宮城県『伊豆沼』で白鳥やマガンなどの渡り鳥と一緒に初日の出を望む!

更新日:

掲載情報は予告なく変更になっている場合があります。最新情報を公式サイト等で確認することをオススメします

-スポンサードリンク-

松島に代表される太平洋を望む絶景スポットが数多くある宮城県は、初日の出スポットも数多くあります。

今回は内陸にある『伊豆沼(いずぬま)』から白鳥やマガンなどの渡り鳥と一緒に望む初日の出を動画と共にご紹介します。


-スポンサードリンク-


伊豆沼のみどころ

宮城県の登米市と栗原市にまたがる面積387ha(東京ドーム約82個分)の沼で東北地方最大の沼(低地湖沼)です。

冬は渡り鳥の越冬地として日本最大級ということも有名で、国の天然記念物に指定されているマガンやヒシクイ、ハクチョウ類など、多い時には約10万羽の渡り鳥が訪れます。
また、夏には湖面一面に蓮の花が咲き誇ることでも人気です。

この『伊豆沼』自体、国の天然記念物に指定されているほか、釧路湿原に次いで日本で2番目にラムサール条約(湿地を保全に関する国際条約)にも登録されています。

伊豆沼の渡り鳥について

伊豆沼で観察できる主な渡り鳥は?

伊豆沼_ハクチョウ_001

朝日に照らされる白鳥やマガンは癒しの風景です

伊豆沼で越冬するために訪れる主な渡り鳥の種類と例年の羽数は以下です。

・ガン類(主にマガン、ヒシクイ)
:80,000羽前後

・ハクチョウ類(主にオオハクチョウ、コハクチョウ)
:5,000羽前後

・カモ類(カルガモ、ヨシガモなど)
:5,000羽前後

伊豆沼での渡り鳥の飛来情報はこちら

渡り鳥を観察する最適な時期は?

主な渡り鳥を観察するために最適な時期をご紹介します。

マガン:例年11月~1月ごろ

(平年の初飛来は9月20日前後)

マガン観察の醍醐味は夜明けの飛び立ちと夕方のねぐら入りです。

日の出とともに餌を求めて一斉に飛び立つ光景と羽音は圧巻の絶景です。初日の出の際にもこの風景を見ることができます。

夕方にはねぐらに帰ってくる際にきれいなV字編成で降り立っていきます。この光景を伊豆沼周辺では落雁(らくがん)と呼んでいます。
※この光景が和菓子でおなじみの落雁の語源という説もあります

飛び立ちの目安 ねぐら入りの目安
11月初旬 5:30頃 17:00頃
12月初旬 6:00頃 16:30頃
1月初旬 6:30頃 16:00頃

※天候により飛び立ちが遅くなる場合もあります

オオハクチョウ:11月~2月

伊豆沼はオオハクチョウの飛来数が日本一です。

ハクチョウは水面を浮いているイメージが強いと思いますが、レンコンなどの地下茎を好んで食べるため、おしりを残して水面下に顔を潜らせて採食します。

採食後は首が泥だらけになるハクチョウもいて、その姿がほほえましい光景だと多くの人が見物に訪れます。

伊豆沼で初日の出を望むポイント

初日の出時間と方角は?

2019年1月1日の初日の出の時間は、6時53分ごろです。

実際は北上山地を越えて日が昇るので7時過ぎ頃に朝日を拝むことができます。

その方角は南東から昇ります。
(伊豆沼から見てちょうど東北本線の新田駅の方角です)

伊豆沼での初日の出スポットは?

渡り鳥を見ながら伊豆沼越しに初日の出を見るためには、伊豆沼の北~北西側に陣取る必要があります。

「伊豆沼・内沼サンクチュアリーセンター(鳥館)」は沼の北に位置していて無料駐車場も設置されているので、その周辺で初日の出を望むのがおすすめです。

また、伊豆沼・内沼サンクチュアリーセンターを中心に伊豆沼沿いを車で東に5分ほど進んだ場所にマガンの大きいねぐらがあるので、マガンと一緒に日の出を見ることもできます。
(観察スポット付近には駐車場もあります)

伊豆沼の関連イベント・プラン

伊豆沼・内沼はすまつり

伊豆沼と隣接する内沼は蓮の名所としても全国的に知られています。

見ごろとなる夏には「伊豆沼・内沼はすまつり」が開催され、期間内で様々なイベントが催されます。その中でも遊覧船に乗って間近で蓮の花を見る体験が人気です。

こちら記事で最新イベントの情報をご紹介しています。

伊豆沼・内沼(宮城) | 2019年はす祭り・見頃情報

伊豆沼の動画

2017年の伊豆沼での初日の出の様子が収められた動画をご紹介します

 

伊豆沼・内沼サンクチュアリセンター(鳥館)の利用案内の基本情報

利用案内

開館時間

9時~16時30分

休館日

毎週月曜日(月曜日が祝日の場合はその翌日)、
祝日の翌日、年末(12月29日~12月31日)

入館料

無料

問い合わせ先

宮城県伊豆沼・内沼サンクチュアリセンター
0228-33-2217

伊豆沼に関する各種情報ページ

伊豆沼・内沼サンクチュアリセンターの公式ホームページ

伊豆沼への行き方・アクセス

公共交通機関

JR東北新幹線「くりこま高原駅」よりタクシーで約10分

JR東北本線「新田駅」よりタクシーで約10分

東北自動車道「若柳金成IC」出口より県道4号線、国道398号線、県道268号線を経由して約20分

みやぎ県北高速幹線道路「伊豆沼IC」より県道268号線を経由して約3分

駐車場

あり
(無料)
※元日には混雑が予想されますのでお早めに入庫されることをおすすめします

伊豆沼の地図

宮城県栗原市若柳字上畑岡敷味17-2

あわせて読みたいおすすめの記事

初日の出の関連記事

神磯の鳥居(大洗磯前神社) 最高のパワースポットで見る日の出に絶句!
「神磯の鳥居」は美しい初日の出が大人気!! 海上の岩の上に立つ鳥居。 それだけでも、なかなかの珍しい光景ですが、邪魔するもののないその佇まいに、波しぶきと美しい朝陽が映えま
千葉県銚子市犬吠埼は日本一早く見れる初日の出スポット!?縁起良さそう!!
犬吠埼で初日の出!日本で一番早い初日の出って本当!? 日本で一番早い初日の出が千葉県? ご存知ない方にとっては意外ですよね。国立天文台の公式サイトによると島嶼部や山岳部を除
大國魂神社のご利益やパワースポットは?駐車場情報や初詣+ご来光プランも!
東京、府中市に鎮座する『大國魂神社(おおくにたまじんじゃ)』は都内でも屈指の歴史を持つ神社としても知られています。 今回は大國魂神社のご利益やパワースポット、駐車場情報と
「島熊山」は初日の出スポットに最適!?大阪府豊中市の最高峰!
豊中市の最高峰!島熊山は初日の出スポット!? 現在では宅地造成が進んだエリアも、かつては緑と自然が豊かな場所でした。阪神淡路大震災の後、災害対策として、大阪府はこの地区にヘリ
海の京都が人気上昇中!!五老ヶ岳公園は初日の出も夜景も見放題!
京都 舞鶴「五老ヶ岳公園」のみどころ 海の京都が人気上昇中!! 京都というと寺社仏閣などの建造物や、その歴史ある街並みなどのがやはり今も昔の人気ですよね! 歴

宮城県周辺の関連記事

潟沼・鳴子温泉郷へのアクセスは車が便利!ボートやSUPも楽しい!
宮城県にあるカルデラ湖をご存知でしょうか?蔵王連峰にある「御釜(五色沼)」も有名ですよね!蔵王連峰は冬スポーツや樹氷・登山でも楽しめる場所です! そんな宮城県で「御釜(五
水墨画の世界が広がる『猊鼻渓』の冬景色「こたつ舟」で川下り
岩手県一関市にある名勝『猊鼻渓(げいびけい)』は冬の川下りも人気があるのをご存知でしょうか? 屋台とこたつが設置された「こたつ舟」で雪と奇岩が見せる水墨画のような景色を楽
津軽鉄道で冬の観光『ストーブ列車』が雪原を走る!料金や時刻表情報もご紹介
車内に炭ストーブが設置されている列車をご存知でしょうか? 津軽五所川原駅~津軽中里駅を結ぶ津軽鉄道の『ストーブ列車』です。 今回は雪原を走る津軽列車、車内や車窓から
層雲峡温泉は紅葉の最高絶景スポット!温泉・登山・氷瀑まつりも!
北海道は今や世界中から人が訪れる一大観光地となりました。 雪質の良いニセコやトマムのウインタースポーツリゾートも多く擁していて、旭山動物園や札幌市内から程近い北海道神宮等の観
会津若松『会津村』は巨大観音像から桜・紅葉・コスプレまで楽しめる
福島県会津若松市には足立美術館にも負けていない規模の日本庭園、『祈りの里 会津村』があります。 巨大な観音立像と桜やツツジ、紅葉など季節の草花の名所として名高いのですが、
「西行戻しの松公園」は宮城松島の絶景観光ポイント!!
宮城県松島は日本三景のひとつに数えられています。 そんな松島には、春には桜と松島湾の美しい景色がコラボレーションする場所「西行戻しの松公園」があります。 今回はこの
お土産は帰宅後に!?

旅行先でのお土産選びは楽しいですよね。ただ、時間の関係や荷物の多さ等でお土産が買えなかった・・・という経験はありませんか? そんな時に頼りになるのがHIS地球旅市場

日本全国のお土産や海外のお土産が家に居ながらにして手に入れることができます! 各県の定番のお土産からちょっと変わったものまで揃うので非常に便利です!

HIS地球旅市場はこちら

-スポンサードリンク-