩、長寿・繁栄の縁起が良い象徴とされている鶴。 鹿児島県出水市(いずみし)では毎年、1万羽以上の鶴が飛来することでも有名です。 そんな出水市で鶴を観察する

世界遺産のおすすめスポット

福岡・宗像市の観光スポット『大島』で世界遺産と絶景をめぐる!
2017年7月に世界文化遺産に登録された“「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群”。 その関連遺産群の構成資産のうち、2つを擁するのが福岡県宗像市の沖に浮かぶ『大島』です。
福岡の二大都市『北九州市』は観光やデートのおすすめスポットがいっぱい!
福岡県の二大都市、福岡市と北九州市。 全国的には、なにかと博多や天神を擁する福岡市がフィーチャーされ気味ではありますが、実は北九州市は福岡に勝るとも劣らない観光やデートのスポ
和歌山の秘湯『湯の峰温泉』で熊野詣にも使われた日本最古の湯を楽しむ
世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」を代表するひとつ、熊野三山と熊野詣での参詣道。 その中で、世界遺産でも唯一入浴ができる共同浴場「つぼ湯」が和歌山県の『湯の峰温泉(ゆのみ
達谷窟毘沙門堂で最強のお札を授かる!見所やアクセス情報も解説
平泉といえば中尊寺や毛越寺に代表される世界遺産群が人気です。 今回はそれらの世界遺産群よりも古くに創建された岩屋のお堂「達谷窟毘沙門堂」を紹介します。 境内の見どころをはじめ、
いつもとは違う旅へ
STAY JAPANでは、体験民泊・農宿の予約が可能。 ちょっとハードルが高そうと考えられがちな農泊や民泊をサイトから通常の旅行予約サイト同様に検索・予約することが可能です。

今までの旅行とは違う体験をしてみたい!という方にはうってつけです。一組限定のものなどもあります。

まだ体験したことのない『特別な体験』が待っているかも知れません。 まずはチェックしてみてはいかがでしょうか。