海の中道海浜公園_イルミネーション

※当サイトにはプロモーションが含まれます

海の中道海浜公園の2023年イルミネーションを徹底紹介!

更新日:

掲載情報は変更になっている場合があります。
また、新型コロナウイルス感染拡大防止のため休止している施設やイベント中止等もあるので
公式サイト等にて最新情報をご確認ください。

福岡市にある海の中道海浜公園で2023年も『うみなかクリスマスキャンドルナイト』が開催されます!

例年1万人以上が幻想的なイルミネーションの世界に浸っています。

そこで今回は開催情報やアクセス情報などを動画と一緒に紹介していきます!

うみなかクリスマスキャンドルナイトとは?

日本で5番目に設置された国営公園「海の中道海浜公園」でクリスマスシーズンの4日間限定で開催される人気のイルミネーションイベントで今年で17回目を数えます。

全国屈指の10,000本ものキャンドルを灯し描く地上絵は幻想的かつ壮大です!

また例年の開催期間中には毎日300発の打ち上げ花火が上がり、キャンドルのあたたかな光とのコントラストを楽しめます。
※2023年の花火の打ち上げはありません

うみなかクリスマスキャンドルナイトの開催概要

開催期間

2023年12月
16日(土)・17日(日)
23日(土)・24日(日)
(合計4日間開催)

※荒天の場合は中止になります

開催時間

17:30~20:45
(最終入園は20:15)

開催会場

野外劇場エリア
ワンダーワールドエリア
西口~カナール

入場料

※17時30分以降の夜間限定料金です
大人(15歳以上):290円
中学生以下:無料
シルバー(65歳以上):210円
※体験プログラム・ワークショップへ参加する場合は別料金が必要な場合があります
※昼間からの入園(通常入園料)でも夜間まで滞在できます

注意事項

夜間の入園可能ゲートはワンダーワールド口・海の中道駅口・西口の3ヵ所のみです。

問い合わせ先

海の中道海浜公園
092-603-1111

うみなかクリスマスキャンドルナイトのみどころ

うみなかクリスマスキャンドルナイト2023の会場マップ
(国営海の中道海浜公園公式サイト)

10,000本のキャンドルアート

「海のクリスマス」をテーマにした日本最大級のキャンドルの地上絵です。

会場内に設置の定点カメラのライブ中継で光の地上絵の全体を見るもできます。

キャンドル地上絵のデザインができる!?

キャンドル地上絵のデザインは毎年、テーマを決めて一般募集しています。

最優秀デザインは実際にキャンドル地上絵に反映されます。

2023年のテーマ
光の万華鏡〜みんなのハッピークリスマス〜

冬の花火

※2023シーズンの打ち上げはありません

例年、開催期間中の毎日に約300発の打ち上げ花火が上がります。

打ち上げの時間は19:30頃から約3分間(例年)です。

ただし、荒天時には中止になるのでご注意ください。

おすすめのビューポイントはキャンドルアート会場の「野外劇場」です。ここからは、キャンドルアート越しの花火を見ることができます。

その他のプログラム

メッセージキャンドル~しあわせへの願いをこめて~

開催期間中の毎日、200円(入園料とは別)でメッセージキャンドルを作って展示することができます。

受付場所:子供広場
受付時間:18:00~20:30
参加料金:200円
定員:各日300名

カナールライトアップ

メイン会場へつながる場所で噴水をキャンドルに見立てたライトアップ演出がされます。

開催場所:西口〜カナール

ワンダーワールドイルミネーション
ヒカリノ遊園地

7つの光る流れ星のようなイルミネーションや記念撮影ができる光のSL列車、動物のイルミネーションなどが楽しめます。また、電飾された乗り物にも乗れます。

開催場所:ワンダーワールド内
乗車料金:
ゴーカート 600円(1人乗り)、1,000円(2人乗り)
SL機関車 350円
F1バッテリーカー 200円
バッテリーカー 200円
迷路 350円
利用時間:17:30~20:30

ミニコンサート

クリスマスにぴったりな歌や演奏を楽しむことができます。

開催日時:
 12月16日(土)・23日(土)・24日(日)
 各日 ①19:00〜/②20:00〜(各回約30分)
開催場所:ふわんぽりん横シェルター
料金:無料

【出演者】
16日(土) Palm&たりらん(ハンドベル、アカペラ、コーラス、ギター)
23日(土) 久野美由紀(エレクトーン)
24日(日) 楠本理規(サクソフォン)

まとめ

・海の中道海浜公園は毎年12月にイルミネーションイベント「うみなかクリスマスキャンドルナイト」を開催する

・うみなかクリスマスキャンドルナイトの目玉は1万本のキャンドルで描く地上絵

・地上絵のデザインは一般公募で選ばれる

・例年、開催期間中は毎日花火が打ちあがる
→2023年シーズンは花火の打ち上げはなし

・うみなかクリスマスキャンドルナイトならではのイベントも実施

海の中道にはマリンワールドなどのスポットも多数あるので、日中から周辺で楽しみながら、夜まで備えることもできますのでおすすめです!

>>【じゃらん】で周辺の宿泊施設を探す

>>【楽天トラベル】で周辺の宿泊施設を探す

>>【ヤフートラベル】で周辺の宿泊施設を探す(PayPay利用可能)

>>【一休.com】で周辺の宿泊施設を探す

>>【JTB】で周辺の宿泊施設を探す

うみなかクリスマスキャンドルナイトの動画

以前開催の公式プロモーション動画を紹介します

うみなかクリスマスキャンドルナイトの基本情報

うみなかクリスマスキャンドルナイトに関する各種情報ページ

うみなかクリスマスキャンドルナイト2023公式ページ

海の中道海浜公園のホームページ

>>【じゃらん】で周辺の宿泊施設を探す

>>【楽天トラベル】で周辺の宿泊施設を探す

>>【ヤフートラベル】で周辺の宿泊施設を探す(PayPay利用可能)

>>【一休.com】で周辺の宿泊施設を探す

>>【JTB】で周辺の宿泊施設を探す

海の中道海浜公園への行き方・アクセス

公共交通機関

JR香椎線「海の中道駅」よりすぐ(海の中道駅口)
JR香椎線「西戸崎(さいとざき)駅」より徒歩約10分(西口)

博多方面から

福岡都市高速1号線(香椎線)「香椎浜出口」より、アイランドシティ、県道59号線(海の中道)を経由して約15分

北九州方面から

九州自動車道「古賀IC」より、国道3号線、県道538号線、県道59号線(海の中道)を経由して約30分

駐車場

以下の3ヵ所の駐車場が利用可能です。

・ワンダーワールド口駐車場
・海の中道駅口駐車場
・西駐車場
開催当日の駐車場案内ページ
(海の中道海浜公園公式サイト)

※開催会場へはワンダーワールド口駐車場、海の中道駅口駐車場が近いです
(西駐車場最寄りの西口から無料シャトルバスで海の中道口へ行くことができます)

駐車料金(共通)
・普通車:530円
・二輪車:270円
・大型車1,580円

うみなかクリスマスキャンドルナイトの地図

福岡県福岡市東区西戸崎18−25

あわせて読みたいおすすめの記事

ライトアップ・イルミネーションの関連記事

【2023-24シーズン最新】黒川温泉「湯あかり」の開催情報を紹介!
野趣あふれる露天風呂が人気の温泉地、黒川温泉の人気ライトアップイベント『湯あかり』が2023年-2024年シーズンも開催されます。 そこで今回は湯あかりの開催情報はもちろん、入湯
【2024年1月開催】神戸ルミナリエの開催期間・時間や混雑・最寄駅情報
神戸の冬を彩るイルミネーションイベントと言えば『神戸ルミナリエ』を思い浮かべる方がほとんどだと思います。 2024年(従来の2023年シーズン)の開催期間・時間や混雑状況、最寄り
大阪・光の饗宴は冬の風物詩!2023年もコア・エリアプログラムともに煌めく
大阪・光の饗宴2023の日程が発表になり、2023年も開催決定となりました。 大阪・光の饗宴2023 日程 全体の開催日程は、 2023年11月3日(
海の中道海浜公園の2023年イルミネーションを徹底紹介!
福岡市にある海の中道海浜公園で2023年も『うみなかクリスマスキャンドルナイト』が開催されます! 例年1万人以上が幻想的なイルミネーションの世界に浸っています。 そこで今回は開
海の中道海浜公園の2023年イルミネーションを徹底紹介!
福岡市にある海の中道海浜公園で2023年も『うみなかクリスマスキャンドルナイト』が開催されます! 例年1万人以上が幻想的なイルミネーションの世界に浸っています。 そこで今回は開

福岡エリアのおすすめ観光スポット

2023年版!日本全国のクリスマスマーケット開催情報まとめ
全国的にクリスマスマーケットが冬の風物詩として認知され、開催していますね! そこで今回は2023年に開催されるクリスマスマーケットの情報をエリアごとにまとめたので紹介していきます
相島は猫好きが一度は訪れたい福岡の離島! CNNも取り上げた猫の島
福岡は博多駅周辺、天神周辺、大宰府、北九州、小倉などなど、主要なエリアが多く見どころがたくさんあります。 他にも油山、能古島など割と手軽に行ける場所に自然も多く残って
竈門神社の強力縁結は長い歴史から!?お守りやアクセス・駐車場紹介
福岡県といえば天神や博多に代表される有名スポットから、薬院や赤坂などのおしゃれスポットなど様々な見どころがあります。 そんな福岡では大宰府も有名です。その太宰府天満宮
関門海峡を徒歩で観光!門司港から唐戸市場(下関)を巡る半日コース
九州と本州のそれぞれの玄関口、門司と下関。 関門海峡を挟み街並みの雰囲気がガラリと変わる二つの街を半日(5時間ほど)でゆっくり歩いてきましたので、周辺の観光スポットやコースを動画
千仏鍾乳洞で洞窟探検!アクセス方法や服装・料金・所要時間を解説
「洞窟探検したい・・・」や「あの人と手を繋ぎたい・・・」 そんな思いに駆られている方におすすめのスポットが北九州市の平尾台にあるに『千仏鍾乳洞(せんぶつしょうにゅうどう)』です!
いつもとは違う旅へ
STAY JAPANでは、体験民泊・農宿の予約が可能。 ちょっとハードルが高そうと考えられがちな農泊や民泊をサイトから通常の旅行予約サイト同様に検索・予約することが可能です。

今までの旅行とは違う体験をしてみたい!という方にはうってつけです。一組限定のものなどもあります。

まだ体験したことのない『特別な体験』が待っているかも知れません。 まずはチェックしてみてはいかがでしょうか。