七里の渡跡は三重県桑名にある日の出が美しい場所!東海道唯一の海路だった!

更新日:

掲載情報は予告なく変更になっている場合があります。最新情報を公式サイト等で確認することをオススメします

-スポンサードリンク-

桑名といえば蛤(はまぐり)が有名ですが、はまぐり
 
三重県北部に位置する桑名(桑名宿)と、愛知県名古屋市熱田区(宮宿)は、東海道五十三次の宿場町の中で唯一、海上路「七里の渡し」で結ばれていました。桑名城下としてとても栄えた場所でもあります。
 
東海道自体の歴史も古く、また最近では名古屋市から25kmということからベッドタウンとしての側面も持ち始めています。
 
今回は、そんな三重県桑名市の歴史ある「七里の渡跡」を中心にご紹介します!


-スポンサードリンク-


七里の渡跡(桑名市)のみどころ

伊勢路の入り口

愛知県の熱田から三重の桑名まで海路七里あったことから「七里の渡」と呼ばれるようになりました。
 
江戸時代は東海道五十三次の42番目の宿場町として大変賑わった場所です。東海道の要衝として、また伊勢路の入口としても大切な意味を持っていた場所です。現在は七里の渡しを船が往来することはありませんが、イベント等で年に1回から数回船で航行する場合があります。
 
お時間が合えば、乗船してみてはいかがでしょうか。
 
また、1780年代にこの地に建てられた大鳥居は、ここから伊勢路に入ることから「伊勢の国一の鳥居」と称されていて、伊勢神宮の式年遷宮のたびに御神材によって新たに大鳥居が建て直されています。
 
歴史を知ってこの鳥居を見れば、また違った見え方がするかもしれませんね。

七里の渡跡(桑名市)のおすすめポイント

初日の出の絶景スポット

「七里の渡跡(桑名市)」といえば、東海道で唯一の海路でした。そして、現在は日の出の絶景ポイントとしても、徐々に人気があがっています。
 
そして、日の出といえば、一番のイベントは「初日の出」ではないでしょうか?桑名駅から約20分のウォーキングで辿り着けるこの場所は、歴史もあり、その昔もここから多くのひとが日の出を見たのではないかと思いを馳せてみるのもいいかも知れませんね。

 
この周辺は、公園としても整備されているので、揖斐川よりに移動してみればより見晴らしは約束されます!

川沿いを歩けば、ちょっとした散歩にも最適ですよ!
 
また、ここから歩くと程なく、「蟠龍櫓(ばんりゅうやぐら)」が見えてきます。

 

川口町にある七里の渡に面して建てられた河口のまち桑名を象徴する蟠龍櫓。かつては東海道を行き交う人々が必ず目にした桑名のシンボルを忠実に復元しました。かの有名な歌川広重の浮世絵「東海道五十三次」でも、海上の名城と謳われた桑名を表すためにこの櫓を象徴的に描いています。「蟠龍」とは、天に昇る前のうずくまった状態の龍のことです。龍は水を司る聖獣として中国では寺院や廟などの装飾モチーフとしても広く用いられています。蟠龍櫓についても、航海の守護神としてここに据えられたものと考えられています。
桑名市観光協会HP

2階の展望室一般開放されていますが、9:30~15:00と閉館は早いのでご覧になりたい方はお早めに!
 
また、桑名駅からはバスも出ていますので、ご利用になりたい方はこちらからご確認ください!

国営木曽三川公園・桑名七里の渡し公園も楽しもう

「七里の渡跡」から上流へ約5分程度歩くと「木曽三川公園 桑名七里の渡し公園」があります。「木曽三川公園」は国営公園で愛知、岐阜、三重の三県にまたがる国営公園です。木曽川・長良川・揖斐川の木曽三川が有する広大なスペースと豊かな自然環境を活用して、東海地方のレクリエーション需要の増大・多様化に対応するために設置されたました。三派川地区・中央水郷地区・河口地区の3地区から構成され、全部で13拠点が開園しています。います
 
そして、そのひとつが「木曽三川公園 桑名七里の渡し公園」です。
 
「桑名七里の渡し公園」は、桑名市の拠点として部分開園した、川とまちと一体となった歴史公園です。車が侵入してくることもないので小さなお子様連れでも安心ですし、噴水や花壇、人工の川などがあり、ゆっくりと流れる時を感じるのにもいいのではないでしょうか。
 
2018(平成30)年7月30日までは、公園内で整備工事をしているのでご注意を!入園料は無料です!休園日や開園時間は公式HPをご確認ください!
 
今後も整備が続きそうですが、発展して行く国営公園から目が離せません!

渡しがあるということは、当然対岸もあります。
 
熱田神宮から程近い場所にある「七里の渡し(宮宿・宮の渡し)」は桑名側とはまた違った趣があります。
 
熱田神宮については以前の記事でも書いているので、ご興味があればこちらから。

熱田神宮と名古屋城を併せて訪問!ひつまぶしやきしめんの名店も!


 
熱田側はこのような感じです。常夜灯などが復刻されていますので、夜間に訪れてもまた風情を感じられるのではないでしょうか。

 
こちら側にも、公園が整備され、広々として見晴らしがとてもいいです。

 
ちなみに、「七里の渡跡(桑名市)」から「七里の渡し(宮宿・宮の渡し)」までは車で約40分、交通機関を使用して、約1時間強です。少し時間がかかってしまいますが、東海道の「桑名宿」と「宮宿」を一度に見てはいかがでしょうか。

七里の渡跡(桑名市)の関連イベント・プラン

歴史的な場所を訪れた後は、現代的なレジャーランドの「ナガシマスパーランド」へ行かれてはいかがでしょうか。
 
全国的にも有名な柿安の料亭本店で上質なお出かけご飯を堪能するなんていうのもスペシャルな時間を過ごせ、おなかも心も満足できるのではないでしょうか。
 
他にも、鹿鳴館の設計をしたイギリス人建築家ジョサイア・コンドル氏の設計による洋館・池泉回遊式庭園を持つ和風建築からなる国の重要文化財に指定されている「六華苑」も人気があります。
 
春と秋のみ一般公開される「諸戸氏庭園」は、室町時代に「江の奥殿」と呼ばれた矢部氏の屋敷から始まり、1686(貞享3)年に山田彦左衛門が購入、拡張整備がされました。明治時代には諸戸清六の所有となり、西隣に新しく御殿を建てて庭園をさらに拡張したそうです。
 
歴史に浸ったり、自然に癒されたり、おいしいご飯に舌鼓を打ったりと至れり尽くせりのプランが組めるのではないでしょうか。

七里の渡跡(桑名市)の動画

素敵な動画をご紹介します!

七里の渡跡(桑名市)の基本情報

利用案内

営業時間

終日

休業日

なし

料金

無料

問い合わせ先

桑名市役所
連絡先:お問い合わせフォーム

七里の渡跡に関する各種情報ページ

観光三重HP 七里の渡跡ページ

桑名市観光課HP 七里の渡跡ページ

桑名市観光課HP 七里の渡跡詳細ページ

七里の渡跡への行き方・アクセス

公共交通機関

近鉄桑名駅下車 徒歩 約20分

東名阪自動車道 桑名I.C 約25分

駐車場

あり(九華公園 有料駐車場あり)

駐車場情報

七里の渡跡の地図

Tea Break -Cover Stroy-

水面鏡

飛行機やヘリコプターなどの空路や、新幹線や自動車などの陸路の発達よりもずっと前に水路は人々の生活に溶け込んでいた。
舟は人を運び、物資を運び、その生活を豊かにしていた。
今のようにどこにでも橋があって、橋を架ける技術が発達する前には川を渡る橋の代わりとして舟は使われていた。
今でも船は人を運ぶ。
交通手段として、観光を目的として。
そんな風に、水は人が歩けば何時間も、何日もかかるような場所までより早く、より楽に運んでくれる重要な脚代わりだ。

 

人は水なしで生きられないし、水は大いに役立ってくれる。
動力として、水路として、もちろん飲み水として、植物を育てることでも。

 

川や池、海も沼も滝も、ずっと昔からひとのそばに水はあった。
水は身近にあって、そして神聖なものでもあった。
水で体を、穢れを清める風習は日本のみならず、世界にもあり、また聖水と呼ばれたりもする。
身近で誰にでも手が届くものでありながら、神聖なものでもあった。

 

水があり、大地があり、太陽があり森ができ命が育まれる。
水がある場所に、命は群がる。
それは太古の文明が発達した場所を考えれば明白だ。

 

いま、水がさらさらと流れる大地でその主役を待っている。
そんなステージを見ている気持ちで、今年最初の太陽の登場をいまかいまかと待っている。
そうすると、いつもの日の出とは違うものに思えてくる。

あわせて読みたいおすすめの記事

三重エリアの関連記事

紅葉や新緑も楽しめる!三重『赤目四十八滝』で季節を感じるハイキング
東海・三重エリアで紅葉や新緑、ハイキングの名所として知られている『赤目四十八滝(あかめしじゅうはちたき)』。 大小様々な種類の滝と一緒にそれぞれの季節で違う表情を見ることがで
奈良の秘境『大台ヶ原』で紅葉や新緑・雲海まで楽しむ絶景登山
日本最大の半島、紀伊半島の秘境として人気がある奈良県の『大台ヶ原(おおだいがはら)』をご存知でしょうか? 秘境にもかかわらず、標高が高いところまで車やバスで行くことができ
答志島観光は海と朝陽が最高!宿での夕食や釣り・海水浴も楽しい
伊勢神宮やはまぐりなど、観光スポットやグルメも全国的に有名な三重県。 そんな三重県の鳥羽市にある離島は定期船で1時間圏内で行けてしまう島々です。今回はこれらの離島のうち「答志

日の出の関連記事

富士五湖 本栖湖リゾート 竜神池で見るWダイアモンド富士と芝桜
富士五湖といえば本栖湖(もとすこ)・精進湖(しょうじこ)・西湖(さいこ)・河口湖(かわぐちこ)・山中湖(やまなかこ)の五つですが、富士五湖の名称ですべて国の名勝にされています。
神磯の鳥居(大洗磯前神社) 最高のパワースポットで見る日の出に絶句!
「神磯の鳥居」は美しい初日の出が大人気!! 海上の岩の上に立つ鳥居。 それだけでも、なかなかの珍しい光景ですが、邪魔するもののないその佇まいに、波しぶきと美しい朝陽が映えま
雨晴海岸は道の駅も立山連峰も気嵐も最高!是非観光したい場所!
富山県といえば、グルメではのどくろやほたるいか、観光名所で言うと立山アルペンルートや黒部ダムなどが有名ですが、富山湾越しに見る立山連峰の絶景も見逃せません! 特に
お土産は帰宅後に!?

旅行先でのお土産選びは楽しいですよね。ただ、時間の関係や荷物の多さ等でお土産が買えなかった・・・という経験はありませんか? そんな時に頼りになるのがHIS地球旅市場

日本全国のお土産や海外のお土産が家に居ながらにして手に入れることができます! 各県の定番のお土産からちょっと変わったものまで揃うので非常に便利です!

HIS地球旅市場はこちら

-スポンサードリンク-