湯西川温泉-cover

【2022年中止】かまくら祭は日光 湯西川温泉で! 2022年はミニかまくらが開催予定!

更新日:

掲載情報は変更になっている場合があります。
また、新型コロナウイルス感染拡大防止のため休止している施設やイベント中止等もあるので
公式サイト等にて最新情報をご確認ください。


2022年1月29日(土)から開催予定だった「湯西川温泉かまくら祭」ですが、新型コロナウイルスの影響により中止となりました。日光市観光協会 公式サイトにて詳細はご確認ください。
 
以下開催予定だった内容をご紹介しています。


『日本夜景遺産』をご存知でしょうか?

日本各地には夜景が綺麗なスポットが多くあります。すでに有名なものもあれば、あまり認知されていないイベントが多いのも事実です。

『日本夜景遺産』はそんな国内の夜景スポット、夜景イベントを認定することにより広く観光資源として活用していこうという意図のもと検定という形で各地の夜景を『夜景遺産』として認定しています。

『日本夜景遺産』賛同企業・団体は100を超え、今後ますます注目を集めそうな勢いです。

『日本夜景遺産』には「自然夜景遺産」「施設型夜景遺産」等いくつかの種類がありますが、今回はその中で「歴史文化夜景遺産」に認定されている『湯西川温泉 かまくら祭』をご紹介します。

湯西川温泉 かまくら祭のみどころ

湯西川温泉はどこにあるの?

今や世界中から観光客が訪れる日光。「湯西川温泉」はこの日光を擁する栃木県の日光市にあります。

日光市では「日光」「鬼怒川・川治」「湯西川・川俣・奥鬼怒」「今市」「足尾」の5つのエリアに分けていて、湯西川温泉は「湯西川・川俣・奥鬼怒」に分類されています。

日光市の温泉地では日光鬼怒川温泉が有名ですが、「湯西川・川俣・奥鬼怒」エリアにも温泉が多くあります。

そして、日光エリアは世界遺産の東照宮や二荒山神社をはじめ、東武ワールドスクウェアや日光江戸村などのみどころが豊富。それに加えて温泉も豊富です!!

日光温泉、鬼怒川温泉、中禅寺温泉そして湯西川温泉等の温泉街があり、このエリアに宿泊で訪れた場合も、日帰りの場合でも楽しめる温泉が多くあります。

これからご紹介する「湯西川温泉 かまくら祭」は寒い雪の白に、火のゆらめきが温かさを与えるような幻想的で素晴らしい景色を堪能できます。お時間を調整して日光エリアの温泉も是非楽しんではいかがでしょうか。

湯西川温泉 かまくら祭のおすすめポイント

平家の落人伝説残る場所でかまくら体験

「湯西川温泉かまくら祭」は例年1月下旬~3月上旬まで開催されます。つまり開催期間はほぼ1か月です。

平家の家画像
メイン会場は「平家の里
全国各地に平家の落人(おちうど)の伝承が多くありますが、湯西川温泉も平家の落人が身を隠して生活した場所だとの伝説が残っています。

この会場では 雪化粧した茅葺き屋根の家々や 、実際に人が入れるかまくらの中で温かい食事を楽しむこともできます!

スノーパークでソリ体験ができる『水の郷』

スノーパーク画像
この時期だからこその雪遊び。日中の時間帯(10:00~15:00 ※最終受付14:00)の開園ですが、大きなかまくら体験や長い滑り台をソリで滑降!なんて体験ができます。

『湯西川水の郷 スノーパーク』は水の郷敷地内で楽しむことができます。入場料として大人1,000円/子供500円はかかりますが、そりあそび代等が含まれています。

雪遊びで冷え切ったり、疲れ切った体を大浴場や露天風呂で癒すもよし、足湯もあるのでじっくりのんびりするもよし。お食事処やお土産店なども併設されているのでひょっとしたら一日楽しめてしまうかもしれませんね。

沢口河川敷 「ミニかまくら」は日本夜景遺産

かまくら祭と銘打っていますので、いろいろな会場でかまくら体験ができます。

そして、今回の夜景遺産に登録されている沢口河川敷の「ミニかまくら」は必見!!ボランティアの手で作られた「ミニかまくら」の中にガラスコップに包まれた蝋燭の炎が揺らめきます。

真っ白い雪の中、炎が揺らめく幻想的な世界に是非飛び込んでください。じっくり楽しんで冷え切ってしまっても、湯西川温泉に浸かりほっこりして体の芯まで温まれます!

湯西川温泉 かまくら祭2022の関連イベント・プラン

2022年は開催中止

この時期一大イベントとして開催される 『湯西川温泉 かまくら祭』には他にも多くの会場があります。

沢口河川敷ミニかまくら会場

例年はかまくらの中でなんと「バーベキュー」が楽しめますが2022年はバーベキューの実施が発表になっていません。最新情報を観光協会 公式サイト等にてご確認ください。
また、沢口河川敷ミニかまくら会場は毎週火・水・木曜日は休み
時間:17:30~21:00

平家慈光寺会場

平家一門の菩提寺として祀られてきた「慈光寺」がライトアップされます
時間:17:30~21:00

湯西川温泉 かまくら祭の動画

これを見たら絶対行きたくなるはず?!
素敵な動画をご紹介します!

日光市の冬の日光観光PR動画もご紹介します!

湯西川温泉 かまくら祭の基本情報

利用案内

開催期間

2022年1月29日(土)~2月28日(月)

営業時間


プログラムにより異なる

各会場 開催概要


会場 時間
平家の里メイン会場 9:00~21:00

・ミニかまくら点灯
 1月29日(土)~2月28日(月)
 17:30~21:00
「沢口河川敷ミニかまくら会場」が休業時でも
「平家の里会場」で鑑賞可能
平家の里メイン会場
(かまくらまつり)
茅葺屋根の家々の周りに冬の風物詩“かまくら”が登場
湯西川水の郷スノーパーク 10:00~15:00(最終受付14:00)
長い雪の滑り台でソリ等を楽しめ、入浴も
沢口河川敷ミニかまくら会場 17:30~21:00
※毎週火・水・木曜日定休

休業日

沢口河川敷ミニかまくら会場
火曜日・水曜日・木曜日

料金

各会場


会場 入場料
平家の里メイン会場 大人:510円
子供(小中学生):250円
ナイトチケット(17:00~21:00):大人300円|子供:200円
湯西川水の郷スノーパーク 大人:1,000円
子供:500円
※大人・子供共にそり遊び代、水の郷観光センター入浴料込
※ペット同伴不可
※ナイトチケットは大人300円・子供200円
沢口河川敷ミニかまくら会場 なし

問い合わせ先

問い合わせ先:日光市観光協会
連絡先:0288-22-1525
※プログラムは予告なく変更になる場合がありますので、事前に問い合わせ先にご照会ください。

湯西川温泉 かまくら祭に関する各種情報ページ


野岩鉄道公式サイト 湯西川温泉 路線図・駅情報ページ
日本夜景遺産公式サイト 光輝くぼんぼりとかまくら祭ページ

湯西川温泉への行き方・アクセス

公共交通機関

野岩鉄道 「湯西川温泉」駅下車 →日光交通バス湯西川温泉行き 「本家伴久旅館前」下車 徒歩約10分 (バス乗車時間 約30分)

日光道 大沢料I.C.から約1時間10分

駐車場

あり(50台)
※但し雪道で悪条件の場合もあり、週末は大変混雑するため停められない可能性もあります
公共交通機関のご利用がおすすめです!

ですが、バス代は少しお値段が・・・など色々と条件もあるでしょうから、事前に観光課などにお問い合わせの上お出かけください。お車でのお出かけの際はタイヤチェーンやスタッドレスタイヤの装備などの対策は万全に!

湯西川温泉 かまくら祭メイン会場 平家の里の地図

湯西川温泉の旅館・ホテル

かまくら祭りはとても幻想的で楽しいですが、冷えた体は宿泊の温泉入浴でじっくり温めたいですよね。

平家の落人が傷をいやしたとされる「平家落人の里」で良質な温泉を楽しみませんか。

湯西川温泉 本家伴久 平家伝承かずら橋の宿

部屋が広い、お湯が最高!という声の多い古き良き旅館。秘湯を体験するにはぴったり!

元湯 湯西川館 本館

無料の貸し切り風呂もあり温泉を楽しみたい!という方におすすめです。コストパフォーマンスが高いと評判です。

湯西川白雲の宿 山城屋

渓流沿いの絶景を楽しめる露天が魅力の宿です。季節ごとに見ごたえがあります。

彩り湯かしき 花と華

非常に人気の宿で、歴史を感じさせる建物や料理、周りの景色ともにユーザー満足度の高い宿。もちろん温泉も素晴らしいです。

様々な温泉宿があり、どの宿を選んでも素敵な温泉を楽しむことができますのでご自身のプランに合った宿選んで湯西川温泉を楽しんでください。

Tea break -Cover Story-

雪と熱帯

昔アジアの暑い地区に住んでいた友人がいた。
もう、冬とか夏とかがあるのかないのかまるでわからないような熱帯気候のエリア。

そんな友人は日本のファッションが好きなようで、日本のファッション誌をプレゼントしたことがある。

食い入るように一ページ 一ページを楽しそうにめくる姿に、いいプレゼントができたなと得意になったものだ。

しばらくして、この服が欲しいと指さしたものを見ると少し派手なセーターだった。

直後、僕の頭には疑問符がポツりポツりと増えてゆき、やがて埋め尽くされた。
「この暑い国でセーター?」ないないないない。

夏生まれなのに、夏が嫌いな僕はその国へ行くたび止まらない汗と戦っては、屋内に入ると凍えるような寒さと戦うという消耗戦を繰り返していた。

確かに屋内では寒いとさえ感じることもあったけれど、それでも湿気を含みかなり高温の外気を知っているとセーターが欲しいなんてにわかには信じがたい言葉だった。

よくよく話を聞くと一応熱帯にも東北地方があるらしく、そういう場所に出かける際には着られると胸を張っていた(笑)
そういえば、20度台の日があると寒いと言っていたのを思い出して少しほくそ笑んだ。

そんな友人が日本に行ってみたいと言っていたことがある。
当時の友人の国では、海外旅行は誰でも気軽に行けるものではなく預金残高とかビザとかいろいろな条件があった。

理由を訪ねてみると、「雪を見たいから」ということだった。

確かにあの国から出ることがなければ、雪は一度も触れることのない幻なんだろうな。日本に住む自分にも、図鑑やテレビやインターネットでしか触れられない世界がある。だから、その気持ちがよく分かった。

あれから十数年、今雪深い温泉街で柔らかい光のイベントに来ていた。

目の前の雪をひとつまみしてみる。
冷たい指先からてのひらに移すと、冷え切った掌で雪が溶けてゆく。

踏みしめる雪の音。痛みさえ感じる耳。感覚を失ったような鼻先。
そんなひとつひとつを味わいながら、あの頃の友人にこの景色を見せてあげたいななんて、白の世界に立つ友人の笑顔を見ていた。

あわせて読みたいおすすめの記事

栃木エリアの関連記事

常陸国出雲大社で縁結び祈願!巨大しめ縄や隠れハート探しも!
出雲大社といえば島根県を思い浮かべる方が多いと思います。 実は茨城県笠間市にもあるんです! 今回は『常陸国出雲大社』の巨大しめ縄を国内でしめ縄が有名な神社と大きさを比べつつ、ご
おしらじの滝は栃木矢板のまぼろしの滝! 2022年も県道が開通!
栃木県。 観光名所の日光に、温泉の名所である鬼怒川、とちおとめなどのフルーツも有名な関東の一大観光地。 そんな栃木県には幻(まぼろし)の滝とも呼ばれる滝があります。

冬イベントの関連記事

あしがくぼの氷柱は駅近で土日祝日限定ライトアップ!秩父三大氷柱開幕!
新型コロナウイルスの影響により内容が例年と異なる部分があります。また、各種イベント情報は順次更新予定です。 ■新型コロナウイルス対策等 イベント会場入場時および会場内で
森吉山で日本三大樹氷を鑑賞!ゴンドラで行く冬の自然美へ!
秋田県にある『森吉山』はスノーモンスターとも呼ばれる、樹氷群が見られることで有名で「日本三大樹氷」にも数えられています。 ここは「阿仁(あに)スキー場」が併設されていて、ゴンドラ
黒川温泉のライトアップイベント『湯あかり』の最新情報を紹介
※黒川温泉は温泉街が一体となって新型コロナウイルス対策を実施しています それにより、一部のイベントや企画を中止している場合があるほか、来訪者への協力も要請しているので詳しくは
いつもとは違う旅へ
STAY JAPANでは、体験民泊・農宿の予約が可能。 ちょっとハードルが高そうと考えられがちな農泊や民泊をサイトから通常の旅行予約サイト同様に検索・予約することが可能です。

今までの旅行とは違う体験をしてみたい!という方にはうってつけです。一組限定のものなどもあります。

まだ体験したことのない『特別な体験』が待っているかも知れません。 まずはチェックしてみてはいかがでしょうか。