東京ゲートブリッジ_cover

東京ゲートブリッジを徒歩で渡る!絶景夜景や行き方・通行時間を紹介

更新日:

掲載情報は予告なく変更になっている場合があります。最新情報を確認することをオススメします

-スポンサードリンク-

東京湾にかかる「恐竜の橋」をご存知でしょうか?

『東京ゲートブリッジ』として2012年に開通した橋のことなのですが、レインボーブリッジとは違った東京湾の絶景や夜景が楽しめる新名所です。

実はこの橋は徒歩で途中まで渡ることができますので行き方や通行可能時間、周辺スポットを動画と共にご紹介します。

家族連れやカップルのデートにもピッタリです!


スポンサーリンク

東京ゲートブリッジとは?

東京ゲートブリッジ_全景

東京湾の新しい名所です

東京ゲートブリッジは江東区若洲エリアと大田区の城南島にかかる橋で全長は2,618mです。

三角形につないだ鉄骨を繋ぎ合わせるトラス橋と言われる構造で、恐竜が向かい合った形に見えることから「恐竜橋」ともいわれています。

海上にかかる区間の長さは1,618mでレインボーブリッジや横浜ベイブリッジの約2倍です。橋自体は開閉(跳ね上げ)はせず、桁下高が54.6mと大型客船も航行できる高さです。

また、この橋は一般道なので車や歩行者は無料で通行することができます。

※50cc以下の原付バイクや自転車は車道・歩道共に通行できません
※現在、歩道は橋を渡りきることはできず途中で折り返してくる形です

東京ゲートブリッジへの行き方・アクセスや駐車場は?

車での行き方

首都高・湾岸線を利用する場合
首都高速湾岸線「新木場IC」より、国道357号線を経由して約10分

お台場方面から(一般道)
お台場より「羽田空港・東京ゲートブリッジ」方面へ向かい、第二航路海底トンネルと中防大橋を通過後、一つ目の信号(東京港臨海道路)を左折後に直進(合計約15分)

大井ふ頭方面から(一般道)
「新木場・臨海副都心」方面へ向かい、東京港臨海トンネルを経由して直進(合計約20分)

東京ゲートブリッジの駐車場
若洲海浜公園_駐車場

500台近くが駐車できます

東京ゲートブリッジ専用の駐車場はありません

ですので、隣接する江東区立若洲公園の駐車場を利用するのがおすすめです。
(海(ゴルフ場)側にも都立若洲海浜公園の駐車場がありますが、東京ゲートブリッジからは遠いのであまりおすすめしません)

江東区立若洲公園駐車場の利用案内
開場時間
24時間

料金
500円/回

収容台数
492台

注意点
・お札は千円札のみが利用可能です(自動ゲートでの先払い制です)
・週末や祝日の午前中には満車になることが多いので早めの入庫がおすすめです

また、若洲公園の駐車場は新木場方面からのみ入庫可能(一方通行)なので注意点を解説しておきます。

若洲公園駐車場の出入口の地図

東京ゲートブリッジへ入らずに側道へ
一番左の側道に入る必要があります。

お台場・大井方面から来た場合はUターンする必要あり
東京ゲートブリッジを渡って一つ目の信号でUターンをする必要があるので、右車線を走行しておくとスムーズです。Uターン後に上記の側道へ入ることができます。

公共交通機関での行き方

JR京葉線・東京メトロ有楽町線・りんかい線「新木場」駅より、都バス「木11系統 若洲キャンプ場行き」に乗り、終点「若洲キャンプ場前」で下車

バスの時刻表

東京ゲートブリッジと周辺のみどころ

東京ゲートブリッジ_歩道_002

東京ゲートブリッジとその周辺には絶景スポットや体験スポットが多くありますので、その見どころやおすすめポイントをご紹介します。

東京ゲートブリッジのおすすめポイント

徒歩で渡って東京湾の絶景を楽しむ!

東京ゲートブリッジは歩道が整備されていて若洲公園側から海の森公園(中央防波堤内側埋立地)側までを繋いでいます。

現在、海の森公園(中央防波堤内側埋立地)は工事中で立入禁止となっているので、東京ゲートブリッジから降りることはできず、橋の上で折り返して戻る形で楽しめます。

なお、通常の開放時間は10時~17時(最終入場16時30分)です。

東京ゲートブリッジの歩道への行き方
東京ゲートブリッジの歩道へは道路から行くことができず、エレベーターで登る必要があります。

東京ゲートブリッジ_エレベーター

このエレベーターが若洲昇降口です

東京ゲートブリッジ_歩道_001

展望ホールにもなっているので雨の日でも間近で見ることができます

東京ゲートブリッジ_歩道_006

折り返し地点となる中防昇降口までは約1.6kmあります

東京ゲートブリッジならではの風景を堪能!

東京ゲートブリッジは都心の南西部にあるので、歩道からは都心部や臨海部一望の絶景が広がります。

飛行機のある風景
橋の南西には羽田空港があるため真上を飛ぶ飛行機も見ることができます。
東京ゲートブリッジ_歩道_003

道路越しに葛西・千葉方面も
橋はなだらかなカーブを描いていて道路越しに葛西臨海公園の観覧車や東京ディズニーリゾート(R)などを見ることもできます。
東京ゲートブリッジ_歩道_004

都心のビル群も
歩道は北西方面に面していて柵が透明な展望スペースが点在しているため、東京スカイツリーやビル群など都心部が一望できます。
東京ゲートブリッジ_歩道_005

晴れていれば富士山も
良く晴れた日には歩道から富士山も見ることができます。

東京ゲートブリッジ_富士山

都立若洲海浜公園からは橋の桁下に富士山が写ります

話題になったあの場所も眼下に
歩道の折り返し地点である中防昇降口付近からは、整備が進む「海の森水上競技場」を眼下に見ることができます。

海の森水上競技場は2020年大会でカヌー・ボート会場としてされ、その後は周辺が「海の森公園」として整備される予定です。

↓海の森水上競技場の工事の様子を収めたタイムラプス映像

夜景スポットとしても人気

東京ゲートブリッジ_夜景

LEDでライトアップされます

東京ゲートブリッジは橋自体がライトアップされるのと東京湾の夜景が楽しめるスポットとして人気があります。

月によって橋のライトアップ色が変わる!

東京ゲートブリッジでは日没から24時までライトアップを毎日実施しています。

4割ほどを太陽光発電でまかなう886基のLED照明が東京湾を彩り、毎時の0分には演出も入るので橋自体も夜景スポットとして人気です。

そのライトアップは月によってテーマカラーが設定されています。
また、国民の祝日や「ピンクリボン月間」などの啓もう月間などにも色が変わります。

月ごとのテーマカラー

対象月照明の色
1月白金色
2月真珠色
3月若草色
4月新緑色
5月青葉色
6月水色
7月海色
8月空色
9月桔梗色
10月秋草色
11月紅葉色
12月緋色
夏には歩道からも夜景も楽しめる!

東京ゲートブリッジの歩道部分の開放時間は通常は10時~17時(最終入場16時30分)ですが、夏季にだけ閉鎖時間が延長されますので、東京の夜景を楽しむことができます。

また、例年1月1日の元旦には初日の出を拝めるよう6時から開場します。

夏季の閉鎖時間延長
実施期間・日程
例年7月1日~9月30日の金曜日と土曜日

開放時間
10時~20時(最終入場は19時30分)

東京ディズニーリゾート(R)の花火も見られる

隣接する都立若洲海浜公園の海側(ゴルフ場側)からは対岸の浦安方面を望めるため、東京ディズニーリゾート(R)で打ちあがる花火を一望できることでも人気です。

花火はほぼ毎日(荒天時以外)の20時30分ごろに上がります。

詳しくは公式サイトをご確認ください

TDRの当日のイベントスケジュール

東京ゲートブリッジ周辺でおすすめの体験

東京ゲートブリッジに隣接する江東区立若洲公園と都立若洲海浜公園では様々な体験ができるので、一緒に楽しむことができます。

サイクリング(レンタサイクル)

若洲公園と若洲海浜公園にまたがる1周約6kmのサイクリングロードが整備されています。

レンタサイクルも提供されているので様々な風景や海の風を感じながらサイクリングを楽しむことができます。

若洲海浜公園_サイクリングロード_001

若洲海浜公園_サイクリングロード_002

若洲海浜公園_サイクリングロード_003

レンタサイクルの利用案内

受付場所
休日:サイクルセンター
平日:サービスセンター(キャンプ場受付窓口)

休業日
毎週火曜日(祝日の場合は翌営業日が休業日)
年末年始(12月29日~1月3日)
※春・夏休み期間は無休

利用可能時間
-2月~10月
9時30分~16時(最終返却16時30分)

-11月~1月
9時30分~15時30分(最終返却16時)

料金
-普通自転車
100円/1時間(大人)、50円/1時間(中学生以下)

-タンデム(2人乗り)
300円/1時間

注意事項
・小学生以下は保護者同伴が必須です
・乗り入れはサイクリングロードのみです

問い合わせ先
若洲公園キャンプ場
03-5569-6701

レンタサイクルの紹介ページ

サイクリングロードマップ

釣り体験

若洲公園・若洲海浜公園は人気の釣りスポットです。公園では釣り具のレンタルもしているので手ぶらで釣りを楽しむことができます。

レンタル釣り具の利用案内

受付場所
若洲フィッシングストア(海釣り施設前)

休業日
毎週火曜日(祝日の場合は翌営業日が休業日)
年末年始(12月29日~1月3日)

利用可能時間
10時~17時
※最終受付は16時

料金
-釣り竿1セット(竿とリール)
800円(税抜)/1日
※別途、仕掛けと釣り餌を持込む、もしくは購入する必要があります

-手ぶらで釣りセット
1800円(税抜)/1日

※仕掛けや釣り餌も含まれています
※サビキ、チョイ投げ、ウキのいずれかのセットを選択します

注意事項
・借りる際には別途、保証金(1000円/セット)が必要です
・釣りが禁止されているエリアもあるので詳しくは現地でご確認ください

問い合わせ先
若洲アウトドアセンター
050-5835-0493

レンタル釣り具の紹介ページ

バーベキュー

公園内にはキャンプスペースが整備されていてバーベキューもできます。特に機材や食材がセットになった「手ぶらでバーベキュー」が人気です。
(手ぶらでキャンプができるプランもあります)

手ぶらでバーベキュープランの利用案内

受付場所
若洲アウトドアセンター

休業日
毎週火曜日(祝日の場合は翌営業日が休業日)
年末年始(12月29日~1月3日)
※春・夏休み期間は無休

利用可能時間
10時~18時(冬季は17時)

料金
2980円(税抜)~/1人
※4名から申込可能です

申込手順
1.若洲公園キャンプ場の場所(区画)を予約する
(予約先電話番号:03-5569-6701)

2.若洲アウトドアセンターへ手ぶらでバーベキューを予約する
(予約先電話番号:050-5835-0493)

注意事項
・キャンセルは実施日の3日前まで無料です

問い合わせ先
若洲アウトドアセンター
050-5835-0493

手ぶらでバーベキュープランの紹介ページ

東京ゲートブリッジの動画

東京ゲートブリッジの歩道を歩いた様子が収められた動画をご紹介します

東京ゲートブリッジの基本情報

利用案内

営業時間

10時~17時(最終入場16時30分)

※夏季の特別営業日・時間は前述のとおりです

休業日

毎月の第3火曜日
12月の第1火曜日
※上記の該当日が祝日の場合はその翌日が閉鎖日になります
※その他、荒天時(強風・暴風)や積雪・凍結がある場合は利用が制限される場合があります

料金

無料

注意事項

自転車や原動機付自転車の通行は禁止
東京ゲートブリッジでは車道側でも自転車や原動機付自転車の通行ができませんのでご注意ください。

ペットの同伴は禁止
エレベーターに乗ることでしか行けない点や歩道と車道を分ける柵の目は細かくないので車道に出やすい点などもありペット連れでの通行は禁止されています。

問い合わせ先

東京港管理事務所 港湾道路管理課監察占用担当
03-5463-0224

東京ゲートブリッジに関する各種情報ページ

東京ゲートブリッジの紹介ページ

若洲海浜公園・江東区立若洲公園の紹介ページ

東京ゲートブリッジの地図

東京都江東区若洲3-1

あわせて読みたいおすすめの記事

東京湾を楽しめるおすすめスポット

東京の離島『三宅島』のおすすめ観光スポット14選で異世界感を感じる!
東京都には伊豆諸島や小笠原諸島を中心に11の(民間人が住む)有人離島があるのをご存知でしょうか? これらの島は海のリゾートとして人気が高いのですが、今回は伊豆七島のちょう
海中電柱の絶景!千葉県木更津『江川海岸』の満潮時間やアクセス・潮干狩り情報まで解説!
千葉県木更津市にある『江川海岸』は潮干狩りスポットととして有名ですが、最近は海中電柱の絶景が見られることでも大人気です。 その絶景を見るための満潮時間や条件、周辺の観光・
東京湾に浮かぶ日帰りスポット『猿島』でバーベキュー・海水浴・観光を楽しむ!
東京湾には唯一、自然の無人島があるのをご存知でしょうか? 神奈川県横須賀市にある『猿島(さるしま)』です。 品川から約1時間30分で行くことができるので、日帰り観光や海
富津海岸潮干狩は3月から9月まで!!長い間の開催で予定が調整しやすい!?
海遊びもいいけど潮干狩りはいかがですか 富津の魅力といえば、やはり海は外せないですよね。 東京湾に面したこのエリアは富津新港をはじめとする漁港も多く、特にバカガイ(アオヤギ

東京のおすすめスポット

聖路加ガーデンで静かな夜景に耽ろう!東京の穴場スポットは築地至近
東京の大河川の畔には、開発の進んだ東京ならではの風景が広がります。 また、昔から続く伝統の花火や、花見を楽しんだりするにも絶好のスポットです。 今回はそんな東京の川沿い
東京の公園(庭園)「清澄庭園」は和庭園の穴場!近隣の名店も楽しめる
東京オリンピックも刻一刻と迫り、ますます注目が集まる東京。 スカイツリーや、東京タワー、高層ビル群、ナイトスポットと見どころ遊びどころに事欠かない東京ですが、人混みに疲れ
池上本門寺でライブ!?お会式・松濤園も楽しめる贅沢な場所
東京大田区といえば、羽田空港がある街。国内線で東京を訪れる方には必ず通る場所ですよね。 東京都区部では最南端に位置し、「蒲田」と聞くとご存知の方も多いのではないでしょうか。そ
忠臣蔵と所縁ある「泉岳寺」に流れる都会のゆったり時間
東京には繁華街も多く、街ごとに違った雰囲気の場所が数多くあります。観光にはうってつけの場所ですが、観光スポットの多さにどこに行こうかと迷ってしまうことも多いのではないでしょうか。ま

-スポンサードリンク-

あなたにおすすめ