いなべ画像

いなべ市農業(梅林)公園 で梅まつり2019開催!

更新日:

掲載情報は予告なく変更になっている場合があります。最新情報を公式サイト等で確認することをオススメします

-スポンサードリンク-

春の訪れは突然に!急に吹いた春一番や春の嵐に戸惑いながらも上着を脇に抱え陽光の散歩なんて春ならではの楽しみですよね。
今回は三重県のいなべ市で実施される梅まつりをご紹介します。


スポンサーリンク

いなべ市梅まつりのみどころ

東海地区最大級の梅園

いなべ市の藤原町鼎地区で開催される「梅まつり」ですが、この梅園は東海地区では最大級です!
陽光に照らされた約100種類、4,000本の梅が咲き乱れるなかゆっくりとひとつひとつの梅を見るなんて贅沢ですね。
苗木の販売コーナーでは、梅はもちろんですが、他にもブルーベリーやバラなども販売されます。
お出かけの際のお土産候補にいかがでしょうか。

梅まつりのおすすめポイント

鈴鹿山脈を遠くに見ながら梅のコントラストを楽しむ

三重県といえば、桑名や鈴鹿など全国的に有名な場所が沢山ありますよね!
サーキットで有名な鈴鹿ですが、岐阜や滋賀にまたがる鈴鹿山脈があります。この時期雪化粧をした鈴鹿山脈を望むこともできます。
約4,000本の色とりどりの梅の花と鈴鹿山脈のコントラストなんて最高ですね!

また、遠くからの全景ももちろん素敵ですが!
園内を歩きながらひとつひとつの梅花に目を凝らすと100種類というだけあって、色も形も異なる淡く可憐という言葉が似合いそうな彩を楽しむことができます。

ゆったりとした気持ちで外で風に揺れる花を見て歩くと最高の気分転換になるのではないでしょうか。咲き乱れる梅の花を存分に楽しんでください。
以前はありませんでしたが、展望台もでき写真映えする撮影ポイントもあります。混雑が予想されますので、是非構図を決めて素敵な思い出の一枚を収めてくださいね!

梅の時期だけじゃないブルーベリー狩りも!

冒頭でご紹介しましたが、ブルーベリーの苗木の販売なども行われる梅まつりですが、梅の時期を過ぎると「ぼたんまつり」そして、「梅のもぎ取り体験」そしてそして「ブルーベリー狩り」なんかも開催されるのです。

これは、開催される農業公園から目が離せませんね!

ぼたんまつり
今回「梅まつり」が開催される「梅林公園」エリアではなく「エコ福祉広場」エリアで開催されます。
「梅まつり」と同様、開花時期から2週間なのでこちらも事前にお問い合わせは必須です。
期間中の特別イベントとしては、猿まわしや和太鼓演奏なんかも楽しめます!日程をご確認の上、天候を見ながら是非お出気ください。

梅のもぎ取り体験
梅の実り状況でだいたい6月上旬に開催
今回「梅まつり」が開催される「梅林公園」エリアで開催されますよ。
「梅まつり」と同様、開花時期から2週間なのでこちらも事前にお問い合わせは必須ですよ!!

※1袋1,000円で約3kgです。おひとり様2袋まで!
自分でもいだ梅で、梅干・梅酒・梅ジュースと楽しめますよね!
梅ジュース作り体験 も先着100名 1,300円で体験できますよ!梅の実や2L瓶、氷砂糖などは料金に含まれます!

ブルーベリー狩り
今回「梅まつり」が開催される「梅林公園」エリアで開催されますよ。
時期が発表前なので、公式HPや運営元へのお問い合わせをお忘れなく!!
およそ7月下旬~8月上旬

梅の時期ももちろんおすすめですが、是非他の時期にも足を運んでたくさんのイベントや花々を楽しんでみてはいかがでしょうか!

イベント期間に合わせてうまいもん市も!2019年は3/9・10で開催!

「梅まつり」期間中は梅が楽しめるだけじゃないんです!3/9,10の両日うまいもん市が開催されます。
地元いなべ市だけではなく、近隣の市からも名物、銘菓などがそろいますよ!

おなかも満たして、お土産も買って、大満足間違いなしですね!腹ごなしにはこれでもかと咲く梅の花を愛でながら物語の主人公になった気分で優雅に楽しくご鑑賞ください!※暖かい服装でお出かけください。

※イベント当日は大変な混雑が予想され、周辺道路も非常に渋滞します。お早目のお出かけをオススメします

イベント情報を手軽にチェック

こちらの記事でイベントの基本情報を確認できます。

いなべ市農業公園内 梅林公園(三重) | 2019年梅まつり・見頃情報
開催期間 2019年3月9日(土)・10日(日) 開催時間 8:30~16:00 入場料 500円(大人)、小学生以下無料 梅の見ご

梅まつりの関連イベント・プラン

こちらで梅を見た後に、梅日和ということで「鈴鹿の森庭園」にも足を延ばしてみてはいかがでしょうか。
同時期にしだれ梅まつりが開催されています!こちらは16:00までですから、「梅まつり」を出る時間を考えながら是非。

車で約1時間程度の距離に「鈴鹿の森庭園」があります。

ライトアップ情報

「鈴鹿の森庭園」では2月下旬より夜間ライトアップが開催されます!ちなみに2019年は2/23よりしだれ梅まつりが開始予定。ライトアップをご覧になりたい方は夜間を狙っていかれるといいでしょう。

料金については注意が必要です。500円~1,500円と料金に幅があります。これは梅の開花状況によって異なります。当日の料金は運営元の公式twitterにアップされますので是非チェックしてくださいね。

梅を見て歩いて疲れたぁなんて方には「阿下喜温泉 あじさいの里」はいかがでしょうか。
かけ流しのアルカリ性温泉で疲れた体をほぐしたり、露天風呂で開放感を味わったり、サウナで汗を流すこともできちゃいますよ!
ご自身のプランに合わせて、是非いかれてみてはいかがでしょうか!

いなべ市梅まつりの動画

いなべ市の梅まつりの素敵な動画をご紹介します。
行ってみたくなりませんか??

いなべ市梅まつりの基本情報

利用案内

開催日

2月下旬~3月下旬
※開花時期によって異なります。開花時期から2週間開催です!
開花時期、開催期間については問い合わせ先に直接お問い合わせください!

開園時間

  梅林公園:9:00~16:00※梅まつりはこちらで開催ですよ!
エコ福祉広場:8:30~17:00

休業日

期間中は休業なし

料金

大人   :500円
小学生以下:無料

問い合わせ先

一般社団法人 サンパークいなべ
連絡先:0594-46-8377

いなべ市梅まつりに関する各種情報ページ

いなべ市農業公園公式HP イベントページ

梅まつり 案内チラシ

いなべ市梅まつりへの行き方・アクセス

公共交通機関

近鉄桑名駅 → 三岐鉄道北勢線西桑名駅~阿下喜駅下車 タクシー利用で約20分

名古屋方面から
東名阪自動車道 桑名I.Cからいなべ方面へ 約50分
名神高速道路 関ケ原I.Cから(国道365号経由) 約40分

関西・北陸方面から
名神高速道路 八日市I.Cから(国道421号 石榑トンネル経由) 約70分
名神高速道路 関ケ原I.Cから(国道365号経由) 約40分
東名阪自動車道 四日市I.Cから(国道306号経由) いなべ方面へ 約50分

駐車場

あり

いなべ市 梅林公園の地図

あわせて読みたいおすすめの記事

三重エリアの関連記事

七里の渡跡は三重県桑名にある日の出が美しい場所!東海道唯一の海路だった!
桑名といえば蛤(はまぐり)が有名ですが、 三重県北部に位置する桑名(桑名宿)と、愛知県名古屋市熱田区(宮宿)は、東海道五十三次の宿場町の中で唯一、海上路「七里の渡し」で結ばれ
紅葉や新緑も楽しめる!三重『赤目四十八滝』で季節を感じるハイキング
東海・三重エリアで紅葉や新緑、ハイキングの名所として知られている『赤目四十八滝(あかめしじゅうはちたき)』。 大小様々な種類の滝と一緒にそれぞれの季節で違う表情を見ることがで
答志島観光は海と朝陽が最高!宿での夕食や釣り・海水浴も楽しい
伊勢神宮やはまぐりなど、観光スポットやグルメも全国的に有名な三重県。 そんな三重県の鳥羽市にある離島は定期船で1時間圏内で行けてしまう島々です。今回はこれらの離島のうち「答志

花体験の関連記事

2018年版!群馬県『ぐんまフラワーパーク』のイルミネーション・花火情報を紹介
北関東の花の名所といえば、藤の花とイルミネーションでおなじみ「あしかがフラワーパーク」が有名ですが、お隣の群馬県にも花とイルミネーションが楽しめる『ぐんまフラワーパーク』があり
会津若松『会津村』は巨大観音像から桜・紅葉・コスプレまで楽しめる
福島県会津若松市には足立美術館にも負けていない規模の日本庭園、『祈りの里 会津村』があります。 巨大な観音立像と桜やツツジ、紅葉など季節の草花の名所として名高いのですが、
とっとり花回廊の冬のイルミネーション2018も開幕!
大山を間近に望む景観の元、幾つものエリアで様々な花を咲かせるフラワーパーク。鳥取県が事業主体となって約182億円をかけて約20年前にオープンししました。 大温室や展示
東京最大級の梅の名所『高尾梅郷』の見頃や2019年梅まつりを紹介
東京都内の梅の名所と言えば、湯島天神(文京区)や羽根木公園(世田谷区)を思い浮かべる方も多いと思いますが、今回ご紹介するのは八王子市にある『高尾梅郷(たかおばいごう)』です。
筑波山には登山・絶景・温泉・筑波山神社そして梅も最高です
茨城というと海を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。ですが、今回ご紹介するのは茨城を代表する筑波山です。 つくばエクスプレスが開通して以降、東京からパッと行けて

-スポンサードリンク-

あなたにおすすめ