日光東照宮の“知られざる”パワースポットや見どころをご紹介!

更新日:

掲載情報は予告なく変更になっている場合があります。最新情報を公式サイト等で確認することをオススメします

-スポンサードリンク-

世界遺産「日光の社寺」の筆頭として国内外から人気の観光先『日光東照宮』。

陽明門や三猿、眠り猫などの建築物や彫刻は超有名で参拝者の誰しもが見学や撮影をしていると思いますが、今回はあまり知られていない境内のパワースポットを中心にアクセスや駐車場情報などもご紹介します。

国内でも有数のパワースポットである日光の中で更にパワーを授けてもらえるスポットもありますよ。

目次


-スポンサードリンク-


日光東照宮のみどころ

日光東照宮_陽明門_001

日光東照宮と言えば陽明門が代表的です

日光東照宮は1617年に江戸幕府を開いた徳川家康公をまつるために二代将軍・秀忠が建立し、三代将軍・家光が現在の形にしました。

正式名称は「東照宮」なのですが全国各地にある東照宮の総社とされ、それらとの区別をするために「日光東照宮」と呼ばれています。

なぜ日光に建てられたのか?

日光は奈良時代より陰陽道や風水でいう「龍穴(りゅうけつ/大地のパワーが集まり噴き出す聖地)」とされ、修験道での修行の場としても信仰をあつめる強力なパワースポットでした。

そのような背景と江戸幕府の中心、江戸城(現在の皇居)の真北に位置するこの場所に北の守りを固める目的で陰陽道や風水の理論・手法を用い建てられたのが日光東照宮です。

また、この地への建立は徳川家康公の遺言ともいわれています。

日光東照宮のご利益は?

家康公は天下分け目の関ケ原の戦いを勝ち抜き、その後、約260年続く江戸幕府の開祖として日本人の誰もが知っている存在です。

また、当時としてはとても長寿である75歳まで生きたなどの逸話も残っていることから、様々なご利益を授けていただけると考えられています。

・勝負運
・仕事運
・出世運
・健康運
・病気平癒
・子宝 など

知られざる強力なパワースポットや見どころ

修学旅行先としても人気の日光東照宮は多くの方が訪れ、その際には代表的なスポット(陽明門や三猿、眠り猫など)を中心に参拝をしていると思います。

しかし、数多くの見どころがある東照宮で知っていると更にパワーを授かれる場所や自慢したくなるスポットがありますのでご紹介します。

日光東照宮の境内とその周辺の超強力パワースポット

北辰の道の起点

陽明門の正面、石畳参道の角あたりが「北辰の道の起点」という強力なパワースポットです。その中でも石畳1枚分の場所にパワーが集まるとされています。

北辰(ほくしん)とは北極星のことで、古来中国より特別な星として宇宙の中心と考えられ、日本の風水や陰陽道でも大きな力を持っていると考えられてきました。

「北辰の道」とは江戸から東照宮を通り、北極星へ続く道のことでこの場所がその起点といわれています。

ここは更に二の鳥居の中に陽明門が収まるように見え、その真上(真北)に北極星が出るので強力なパワーが集まる場所といわれています。

北辰の道の起点の探し方
(↓このストリートビューでは陽明門を背にして立っています)

1.陽明門を正面にして石畳参道の角に立つ

2.角から「▼」の石畳を右に3個分進む

3.移動した点から「◆」の石畳を前に2個分進んだ場所

順序3で立つ場所が「北辰の道の起点」といわれています。

奥宮(おくみや)とその参道

日光東照宮_奥宮参道

奥宮への参道は歩いているだけで落ち着きます

日光東照宮の最奥にある東照大権現(家康公の神名)の霊廟(お墓)がある神聖な場所です。

奥宮への参道は龍脈(りゅうみゃく/風水での良い気の通り道)で、宝塔周辺(特に真横~真裏)は生気(気力エネルギー)の発生場所といわれています。

この場所を参拝後、同じ場所にある井戸の水に触れると、ここで得た気を定着できるともいわれています。

また、宝塔の隣にそびえ立つ大木は「叶杉(かのうすぎ)」と言いこの杉のえぐれている部分がほこらのようになっていて、ここで願い事を言うと願いが叶うと伝わることから叶杉と呼ばれています。

最近ではこの場所を撮影して待ち受け画面にすると、ご利益を授かれると人気が出ています。

宝塔の脇にある叶杉

二荒山神社への参道(上神道)

日光東照宮_上神道

上神道の石灯ろうが並ぶ姿は撮影スポットとしてもひそかな人気です

日光東照宮から五重塔を左手に見ながら進む二荒山神社(ふたらさんじんじゃ)への参道を「上神道(かみしんみち)」といい、こちらも龍脈でパワースポットとなっています。

二荒山神社は日光三山(男体山(なんたいさん)・女峰山(にょほうさん)・太郎山)をご神体とする神社です。

三山の親子3神をまつっていることから縁結びや子宝・安産などにご利益があるといわれていますので、この参道を通ることで更なるご利益が期待できるかもしれません。

日光東照宮の境内で知っていたら更に楽しめる見どころ

照降石(てりふりいし)

石鳥居(一の鳥居)の手前の真ん中にある斜めに黒い模様が入っているのが照降石です

照降石は日光東照宮の七不思議にも数えられる天気予報ができる石です。

この石についている斜めの黒い模様がより黒くなれば翌日に雨が降るといわれています。

普段は大きな石鳥居に目が奪われて足元を見ないことが多いので日光東照宮への参拝の際にはぜひ見ておきたいスポットです。

五重塔の十二支の彫刻

日光東照宮_五重塔

石鳥居(一の鳥居)をくぐった先の左手に見える高さ36mの立派な五重塔があります。

その1層目の屋根の直下には十二支それぞれの彫刻が施されています。この彫刻は東西南北の4面にそれぞれ3体ずつ配置されていて、参道から正面(東側)には右から寅(トラ)・卯(うさぎ)・辰(龍)の順で並んでいます。

なぜ、子(ねずみ)からではないかというと、これが徳川三代将軍の順になっているからだといわれています。

徳川三代将軍のそれぞれの干支
初代・家康:寅
二代・秀忠:卯
三代・家光:辰

十二支を数える際のはじまり「子」の彫刻は北側の真ん中から始まっていて、4面ですべての干支の彫刻があることから、参拝した際に自分の干支を探して見つけるとパワーを授かるかもしれません。

※西側(裏側)にある「申(さる)・酉(鶏)・戌(犬)」は通常では見ることができませんが、五重塔が特別公開された際には見ることができます

三猿を見る際に縁起が良いタイミングがある

日光東照宮_神厩

日光東照宮を代表すると言っても過言ではない神厩舎に施されている彫刻「三猿」(見ざる・言わざる・聞かざる)ですが、タイミングが良いとさらに縁起が良くなるといわれています。

それは、神厩舎(しんきゅうしゃ)の中に「神馬(しんめ/神様に仕える馬)」がいるタイミングで見ることです。

三猿の本来の意味は“幼いころは悪事を見たり、聞いたり、言ったりしないで、良いことだけを受け入れて素直な心で育ちなさい”という教育理念的なものを表しているといわれています。

日光東照宮_三猿

それとは別に「馬上封侯(ばじょうほうこう)」という中国の言い伝えがあります。

これは「馬の上にいる猿(役人)が昇進する」という意味合いで、転じて喜ばしいことがもうすぐ訪れるという縁起の良い組み合わせとされています。

ですので、三猿を見る際には神厩舎の中にも注目して馬がいれば良いことが起こるかもしれません。

日光東照宮でのガイド・その他のスポット

日光東照宮のガイド人「堂者引き」

日光東照宮では「堂者引き(どうじゃびき)」と呼ばれる案内人(ガイド)がいます。

東照宮をはじめ、世界遺産の輪王寺と二荒山神社も詳しい解説付きで案内をしてくれます。

堂者引きとは1655年に始まった案内人制度で、当時から神聖な場所であった東照宮内を大名をはじめ将軍名代や諸奉行・家来、一般人に至るまで境内を案内をしてきました。

いわば「東照宮公認のガイド」ともいえる存在です。

堂者引きの料金や詳細はこちら

日光東照宮での主なスポット

今回は少しマニアックな場所やポイントをご紹介しましたが、日光東照宮はご存知の通り、国宝や重要文化財の宝庫です。

ご紹介しきれなかった境内での有名スポットはこちらよりご確認ください。

日光東照宮の関連イベント

ライトアップ日光

日光東照宮を含む、世界遺産「日光の社寺」(その他:二荒山神社、日光山輪王寺)で年に3日間のみライトアップされるイベント「ライトアップ日光」が紅葉の時期の開催されます。

こちらの記事で最新の開催情報をご紹介しています。

日光の社寺(栃木) | 2018年紅葉ライトアップ情報

日光東照宮の動画

日光東照宮の境内の様子がわかる映像をご紹介します

” target=”_blank” rel=”noopener”>

 

日光東照宮の基本情報

利用案内

参拝時間

4月1日~10月31日:8時~17時
11月1日~3月31日:8時~16時

※全期間、最終受付は閉門30分前です

閉門日

なし

拝観料金

対象大人
高校生
小学生
中学生
東照宮のみ1300円450円
東照宮+宝物館2100円770円
宝物館のみ1000円400円

※美術館は別途、入館料がかかります

問い合わせ先

日光東照宮 社務所
0288-54-0560

日光東照宮に関する各種情報ページ

日光東照宮の公式ホームページ

日光東照宮境内の地図

日光東照宮への行き方・アクセス

公共交通機関

JR日光線「日光駅」・東武日光線「東武日光駅」よりバスで約5分

※東武バス「世界遺産めぐり手形(日光エリア)」で500円で乗り放題のバス周遊ができます

世界遺産めぐり手形の詳細

世界遺産めぐりバスの時刻表

日光宇都宮道路「日光IC」より、国道119号線を経由して約10分

駐車場

あり
(有料)

※周辺に数多くの駐車場がありますが、大型連休や紅葉シーズンなどでは早い時間から満車になりますので、公共交通機関のご利用をおすすめします

日光東照宮の地図

栃木県日光市山内2301

【エリア別】日本全国の紅葉スポット・紅葉ライトアップ情報

紅葉スポットまとめ(最新の見ごろ予想付き)

amAtavi編集部がおすすめする日本全国の紅葉スポットを最新の見ごろ予想(都市別)と一緒にご紹介しています。

【2018年紅葉見ごろ予想まとめ】全国各地の紅葉スポットも紹介!

紅葉ライトアップ特集

日中のもみじ狩りも素敵ですが、ライトアップされて赤く染まる紅葉も幻想的です。日本全国の紅葉のライトアップの最新情報をエリア別でご紹介しています。

↓こちらから特集ページをご覧いただけます
>>【エリア別】紅葉ライトアップの最新情報

あわせて読みたいおすすめの記事

静岡・久能山にある最初の東照宮

静岡・久能山東照宮のアクセス方法やご利益・周辺観光スポットを紹介
東照宮と聞くと日光を思い浮かべると思いますが、実は家康公が一番最初に鎮座されたのが静岡にある『久能山東照宮』というのをご存知でない方も多いと思います。 そこで今回は久能山

栃木エリアのおすすめスポット

龍王峡で紅葉ハイキング!見ごろやアクセス方法・駐車場情報を解説
日光や那須高原など、人気の避暑地や紅葉スポットを抱えている栃木県。 今回は駅を降りて徒歩1分ほどで渓谷美を堪能できるハイキングコースに入れる『龍王峡』を動画と共にご紹介し
おしらじの滝は栃木矢板のまぼろしの滝! 2019年も県道が開通!
栃木県。 観光名所の日光に、温泉の名所である鬼怒川、とちおとめなどのフルーツも有名な関東の一大観光地。 そんな栃木県には幻(まぼろし)の滝とも呼ばれる滝があります。
足利の観光で絶対おすすめのスポット6選+便利なクーポン情報
栃木県足利市はアクセスが良いので関東の日帰り観光地として人気です。 そこで今回は足利市で外せない絶対おすすめの6つの観光スポットを厳選してご紹介していきます。 市内

神社のおすすめ記事

静岡有数のパワースポット『三嶋大社』のご利益やおすすめ情報をご紹介!
東海道屈指のパワースポットである『三嶋大社』は東京方面からのアクセスも良いため、人気の神社です。 そこで今回は参拝を検討される際の参考になればと思い、境内の様子を映像にまとめ
熱田神宮と名古屋城を併せて訪問!ひつまぶしやきしめんの名店も!
愛知県には全国的に有名なスポットや、グルメなどが多く、行ったことがないという方も「知ってる!」がたくさんあるのではないでしょうか。 そんな愛知のなかで規模が一番の都市「名古屋
巨大しめ縄は日本一?茨城・常陸国出雲大社は縁結びのご利益がすごい!
出雲大社といえば島根県を思い浮かべる方が多いと思います。 実は茨城県笠間市にもあるんです! 今回は『常陸国出雲大社』の巨大しめ縄を国内でしめ縄が有名な神社と大きさを
大國魂神社のご利益やパワースポットは?駐車場情報や初詣+ご来光プランも!
東京、府中市に鎮座する『大國魂神社(おおくにたまじんじゃ)』は都内でも屈指の歴史を持つ神社としても知られています。 今回は大國魂神社のご利益やパワースポット、駐車場情報と
階段もご利益もすごい!『金刀比羅宮』は奥社までの全段数は?
香川県の琴平町にある『金刀比羅宮(ことひらぐう)』は、古くから「こんぴらさん」の愛称で親しまれ、多くの参拝客を迎えています。 金刀比羅宮で特に有名なのは、長い階段(石段)を登った
お土産は帰宅後に!?

旅行先でのお土産選びは楽しいですよね。ただ、時間の関係や荷物の多さ等でお土産が買えなかった・・・という経験はありませんか? そんな時に頼りになるのがHIS地球旅市場

日本全国のお土産や海外のお土産が家に居ながらにして手に入れることができます! 各県の定番のお土産からちょっと変わったものまで揃うので非常に便利です!

HIS地球旅市場はこちら

-スポンサードリンク-